【クロスSS・咲-Saki-】伊藤誠「怜は病弱なんだね」怜「誠くんがおるから平気や」【スクイズ】

【クロスSS・咲-Saki-】伊藤誠「怜は病弱なんだね」怜「誠くんがおるから平気や」【スクイズ】

1 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 00:58:05.99 ID:SCEUiqCh0
咲-Saki-とschool daysのクロスです。
2 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:00:36.97 ID:SCEUiqCh0
誠「そんなこと言って、また体調崩したらどうするのさ」

怜「どちらかといえば、その原因は誠くんやろ?」

誠「どうして」

怜「だって、んっ、今だって」

誠「怜の火照った顔って可愛くて」

怜「いじわるやなぁ」

誠「じゃあやめる?」

怜「……や」

誠「ほら、怜は病弱なんだからソファーじゃなくベッドに行くよ」

怜「お姫様だっこ、役得やなぁ」
3 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:04:26.40 ID:SCEUiqCh0
誠「怜は進路どうするんだ?」

怜「誠くんに養ってもらうのもありやなあって」

誠「あはは、でも冗談は抜きにして」

怜「冗談やないで」

誠「怜?」

怜「日がな一日ぼーっと誠くんの子供と一緒に家でゆったりするのも、ええと思うけどなぁ」

誠「そうなったらしばらくは出来なくなるね。挿入するよ」

怜「ん、相変わらずゴム無し……酷いなぁ」

誠「大丈夫、出そうになったら抜くから」

怜「あ、んっ」
4 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:09:27.05 ID:SCEUiqCh0

~~

~~~

怜「汗だくだくやん」

誠「怜だって。はい、ドリンク」

怜「おおきに。ごくっ、はぁ、運動後のジュースは美味しいなぁ」

誠「体調はどう?」

怜「腰が痛いけど、それ以外は平気や」

誠「そっか」

怜「ところで誠くんは進路どないするん?」

誠「俺は看護師になろうかなぁって。でも怜の体を見るために医者になるのもいいかも」

怜「お医者さんかぁ」

誠「怜って男のお医者さんに見られてるの?」
5 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:14:33.82 ID:SCEUiqCh0
怜「そんなん言えるわけないやろ」

誠「恥ずかしがってないで教えてよ」

怜「ん~」

誠「怜?」

怜「キスしてくれたら教えたるで。ん~」

誠「…困ったなぁ」

怜「そんなこと言って結局は」

チュッ

誠「これでいい?」

怜「私の裸を見てええ男は誠くんだけやで♪」

誠「怜」

怜「だからもっかいキスしよ。な?」

6 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:17:22.83 ID:SCEUiqCh0

千里山女子 校門前

竜華「伊藤君」

誠「あ、清水谷さん。どうしたの?」

竜華「どうしたもこうしたもあらへんよ。また怜にちょっかいかけて」

誠「ちょっかいって」

竜華「挙句の果てに、怜に約束したそうやないか」

誠「約束?」

竜華「怜専属のお医者さんになるって」

誠「ええ!?」

竜華「怜の体を隅々舐めまわす気やろ」

誠「そんなことするわけ」

竜華「信用できん」

誠「それは横暴だよ」

竜華「だからうちがチェックしたる。ついてき」

誠「えっと」

竜華「ええから。ほら!」グイッ

7 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:18:57.41 ID:SCEUiqCh0
清水谷家

竜華の部屋

竜華「適当にくつろいで」

誠「え、はい」

竜華「それで、お医者さんの件やけど」

誠「それは、って何で脱いで」

竜華「うちの体で確かめるためや。怜に変なことせんかどうかをな」

誠「ど、どういう」

竜華「触診でもなんでも好きにしてええで」

誠「それって」

竜華「うちが誠くんは怜に相応しいか判定したるってわけや」

誠「え、えっと。じゃあ」

竜華「ひゃっ」

誠「あの、胸触っただけ」

竜華「い、今のは誠くんの手が冷たくて驚いただけや。」

誠「え、そうだったんですか」

竜華「ほら続けて。うちを怜だと思って」

誠「じゃあ」

竜華「ん、あっ、ひぁ」
8 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:27:27.53 ID:SCEUiqCh0
誠「感じすぎですよ。お医者さんの前でいっつもそんなことしてるんですか?」

竜華「ま、誠くんの手つきがやらしいだけで」

誠「それに家に入ってから下の名前で呼んでるし」

竜華「そ、それは怜が」

誠「ここもこんなに」

竜華「ひぁっ」

誠「竜華」ボソッ

竜華「あっ」

誠「耳も弱いんだね」

竜華「ば、ばか」

誠「怜にしてること、竜華にもしてあげるね」

竜華「や、優しく」

誠「わかってるよ。怜と同じく、優しく抱いてあげるから」

竜華「誠くん……」
9 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:32:17.24 ID:SCEUiqCh0
竜華「はぁ、まだヒリヒリするわ」

誠「怜も最初はそうだったよ」

竜華「怜も?」

誠「ま、今はもう平気っぽいけどね」

竜華「そんなもんなんやなぁ」

誠「竜華ももう一回してみたらわかるんじゃないかな?」

竜華「も、もう一回!?」

誠「俺も復活したし」

竜華「で、でも」

誠「怜だって最低3回はやるよ」

竜華「と、怜が?」

誠「そ、怜がね」

竜華「怜がそんぐらいやるんやったら、うちだって」

誠「決まり」

竜華「あっ、いきなり」

誠「どう?」

竜華「わ、わか、けど、さっきより」

11 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:44:14.18 ID:SCEUiqCh0
誠「さっきより?」

竜華「ちょっと……いい」

誠「よかった。嫌だったらどうしようって思ってたんだ」

竜華「け、けど、今回だけじゃまだ怜の事は任せられへんで」

誠「え、でも」

竜華「またテストするから、連絡先教えて。あと怜には内緒やで」

誠「……」

竜華「あ、あと、今日は中でもたぶん平気だから」

誠「わかった。またテスト頼むよ。あとそろそろ出る」

竜華「もちろん、ん、んんんっ!」

12 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:50:50.23 ID:SCEUiqCh0
数日後 千里山女子

泉「あれ、先輩肌綺麗っすね」

竜華「え、そう!?」

泉「いつもより肌のノリが」

フナQ「確かに肌の乗りがええですわ。何か化粧水でも?」

竜華「えっと、あはは」

怜「私も最近血色ええんやで。お揃いやな、竜華」

竜華「そ、そやな! お揃いやで」

雅枝「ほら部活始めんでー」

怜「あれ、セーラは休みですか?」

雅枝「なんか他校の生徒と特訓するとか言って、今日は部活休むらしいわ」

泉「あー、先輩らしいっすね」

フナQ「もしかしてデートやったりして」

怜「デートといえばこの前、誠くんと」

竜華「誠くん!?」
13 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:51:49.02 ID:SCEUiqCh0
泉「あの好青年っぽい人ですか?」

怜「そや。私の恋人や」

竜華「こ、恋人」

怜「……言っとくけど、誰にも渡さんで。勿論竜華にも」

怜「もし盗もうとしたら私がこの手で始末したるわ」

泉「ぶ、物騒ですね」

怜「それくらい本気ってわけや」

雅枝「はいはい、その辺で止め。部活はじめるで」

『はーい』
駅前

誠「待ちました?」

セーラ「待ってへんよ。ほな遊びにいこか」

誠「あれ、セーラー服」
14 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 01:52:37.56 ID:SCEUiqCh0
セーラ「あ、これ? あはは、セーラとセーラーを」

誠「凄く似合ってる」

セーラ「え、あ、アホ」

誠「本当だって。普段男勝りな分、今は何だかすっごく女の子らしく、魅力的だよ」

セーラ「冗談はお終いや! ほら、遊びに行くで!」

誠「そうだ、どうせ遊ぶなら……」

セーラ「遊ぶなら?」

誠「体を動かさない?」

セーラ「ええな。なんや、テニス? バッティング? それとも」

誠「それは着いてからのお楽しみってことで」

セーラ「なんや? 遊園地にでも連れてってくれるんか?」

誠「あはは、そんなところですよ」
25 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 17:48:32.90 ID:SCEUiqCh0
セーラ「確かに遊園地かもしれへんけど……」

誠「お城だし、おもちゃもあるよ。入れる?」

セーラ「ちょ、まっ、んひっ!」

誠「セーラの弱い所はお見通しってね」

セーラ「スケベ…」

誠「でもセーラだってすっごく締めつけてくるよね。やっぱ運動するからなのかな」

セーラ「って、誠と会うといつもこれやな、んっ」

誠「ほら、次は乗馬だよ」

セーラ「ん、あっ」

誠「セーラ、セーラ」

セーラ「まこと、誠ぉ!」

誠「セーラ、スピードあげるよ」

セーラ「ええ、ひぎっ、い、いきなりなんて」

誠「セーラ、俺の、俺のセーラ」

セーラ「ば、バカ」ギュッ

誠「そろそろ、出るかも」

セーラ「抜かんで。今日は…その平気やし」
26 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 17:56:38.50 ID:SCEUiqCh0
~~

セーラ「抜かんでええとは言ったけど、5回も出すなんてやりすぎちゃうん?」

誠「まあ良い運動になっただろ? ほらジュース」

セーラ「ん。まあストレス発散にはええけど。怜になんていえば」

誠「俺たち友達だろ?」

セーラ「友達、ねえ」

誠「それともセーラが恋人って言った方が良い?」

セーラ「ん~、怜との仲も壊したくないしな。ま、今は男友達ってことにしといたるわ」

誠「セフレの間違いじゃない?」

セーラ「男友達となにしようが、怜の知ったことやないしな」

誠「セーラ」

セーラ「悪友っちゅう言い方も出来るけどな。怜に誠紹介したのは私やろ?」

誠「まあね」

セーラ「お、私と誠がこんなことしてるって怜が知ったら、驚くやろなあ」

誠「いつも通り俺って言ってもいいんだよ」

セーラ「二人きりの時くらい女らしくしたい女心わからんかい!」ペシッ

誠「あいたっ」

セーラ「時間もあるし、罰としてもう一回やな。延長戦や」

誠「もう出ないよ」
27 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 18:01:29.48 ID:SCEUiqCh0
セーラ「ココ硬くしてそんなこと言っても、説得力に欠けるで。あむっ、んっ」

誠「んっ」

セーラ(相変わらず凶暴やなぁ……だからこそ美味しいんやけどな)

誠「しょうがないなあ」

セーラ「どっちが先にイクか勝負やで」

誠「はいはい」

チュプッ

セーラ「あちょ、どこに指入れて」

誠「セーラのかわいい穴だよ」
後日千里山女子

セーラ「おーっす」

泉「あ、先輩。こんちわっす」

セーラ「なんや泉だけか?」
28 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 18:08:20.61 ID:SCEUiqCh0
泉「園城寺先輩は定期健診っすわ」

セーラ「ふーん」

泉「ところで昨日」

セーラ「ああ、久しぶりに会った友達と遊んでただけや」

泉「へー、どんな人ですか?」

セーラ「そやなあ」

泉「もったいぶらずに教えてくださいよ~」

セーラ「泉が会ったら腰抜かすで。そんでちびる」

泉「ええ!?」

セーラ「じょーだんや。本気にすなや」

泉「からかわんどいてください」

フナQ「デートって情報はガセか……ちっ」

セーラ(デートねえ。やるだけやるんがデートっちゅうんかな)

フナQ「で、サボってまでどこ行ったんですか?」

セーラ「遊園地や」
29 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 18:09:27.27 ID:SCEUiqCh0
泉「遊園地?」

セーラ「なんてな。普通に運動して解散やで」

泉「先輩らしいですね」

セーラ「体動かすのは気持ちええで~」

泉「聞いててアホらしくなってきましたわ」

セーラ「おっ、竜華からメールや。なになに」

フナQ「拝見しても?」

セーラ「ええで。ん?『体調悪いから見てもらってくる。だから今日は部活休む。ごめん』らしいで」

泉「夏風邪っスか? 長引かないとええですね」

フナQ「風邪ひいた時は尻にネギを」

泉「えええ!?」

フナQ「じょーだんや」

泉「はぁ、なんか今日驚いてばっかりや」

セーラ(体調悪い…ねえ。昼にがっつり精の付くもん食べとったやん)
30 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 18:18:14.72 ID:SCEUiqCh0

清水谷家

誠「何で膝枕?」

竜華「そ、それは怜がうちの膝枕を愛してくれとるから、その心地よさを知ってもらわんと」

誠「知ってもらわんと?」

竜華「彼氏に相応し無いやろ。どない気分?」

誠「柔らかくて、なんだか包み込まれているみたいだ」

竜華「それはよかった……って、どこに顔埋めて」

誠「竜華の匂いが癒しなのかな」クンクン

竜華「あ、ちょ」

誠「あれ、何だか湿ってきたよ」

竜華「も、もう!」

誠「……もしかして、したい?」

竜華「…裸で膝枕してるんだから察してや」

誠「意地悪したかっただけだよ。ほら、俺だって」

竜華「うわっ、前見た時より反っててしかも硬く」
31 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 18:20:12.68 ID:SCEUiqCh0
誠「竜華、俺もう」

竜華「待って。入れる前にコレで試したいことあるんや」

誠「胸で?」

竜華「そや。本見て勉強」

ピンポーン

誠「あれ、お客?」

竜華「どうせセールスや。それより続き」

ピンポンピンポーン

竜華「もう……誰やの。せっかく」

ピンポンピンポン

竜華「ああもう!」

誠「出てきたら?」

竜華「そうするわ」

誠「あ、服、服!」

竜華「あ、そや! 忘れとった」

ピンポーンピンポーン

竜華「ハイハイ、すぐ出ます!」

竜華「新聞なら間に合って」

怜「新聞?」

竜華「と、怜!?」
33 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 19:20:01.74 ID:SCEUiqCh0
怜「病院帰りに近く通ったから」

竜華「ど、どうして」

怜「セーラから竜華体調悪いって聞いてな。顔赤いし」

竜華「あ、そやねん。ごほごほ」

怜「心配やからあがるね。これ林檎。好きやろ」

竜華「そ、そんな」

怜「ちょっとだけやから」

竜華「い、今は」

怜「あれ、この靴……」

竜華「そ、それは、おとんの。おとん最近」

怜「ふーん、こんな学生みたいなローファー履くんやな」

竜華「ぎくっ」
34 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 19:25:53.61 ID:SCEUiqCh0
怜「それにこの靴、見覚えあるで」

竜華「よくある靴やしな~」

怜「……私言ったよね。盗んだら殺すって」

竜華「お、覚えてないな~」

怜「この感じ、2階やな!」

竜華「あ、ちょ!」

普段では想像できない速さで駆けあがっていく怜。

怜「おるんやろ!」

竜華「お、おわった……」

怜「……ほら見んかい」ニヤァ

誠「怜、来てたんだ」
35 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 19:29:07.86 ID:SCEUiqCh0
幸い服は着ていた誠

怜「何でこんな場所におるん?」

誠「俺が竜華の家にいたらダメなのか?」

怜「誠は私の彼氏やろ?」

誠「ばれちゃったらしょうがないね……怜」

怜「なんや?」

竜華(アカン、誠くんと)

誠「これプレゼント」

怜「なんのつもりや?」

誠「竜華にあってたのは、そのプレゼント選びに付き合ってもらってたんだ」

渡したのはペアリング。

誠「な、竜華」

竜華「そ、そやねん」

怜「嘘」

竜華の言い訳をはっきりと断定して決めつける怜。
36 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 19:39:25.26 ID:SCEUiqCh0
その目はいつもの蕩けたような目ではなくきつく、鋭い目つきだった。

そして何より、光が無かった。
38 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 20:20:56.42 ID:SCEUiqCh0
誠「本当だって。怜にサプライズプレゼントしたくて、怜の親友である竜華に怜の趣味を聞いたんだ」

怜「竜華、それ本当なん?」

竜華「そ、そやで。だからその時が来たら渡すはずだったのに、怜が来てもうて」

誠「ほらおいで、怜が喜ぶと嬉しいんだけど」

怜「なんやそうだったんか~。も~」

先ほどまでの目ではなく、いつも以上に蕩けた目で誠に擦り寄る怜。

誠「ほらおいで」

怜「ん、お邪魔するで」

あぐらをかいた誠にちょこんともたれかかるように座る怜

誠「はめてみて」

小さなケースに入っていたのは、二つのリング

怜「カワイイ色やなあ。ん、ぴったしや」

付ける指は左手の薬指。

誠「じゃあ俺も」

同様に身につける誠

怜「幸せやなぁ」

誠「本当は次のデートで渡すつもりだったのにな」

怜「んふふ」

竜華「あ、じゃあ林檎剥いてくるね」

怜「おかまいなく~」

自室だというのに、半ば強制的に追い出されてしまう竜華
39 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 20:25:44.01 ID:SCEUiqCh0
竜華(バレへんで良かった……でも怜のやつ、なに人の部屋で、いたっ)

指を包丁で少し切ってしまった。竜華の綺麗な指から目の前の林檎のように真っ赤な血が流れ出す。

竜華「血、かぁ…」

怜『おかまいなく~』

竜華「なにがお構いなく~や。かまとと、って、うち今なにバカなことを」

竜華「はよ林檎もってこっと」

林檎を兎状に切り、更に乗せ運ぶ竜華。

怜は林檎を誠の膝の上で食べさせてもらっている

怜「ん、シャリシャリして美味しいなぁ」

誠「俺も食べたいんだけどな」

竜華「ほ、ほならう「なら口移しでええやろ? ん~」」

誠「竜華もいるんだぞ」

怜「見せつけてやればええやん」

誠「まったく、しょうがないなあ」

怜「んフフ、指輪も貰うし林檎も美味しいし、最高やなぁ」

竜華(はよ帰らんかなぁ……って、うちまた怜の事を邪見に)

怜「竜華?」

竜華「あ、なんでもない、なんでもないで」

怜「そっか。ほら誠くん、ちゅ~」

誠「はいはい」

目の前で口づけを交わす二人。

40 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 20:40:43.93 ID:SCEUiqCh0

結局その日、竜華が誠と交わることは無かった。

怜も誠と仲良く腕を組んで帰って行くのを玄関から見送った。

竜華「なんやろ、このモヤモヤ感……ちょっと早いけど寝ようかな」

ちょっと早めに床に就く竜華。

竜華(怜……誠くん、どっちに嫉妬してたんやろ)

竜華(誠くん…好きやで)

そんなことを思いながら布団に入っても、思ったように寝付けない。

竜華「……」
41 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 20:49:15.21 ID:SCEUiqCh0
帰宅中。

部活後皆でカラオケ屋に行った帰り、怜は相変わらず嬉しそうだった。
泉「園城寺先輩、あんまり学校で見せびらかすと没収されますよ」

怜「そんなことされたら、その先生を訴えるだけや」

竜華「あはは、大げさやなぁ」

怜「大げさやないで!」

セーラ「にしてもひさびさに皆で遊んだなぁ」

フナQ「確かに、最近はデートださぼりだで集まり悪いでしたしから」

セーラ「うっ」

怜「ふふっ」

竜華「もう真っ暗やな、ほなうちこっちやから」

泉「お疲れ様です!」

フナQ「最近不審者出るらしいですから、気をつけてくださいね」

怜「ま、私には愛しの誠くんがおるから平気や」

竜華「とーき、コイバナはもうごちそうさまです」

怜「えー、おかわりしてええんよ~」

竜華「はいはい。じゃ、またね~」

セーラ「またな~」
42 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 20:51:05.85 ID:SCEUiqCh0

この日、怜が路上で死んだという電話が竜華のケータイ電話に留守電で入っていた。

それに気付いて駆け付けたものの、再び出会った怜の体は創傷だらけで指も欠け、とても苦しそうな顔で死んでいたのを覚えている。

43 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:08:01.90 ID:SCEUiqCh0
火葬が終了しても、なお、千里山女子の面々は

竜華「怜、どうして……」

泉「酷いっす……うっ」

誠「怜、怜ぃ」

大泣きしていた。貰いなきする面々も出た。

セーラ「誠と付き合ってからあんなに楽しそうだったのに」

誠「俺が、俺が守れなかったから……」

竜華「ううん。うちが怜を、怜から目を離したから」

セーラ「俺だって……」

崩れ落ちる誠を慰めるように二人は寄り添い、泣きあった。

フナQ「それにしても、左手の指全部切り落とすなんて猟奇的犯行すぎますわ。これは」

雅枝「浩子、その辺にしとき」

フナQ「わかってます。ただ、あまりに酷くて」

雅枝「乱暴に切断された形跡は確かに気にはなるけど」

誠「ごめんなさい、俺が……俺のせいで」

雅枝「アンタのせいじゃない。悪いのは全部犯人、犯人のせいや」

数週間後

清水谷家
竜華「誠くん、ほら元気出して」

誠「うん……」
45 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:13:51.00 ID:SCEUiqCh0

数週間後

清水谷家
竜華「誠くん、ほら元気出して」

誠「うん……」

竜華「怜が死んでしもたんは悲しいけど、何時までも悲しんでたら怜も浮かばれんよ」

誠「でも」

竜華「ほーら、ケーキでも食べて元気出して」

誠「ケーキ、怜も好きだったな……」

竜華「むっ、ほら、口開けて」

誠「んぐっ」

竜華「どや。美味しいやろ?」

誠「ああ、美味しいよ」

竜華「そやろ~。あ、そや」

誠「竜華、竜華は何処にも行かないよな」

竜華「当たり前やろ。怜の代わりに、ずっと、ずっと一緒にいたるで」

誠「竜華、ありがとう」

竜華「ほら、この指輪。覚えとる?」

誠「あ、それ……」

竜華「あの後々やつ探して買ったんや。新品が見つからなくて中古品だけど、これつけてると、何時までも一緒にいられる気がしてな」

誠「竜華、俺を温めてくれ。温もりを感じていたいんだ」

竜華「ええよ。好きなだけ感じさせたるで」

誠「ありがとう…」

S「……また誠に近づこうとする女が、殺っても殺っても」

K「……誠君も私たちの前から逃げるなんて、酷いです」
47 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:32:37.57 ID:SCEUiqCh0
セーラ「ん、なんや。 二人とも」

セーラ「竜華に用あるんか? だったら俺も用あるし」

セーラ「竜華ー、入るでー」

ガチャガチャ

セーラ「あれ、鍵かかってるわ」

セーラ「留守かなぁ」

S「ねえ、貴女の目的って?」

K「……中にはいますよ」
セーラ「俺か? 俺は最近元気ない誠に元気を注入したろうかなーって」

S「へぇ…」

K「元気を……」

セーラ「で、二人は? 喋りからして東京もんか?」

S「そんなところ。で、竜華さんに会いに来たんだけど」

K「……話したい事があって」

セーラ「へー、竜華に東京の友達が」
49 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:35:49.45 ID:SCEUiqCh0
S「所でさっき誠に」

セーラ「え、あー」

K「もしかして、恋人さんなんですか?」

セーラ「こ、恋人!?」

S「その反応」

セーラ「ちゃうちゃう。俺は友達、誠とは親友なんや」

K「親友……」

S「男と女で?」

セーラ「性別超えても親友にはなれるんやで」

K「だったら私、貴女とお話がしたいです」

セーラ「んっと、悪いんだけど今日は誠に」

K「やっぱり……少しでいいので」

セーラ「ちょっとだけやで」

K「すぐ確認するだけですから」

セーラ「確認って大げさな。まあしゃあない。ええで」
50 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:37:17.89 ID:SCEUiqCh0
K「ありがとうございます。じゃあこちらへ」

セーラ「こっちってあるの空き家やん」

K「聞かれたくない話もあるので」

セーラ「ところでアンタの名前聞いてなかったな。俺はセーラ。誠の一番の親友や」

K「私の名前ですか? 木戸って言います」

セーラ「木戸か。よろしくな」

S永「へー、この子が誠の?」

木戸?「ええ。誠くんの親友らしいです」

S永「へー、男勝りっぽいね。胸もないし」

セーラ「触るんな!」

S永「おー怖い怖い」

木戸?「早く確かめてもらえます? 時間が惜しいので」

セーラ「どういうつもりや?」

木戸?「どうせ死ぬ人に伝えるのは無意味です」
52 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:44:22.93 ID:SCEUiqCh0
セーラ「な、なに脱がしてん、ってさっさと離せや!」

S永「勝気な娘も可愛いってね」ペロッ

セーラ「ひっ。ちょ、どこ弄って」

S永「えー別にいいじゃん。減るもんじゃないし」

セーラ「俺の体に触れて良いのは誠だけや!!」

木戸?「やっぱり貴女も……」

S永「殺す前にやっちゃだめ?」

木戸?「ダメです。誠くんを誑かす女は、すべて消すって決めたんです」

S永「残念。でも死んでからならいいんだろ?」

木戸?「好きにして下さい」

S永「ラッキー」

セーラ「もしかして怜を殺したのは」

木戸?「それは私じゃありません」

セーラ「じゃあ誰が」
53 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:50:35.54 ID:SCEUiqCh0
S「ちょっと。やるなら夜やりなさいよね。目立つじゃない」

木戸?「ごめんなさい・・・でも我慢できなくて」

S「まあ気持ちはわかるけど。それとするなら早く確認してよね」

セーラ「その指輪……」

S「ん、なに?」

セーラ「怜を」

S「ああ、あの病弱そうでぶりっこね。そうよ」

セーラ「お前ら……んっ!」

S永「俺を無視しないでよ―」

セーラ「木戸! 絶対許さ、ん、やめ、キスすなボケ!」

S「木戸?」

木戸?「はい。私の偽名です」

S「あー、なるほど」

木戸?「そろそろ迎えに行きませんか?」

S「そうね。澤永、適当にやってていいわよ」

澤永「まじ?やった!」
54 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 21:51:37.47 ID:SCEUiqCh0
木戸?「逃げないように縛っておくので」

セーラ「やめ、縛るな、ボケ!」

S「処女かどうかだけ教えてね。あとうるさいから猿轡して」

澤永「オッケー」

世界「あ、乙女はどうする?」

乙女「私はこの男女見ててムカつくから、ちょっとやってから行くわ」

セーラ「ぼ、んんんっ」

セーラの髪を引っ張る乙女

乙女「あんたさあ、誰の許可得て誠の親友名乗ってるわけ?」

セーラ「いっ、んぐぐ」

乙女「何言ってるか分かんないわよ。ま、そんな貧相な体じゃ友達どまりでしょうけど」

セーラ「んぐぐ!」

乙女「澤永、あんたもやるんならさっさとしなさいよね」

澤永「へーへー」

乙女「私実はこんなにおもちゃ持って来ちゃった」

澤永「うっわ…すげー」

乙女「ねえねえ、どれから試す?」

澤永「俺はこれかな~」

乙女「え―ソフトすぎでしょ。やっぱこれだって」
55 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 22:00:19.76 ID:SCEUiqCh0
清水谷家玄関
世界「というか、誠のやつ私たちのこと秘密にしていたみたいね」

言葉「ええ…何だかさびしいですね」

世界「これはお仕置きね。お仕置き」

言葉「西園寺さん、カギどうします?」

世界「カギねえ、ピッキングでもする?」

言葉「あ、私出来るかもしれません」

世界「嘘、桂さん凄いわね」

言葉「そんなこと……でももし出来なかったら」

世界「その時はその時で、壁でも扉でも破壊しましょうか」

言葉「そうですね…人間やればできます」

世界「じゃ、迎えに行きますか」

言葉「ええ。私たちの前から」
「「逃げた誠(くん)を」」

『修羅は来たれり』  END

56 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 22:02:15.30 ID:g3Yy7DBxO
こーわーいー
58 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 22:28:10.53 ID:UhIKkwW60

泉とフナQは手を出されなかったか
命拾いしたな
59 : ◆qQ.Wr0r2AXHb 2015/06/17(水) 22:54:08.77 ID:SCEUiqCh0
>>58

フナQを入れてしまうと雅枝とか絹恵、洋榎に拡大するから外しました。

泉も入れる予定でしたが、長くなるのでやめました。
元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434470275/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする