【エヴァ・クロスSS】ハマーン「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」シンジ「えっ」

【エヴァ・クロスSS】ハマーン「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」シンジ「えっ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 21:26:34 ID:FkYRTyMU
ネルフ基地内

シンジ「父さん・・・今更何の用なんだよ・・・」

リツコ「シンジ君、見なさい」

リツコ「これが凡庸人型決戦人型兵器、エヴァンゲリオンよ!」

バーン!

シンジ「・・・」

ミサト「久々に呼び出されたと思ったらこれだもの。無理もないわね」

「待たせたな。俗物共」

ミサト&リツコ「!?」

シンジ「父さん・・・?」

「私がアクシズ改めネオジオン総司令、スペースノイドの自由を勝ち取る為生まれた者」

「ハマーン・カーンである!!」

ミサト&リツコ&シンジ「(・・・誰?)」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 21:32:53 ID:FkYRTyMU
ハマーン「・・・」

リツコ「えっ、ちょ・・・」

ミサト「あんた誰よ!?」

ハマーン「さっき名乗っただろうが」

ミサト「いやそういう事じゃなくて」

リツコ「ここは部外者は立ち入り禁止よ?何者ですか!」

ハマーン「たかだか地下に巣を作った程度で立ち入り禁止とは、笑わせる」

ミサト「警備兵は何をしているの!?」

ハマーン「警備?ああ、そこでだらしなく怠けている連中の事か」

ミサト&リツコ「!?」

隅で積み重なっている警備兵達

ミサト「強行突破ってわけね・・・」

リツコ「この非常時に・・・」

ハマーン「聞け!このネルフとやらは我らネオジオンが乗っ取った!」

ハマーン「命が惜しくば我に従え!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 21:40:40 ID:FkYRTyMU
ドカーーーーン!!グラグラグラ・・・

リツコ「ッ!」

ミサト「使徒!ついにここまで・・・」

リツコ「あなた。今私達は非常事態です」

リツコ「ネオジオンかなんだか知りませんが、事は一刻を争います」

リツコ「乗っ取りの話は後にして、今は私達に協力しなさい。このままではみな全滅です」

ハマーン「そのガラの悪いモビルスーツで戦うのか?」

リツコ「(モビルスーツ?)ええ、そうです」

ミサト「あんたも見たでしょ!?あの化け物!あれはエヴァじゃないと倒せない相手なのよ!」

ハマーン「ほう・・・」ニヤ

ハマーン「そこの貧弱そうな小僧」

シンジ「え、僕?」

ハマーン「貴様が乗れ」

シンジ「えっ」

ハマーン「貴様がそのモビルスーツに跨り、見事打倒して見せよ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 21:45:57 ID:FkYRTyMU
ミサト「ちょっと無茶言わないでよ!この子は今来たばっかりの部外者よ!?」

ハマーン「大方そのモビルスーツに乗せるために連れてきたんだろうが」

ミサト「うっ」

リツコ「(図星ね・・・)」

ハマーン「パイロットに選ばれたという事は何らかの素質があると言う事だ」

ハマーン「もしかしたらニュータイプの素養があるかもしれんなぁ」ニヤニヤ

シンジ「僕が・・・?そんな、無理ですよ、いきなり何なんですか」

シンジ「大体なんなんですか。ニュータイプって。さっきから意味がわかりませんよ」

ハマーン「ごちゃごちゃとやかましい奴め」

ハマーン「乗るなら速くしろ。出なければ帰れ!」

シンジ「・・・」

ドカーーーーーン!!グラグラグラグラ・・・

全員「うわっ!」

ガレキがシンジに降りかかる

シンジ「うわあああああああああ!!!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 21:55:22 ID:FkYRTyMU
初号機「」

ギギギギギ

ミサト「初号機が動いた!?」

リツコ「まさか!エントリープラグも挿してないのよ!?」

ハマーン「ほう・・・遠隔操作もできるのか」

シンジ「うわあああああああああああ!!」

「待てい!」

シンジ「!?」

見知らぬ人物がシンジに飛びかかる

全員「!?」

ガシャーーーーーン!!

「大丈夫か!?少年!」

シンジ「あ、ありがとうございます・・・えと、どちらさんで?」

「よくぞ聞いてくれた!私は宇宙の平和を守る為、ハマーン様に使える薔薇の騎士」

「人呼んで・・・ マ シ ュ マ ー ・ セ ロ で あ る ! 」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:01:43 ID:FkYRTyMU
シンジ「はあ・・・」

ミサト&リツコ「(また知らない奴が増えた・・・)」

ハマーン「マシュマー、よくやった」

マシュマー「ハマーン様!ここにおられたので!」

ハマーン「しかし貴様は何故ここにいる。件の化け物を駆逐しに行ったのではなかったのか?」

マシュマー「は!報告があります!件の化け物は謎のバリアを有し、我々の攻撃を受け付けません!」

ミサト「使徒に挑んだの!?」

リツコ「無茶な・・・」

ハマーン「攻撃を受け付けない?どういう事だ?」

リツコ「私が説明します。それはA.Tフィールド。物理的な攻撃はすべて受け付けないシロモノです」

ハマーン「ほう」

ミサト「だから同じA.Tフィールドを持つエヴァじゃないと対抗できないのよ!」

マシュマー「ふん、そのような意味不明の者にこのマシュマーが破れるか!」

マシュマー「ハマーン様!マシュマー・セロ、再出撃して参ります!」

ハマーン「うむ、頼んだぞ。薔薇の騎士」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:06:44 ID:FkYRTyMU
ミサト「あんた話聞いてた!?」

マシュマー「うおおおおおおおおおおおお!!!」

リツコ「ああ、ちょっと!」

シンジ「いっちゃった・・・」

ハマーン「その何者も受け付けないATフィールドとやら、興味がある」

ハマーン「果たして本当に何も受け付けないのかな・・・?」ニヤ

リツコ「何を・・・」

ハマーン「さっきこのような物を拾ったが」

「N2地雷」

ミサト「ッッッ!!」

リツコ「まさか!やめなさい!」

ハマーン「何をそんなに慌てふためいている?何者も受け付けないバリアーとやら、見て見たいではないか」

リツコ「やめなさい!それがどういう物かわかっているの!?」

ミサト「あんたの部下もいるのよ!?」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:14:30 ID:FkYRTyMU
ハマーン「我が勇敢なるネオジオンの兵達よ、準備はいいか!」

兵「は!セット完了しました!」

ハマーン「よし、それは広範囲の爆破装置のようだ。全軍撤退、巻き込まれないように注意しろ」

兵「は!」

ミサト「ああもう、それはそんな生易しい物じゃ・・・」

ハマーン「」ワクワク

リツコ「使徒はどこまで接近しているの?」

ミサト「私がシンジ君を迎えに行った時点でもう市街地に入ってたから・・・」

リツコ「・・・また揺れるわね」

シンジ「?」

兵「化け物、N2地雷の通過コースに到達、秒読み開始します!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:16:31 ID:FkYRTyMU
兵「5・・・4・・・3・・・」

ハマーン「」ワクワク

兵「2・・・・1・・・」

ミサト「シンジ君、もっぺん伏せて!」

シンジ「!?」

兵「・・・0!」

ハマーン「起爆しろ」
ポチッ
キュイイ・・・・
ドドドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!
グラグラグラグラ・・・・!!

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:19:58 ID:FkYRTyMU
基地内が激しく揺れる

リツコ「ッ!」

ミサト「きゃあああああああ!!」

シンジ「うわあああああ!」

グラグラグラグラ・・・

ハマーン「ほう、これはすごい威力だ」

ハマーン「化け物はどうなった?」

兵「まさか・・・そんな・・・」

兵「無傷です!まったくの無傷!」

兵「依然進行中!」

ハマーン「ふむ、何者も通さないとは本当のようだな」

ミサト「だから言ったのに・・・」

リツコ「もう気が済んだでしょ?あれはエヴァでないと倒せません!」

リツコ「いい加減解放しなさい!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:26:38 ID:FkYRTyMU
ハマーン「いいだろう。許可する」

ハマーン「そのエヴァとやらで見事あの化け物を倒して見せよ。小僧」

シンジ「・・・イヤです」

ハマーン「!?」

シンジ「さっきからなんなんですか!僕の知らない間に勝手に話を進めて!」

シンジ「あんな化け物、僕が倒せるわけないじゃないですか!」

シンジ「ムリだよ・・・そんなのできっこないよ!」

ハマーン「ふぬけが・・・それでも男か貴様」

兵「ハマーン様、ヒソヒソ」

ハマーン「ほう、そうか。ならそこの小僧の前に持って行ってやれ」

兵「は!」

ミサト「?」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:31:46 ID:FkYRTyMU
ハマーン「先ほどの戦闘で怪我人が出たそうだ。見ろ」

ミサト「まさか・・・レイ!?」

ガラガラガラ・・・

「うう・・・」

シンジ「・・・」

ミサト「大丈夫!?レイ・・・じゃない!」

リツコ「さっきのキザ男・・・」

マシュマー「おのれ化け物・・・ちょこざいなマネを・・・」

ハマーン「マシュマー、化け物は健在だ。もう一度出撃しろ」

ミサト「あんた鬼!?」

マシュマー「は・・・ハマーン様・・・」

リツコ「やめなさい!無茶よ!戦える体ではないのは自分が一番わかっているはずです!」

マシュマー「どけ・・・女・・・騎士たる物たかがケガの一つや二つで・・・ゴフッ」

ハマーン「見ろ小僧、お前のせいで人が一人死ぬぞ」

シンジ「・・・」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:42:12 ID:FkYRTyMU
立ち上がろうとするマシュマー

マシュマー「うう・・・うおっ!」グラッ

シンジ「だ、大丈夫ですか!」

マシュマー「このマシュマー、これしきの事で・・・」

シンジ「・・・血?」

ハマーン「小僧、現実から目を背けるな。自分が今何をするべきか、その足りない頭で考えろ」

シンジ「・・・」

シンジ「(逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ)」

シンジ「やります・・・僕が乗ります!」

ハマーン「そうだ、それでイイ」ニヤ

リツコ「説得した・・・」

ミサト「やるわね、あいつ」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:47:16 ID:FkYRTyMU
ハマーン「後は任せたぞ、俗物共」

リツコ「司令室に行くわよ。ミサト」

ミサト「司令、どこいったんだろ・・・」

司令室

ハマーン「遅いぞ、俗物共」

ミサト「あんたいたの・・・」

ハマーン「特殊機関のブリッジ、見て見たいではないか」

リツコ「何がブリッジよ」

ハマーン「青葉、マヤ、日向、準備はいいか」

3人「いつでもOKです!」

ミサト「手なずけられちゃって・・・」

ハマーン「小僧、調子はどうだ?」

シンジ「・・・大丈夫です」

ハマーン「いい返事だ。よし、エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

ミサト「それアタシのセリフ!」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:52:11 ID:FkYRTyMU
第三新東京市 地表

シンジ「どうやって動かせば・・・」

リツコ「シンジ君、今は歩く事だけ考え(ry「走れ!小僧!」

サキエル「」

シンジ「うわわわわ!」

サキエルの突進をかわすシンジ

シンジ「危なかった・・・」

ハマーン「その調子だ、小僧。止まらずに動き続けろ」

リツコ「・・・なんであんたが動かし方知ってんのよ」

マヤ「使徒、接近!」

シンジ「またきた!」

ハマーン「こちらの武装は?」

日向「パレットライフルとプログレッシブナイフです」

ハマーン「ファンネルはないのか?」

日向「・・・ファンネルってなんですか?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 22:56:41 ID:FkYRTyMU
シンジ「うわーーーーーーー!」

マヤ「使徒、初号機と接触!」

ハマーン「振りほどけ!小僧!」

ミサト「無茶よ!完全に捕まれたわ!」

ガン!ガン!ガン!

シンジ「い、痛い!」

リツコ「シンジ君落ち着いて!あなたが攻撃されてるわけじゃないのよ!」

ハマーン「ダメージフィードバック・・・やはりあの小僧、ニュータイプか」

リツコ「デフォの仕様なんだけど」

ボキ!

シンジ「ッッッッッ!!」

マヤ「初号機、左腕損傷!」

ハマーン「ええい、トロくさい小僧め!」

ミサト「ここらが潮時ね・・・初号機、撤退させて!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:03:05 ID:FkYRTyMU
ハマーン「敵前逃亡は軍法違反だぞ!」

ミサト「あの子は軍人じゃないわよ!」

ガン!ガン!ガン!

シンジ「・・・」

ミサト「シンジ君!?シンジ君!?」

ハマーン「気絶したな。人の思念を受けすぎたのだ」

リツコ「(さっきから何を言ってるのよこいつ・・・)」

ブチッ!

マヤ「アンビリカルケーブル切断!」

ハマーン「アンビリカルケーブルとはなんだ?」

ミサト「エヴァの電源よ!あれがなくなるとエヴァは内部電源に切り替わって5分しか動けなくなるのよ!」

ハマーン「電源だと!?ええい、今時電気で動くなど!核融合炉ではないのか!」

リツコ「そんな技術ありません!」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:07:02 ID:FkYRTyMU
ハマーン「なんてレベルの低い技術力だ・・・」

ミサト「どんなの想像してたのよアンタ」

なおも初号機に攻撃を加える使徒

青葉「まずい!このままでは活動限界より先にダメージが溜まります!」

ミサト「なんですって!シンジ君!シンジ君!」

シンジ「・・・」

ガン!ガン!ガン!

ミサト「見なさい!あんた!このままでは本当に死んじゃうわよ!」

ハマーン「・・・確かに潮時だな」

ミサト「理解した!?ここは軍隊じゃないの!初号機、緊急回収(ry

ハマーン「私が行く」

全員「えっ」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:17:57 ID:FkYRTyMU
ミサト「行くって、どうやって!?」

リツコ「ATフィールドがある限り、エヴァ以外の攻撃は効かないのよ!?」

ハマーン「要はエヴァで攻撃すれば問題ないのだろうが」

全員「???」

ハマーン「全員、しばらく私に話しかけるな・・・むん!」

ヒュイイイイイイイイイイイイイ

全員「!?」

ハマーンは念じ始めた

初号機「」キラン

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオン!!!!」

マヤ「初号機、再起動!」

ミサト「何ですって!?あんた、何したの!?」

ハマーン「・・・」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:22:16 ID:FkYRTyMU
シンジ「う・・・」

ハマーン「(小僧、起きろ)」

シンジ「えっ、あっ、ハマーンさん・・・?」

ハマーン「(お前はまるで戦い方がなっちゃいない。見ていろ。戦い方を言う物を教えてやる)」

初号機「ウオオオオオオオオオオオン!!!ウオオオオオオオオオオン!!」

サキエル「!?」

マヤ「初号機から原因不明の反応!」

青葉「なんか光ってません?」

ミサト「ピンクの光が・・・」

リツコ「なによ、あれ・・・」

ハマーン「(むん)」

ドリュドリュドリュ

マヤ「左腕、復元!」

全員「うそん!?」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:28:19 ID:FkYRTyMU
ハマーン(精神)「(確か活動限界があるとか言っていたな・・・ならば短期決戦しかないな)」

ハマーン(精神)「はぁ!」

サキエル「!!」

バキィ!

ハマーン「むん!」

ドゴォ!

ハマーン(精神)「はあああああああああああ!!」

バキドガボコスカガンガンゴフドム

リツコ「押してるわね・・・」

ミサト「まじでなんなよのあいつ」

ハマーン(肉体)「・・・」

サキエル「!!」グワッ

ハマーン(精神)「遅い!」

バキィ!

サキエル「・・・」グラァ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:32:53 ID:FkYRTyMU
ハマーン「(精神)「ファンネル!」

日向「プログレッシブナイフが勝手に!?」

ハマーン(精神)「貫け!」

ナイフサキエルの頭に穴を開ける

サキエル「!!」

ミサト「なんて威力!?」

リツコ「あんな性能ないわよ」

ハマーン「(精神)「ふむ・・・電気駆動のくせに中々性能は悪くない・・・」

ハマーン(精神)「ここいらでトドメを刺させてもらおうか!」

サキエル「!?」

ボキッ!

サキエル「!!!」

青葉「使徒、両腕損傷!」

ミサト「復元するわよ!一気に畳み掛けて!」

ハマーン(精神)「わかっている!」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/17(土) 23:48:29 ID:FkYRTyMU
ハマーン「(精神)「こんな所で朽ち果てる、己の身を呪うがイイ!」

ハマーンがトドメを刺さんとするその時、使徒の体が初号機を包み込んだ

ハマーン(精神)「なんだ!?」

ミサト「自爆する気!?」

サキエル「・・・」
ドガアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

パラパラパラ・・・
マヤ「使徒、消滅・・・」

ミサト「そんな・・・シンジ君とあいつは!?」

リツコ「あの爆発じゃあ・・・」

ミサト「ウソよ・・・シンジ君!シンジ君!」

全員「・・・」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/18(日) 00:05:05 ID:7.v3u3ME
ミサト「シンジくーーーーーーーーーん!」

ハマーン「やかましいぞ貴様!頭に響く。静かにしてろ!」

全員「!?」

リツコ「あんた生きてたの!?」

ハマーン「当然だ。あの程度の爆発でこの私が死ぬモノか」

ミサト「シンジ君は!?ねえ!?シンジ君はどうなったのよ!」

ハマーン「慌ただしい奴め・・・あの小僧なら無事だ。見ろ」

ズン・・・ズン・・・ズン・・・ズン・・・

マヤ「初号機、健在です!」

ハマーン「私が救ってやったのだ。感謝しろ」

ミサト「シンジ君・・・よかった・・・」

リツコ「殲滅成功・・・ね。一応」

マシュマー「お見事です!ハマーン様!」

ミサト「(あんたもいたの・・・)」

第三使徒 サキエル 撃破

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/18(日) 00:13:27 ID:7.v3u3ME
リツコ「初号機、緊急改修!パイロットの生命維持を最優先にして!」

ハマーン「私は疲れた。部屋で休むぞ。案内しろ」

ミサト「外装が派手にやられたわね・・・プラグ内の救命装置を作動させて!」

ハマーン「無視、か」

マシュマー「全く、無礼な連中ですな」

ハマーン「まあよい、私は勝手に戻る。マシュマー、後は任せたぞ」

マシュマー「は!このマシュマー、ハマーン様のご命令とあらば!」

ツカツカツカツカ・・・

ハマーンが勝手に住み着いた部屋

ハマーン「ふう・・・うっ」ズキ

ハマーン「さすがに無茶をし過ぎたか・・・頭が響くな」

ハマーン「昨日今日会った小僧と精神干渉など、ふざけた事をさせよって」

ハマーン「大体何故私があんな軟弱の小僧の世話をせねばならぬのだ」

ハマーン「俗物が。厄介事を押し付けおって・・・」

ハマーン「全く・・・ユイ・イカリめ」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:01:01 ID:MVwMePb.
翌日 戦闘現場

ミサト「まったく、派手にやってくれたわね」

リツコ「おかげで危機は脱したけどね」

ミサト「あいつ、本当に何者なの?」

リツコ「それがわかれば苦労はしません」

ミサト「まさかアイツも使徒なんてオチじゃないでしょうね」

リツコ「まさか。ないない。パターンは通常だったわよ」

リツコ「でも確かに常軌を逸していたわね・・・」

ミサト「アイツが念じた瞬間、エヴァが暴走して・・・」

リツコ「むしろアイツが動かしていたように見えたわ」

ミサト「司令もいないし、ほんとどこいっちゃったのかしら」

リツコ「問題が山積みね・・・」

マシュマー「わーっはっはっはっは!さすがハマーン様!豪快な勝ちっぷりであるわ!!」

マシュマー「わーっはっはっはっはっは!」

ミサト&リツコ「(あいつはほんとになんなのよ・・・)」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:03:55 ID:MVwMePb.
病室

シンジ「・・・う」

天井を眺めるシンジ

シンジ「知らない天井だ・・・」

ハマーン「目覚めたか、小僧」

シンジ「うわっ!」

ハマーン「人の顔を見て驚くな。失礼な奴め」

シンジ「・・・こないだはどうも」

ハマーン「昨晩の戦闘、まるでダメだな」

シンジ「え・・・」

ハマーン「貴様は戦闘の基礎がまるでなっちゃいない」

ハマーン「そんな事では早死にするぞ」

シンジ「乗りたくて乗ってるわけじゃありません・・・」

ハマーン「ふん、相変わらず軟弱な奴め」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:08:34 ID:MVwMePb.
ハマーン「しかし私は貴様に死なれては困るのだ」

シンジ「何故です?」

ハマーン「(無視)喜べ。私直々に戦闘指導を行ってやる」

シンジ「はぁ・・・」

ハマーン「訓練は明日からだ。今日はそこで惰眠をむさぼっていろ」

シンジ「・・・」

ハマーン「明日になったら呼びに来るからな」

ハマーン「じゃあ失礼する」

カツカツカツカツ・・・

シンジ「(口悪いなぁ・・・あの人)」

シンジ「(でもほんと、何者なんだろ)」

シンジ「(知らない天井・・・と見知らぬおかっぱだ)」

マシュマーの高笑いが病室まで響いてきた

シンジ「(・・・あと見知らぬバカ)」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:11:15 ID:MVwMePb.
リツコ「ミサト、使徒の分析結果なんだけど」

ミサト「なにかわかった」

リツコ「DNAの構造が・・・99%人類と一致してるわ」

ミサト「なんですって!?」

ハマーン「ほう、それは興味深い」

リツコ「突然現れるのをやめなさい」

ハマーン「あの化け物が人と申すか。おもしろい事を言うな」

ミサト「あんたの髪型のほうがおもしろいわよ」

リツコ「何の用かしら?」

ハマーン「あの小僧の事なんだが」

ミサト「シンジ君ね」

ハマーン「貴様がめんどうを見ろ」

ミサト「!?」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:14:51 ID:MVwMePb.
ハマーン「思春期の若者には保護者が必要だ。当然だろう」

ミサト「なんであたしが・・」

ハマーン「なんとなくだ」

リツコ「手出しちゃダメよ」

ミサト「まさか、いくらアタシでも中学生には・・・」

ハマーン「あの小僧はもうすぐ退院する。貴様の部屋に住まわせろ」

ハマーン「これは命令だ」

ミサト「はいはい・・・」

ハマーン「ふん、ではまたくるからな」

ツカツカツカツカ・・・

リツコ「保護者就任おめでとう」

ミサト「・・・ありがとう」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:18:57 ID:MVwMePb.
ミサトの部屋

ミサト「さ、ここが今日からアナタの部屋よ」

ゴミだらけの汚部屋

シンジ「きたなっ!」

ミサト「アタシを御母さんだと思って、なんでも言ってね♪」

シンジ「・・はい」

ミサト「(母代りも中々悪くないわね)」

ビールを飲むミサト

ミサト「ぷはーーーーー!うまいんだな!これが」

シンジ「豪快な飲みっぷりですね」

ミサト「やっぱ仕事終わりはこれよねー♪」

ハマーン「ふん、いつ戦闘になるかもわからぬのに飲酒など、俗物が」

シンジ「!」

ミサト「・・・どっから入ってきたのよ」

ハマーン「ちゃんと世話しているのか、見定めに来た」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:23:58 ID:MVwMePb.
ミサト「なによ、仕事終わりだからいいじゃない」

ハマーン「緊張感のない奴め。それでも軍人か」

ペンペン「ぐえーーー!ギャ!ギャ!ギャ!」

風呂場からペンペンの鳴き声が聞こえる

ミサト「ペンペン?どうしたの?」

ガラッ

マシュマー「いやー、非常にいい湯だった!」

ミサト「」

シンジ「・・・」

ハマーン「これこれマシュマー、レディの前で半裸などはしたないぞ」

マシュマー「おお!これは失礼しました!」サッ

ミサト「アタシのバスタオル勝手に使うな!」

マシュマー「ハマーン様、お喜び下さい。新鮮な鶏肉を入手致しました!」

ペンペン「グエーーーーーー!!」

シンジ「(やりたい放題だなこの人達・・・)」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:28:20 ID:MVwMePb.
数分後

マシュマー「はっはっは!たまには庶民の暮らしも悪くないですなぁ!」

ハマーン「下々の生活を知るよい機会だ」ニヤ

シンジ「・・・」

ミサト「・・・そろそろ教えたらどうなのよ」

ハマーン「何がだ?」

ミサト「あんた達一体何者よ!?どうやってここに!?大体司令は!?ネルフはどうなるの!?」

シンジ「僕も知りたいです。ネルフの司令官は父ですから」

ミサト「わけわかんない祈りでエヴァまで動かして、不気味ったらありゃしないのよ!」

ミサト「答えなさい!ハマーン・カーン!」

ハマーン「・・・ふん、いいだろう」

マシュマー「少々長くなるぞ」

シンジ「はい」

ミサト「上等じゃないの。朝まで聞いてやるわよ」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:38:03 ID:MVwMePb.
ハマーン「・・・我々はネオジオン軍、宇宙移民の権利を獲得するために動いている者だ」

ミサト「その時点で意味わかんない」

シンジ「スペースコロニーってなんです?」

ハマーン「宇宙に上がった人々が住まう場所だ」

ミサト「・・・まあ、続けなさいよ」

ハマーン「思い上がった地球連邦に鉄槌を下すべく我らは蜂起した」

ハマーン「我らの戦いは日に日に激しくなり、泥沼の戦闘状態へと入るには時間はかからなかった」

ハマーン「その戦闘が佳境に入った頃だった・・・」

数日前

ハマーン「グレミーめ、この私が何も知らぬと思っていたか」

兵「モウサ、コア3に接触!コロニーが破壊されました!」

兵「ハマーン様、マシュマー様との通信が途絶えました!」

ハマーン「強化しすぎた・・・」

ハマーン「・・・ジュドー・アーシタ、何をしている」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:42:15 ID:MVwMePb.
ピピッ

兵「正体不明の機体反応!」

ハマーン「グレミーの物か」

兵「いえ・・・照合不明!新型です・・・しかし」

ハマーン「なんだ?」

兵「その・・・動かしているというか・・・ただ宇宙を流れているような・・・」

ハマーン「はっきり説明せんか。状況がわからん。モニターに出せ」

モニターに映し出された物はただ無重力に流されるだけの初号機であった

ハマーン「なんだこれは・・・」

兵「見た事のないモビルスーツです」

ハマーン「罠か・・・?解析班を出せ」

兵「は!」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:46:08 ID:MVwMePb.
数分後

兵「解析結果、出ました!」

兵「爆弾等火器の痕跡なし!しかも・・・中身は無人です!」

ハマーン「どういう事だ・・・」

兵「回収しますか?」

ハマーン「得体が知れないな・・・罠ではないのだな?よし、回収しろ」

兵「は!」

ハマーン「(奇妙なプレッシャーを感じる・・・なんだこれは)」

回収された初号機の元へと向かうハマーン

初号機「・・・」

ハマーン「見れば見るほど、面妖な・・・」

ハマーン「まるで怪物だな」

初号機「・・・」ギッ

ハマーン「(ん?今動いたか?)」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:51:47 ID:MVwMePb.
初号機「・・・」

ハマーン「気のせい、か・・・」

兵「ハマーン様、よろしいでしょうか」

ハマーン「なんだ」

兵「コクピットらしきものが見つかりましたが・・・どうやら背中についてるようで」

ハマーン「通常の規格の物ではないな」

兵「しかもですね、部品の80%以上が生態有機物で作られておるようで・・・」

ハマーン「なんだと!?」

兵「これ・・・ちょっとしたら生き物かもしれません」

ハマーン「しかしコクピットはついていたのだろう?」

兵「ええ・・・」

ハマーン「見れば見るほど、謎の多い機体だ」

キーーーーーーーーーン・・・

ハマーン「むっ!?」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:54:25 ID:MVwMePb.
ハマーン「なんだ?声が・・・」

兵「?」

初号機「・・・」

ハマーン「貴様か?貴様が話しかけているのか?」

初号機「・・・」

兵「ハマーン様、どうなされました?」

ハマーン「・・・」

初号機に近づくハマーン

初号機「・・・」

ハマーン「貴様、一体何者だ。生き物か?」

初号機「・・・」

ハマーン「私に用があるのか?答えろ!」

初号機「・・・」

兵「あの、ハマーン様?」

ハマーン「・・・」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 07:59:19 ID:MVwMePb.
ハマーン「(なんらかの知的生命体なのか・・・?)」

ハマーン「(少々危険だが、やらねばなるまい)」

ハマーン「むん!」

ヒュイイイイイイイイン

精神干渉を試みるハマーン

初号機「・・・」

兵「?」

初号機の内面世界

ハマーン「(やはり・・・人の意識がある・・・)」

ハマーン「(不完全な人の種を完全な個体に?何を言っている)」

ハマーン「(人と言う生き物の集合体なのか・・・?)」

ハマーン「(むっ!)」

女「・・・」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:03:30 ID:MVwMePb.
ハマーン「(貴様がこの得体の知れないモビルスーツの主か?)」

女「・・・」

ハマーン「(何とか言ったらどうだ?貴様、私に用事があるのだろう?)」

女「・・・」

ハマーン「(人の意志が集中している・・・一体なんなのだこれは)」

女「・・・」

ハマーン「(貴様、何とか言ったらどうだ!)」

ハマーンが女に手を出そうそした、その瞬間

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!」

兵達「!?」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオン!!!ウオオオオオオオオオオオオオ!!!」

兵達「なんだなんだ!?」

ハマーン「はっ!」

現実に引き戻されるハマーン

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:05:57 ID:MVwMePb.
ハマーン「な、なんだ・・・」

兵「ハマーン様、お逃げ下さい!この機体が突如暴走を始め(ry

ブシャア!

ハマーン「な!?」

突然液体化する兵

ハマーン「と、溶けた!?」

初号機「ウオオオオオオオオオオオン!!!」

ハマーン「!?」

兵隊「うわーーーーー!ひいいいいいい!助けてーーーーーーー!!!」

ブシャア!ベチャア!ビチャア!

瞬く間に液体化していく兵達

ハマーン「なんだ、何が起きている!?」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオン!!」

ハマーン「・・・貴様がやったのか?」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:08:43 ID:MVwMePb.
暴走し、船内を暴れ回る初号機

初号機「ウオオオオオオオオオオオオン!!!」

ハマーン「貴様!何をしている!どういつつもりだ!」

初号機「」ギロォ

ハマーン「な、なんだ」

初号機「・・・」

ズン ズン

ハマーン「よ、よせ、やめろ、近寄るな!」

ズン ズン ズン

ハマーン「寄るな!俗物が!」

初号機「・・・」

ガシッ

ハマーン「がっ!」

初号機に捕まれるハマーン

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:13:14 ID:MVwMePb.
ハマーン「はなせ!俗物が!一体どういうつもりだ!」

初号機「・・・」

シーーーーーーーン・・・

ハマーン「・・・?」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!」

ハマーン「ガッ!!」

耳がおかしくなりそうな雄叫びを間近で浴びる

ハマーン「うおおおおおおおおおおおおお!!」

初号機「ウオオオオオオオオオオオオオオン!!!」

先ほど精神世界にいた女が現れる

女「・・・」

ハマーン「お、お前!」

女「・・・」ボソッ

ハマーン「!?」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:16:16 ID:MVwMePb.
初号機「ウオオオオオオン!ウオオオオオオオオン!」

女「・・・」スゥー

ハマーン「待て!お前!一体何を・・・」

ハマーン「!!」

ビチャァ!

ハマーンは溶けた
ミサトの部屋

ハマーン「・・・というわけだ」

シンジ「さっぱりわかりませんね」

ハマーン「実のところ、私もよくわかっていないのだ」

ハマーン「その後の記憶はない。気が付いたらここにいた」

ミサト「えーっと、要約すると」

ミサト「あんた、宇宙人ってわけ?」

ハマーン「貴様らの世界ではそういう言い方になるな」

ミサト「はぁ・・・」ドサッ

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:26:47 ID:MVwMePb.
ミサト「SFもいい所だわ・・・」

シンジ「マシュマーさんもそうなんですか?」

マシュマー「うむ!ハマーン様の為、敵機もろとも自爆をかけたのだ!」

マシュマー「しかし私はまだこうして生きている・・・これも神の導きであろう!」

シンジ「はぁ・・・」

ミサト「ご立派だわ」

ハマーン「マシュマー、あの時はよくやってくれた」

マシュマー「もったいなきお言葉でございます!ハマーン様!」

シンジ「ハマーンさんのいた世界になんで初号機がいたんでしょうね」

ミサト「謎だらけね・・・今度初号機に聞いてみようかしら」

シンジ「でもそれがなんでネルフにくるんです?」

ミサト「そーよ、一応うちは特務機関よ?そう易々と入れちゃたまんないわよ」

ハマーン「ゼーレと言う老人達に仕向けられた」

ミサト「!?」

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:31:15 ID:MVwMePb.
ミサト「ゼーレですって!?」

シンジ「?」

ハマーン「その辺の手続きはあの老人共がやってくれたのだ」

ハマーン「まるで私がここに来るのを知ってたかのような、迅速な対応だったぞ」

ミサト「ゼーレが絡んでいるの・・・」

ミサト「(だからああも簡単にネルフに入れたのね)」

ハマーン「あの老人達はなんなのだ?薄気味悪くて思わず手が出そうになったぞ」

ミサト「んなもんこっちが聞きたいわよ」

シンジ「あの・・・」

ハマーン「ん?」

シンジ「父は、父はどうなったのでしょうか」

シンジ「僕は父に呼ばれてここに来ました。でもそこにいたのはハマーンさんで・・・」

ハマーン「悪いが、貴様の父君の事はわからん」

ハマーン「私がここにいるのは先ほど述べた通りだ。その他の事はわからん」

シンジ「そうですか・・・」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:35:43 ID:MVwMePb.
ミサト「(無理もないわね。久々に実の父親に会えると思ったらこれだもの)」

シンジ「・・・」シュン

マシュマー「そう凹むな!少年!私が父と思ってもいいのだぞ!」

シンジ「すいませんそれは無理です」

マシュマー「遠慮をするな!ドーンとこい!少年!はっはっは!」

ミサト「碇司令はあんたの様な単細胞じゃないわよ」

ハマーン「そろそろ御暇しようか、マシュマー」

マシュマー「は!」

ハマーン「以上の事は明日貴様が各々に伝えておけ」。何度も同じ事を言わされるのはごめんだ」

ミサト「・・・あいよ」

ハマーン「では失礼する」

シンジ「そっちはベランダですよ」

ハマーン「わかっている。我らはここから入ってきた」

ガラッ

シンジ&ミサト「!?」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 08:39:58 ID:MVwMePb.
ベランダに待機しているザクⅢ

ミサト「なによこれ!」

シンジ「エヴァ・・・じゃないロボットだ」

ハマーン「言ったろう?我らは宇宙で戦争していたと」

マシュマー「ハマーン様!お乗りください!」

ハマーン「ではまた明日・・・」

ミサト「ちょっと待ちなさいよ!そんなロボットの事なんて聞いてな(ry

ゴオオオオオオオオオオオオオオオ

シンジ「ミサトさん!あぶないですよ!離れてください!」

ミサト「なんて突風・・・近所迷惑よ!」

ハマーン「・・・」

マシュマー「発進します!」

バシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

キラン

シンジ「行っちゃった・・・」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:28:28 ID:MVwMePb.
ザクⅢコクピット内

マシュマー「ハマーン様、よろしいので?」

ハマーン「何がだ?マシュマー」

マシュマー「あの少年の母親の事です」

ハマーン「今はまだ言うべき事ではない。時がくれば自分から明かすそうだ」

マシュマー「なんとも変わった親子関係ですな」

ハマーン「ふふ、最初からすべて説明してやる義理はないさ」

ハマーン「精々踊ってもらおう。我らが元の世界に戻るまではな」

マシュマー「はっはっは!その通りでございますな!」

バシュウウウウウウウウウウウウ・・・

ミサトの部屋

ミサト「エヴァ以外にもあんな物があったなんて・・・」

シンジ「真実味が増してきましたね・・・」

ミサト「リツコがこの事を知ったら怒るわね。非科学的な!つってさw」

シンジ「リツコさんなら言いそうですね」

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:34:05 ID:MVwMePb.
ミサト「あ、そうだ。肝心な事言い忘れてた」

ミサト「シンちゃん、転校する学校決まったわよ」

シンジ「え!?」

ミサト「学生の本分は勉強よ!もう手続きは終わってるから明日から通いなさいね!」

シンジ「そんな唐突な・・・」

ミサト「ずる休みはダメよ。さ、明日に備えて今日はもう寝なさい」

シンジ「はーい・・・」

ミサト「(シンジ君、あなたは立派に頑張ったわ。誇ってもいいのよ・・・)」

翌日

ミサト「おい~っす」

日向「おはようございます」

ネオジオン兵達「おはようございます!」ビシッ

ミサト「お、おはよう」

ミサト「(この人達も初号機に連れてこられたのね・・・)」

リツコ「ひ、ひ、非科学的な!」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:41:39 ID:MVwMePb.
ミサト「何よリツコの奴、朝っぱらからやかましいわね」

日向「例のあの人達が見知らぬ機体をもってきたそうです」

ミサト「まさか・・・」

リツコ「こ、こ、こ、こんなモノをいいい一体どういうつもりですか!」

ハマーン「ぶつくさ言うな。他に置く場所がないのだ。そのくらい大目に見ろ」

ミサト「ちょっとリツコ!なんかあ・・・ブッ!」

ジオフロントに大量に並んでいるネオジオン製モビルスーツ

ミサト「こ、こんなに種類があったのね・・・」

ハマーン「貴様か。この女の頭が固いのだ」

ハマーン「貴様、友人であろう?なんとかしろ」

リツコ「こんな正体不明の機体、司令の許可なく置けません!」

ハマーン「今の司令は私だが?」

リツコ「碇司令の事です!」

ミサト「思った通りのリアクションするわね・・・」

ハマーン「取扱いには注意しろ。すべて核融合炉を積んでいるからな」

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:47:53 ID:MVwMePb.
リツコ「か、核・・・」フラァ

ミサト「ちょっとリツコ、しっかりして!」

ハマーン「ふん、軟弱なやつめ」

ミサト「あーもう、わかった!好きにしなさいよ!」

ハマーン「ほう」

ミサト「ただし条件があるわ!あんたら軍人でしょ?」

ミサト「この機体を使ってネルフの警備をしなさい!ただ置きは許さないわよ!」

ミサト「24時間交代制、残業なしの休みなし!時給は720円でぇい!これでどうだ!」バン!

ハマーン「・・・いいだろう」

ミサト「ぜぇー、はぁー。ぜぇー、はぁー。」

ハマーン「そう興奮するな。皺が増えるぞ」

ミサト「あんたのせいでこうなってるんでしょうが!」

ハマーン「そろそろあの小僧が学校に着いた頃だな」

ミサト「(無視かい)」

ハマーン「マシュマー、そちらの経過ははどうだ」ピピッ

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:51:27 ID:MVwMePb.
学校

バキ!

シンジ「うあ!」

トウジ「すまんのー転校生。ワシはお前を殴らなアカン」

ケンスケ「ごめんね、こないだの戦闘でこいつの妹が怪我しちゃってさ」

シンジ「好きで乗ってるわけじゃない・・・」

トウジ「なにをぉ!」

トウジが再び拳を振り上げたその瞬間

「待てーーーーーー!」

トウジ&ケンスケ「!?」

「暴力はやめろ!話せばわかる!ここは平和的に(ry

バキィ!

マシュマー「どああ!」

シンジ「あ・・・」

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 23:57:08 ID:MVwMePb.
トウジ「おっさん急に出てくんなや!誤爆してもうたやんけ!」

ケンスケ「なんだこいつ・・・」

マシュマー「いつつ・・・ハッ!」

マシュマー「少年!暴力はよくないぞ!男なら体と体でぶつかり合うべきだ!」

ケンスケ「それ暴力じゃん」

シンジ「マシュマーさん・・・」

トウジ「けっ、こいつの保護者かい。さすがパイロット様は違うのう」

シンジ「・・・何しにきたんですか?」

マシュマー「少年!ハマーン様との約束、忘れたか!?戦闘訓練の時間だぞ!」

シンジ「そういえばそんな事言ってたな・・・」

トウジ「こんなひ弱な奴に訓練ができんのかい」

マシュマー「私は君を迎えに来たのだ。さ、いくぞ」

マシュマー「カモン!ハンマ・ハンマ!」

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:02:12 ID:ZghA6bTo
ゴゴゴゴゴゴ・・・

トウジ「な、なんや!?」

ケンスケ「地震?」

学校内にいる生徒達「ざわざわ・・・ざわざわ・・・」

生徒「ちょっと何あれーーー!」

生徒「あれもエヴァ!?」

兵「マシュマー様~!」

バシュウウウウウウウウウウウ

ハンマ・ハンマ、学校に到着

トウジ「」

ケンスケ「うっはwwww何アレすげえwwwww」

マシュマー「さ、乗れ!少年!」

シンジ「(派手な向かえだな・・・)」

ケンスケ「ちょっとまってよ!写真撮らせてくんない!?」

シンジ「写真、取りたいって言ってますけど」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:07:20 ID:ZghA6bTo
マシュマー「ん?写真?かまわんが早くしてくれよ?」サッ

ケンスケ「いやあんたじゃなくてロボットの方なんだけど」

シンジ「これ、モビルスーツって言うらしいよ」

ケンスケ「これエヴァじゃないの!?ネルフっていくつ兵器持ってるんだよ~w」

シンジ「ロボ、好きなの?」

ケンスケ「だいッッ好物さ!」

シンジ「へえ・・・」

トウジ「・・・」

ケンスケ「おい、トウジ。こんなチャンスめったにないぜ。お前も写真撮っとけよ」

トウジ「いらん!ワシはお前と違ってロボットに興味はない!」

シンジ「・・・」

キキィーーーーー!バタン!

ミサト「あーやっぱり!ちょっとあんた!学校にこんなもん持ち込んでんじゃないわよ!」

マシュマー「おお!女!私の身を案じてきてくれたのか!」

ミサト「んなわけないでしょ!あのねえこの機体は現時点ではネルフの所有物なの!」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:13:00 ID:ZghA6bTo
ミサト「軍事機密扱いよ!?勝手に人目に晒さないで!」

マシュマー「す、すまん・・・」

ケンスケ「気の強いお姉さんだな・・・」

トウジ「美しい・・・」

ケンスケ「えっ」

ミサト「全く・・・ごめんねえ君達、びっくりしたでしょ?」

ミサト「このバカが勝手に持ち出しちゃって・・・この事は内緒にしててくれないかなぁ?」

ケンスケ「もうみんなにモロバレだと思うけど」

トウジ「は、はひぃ!お美しいお姉さん!ワシが絶対に口外させません!任せてくだしゃい!」

ケンスケ「・・・」

ミサト「ふふ、頼もしいわね♪」

トウジ「ふぉおおおおおおおお!」

ケンスケ「お前、そんなキャラだったっけ」

ミサト「ソコのバカ、シンちゃんは私が車で送ります」

ミサト「あんたはさっさとそのでかいのをしまってきなさい!」

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:19:02 ID:ZghA6bTo
マシュマー「わかった・・・」シュン

兵「(マシュマー様・・・おいたわしや)」

ミサト「シンちゃんごめんねえ、せっかくお友達とおしゃべりしてる途中だったのに」

シンジ「いえ・・・」

ケンスケ「友達ってか今思いっきりぶん殴っ(ry

トウジ「なはははは!そうです!ワイらは碇と大親友なんです!」グリグリ

トウジ「おう碇!先生にはワイから早退したー言うといたるわ!また明日な!」

シンジ「・・・」

ミサト「」ニコ

トウジ「ふぉおおおおおおおお」

ケンスケ「色ボケかよ・・・」

ミサト「さ、シンちゃん。お別れのあいさつしなさい」

シンジ「・・・また明日」

トウジ&ケンスケ「また明日ー!」

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:31:04 ID:ZghA6bTo
車の中

シンジ「(悪い奴ではない・・・のかな?)」

ミサト「よかったわねえ、転校早々お友達が見つかって」

シンジ「はい・・・」

ミサト「いい子達じゃない。仲良くしなさいね」

シンジ「はい・・・」

ミサト「(う~ん、どうも内向的ね、この子)」

ミサト「(あのおかっぱ、訓練で無茶しなければいいけど)」

ネルフ ジオフロント内 訓練室

ハマーン「遅いぞ!小僧!」

シンジ「すいません」

ハマーン「ふん、謝罪してる暇があったらさっさと準備しろ」

シンジ「はい・・・」

リツコ「わかってると思うけど、無茶はしないでよね」

ミサト「そーそー、あの子はまだ14歳よ」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:35:51 ID:ZghA6bTo
ハマーン「ふん、あのアムロ・レイだって14歳で白い悪魔と呼ばれたのだ」

ミサト「アムロって誰よ」

リツコ「シンジ君、いい?これは3DCGを使ったバーチャル訓練です」

リツコ「パレットライフルの撃ち方は目標をセンターに入れてスイッチ、やってみて」

シンジ「目標をセンターに入れてスイッチ・・・」カチ

ガガガガガ!

リツコ「そう、いい感じよ」

ハマーン「どこがだ。あんなトロくさい射撃、赤子でも躱せるわ」

ミサト「素人だっつーの」

リツコ「ハマーンさん、何度も言うけど・・・」

ハマーン「わかっている。死なない程度には手加減してやるつもりだ」

リツコ「(ヴァーチャル空間なんだけど)」

ミサト「シンジ君、イイ?ハマーンがログインするわよ」

ミサト「手加減はいらないわ。ボッコボコにぶっとばしちゃいなさい!」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:43:09 ID:ZghA6bTo
ヴァーチャル第三新東京市

シンジ「何が出てくるんだろう・・・あのモビルスーツって奴かな?」

シンジ「・・・まだかなぁ」

ハマーン「待たせたな、小僧!」

シンジ「!?」

キュベレイ登場

ミサト「ちょっと何よあれ!」

リツコ「あんなプログラム組んだ覚えないわよ!?」

マヤ「なにこれ・・・識別コードAMX-004?こんなコードありましたっけ」

ハマーン「キュベレイ、私の専用機だ。今回の訓練の為にデータをインストールさせてもらった」

ミサト「勝手な事してんじゃないわよ!」

リツコ「でもこれはある意味チャンスね。このデータは貴重だわ」

ミサト「リツコ!?」

リツコ「私達の知らない機体のデータを向こうから提供してくれたのよ?これはチャンスと見るべきです」

リツコ「それにこれは仮想訓練。死にはしないわ」

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:46:24 ID:ZghA6bTo
ミサト「・・・どっちも目が離せないわね」

シンジ「あれがハマーンさんの・・・」

ハマーン「では・・・ハマーン・カーン、参る!」

ゴォ!

シンジ「!?」

ミサト「はやい!」

バキィ!

シンジ「うああああああ!」

ハマーン「どうした小僧!反応が鈍いぞ!」

シンジ「くそ・・・」ガチャ

ハマーン「起き上がりが遅い!」

バキィ!

シンジ「うああああ!」

リツコ「容赦ないわね・・・」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 00:53:59 ID:ZghA6bTo
ミサト「さっすが、軍の元締めだけあるわ・・・シンジ君!武装を使いなさい!」

シンジ「はっ、そうだ!目標をセンターに・・・」

ハマーン「入れさせると思うか?」

シュン シュン シュン

シンジ「だめだ!照準が追えないよ!」

ミサト「なんでもイイ!撃ちなさい!」

シンジ「うあああああ!」カチカチカチ

ハマーン「まぐれ当たりするほど、私は甘くない!」

バキィ!

シンジ「うあっ・・・ダメだぁ、勝てっこないよ・・・」

日向「反応が速すぎます!これはバグデータなのでは!?」

青葉「初号機の限界反応をはるかに超えています!これでは訓練になりません!」

マヤ「コードAMX-004の反応速度をシンクロ率に換算!うそ・・・400%を超えています!」

ミサト「400%!?」

リツコ「ダメね・・・訓練中止!通常訓練に移行して頂戴!」

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:00:46 ID:ZghA6bTo
ハマーン「どうした小僧、私はまだ武装すら使っていないが?」

シンジ「うう・・・」

ビー!ビー!

クンレンヲ チュウシ シマス クンレンヲ チュウシ シマス

ハマーン「ふん、俗物共が水を差しおって。だがまぁその行動は読んでいたさ」

マヤ「あれ・・・プロテクトがかかってる・・・訓練中止できません!」

ミサト「あいつの仕業ね。あんにゃろう・・・強制停止!」

日向「ダメです!コードAMX-004がシャットダウンを許可しません!」

リツコ「MAGIの管理権を奪われたの!?」

青葉「いえ、MAGIは無事ですが・・・強力な独立プログラムです。あれがいる限りこちらの操作を受け付けません!」

ミサト「使徒より達が悪いわね・・・」

リツコ「宇宙人って話、本当かもね」

シンジ「うあああああああ!」

ハマーン「立て!小僧!そんな事で戦闘ができるか!」

そうこうしてる間にもキュベレイは初号機一方的に殴り続ける

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:08:10 ID:ZghA6bTo
青葉「うへえ・・・あれじゃリンチだぜ」

マヤ「シンジ君かわいそう・・・」

ミサト「てめぇ~~~!シンちゃんに何かあったらただじゃおかないわよ!!」

リツコ「落ち着きなさい、ミサト。仮装空間なんだから命の危険はありません」

ミサト「ふー!ふー!」

キュベレイに踏みつけられる初号機

シンジ「うう・・・」

ハマーン「つまらんな。ニュータイプの素質があると思ったが飛んだ見込み違いだったようだ」グリグリ

ハマーン「抵抗はしないのか?いいだろう。ならばひと思いに殺ってやる」

リツコ「(仮想空間だって言ってるでしょうに)」

シンジ「なんだあれ!」

ハマーン「ビームサーベル・・・貴様らの技術力では到底できないシロモノだ」

ハマーン「その首、キレイに真っ二つにしてやる。感謝しろ」

シンジ「そ、そんなぁ・・・」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:14:39 ID:ZghA6bTo
シンジ「イヤだよぉ・・・なんで僕ばっかりこんな目に合うんだよう・・・」

シンジ「みんな寄ってたかって僕を叩きたいだけじゃないか・・・こんなの訓練じゃないよ・・・!」

ミサト「・・・」

ハマーン「・・・小僧、死ぬ前に勝者と敗者の違いを教えてやる」

シンジ「・・・」

ハマーン「勝者はな、己が勝利を信じて疑わないから勝者になれるのだ」

ハマーン「貴様のような軟弱な考えの持ち主には、勝利の栄光は決して訪れん!」

シンジ「いやだ・・・いやだ・・・」

ハマーン「くだらん。そのまま軟弱なまま死ね!小僧!」

グア!

ミサト「シンジ君!?」

シンジ「死ぬのはヤダーーーーーーー!!」

バチィ!

ハマーン「・・・やればできるではないか」

ビームサーベルをプログレッシブナイフで受け止める初号機

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:20:45 ID:ZghA6bTo
シンジ「フー!フー!」

ハマーン「エンジンがかかるのが遅いのだ。貴様は」

シンジ「うああああああ!」

ハマーン「ふん」

ナイフを一心不乱に振るシンジ。しかしキュベレイには届かない

シンジ「この!この!当たれよぉ!」

ハマーン「振り方がなっちゃいないな。接近戦で確実に相手を仕留める時は・・・こう!」

グサ!

リツコ「見事な「突き」ね」

ハマーン「次は当てるぞ?小僧」ニヤ

シンジ「う、うう・・・うあああああああ!」

ハマーン「ち、もの覚えの悪い奴め。さっきと同じではないか」

ブオン! ブオン! ブオン!

82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:29:50 ID:ZghA6bTo
ハマーン「(ニュータイプの素質に期待したが・・・見込み違いか?)」

ハマーン「(・・・つまらん。早々に切り上げさせてもらう)」

シンジ「うああああああ!」

ハマーン「終わりにする!」

グワッ!

リツコ「仕留める気だわ!」

ミサト「シンジ君!」

シンジ「このお!!」

ハマーン「!?」

ハマーンの突きに合わせてスウェー そして

シンジ「ここだ!!」

ミサト「カウンター!」

腰を落とし、ナイフを両手で力いっぱい握り

突き刺す

グサッ!

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:33:50 ID:ZghA6bTo
ハマーン「しまっ」

シンジ「うああああああ!!」

ハマーン「ちい、このまま押し切るか、小僧!」

リツコ「やった!」

ミサト「やっちまえーーーー!シンちゃーーーーーん!」

シンジ「うああああああああああ!!」

ハマーン「こ・・・の・・・いい気になるな!」

ハマーン「ファンネル!」

ピシュピシュピシュ

シンジ「!?」

ミサト「なんてインチキ!?」

ハマーン「行け!」

ファンネルの一斉掃射になすすべがない初号機

シンジ「うあああああああ!」

マヤ「ハッ!プロテクトが解けました!」

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:38:23 ID:ZghA6bTo
リツコ「今ね、強制停止!」

ガチッ!

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハマーン「!?」

シンジ「!?」

オツカレサマ デシタ クンレンヲ シュウリョウ シマス
オツカレサマ デシタ クンレンヲ シュウリョウ シマス

ハマーン「不覚を取った、か・・・」

シンジ「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

リツコ「お疲れさま、シンジ君。よくやったわ」

ミサト「惜しかったわね!シンジ君!もうちょっとで勝てたわよ!」

シンジ「はあ・・・はあ・・・疲れた・・・」

リツコ「お疲れ様。もう上がっていいわよ。ハマーンさんはちょっとこっちにきなさい」

ミサト「あんたは説教よ。覚悟しなさい」

ハマーン「・・・(逃げるか?)」

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/21(水) 01:44:09 ID:ZghA6bTo
シンジ「うあ・・・汗びっちょりだ・・・」

ハマーン「やればできるじゃないか。小僧」

シンジ「ハマーンさん・・・」

ハマーン「しかしあくまでこれは訓練だ。私はわざと攻撃を食らった。それを忘れるな」

ハマーン「実戦なら貴様如き、ものの数分で始末できるわ」

シンジ「はあ・・・」

リツコ「はいはい、負け惜しみはそこまで」ポン

ミサト「あんたには勝手にプログラムを書き換えた罰を受けてもらおうかしら?」

ハマーン「・・・(しまった、逃げ遅れた)」

シンジ「ハマーンさん・・・」

ハマーン「ん?」

シンジ「・・・ありがとうございました」

ハマーン「・・・早く休め。俗物が」

シンジ「はい!」ニコ

リツコ「じゃ、まずはプログラムの修復をしてもらおうかしら?一人で」

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 15:53:09 ID:XdQZTa46
ビー!ビー!

ミサト「何事!?」

マヤ「パターン青!使徒です!」

リツコ「随分タイミングいいじゃない」

ハマーン「・・・(ホッ)」

ミサト「シンジ君!本命が来たわよ!」

ミサト「お疲れの所悪いけど・・・やってくれるわね?」

シンジ「わかりました」

ハマーン「心配するな。訓練とはいえ私に一太刀浴びせられたのだ」

ハマーン「自信をもて」

シンジ「・・・はい!」

ハマーン「いい返事だ、小僧」ニヤ

マシュマー「(あの小僧、ハマーン様に期待されている・・・なんと羨ましい)」

ミサト「エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

使徒シャムシエル 襲来

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 15:53:50 ID:XdQZTa46
シャムシエル「・・・」ヒュンヒュン

ミサト「今日のシンジくんは気合い入ってるわよぉ」

リツコ「訓練の成果の見せ所ね」

シンジ「・・・」

ハマーン「いけ、小僧」

シンジ「はい!」

シャムシエル「!」

シンジ「目標をセンターに入れて・・・スイッチ!」

ガガガガガガ!

シャムシエル「」ヒュンヒュン

シンジの銃撃はシャムシエルの触手に全てはじかれた

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 15:54:12 ID:XdQZTa46
シンジ「くそっ!」

シャムシエル「」

ビュオン!

ハマーン「下がれ!小僧!」

シャムシエルの容赦ない連続攻撃が初号機を襲う

バシ!バシ!バシバシ!

シンジ「うあ!」

マシュマー「近接戦闘メインのようですな」

ミサト「シンジ君!不用意に近寄ったらダメよ!」

シンジ「離れなきゃ・・・もう一回!」

シャムシエル「」ヒュンヒュン

またもや全ての銃撃をはじかれる

ハマーン「あの化け物、中々の反応の良さだ」

ミサト「遠距離攻撃は通じない、か・・・」ギリ

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:03:00 ID:XdQZTa46
シンジ「銃が通じないの!?だったら!」

日向「初号機!プログレッシブナイフ装備!」

ハマーン「まずい!」

ミサト「シンジ君、ダメ!」

シンジ「くらえーーーーー!!」

シャムシエルに突進する初号機 だが・・・

バチィィィィイン!

マヤ「初号機!敵の攻撃に直撃!」

ミサト「不用意に詰め過ぎよ!」

ハマーン「まだくるぞ!」

シャムシエル「・・・」ズィィ

シャムシエル、トドメを刺さんと一機に間合いを詰める

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:03:17 ID:XdQZTa46
ハマーン「さっきのがくるぞ!」

ミサト「シンジ君!動いて!」

シャムシエル「」ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン!

ビシバシバシブシバシバシバチバチ!!

シンジ「うあああああああ!」

マヤ「アンビリカブルケーブル、切断!予備電源に切り替わります!」

リツコ「今の攻撃で切れたのね!」

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:03:34 ID:XdQZTa46
ハマーン「・・・マシュマー」ボソ

マシュマー「は!・・・了解いたしました!」

リツコ「?」

ビュォォ! バチィィィィ!

シンジ「うあっ!」

初号機、シャムシエルの最後の大振りにはるか後方まで吹っ飛ぶ

ズゥゥゥゥン!

ケンスケ「うわわわわ!こっちきた!」

トウジ「だから言うたやんけ!おとなしくシェルターにおっとけて!」

ケンスケ「バカ言うなよ!こんなチャンス、めったにないんだぜ!」

トウジ「わしゃロボットに興味はない!その為に死にたくないわい!」

ミサト「あれは・・・シンジ君のクラスメイト?」

ハマーン「・・・ほう」ニヤ

95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:04:12 ID:XdQZTa46
青葉「予備電源!残り活動時間2分!」

シャムシエル「・・・」

トウジ「うわわ!化け物までこっちきよったで!」

ケンスケ「やっべえーーーーー!俺まだ死にたくないよ!!」

ミサト「ここまでね・・・シンジ君、お友達をエントリープラグに収容しなさい!」

ミサト「そして撤退するわよ!今後の作戦を練ります!」

リツコ「ちょっと!部外者をエヴァのエントリープラグに入れるなんて!」

ミサト「我々の目的は市民の安全を守る事です!そこの二人、聞こえる!?」

ケンスケ「さっきのお姉さんの声!?」

ミサト「今からエヴァの乗り降り口を出すわ。あなた達はそこに避難しなさい!」

リツコ「守秘義務違反よ・・・ミサト」

エヴァの背面からエントリープラグが露出する

ミサト「はやく!」

96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:04:48 ID:XdQZTa46
トウジ「ええい!化け物に殺されるよりかはマシじゃい!」

ケンスケ「エヴァに乗れるなんて、ラッキー!」

トウジ「お前はほんまおきらくやの」

ザブーン!
トウジ「うわ、なんやこれ!?水!?」

ケンスケ「ああ~買ったばかりのデジカメが・・・」

シンジ「・・・」

トウジ「あっ、碇」

シャムシエル「・・・」

ミサト「あの二人は入ったわね・・・初号機、撤退!シンジ君、急いで!」

トウジ「おい転校生、逃げろ言うとるで」

ケンスケ「俺まだ死にたくないよぉ・・・」

マヤ「活動限界、残り1分!」

シンジ「逃げちゃダメだ・・・逃げちゃダメだ・・・」

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:05:40 ID:XdQZTa46
再び立ち上がる初号機

シンジ「・・・うあああああああああああ!!!!」

マヤ「初号機、前進開始!」

ミサト「ちょっとシンジ君!?」

シャムシエルに突進する初号機

トウジ「ちょ!?転校生!?」

ケンスケ「撤退じゃないの!?」

ミサト「シンジ君!?命令違反よ!シンジ君!!」

シンジ「ああああああああ!!」

リツコ「さっきの二の舞よ!?」

ハマーン「・・・」ニヤ

シャムシエル「」シュンシュンシュン

シャムシエルの触手が再び初号機に襲い掛かる

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:06:06 ID:XdQZTa46
ケンスケ「おあああああああああああ!!」

トウジ「ひえええええええええええええ!!」

直撃を免れない攻撃に二人は目を瞑った。直後、鈍い音が響き渡った
自分が生きているのか死んでいるのか、半信半疑のまま再び目を開ける。そこには・・・

兵「どああああ!」

兵「ぐあああ!」

シンジ「!?」

トウジ「なんやあれ!?」

ケンスケ「エヴァ・・・じゃない?」

マシュマー「いけ!勇敢なるネオジオンの兵達よ!少年の行く道を邪魔させるな!」

ネオジオン兵達「は!!」

シンジ「モビル・・・スーツ?」

ミサト「どういう事!?」

リツコ「・・・あんたの仕業ね?」

ハマーン「・・・」ニヤニヤ

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:10:35 ID:XdQZTa46
使徒の攻撃を受け次々と墜落していくネオジオン兵達。その様子はまるで初号機の身代わりのように見えた

ケンスケ「盾になってくれてるの!?」

トウジ「なんやしらんけど、チャンスやで!転校生!」

ハマーン「そういうわけだ、小僧」

ハマーン「喜べ、我がネオジオンが貴様の道を死守してやるというのだ」

ハマーン「さっさとそいつを仕留めろ」

ミサト「勝手なマネを!エヴァじゃないと使徒には攻撃は通らないって言ったでしょ!」

ハマーン「だが盾にはなる」

リツコ「あなたの部下も危ないのよ?」

ハマーン「一発だけなら大丈夫だろ」

日向「活動限界20秒前!!」

ハマーン「そういうわけだ、小僧」

ハマーン「時間は与えてやった。後は自分でなんとかしろ」

ミサト「どいつもこいつも・・・間に合わなかったら責任とりなさいよ!」

ハマーン「」ニヤニヤ

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:11:31 ID:XdQZTa46
シャムシエルの一振りで瞬く間に落ちていくモビルスーツ達
しかしその隙を埋めるかのように次々と現れ、また落ちていく

トウジ「あのオカッパ、やるやないか」

ケンスケ「やっちゃいなよ、転校生!」

シンジ「・・・」

シンジ「うあああああああああああああああああ!!!」

グサァ!

シャムシエル「!?」

初号機のプログレッシブナイフが使徒のコアに突き刺さった

トウジ「よっしゃ!」

リツコ「まだ浅いわ!」

シンジ「うあああああああ!!」

ケンスケ「無理矢理ねじ込むの!?」

ミサト「間に合う!?」

シンジ「ああああああああああああ!!!」

ギュアアアアアアアア!!

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:12:16 ID:XdQZTa46
日向「活動限界10秒前!9・・・8・・・」

シンジ「あああああああああああ!!」

ハマーン「おい、部外者の小僧」

ハマーン「こいつがしくじれば貴様らも死ぬぞ。ほら、もっと必死に命乞いせんか」ニヤニヤ

ケンスケ「・・・がんばれ!転校生!!」

トウジ「こうなりゃ死なばもろともじゃい!!やったれ!転校生!」

日向「7・・・6・・・」

シンジ「ああああああああああああああ!!」

日向「5・・・4・・・」

コアにヒビが入る

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:12:34 ID:XdQZTa46
日向「3」

トウジ「もうちょいやで!」

シンジ「ああああああああああああ!!」

日向「2」

ケンスケ「頼むよぉ~~~転校生~~~~!!」

シンジ「ああああああああああ!!」

ピキピキッ

日向「いt(ry

ピキピキバキッ!

バリィイイン!

シャムシエル「・・・」グダァ

シャムシエルは活動を停止した

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:19:25 ID:XdQZTa46
マヤ「使徒・・・活動停止」

青葉「同時に初号機も活動限界を迎えました」

トウジ「ぶはぁ~~~~~!」

ケンスケ「な、なんとかなった」

ミサト「ギリギリセーフ、ね・・・」

ハマーン「ギリギリだと?私がバックアップをしてやったのだ」

ハマーン「当然の結果だな」

リツコ「あんたは何もしてないでしょ」

シンジ「はぁ・・・はぁ・・・」

トウジ「・・・」

ケンスケ「なんていうか・・・お前も大変だな」

シンジ「・・・」

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 16:23:52 ID:XdQZTa46
リツコ「責任の所在は後にしましょ」

リツコ「さ、作戦終了を言ってちょうだい。本部長さん?」

ミサト「・・・使徒殲滅成功、エヴァを回収して」

日向「作戦終了、エヴァ、回収」

マヤ「警報を解除します」

ハマーン「マシュマーj聞こえるか。よくやった。もう戻っていいぞ」

ハマーン「マシュマー?」

マシュマー「」ピクピク

リツコ「派手に吹っ飛ばされてるわね、アンタの部下」

第四使徒 シャムシエル 撃破

107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:51:01 ID:eNObu1lE
数日後

カツカツカツカツ・・・

ミサト「(ネオジオンとか言う連中来てから数日が経った・・・)」

ミサト「(ネルフを占拠だなんて言いだすから、最初はびっくりしたけど)」

ミサト「(なんだかんだでシンジ君の世話焼いてくれてるし、使徒殲滅に協力もしてくれてる)」

ミサト「(口は悪いけど、どうやら敵じゃないらしい)」

ミサト「(シンジ君も懐いてるようだし、今この状況が当たり前になってきてる・・・)」

ミサト「(しかし・・・アイツらの代わりに司令とレイが消えた)」

ミサト「(二人とも・・・どこへ消えたの?)」

ガー

日向「おはようございます」

ミサト「おはよう」

リツコ「おはよう、作戦部長さん」

ミサト「おはよう」

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:51:50 ID:eNObu1lE
ネオジオン兵「おはようございます!」ビシッ

ミサト「お、おはよう・・・(最近当たり前のようにいるわね)」

リツコ「シンジ君、最近活発になってきたと思わない?」

ミサト「?」

リツコ「最初は内向的な子だと思ってたけど、最近は妙に明るいわ」

リツコ「学校で友達もできたようだし、毎日あのオカッパの指導で積極的に訓練に参加してるし」

リツコ「どうやら、ヤマアラシのジレンマは解消されたみたいね」

ミサト「順風満帆ね・・・一見は」

リツコ「何か不満でも?」

ミサト「司令とレイよ。あいつらと入れ替わるようにどこかへ消えてしまったわ」

ミサト「特にレイは貴重なパイロットよ。いつまでもシンジ君に頼ってばかりいられないわ」

リツコ「(個人的にレイはいない方が嬉しいけど)」

ミサト「ハマーンは?」

リツコ「司令室で仕事中。ああ見えて彼女、有能よ」

ミサト「さすが、軍の元締めね」

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:52:21 ID:eNObu1lE
ミサト「あのキザ男は?」

リツコ「シンジ君を学校に送るっていってたわ」

ミサト「・・・まさか!」

ザクⅢ コクピット

マシュマー「わーーーーーははははは!どうだ小僧!このザクⅢの性能なら学校如きものの数分でつくわ!」

シンジ「わぁ~~、すごいやマシュマーさん!」

マシュマー「これぞネオジオンの技術の結晶であるわ!わーはははは!」

シュゴオオオオオオオオオオオオ

ミサト「・・・あのバカ帰ってきたら懲罰室に入れといて」

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:52:52 ID:eNObu1lE
数時間後

ラミエル「・・・」ホォー

日向「パターン青!使徒です!」

ハマーン「ふん、やっときたか」

リツコ「随分変わった形ね」

ハマーン「単体で順番に来るなど、舐めたマネを」

リツコ「相手は軍じゃないのよ」

マシュマー「ほう・・・これはまた面妖な、宝石のような奴ですな」

リツコ「(こいつ懲罰室にいたんじゃなかったっけ)」

ミサト「シンジ君、準備はイイ?」

シンジ「はい!いつでもOKです!」

ミサト「イイ返事よ。その調子でがんばって頂戴ね」ニコ

ミサト「エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

ラミエル「」キュィィィィ

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:53:30 ID:eNObu1lE
青葉「使徒から高熱元反応!」

ピキュイーン

ハマーン「まずい!避けろ小僧!」

シンジ「えっ」

ドコオオオオオオオオオオ!!

全員「!?」

初号機が地上に到達するタイミングを合わせるように、使徒から強力な光線が放たれる
直後、光線はコンマ数秒の狂いもなく、初号機の胸部を貫いた

シンジ「うあああああああああああああ!!」

ハマーン「ええい!トロくさい小僧め!」

ミサト「緊急回収!戻して!はやく!!」

マヤ「初号機、緊急回収!」

シンジ「あああああああああ!!」ガコッ

日向「初号機、回収完了!」

ミサト「シンジ君は!?」

マヤ「危険な状態です!」

112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:54:26 ID:eNObu1lE
リツコ「緊急救命装置を作動させて!」

マヤ「救命装置、作動!心臓マッサージ開始!」

ハマーン「なかなかやってくれるじゃないか、あの宝石」ニヤ

マシュマー「是非とも我が軍に加えたいですな」

リツコ「不謹慎よ、慎みなさい」

日向「使徒、前進!ジオフロントの真上に位置しました!」

ラミエル「」ウイーン ゴリゴリ

ミサト「地面を掘ってここまでくる気ね・・・」

格納庫

ネルフスタッフ「道を開けて下さい!」

ネルフスタッフ「医務室へ、早く!」

ガラガラガラ

シンジ「・・・」

ハマーン「さて、どうしたものかな」トントン

113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:55:06 ID:eNObu1lE
ラミエル出現より数時間後

ミサト「次」

ピカッ ドガアアアアアアアア!

ミサト「次」

ピカッ ドガアアアアアアアアア!

ミサト「次」

ピカッ ドガアアアアアアアアアアアアアア!!

ミサト「・・・にゃるほどね」

日向「一定範囲に侵入した物を加粒子砲で100%狙い撃ち」

日向「おまけに強力なATフィールドにより、こちらの攻撃はすべからく受け付けません」

ミサト「攻守共にほぼパーペキ。まさに空中要塞ね」

ハマーン「この世に完璧などない」

ミサト「ただの皮肉よ。黙ってて」

日向「敵はここへ直接攻撃を仕掛けるつもりですね」

日向「目標到達予定時刻は0時6分06秒。その頃には全ての装甲板を貫通してネルフ本部へ到達するでしょう」

114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 17:58:03 ID:eNObu1lE
ミサト「しゃらくさい」

ハマーン「だったら返り討(ry「黙ってて」

ハマーン「・・・」

ミサト「後10時間足らず、か・・・」

日向「白旗でもあげますか?」

ハマーン「敵前逃亡など恥をし(ry「そのまえに」

ハマーン「・・・」

ミサト「ちょっち、やってみたい事があるんだけど・・・」チラ

ハマーン「・・・?」

病室

シンジ「・・・うう」

シンジ「ここは・・・そっか、僕はあの使徒に攻撃をされて・・・」

シンジ「(またあんな思いをしないといけないのかな・・・)」

シンジ「(いやだ・・・こわい・・・)」

ガラッ!

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 18:03:15 ID:eNObu1lE
ハマーン「・・・」ギロォ

シンジ「あ・・・ハマーンさ(ry バァン!

シンジのパイロットスーツを投げ捨てるハマーン

ハマーン「小僧!命令だ!」

ハマーン「翌日午前零時より使徒殲滅作戦を行う!本日18時より発進、30分後、到着だ!」

ハマーン「以降は命令まで待機だ!わかったな!」

ハマーン「返事くらいしたらどうだ!」

シンジ「(何をそんなにカリカリしてんだろ・・・)はい」

ハマーン「ふん!」

シンジ「あの・・・」

ハマーン「なんだ」イラ

シンジ「ハマーンさんは・・・こわくな(ry ギロォ

シンジ「・・・なんでもないです」

ハマーン「さっさと準備をしておけ!俗物が!」

バァン!

116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 18:18:30 ID:eNObu1lE
リツコ「しっかしあんな作戦よく思いついたわね」

ミサト「あのオカッパ、カンカンに怒ってて笑えたわw」

リツコ「前回の戦闘で破壊されたモビルスーツの核融合炉だけを使って遠距離から狙撃だなんて」

ミサト「現代文明では到底不可能な核融合エネルギーの完全制御、はるか上を行く技術力、安全性も問題なし。ハマーン様の保証付きよ」

リツコ「よく許可してくれたわね」

ミサト「言ってやったのよ。これに反対するならじゃああんたがなんとかすれば?って」

リツコ「・・・ああいうのは根に持つわよ」

ミサト「しゃらくさいw」

リツコ「でもうちのポジトロンライフルじゃ核エネルギーなんて到底扱えないわよ」

ミサト「だ・か・ら・借りるのよ♪」

『徴収令状』

ミサト「というわけでっ」ペラ

ミサト「この陽電子砲は特務機関ネルフが、徴発致します」ニヤニヤ

戦自隊員「・・・」

ミサト「可能な限り、原型を留めるよう努めますので」ニヤニヤ

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 18:21:57 ID:eNObu1lE
ミサト「ではご協力、感謝いたします(笑)」

戦自隊員「・・・」

ミサト「いいわよー、キザ男ー!持ってて頂戴ー!」

ギギギギギギギ ガガガガガガガ

マシュマー「なんとまあ古臭いビームライフルだ・・・こんな物で本当にあの化け物が倒せるのか?」

ミサト「一発だけならあんたらのビームより威力は上です。ほら、ぶつくさ言わずちゃっちゃと動く!」

マシュマー「ハマーン様が何とおっしゃるか・・・」

ギギギギギ ガガガガガ

ミサト「精密機械だからそーっとね」

戦自隊員達「(なんだあれ・・・)」

ネルフ本部

ミサト「と、いうわけで」

ミサト「作戦は着々と進んでますわ、ハマーン様♪」

ハマーン「我が栄光あるネオジオンのモビルスーツを部品扱いするなど・・・」ギリギリ

ミサト「オホホホホホw」

118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 18:48:16 ID:eNObu1lE
ミサト「陽電子砲の組み立てはどう?」

ネルフ「問題ありません、予定より数時間早く組立てみせますよ!」

ミサト「防御手段は?」

リツコ「盾で防ぐしかないわね」

マヤ「これが・・・」

リツコ「そうよ。SSTOのお下がり、見た目はボロくても、元々超電磁コーティングされている物よ」

リツコ「あの攻撃にも17秒は持つわ」

ミサト「結構。後はモビルスーツとうやらがポカやらかさなきゃパーペキねん♪」

ハマーン「貴様!我が軍を愚弄するか!」

ミサト「オホホホホホw」

ミサト「狙撃地点は双子山山頂、作戦開始は午前零時」

ミサト「以後この作戦をヤシマ作戦と呼称します!」キリ

ハマーン「(ファンネルで邪魔してやろうか・・・)」ギリギリ

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 18:53:52 ID:eNObu1lE
ネルフ本部 ロッカールーム

シンジ「・・・」ヌギヌギ

バァン!

マシュマー「わーはっはっはっは!こんなボロイ部屋で着替えをするなど、寂しいな!少年!」

シンジ「・・・碇シンジです。(いい加減名前覚えてよ)」

マシュマー「わーはっはっはっは!どれ!おしめの心配はなさそうだな!少年!」

シンジ「・・・何しに来たんです?」

マシュマー「喜べ少年!ハマーン様のキュベレイを除いて無事なモビルスーツは我がザクⅢのみだからな!」

マシュマー「よってこの、マシュマー・セロが少年の防御役に抜擢されたのだ!」

マシュマー「君はこのエンドラの騎士が守り抜く!大船に乗った気でいろ!!」

マシュマー「わーっはっはっはっは!」

シンジ「(不安だ・・・)」

マシュマー「わーっはっはっは!わーーーーーはっはっはっは!」

120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:00:52 ID:eNObu1lE
シンジ「マシュマーさんは・・・怖くないんですか?」

マシュマー「はて、これはまた奇怪な事を聞く・・・騎士たるもの恐れる物など何もないわ!」

シンジ「本当ですか?この作戦が失敗すれば、僕らみんな死んじゃうんですよ?」

マシュマー「何を言うかと思えばそんな事か!」

シンジ「そんな事って」

マシュマー「いいか少年!私はハマーン様に忠誠を誓った身、ハマーン様の為に命を捧げるなど動作もないわ!」

シンジ「・・・僕は怖いです」

マシュマー「ならば君もハマーン様に忠誠を誓うのだ!さすれば死の恐怖などすぐさま消え去るわ!」

マシュマー「わーっはっはっはっは!」

シンジ「(ダメだこいつ・・・)」

午後23時

ジオフロント上空

ラミエル「・・・」ゴリゴリ

121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:11:06 ID:eNObu1lE
双子山山頂付近 ヤシマ作戦本部

デンアツシステムモンダイナシ
レイキャクソウチセッチカンリョウ シウンテンニハイッテクダサイ
テキシールドトウタツマデアトイチジカンロップン

シンジ「この武器で大丈夫なんですか?」

リツコ「仕方ないわよ、間に合わせなんだから」

リツコ「理論上は問題ないけどね、銃身が持つかどうかは撃ってみなきゃわからないわ」

リツコ「何しろこんな大出力で撃ったことはないからね」

シンジ「はぁ・・・」

リツコ「いい?シンジ君、陽電子砲は地球の重力の影響で直進しません」

リツコ「その誤差を修正するのを忘れずに、正確に、コア一点のみを狙撃するのよ」

シンジ「そんな事、まだ練習してないですよ」

リツコ「大丈夫、主な修正はコンピューターがやってくれます」

リツコ「あなたは真ん中の照準が揃ったら撃てばイイのよ」

シンジ「・・・」

ハマーン「・・・ふん」

122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:15:16 ID:eNObu1lE
ラミエル「・・・」ゴリゴリ

午後23時40分

ミサト「本作戦における各担当を伝達します」

ミサト「狙撃手はシンジくん、任せたわよ」

シンジ「・・・はい」

ミサト「で、あんたは盾役だけど・・・」

マシュマー「わーっはっはっは!私がいるのだ!何も問題はないわ!」

ミサト「あんたは問題なさそうね」

シンジ「でももし失敗したら・・・」

リツコ「シンジ君、今は余計な事は考えないで」

リツコ「あなたは正確に、確実に狙撃する事だけを考えるのよ」

マシュマー「このマシュマー・セロが守るのだ!何も問題はない!わーっはっは!」

ミサト「あんたは緊張しなさすぎよ」

ハマーン「そろそろ、だな」

ミサト「さ、二人とも持ち場について・・・」

123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:20:06 ID:eNObu1lE
午後23時50分

シンジ「・・・」

マシュマー「そのようなしょげた顔をするな!全て私に任せればそれでよいのだ!ハッハッハ!」

シンジ「(僕が撃つんだけど)マシュマーさん、さっき死ぬのは怖くないって言ってましたよね」

マシュマー「んん?ああそうさ!私の命はハマーン様の物!ハマーン様の為ならば命などいくらでも・・・」

シンジ「僕にはそう思える人はいません」

マシュマー「・・・ほう」

シンジ「母さんは小さい頃に死んだし、父さんとはずっと別居でした」

シンジ「・・・そんな命を預けるような人なんて」

マシュマー「ハマーン様じゃだめか?」

シンジ「・・・こないだ会ったばっかりだし」

マシュマー「では自分の為に命を捧げろ」

シンジ「えっ」

125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:25:40 ID:eNObu1lE
マシュマー「自分の野望を満たす為、自分の理想を築く為に命をかけるのだ!」

シンジ「自分のためですか・・・?」

マシュマー「そうだ!我らのハマーン様はご自身の理想の為に日々奮闘しているのだ!」

マシュマー「命を預ける相手がいないのならば、自分に命を預ければイイ!」

シンジ「自分の為・・・・」

マシュマー「そうだ、少年、君が今したい事の為に命を懸けるのだ!」

シンジ「・・・僕は死にたくないです」

マシュマー「ならば生きる為に命を捨てろ!」

シンジ「それ、なんか矛盾してません?」

マシュマー「そうか?細かい事はいいのだ!わーっはっはっは!」

シンジ「・・・」クス

ミサト「バカはバカなりに役立つじゃない」

リツコ「リラックス、できたようね」

ハマーン「・・・」

日向「作戦開始まであと一分です」

126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:31:56 ID:eNObu1lE
午後23時59分

ラミエル「・・・」ゴリゴリ

ミサト「二人とも、そろそろ作戦時刻よ」

ミサト「準備はいい?」

シンジ「・・・はい!」

マシュマー「いつでもOKだ!わーっはっはっは!」

リツコ「シンジ君、今は余計な事は考えないで、正確に狙撃する事だけを考えるのよ」

ミサト「あんたもちゃんと守りなさいよ」

マシュマー「わーっはっはっは!少年!君は私が守る!はーっはっはっは!」

ミサト「ATフィールドもないくせにどこからあの自信が湧いてくるんだか・・・」

ハマーン「・・・我が軍のモビルスーツをエネルギーに使うのだ」

ハマーン「無理でした。ではすまさんぞ」

ミサト「大丈夫、トチったらみんな死ぬから」

日向「日付が変わりました」

ヤシマ作戦 開始

127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 19:54:43 ID:eNObu1lE
ミサト「送電開始!」

日向「第一から大803タンクまで送電開始」

ガキン

青葉「送電問題なし、冷却システム最大へ」

ウイィィィィィン

マヤ「冷却システム作動。送電クリア。第二次接続、開始」

ガキン

グイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!

ミサト「ぶっ!」

リツコ「第二次接続でこれ!?」

ミサト「さすが、核エネルギーね・・・」

マヤ「加速器、運転開始」

青葉「強制収束機、作動」

リツコ「世界中の原発持ってきても、こうはならないわよ」

128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:00:11 ID:eNObu1lE
日向「全電力、双子山総設変電所へ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ミサト「とんでもない威力になりそうね・・・」

リツコ「これが・・・核・・・」

青葉「地球時点、及び重力誤差修正」

マヤ「電圧、発射点まで後0.2」

電線コードが熱を発し、変電機のファンの音が轟々と響き渡る

ミサト「シンジ君、全電力、あなたに預けたわよ」

ハマーン「・・・」

日向「カウントダウン、開始」

日向「8,7,6・・・」

ラミエル「」キュィィィィィ

マヤ「目標に高エネルギー反応!」

リツコ「何ですって!?」

シンジ「・・・」ジャキ

129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:05:20 ID:eNObu1lE
日向「5・・・4・・・3・・・」

ハマーン「(む!)」ピキュイーン

ピピピピピピピピ

シンジ「・・・ゴクッ」

ラミエル「」キュィィィィイイイイイイ!!

日向「2・・・1・・・0!」

ミサト「発射!」

シンジ「」カチッ

ラミエル「」ピカッ

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

ハマーン「(同時発射!)」

ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!

高エネルギー同士の接近がお互いの射線を狂わせ、加粒子砲が初号機のすぐ脇を通過した

130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:11:18 ID:eNObu1lE
シンジ「うああああああああっ!!」

けたたましい爆風と光が双子山一帯を包む

ミサト「ミスった!?」

ラミエル「・・・」ゴリゴリ

メキメキ、バキィ!

青葉「敵シールド、侵入!」

ミサト「第二射、急いで!」

ハマーン「(小僧、何をしている・・・このままでは本当に死ぬぞ!)」

日向「ヒューズ交換、再充填開始!」

青葉「目標に高熱源反応!」

リツコ「連射!?」

ミサト「間に合わない!」

ラミエル「」キュィィィィィィイイイイ!!

シンジ「う、うう・・・」

131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:15:23 ID:eNObu1lE
ラミエル「」ピカッ

ドゴオオオオオオオオオオオオオ!!!

ミサト「シンジ君!」

ハマーン「(小僧!)」

シンジ「!?」

シンジの視界に光以外入り込まなくなった

シンジ「ああっ!!」

日向「冷却完了、再充填までカウント」

ミサト「はやくはやくはやく~~~~~~!!」

ハマーン「(マシュマー!)」ピキュイィン

リツコ「だめ!間に合わない!」

シンジ「うああああああああああああああ!!」

シンジは反射的に顔を背けた

シンジ「・・・」

シンジ「うあ?」

132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:22:38 ID:eNObu1lE
マシュマー「わーーーーーはははは!この多面体めが!!!易々と攻撃が通じると思うな!!」

ミサト「キザ男!」

リツコ「再充填はまだなの!?」

シンジ「マシュマーさん!」

マシュマー「おおおおおおおおおおおおおお!!効かぬ!効かぬわぁ!!」

マシュマーの言葉とは裏腹にシールドはみるみる内に融解していく

リツコ「盾が持たない!」

ミサト「まだなの!?」

日向「後20秒!!」

シンジ「速く・・・速く!!」

マシュマー「わーははははは!!!わーははははは・・・」

ドロ・・・ドロ・・・ドロ・・・

リツコ「ダメ!盾が!」

133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:28:17 ID:eNObu1lE
マシュマー「!!」

その瞬間、盾が溶け落ちた

ハマーン「マシュマー!」

リツコ「直撃!!」

青葉「終わったあああああああああ!!!」

マヤ「いやーーーーーーーーーーー!!」

ミサト「くっ!」

誰もが作戦の失敗を確信し、誰もが死を覚悟した
しかし意識がいつまで経っても途切れない。その事に疑問を感じた各々がまだ生があると実感し始めたその時

シンジ「・・・?」

マヤ「うそ・・・」

リツコ「あいつ・・・」

ミサト「まさか・・・加粒子砲に耐えてるの・・・?」

マシュマー「わーーーーーはははは!!効かん!効かんといっとろうに!!!」

そこには盾なしで加粒子砲を受け止めるザクⅢがいた

134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:40:58 ID:eNObu1lE
シンジ「え・・・うそ」

マシュマー「おおおおおおおおおお!!」

ズジャラララララララララ!!

日向「後10秒!!」

ザクⅢが黄金に輝き始める

リツコ「そんな・・・なによあれ!!」

ミサト「まさかあいつ、ATフィールドを!?」

ハマーン「(いや違うな・・・あれは・・・)」

マシュマー「ぐぬぬ・・・おのれ多面体め・・・」

マシュマー「やられぬ・・・やられぬぞ・・・」

マシュマー「このマシュマー・セロ!己の肉が骨から削ぎ取れるまで戦う!」

ハマーン「・・・」ググッ

マシュマー「ハマーン様・・・」

マシュマー「  バ  ン  ザ  ー  ー  ー  イ  !  !  !  」

マシュマーの咆哮の直後、加粒子砲が天を昇った

135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:47:09 ID:eNObu1lE
ミサト「うっそ!!」

リツコ「跳ね返した!?」ガバッ

日向「電力再充填完了!」

ハマーン「小僧今だ!」

ハマーン「撃て!!」

シンジ「あああああああ!!」

カチッ

バシュウウウウッ!!

ラミエル「・・・」

ボウッ!!

グラグラグラグラグラ・・・・

日向「陽電子砲目標直撃!!」

青葉「使徒、反応ありません!」

ミサト「よっしゃあ!!」

青の多面体が火を噴きながら傾いていく

136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/19(水) 20:55:53 ID:eNObu1lE
日向「使徒、沈黙!」

青葉「助かったぁ・・・」ドサ

ミサト「シンジ君、よくやったわ!!シンジ君!?」

すでに初号機には誰も乗っていなかった

シンジ「マシュマーさん!?どこ!?マシュマーさん!?」

ミサト「ハッ!あのキザ男は!?」

日向「どこにも見当たりません!」

マヤ「機体も消えました・・・」

ハマーン「・・・」グゥ

シンジ「マシュマーさん!?どこなの!?返事してよ!!」

シンジ「マシュマーさーーーーーーん!!」

ハマーン「強化・・・しすぎた・・・」ボソ

シンジ「マシュマーさーーーーん!!マシュマーさーーーん!!マシュマーさーーー・・・」
第五使徒 ラミエル 撃破

マシュマー・セロ 死亡

138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:30:12 ID:3DN1S0E.
ヤシマ作戦終了後 ネルフ本部

シンジ「うう・・・グス・・・」

ミサト「・・・」

リツコ「あのキザ男、最後にかっこつけちゃって・・・」

ミサト「シンジ君・・・」

シンジ「うう・・・マシュマーさん・・・」

ハマーン「いつまでメソメソ泣いている」

ミサト「あんた・・・」

ハマーン「言ったはずだ、これは戦いだと。戦いに死者は付き物だ」

ハマーン「この程度で泣いていてはこの後持たんぞ。しっかりしろ」

ミサト「あんたねえ!」グイ

ミサト「自分の部下が死んだのよ!!なんとも思わないの!?」ガッ

ハマーンに詰め寄るミサト

ハマーン「・・・放せ」ガッ

139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:30:39 ID:3DN1S0E.
リツコ「あんたの部隊、随分冷たいのね」

ハマーン「兵の指揮に関わる事はしないだけだ」

ハマーン「私は休む。貴様らは事後処理を済ませておけ」

カツカツカツカツ・・・

ミサト「冷たい奴・・・」

リツコ「彼女も、辛いのよ」

リツコ「トップの人間にワンワン泣かれても、アタシ達困るでしょ?」

ミサト「そりゃそうだけど・・・」

ジオフロント モビルスーツ保管場所

ハマーン「・・・」

ガサッ

ハマーン「誰だ!」

シンジ「あ・・・」

ハマーン「・・・お前か」

シンジ「あの・・・お線香上げようと思って。で、場所がわからないからここに・・・」

140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:31:08 ID:3DN1S0E.
ハマーン「あいつは線香などでは喜ばんぞ」

ハマーン「供えるならこれにしろ」サッ

シンジ「薔薇・・・ですか?」

ハマーン「私が前にやったのを後生大事に持っていた」

ハマーン「手向けにピッタリだ」

シンジ「・・・」

ハマーン「悲しいか?」

シンジ「・・・はい」

シンジ「ハマーンさんは悲しくないんですか?」

ハマーン「・・・あいつは一度死んでいる。もう慣れた」

シンジ「えっ」

ハマーン「ここに来る前の話だ。マシュマーは単身敵陣に乗り込み、そして・・・」

シンジ「じゃあなんで・・・」

ハマーン「お前の機体が連れてきたのかもな」

シンジ「初号機・・・ハマーンさんの世界にもいたって」

141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:31:48 ID:3DN1S0E.
ハマーン「小僧、ここだけの話だ」

シンジ「はい?」

ハマーン「あの機体、何かあるぞ」

ハマーン「私達も知らない、得体の知れない何かが・・・」

シンジ「・・・死んだ人を連れてくるくらいですからね」

ハマーン「寝首をかかれんように気を付ける事だ」

ハマーン「さ、貴様は明日学校だろう」

ハマーン「いつまでも夜更かしするな。さっさと寝ろ」

シンジ「はい・・・おやすみなさい」

ハマーン「ふん・・・」

ハマーン「(慣れるわけないだろう・・・部下の死など)」

ハマーン「(マシュマー、あの世から呼び戻して悪かった)」

ハマーン「(今度こそ安らかに眠ってくれ・・・)」

ミサト「・・・(素直じゃないやつ、ね)」

142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:32:08 ID:3DN1S0E.
翌日 ネルフ本部

日向「おはようございます」

ミサト「おはよう」

ネオジオン兵達「おはようございます!」ビシッ

ミサト「お、おはよう・・・(このノリ慣れないわ)」

リツコ「ミサト、ちょっと」

リツコ「昨日のキザ男の事なんだけど・・・」

ミサト「あの謎のバリアーね」

リツコ「ATフィールドをも突き破る加粒子砲をはじき返すなんて、物理上ありえないわ」

ミサト「モビルスーツにそんな機能あるのかしら・・・」

リツコ「ATフィールド以上のバリア、確かめたくない?」

ミサト「いっちょやったりますか」

143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:32:27 ID:3DN1S0E.
司令室

ミサト「というわけで、昨日のアレを是非解明させたく」

リツコ「そして今後の使徒殲滅に役立つように」

ミサト「是非我々に教えて下さらないかしら?ハマーン様♪」

ハマーン「くだらん」

ミサト「なっ!」カチン

ハマーン「知った所で貴様らには無理だ」

リツコ「せめて原理だけでも・・・」

ハマーン「ふん」バサ

ミサト「なにこの資料」

リツコ「バイオセンサー・・・?」

ハマーン「ニュータイプのみが操れる特殊装置だ。貴様らアースノイドなどに扱えるものか」

ミサト「で。あんたもそのニュータイプなの?」

ハマーン「当然だ」

144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:33:01 ID:3DN1S0E.
リツコ「じゃああなたも昨日のような芸当ができるってわけ?」

ハマーン「無理だな」

ミサト「ダメじゃん」

ハマーン「バイオセンサーはニュータイプの潜在能力に依存する」

ハマーン「昨日のマシュマーのは最後の命の灯火だ・・あれほどの芸当はとてもマネできん」

リツコ「そう・・・」

ミサト「命をかけて守ってくれたのね・・・」

ハマーン「そしてはっきり言う。私以上の能力を持ったパイロットなどここにはおらん」

ハマーン「(あっちの世界にはいたが、な)」

ミサト「ありゃー、こりゃボツだわ、リツコ」

リツコ「そうねえ、あの機能をエヴァに搭載できれば、随分楽になると思ったんだけど」

ミサト「せっかくセカンドチルドレンが来るっていうのに残念ね」

ハマーン「ん?セカンド?」

リツコ「あら聞いてない?エヴァの二号機がここにくるのよ」

145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:33:34 ID:3DN1S0E.
ミサト「専属パイロットも一緒にね」

ハマーン「・・・またガキか?」

ミサト「そうねえ、ピッチピチの同い年ねw」

リツコ「しかもシンジ君とは真逆の性格よ」

ミサト「しっかり世話してね、ハマーンさん♪」

ハマーン「俗物が。部下の世話は貴様がやれ」

ミサト「はいはいw」

プルルルル

リツコ「ちょっと失礼」ピッ

146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:33:46 ID:3DN1S0E.
リツコ「はい赤城です。はい」

リツコ「え、セカンドの様子がおかしい?」

リツコ「ここ最近・・・セカンドが別人のように・・・はい」

リツコ「その代わりエヴァの操縦が異常に・・・なるほど」

リツコ「はい・・・はい・・・今少し取り込み中なので後で折り返し電話するわ」

リツコ「後で詳しく聞かせて頂戴。それでは」ピッ

ミサト「どったの?」

リツコ「明日のセカンド来日・・・荒れそうよ」ポン

ミサト「・・・不吉な事言わないで頂戴」

ハマーン「がんばれよ、葛城さん」

ミサト「うるせえw」

147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:37:56 ID:3DN1S0E.
翌日 太平洋

空母オーバーザレインボウ上

ケンスケ「すごいすごいすごいすごいすぎる~~~~男だったら涙を流す状況だねこれは!!」

トウジ「ミサトさんとクルジーングでデートだなんて・・・ああ、幸せや・・・」

シンジ「なんでこの二人まで・・・」

ミサト「(セカンドパイロットの事なんだけど、なんか最近様子がおかしいんだって)」ヒソ

シンジ「(はぁ・・・それで)」ヒソ

ミサト「(原因がわからないから、思春期のおこちゃまの事は、おこちゃま同士にしかわからないと思って、ねw)」ヒソ

ハマーン「じゃあ何故私まで連れてきた」ズイ

ミサト「(相変わらず地獄耳ね)知らないわよ・・・あんたは日本政府から直々に勅命が来たからしょうがないじゃない」

ミサト「私もあんたがくるなんて思ってなかったわよ」

ハマーン「ふん、くだらん。ガキなんぞに興味はない」

ハマーン「貴様らみたいな幼稚な奴と入られるか。私はこの世界の兵器を見物してくる」

ハマーン「いかに貴様らの現代科学が幼稚か、見定めてやろう」

148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:38:43 ID:3DN1S0E.
トウジ「なんやあのおかっぱ、感じわるいのう」

ケンスケ「僕と同じ兵器好きなんだよ、きっとw」

シンジ「(それはないと思うけど)」

ケンスケ「ひゃっほーーーーーーーいw」

トウジ「あ、わいの帽子が!止まれ止まれ止まれ~~~~!」フワッ

ミサト「元気な奴らね」

トウジ「止まれ~~~わいの帽子~~~~~!」

パサッ

?「これ、君のかい?」

トウジ「お、おう」

?「はいどうぞ、ここは風が強いから、気を付けなよ」サッ

トウジ「いや~えろうすんません!助かりました!」ポンポン

ケンスケ「美少女発見!」ジー

トウジ「(こんなかわいいこに拾ってもらって、ラッキーw)」

ミサト「ちょうどよかった、紹介するわ」

149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:39:25 ID:3DN1S0E.
ミサト「エヴァ二号機の専属パイロット、セカンドチルドレン。惣流・アスカ・ラングレーよ」

アスカ「はじめまして、葛城さんですね?話は聞いてます。よろしくお願いします」ペコ

ミサト「ひさしぶりねアスカ。すっかり女らしくなっちゃって・・・えっ」

シンジ「初対面なんですか?」

アスカ「はじめまして。君もパイロットなんだってね。よろしく」ニコ

シンジ「よろしく!」ニコ

ミサト「ちょっとアスカ!アタシよ!ミサトよ!」

アスカ「それはさっき聞きましたよ」

ミサト「いやいやいやいやwミサトだっつってんでしょうがwハロー?グーテンモルゲン?」

アスカ「だから聞きましたって。よろしく御願いします」ペコ

ミサト「(な・・・何・・・どうなってるの・・・)」

ミサト「(アタシを忘れてる?ていうかアスカがアタシに敬語を使ってる??ありえないわ!)」

加持「と、いう訳なんだよ葛城・・・」

ミサト「ブッッッ!!」

150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:40:22 ID:3DN1S0E.
加持「電話でりっちゃんに伝えたとおり、ここ最近アスカが急にしおらしくなっちゃってさ」

加持「不気味ったらありゃしないよ」

ミサト「ななななんであんたがここにいるのよ!!」

加持「彼女の随伴でね、ドイツから出張だったんだが・・・」

アスカ「・・・」ギロ

加持「アスカがまるで別人みたいになっちゃって参ってるんだ。昔のよしみで助けてくれよ葛城」

ミサト「うかつだったっわ・・・十分考えられる事態だったのに」

シンジ「知り合いですか?」

加持「彼女の寝相を知ってる仲さ」キリ

トウジ&ケンスケ&シンジ「~~~~~~!!」ガタッ

ミサト「なにいってんのよこのブァカ!!」

アスカ「それが大人のやり方ですか。気に入りませんね」

加持「・・・」

ミサト「(何この扱い、アスカってアンタの事好きなんじゃなかったっけ?)」ヒソ

加持「(だと思ってたんだが・・・急にこの調子になったろ?俺も元に戻そうと必死になったんだよ)」ヒソ

151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 17:41:07 ID:3DN1S0E.
ミサト「(で?)」ヒソ

加持「(デートに誘った。したらなんだか本気で気持ち悪がられてね・・・)」ヒソ

ミサト「(それはアスカに見る目がでただけじゃないかしら?)」ヒソ

アスカ「・・・?」

ミサト「(いずれにせよ不気味だわ・・・)」ヒソ

加持「(だろ?女子供同士、なんかわかるもんがあるだろ。なんとかしてくれないか。俺はもうお手上げだ)」ヒソ
アスカ「あの、もういいですか?部屋に戻りたいんですけど」

加持「ああ、ありがとう。君は部屋に戻ってゆっくりしてな」

ケンスケ「アスカちゃんって言うんだぁ・・・かわいいなぁ」ゲヘヘ

トウジ「アスカちゃん・・・女の子らしい、かわええ名前やのう・・・」ゲヘヘ

アスカ「」ピタッ

153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 19:10:57 ID:3DN1S0E.
アスカ「・・・今なんつった」

トウジ「えっ?女の子らしいかわいい名前やなって」

アスカ「」ブチッ

アスカ「歯ぁ食いしばれーーーーーー!!」

バキィ!!

全員「!?」

トウジ「どわっ!何すんじゃこのアマ!!」

アスカ「アスカが女の名前で何がイケないんだ!!俺は男だよ!!」

ケンスケ「アスカちゃん男なの!?」

加持「いきなりなんだ!?」

トウジ「どう見てもおんうわやめ痛い痛い!」

アスカ「ここからいなくなれーーーー!!」

ドカバキゴフグフゲフ

加持「ちょっとアスカちゃん!やめないか!」ガシッ

154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 19:11:25 ID:3DN1S0E.
アスカ「離せよ人殺し共!!」

バキィ!! 加持「げふぅ」

ミサト「ど、どったのアスカ!?」

シンジ「アスカ、喧嘩はやめ(ry「出てこなければ、やられなかったのに!!」バキィ!

シンジ「あひゃあ」

アスカ「お前等はいつもそうだ!影に隠れて!戦争を操って!」

ケンスケ「うわちょこっちきt(ry バキィ!!

ざわざわ・・・何の騒ぎだ?・・・ざわざわ・・・

アスカ「お前らはクズだ!生きてはいけないんだ!!」

バキバキグフゴフゲフドガ

ミサト「ちょっと、やめなさい!やめ、コノやめ、誰かきてーーーーーーーー!!」

ハマーン「このプレッシャー・・・まさか」ピキュイーン

加持&ケンスケ&トウジ&シンジ「」ピクピク

157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:10:04 ID:3DN1S0E.
数分後

ミサト「で・・・名前をバカにされて腹が立ったと」

アスカ「すいませんでした」

トウジ「バカになんかしとらんわい!かわいいゆうて褒めたんやないか」

ケンスケ「何が気に食わないんだよ。女の子らしい名前じゃんか」

アスカ「ッッッ!」ガタ!

ミサト「はいはいキレないキレない。誰もバカになんかしてないわよ」

アスカ「・・・」

加持「あいててて・・・」

ミサト「(どこがしおらしくなったってのよ。ヒス度がむしろ前よりパワーアップしてるじゃない)」ヒソ

加持「(知らないよ・・・自分の名前を嫌っているなんて知らなかったんだ)」ヒソ

ミサト「(止めに入った海兵隊までぶっとばして・・・後で謝るのはアタシよ!?)」ヒソ

シンジ「僕完全にとばっちりだ・・・」ヒリヒリ

アスカ「カッとなって周りが見れなくなってしまいました。本当に申し訳ありませんでした」

ミサト「(こうやってすぐ謝る所がアスカらしくないわね・・・)」

158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:10:19 ID:3DN1S0E.
加持「僕が手を焼くのもわかったろ?」

トウジ「しかしなんちゅうパワーや・・・女のパンチにいてこまされるなんて屈辱やで」

ケンスケ「アスカちゃんは名前とは裏腹に怖いんだねえ」

アスカ「貴様ッッッ!!」ガタ!

ケンスケ「わーーー!冗談ですごめんなさいごめんなさい!」

ミサト「(こりゃ重症だわ)」ハァ

ピキュィィン!

アスカ「ハッ!」

シンジ「どうしたの・・・?」

アスカ「感じませんか・・・何かが来ます」

全員「?」

アスカ「みんな伏せて!!」

ガバッ!

ドオオオオオオオオオオン!!!

グラグラグラグラ・・・

159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:10:32 ID:3DN1S0E.
ミサト「何事!?」

アスカ「わかりませんか!?敵襲ですよ!!」

シンジ「まさか・・・使徒!?」

ミサト「なんでこんな所に!?」

加持「(俺の手荷物のせい、だな)」

アスカ「何ぼやぼやしてるんです!第一種戦闘配備ですよ!」

ミサト「く、くわしいわね」

アスカ「パイロットの君!一緒に来い!」

シンジ「え、僕?」

アスカ「お前しかいないだろ!はやくしろ!死にたいか!」

シンジ「は、はいぃ・・・」

トウジ「どこいくねん!?」

ミサト「ちょっとアスカ!」

ガギエル「・・・」

使徒ガキエル 襲来

160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:42:25 ID:3DN1S0E.
空母 甲板

ダダダダダダッ

シンジ「ちょっと惣流、どこいくんだよぉ」

アスカ「輸送中の機体があるんだ!それを使う!」

シンジ「エヴァ二号機?なら僕関係ないじゃないか」

アスカ「ごちゃごちゃと減らず口を・・・いいから黙って走れ!」

シンジ「(こわ・・・おとなしくしたがっとこ)」

ダダダダダダッ

ハマーン「ん、あれは小僧と・・・例のセカンドか?」

ハマーン「おかしい、あいつから強力なプレッシャーを感じる」

ハマーン「先ほどのプレッシャーも、あいつか?・・・まさかな。姿が全然違う」

海兵隊「撃ち方はじめーーーい!」

ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!

加持「その程度ではATフィールドは貫けない・・・」

ミサト「今パイロットがエヴァに向かってるわ!その間だけでいい、時間を稼いで!」

161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:42:53 ID:3DN1S0E.
トウジ「なんやえらい事になってきたな」

ケンスケ「今の内にテープを・・・」カチャカチャ

加持「(こんな所で使徒襲来だなんて、話が違うんじゃないかぃ?)」

エヴァ二号機収納コンテナ

アスカ「これを着ろ!」バサッ

シンジ「プラグスーツ・・・」

アスカ「さっさと着替えろ!急ぐぞ!」

ブワッ!

シンジ「わっ!」

アスカ「どうした?」

シンジ「(人前で堂々と脱ぐなんて・・・女の子の裸、初めてみちゃった)」

ドカアアアアアアアア!!

トウジ「船が次々撃沈されてくで!」

ミサト「アスカはまだなの!?」

162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:43:20 ID:3DN1S0E.
エントリープラグ内

アスカ「急がないと・・・」ガチャガチャ

シンジ「あの・・・なんで僕まで連れてきたの?」

アスカ「・・・機動の仕方がわからないんだ」

シンジ「ええ!?」

アスカ「しょうがないだろ!訓練ではオペレーターが勝手にやってたし・・・大体こんな機体乗った事ないんだから!」

シンジ「機動の仕方がわからないって・・・君専属パイロットでしょ!?」

アスカ「うるさいな!だからお前を連れてきたんだよ!さっさと起動しろ!」

海兵隊「撃てぇーーー!撃てぇーーー!」

ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!

ドガアアアアアアアアア!!

ミサト「アスカ・・・まだなの!?もう持たないわよ!」

163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 22:43:56 ID:3DN1S0E.
シンジ「そ、そんなぁ・・・ええ、と確か音声認識があったはずだから」

シンジ「え、エントリープラグ注水!ええと、次は、第二次コンタクト、開始・・・だったかな」

接続エラー

シンジ「あれ・・・何か間違えたかな」

アスカ「何やってんだよ!」

シンジ「そんなに言うなら自分でやればいいじゃないか・・・ええと、基礎言語がドイツ語になってるのが原因みたい」

アスカ「ドイツ語・・・?グ、グーテンモルゲン?ってわかるかんなもん!」

シンジ「(何やってんだよもぉ)基礎言語を日本語に。はい、これで大丈夫。後はイメージするだけだよ」

ギギギギギギギ

アスカ「動いた・・・よし、これならイケる!」

アスカ「カミーユ・ビダン!Mk2、出るぞ!」

シンジ「(えっ、アスカじゃないの?)」

エヴァ二号機 発進

167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 17:54:20 ID:YCJLl4IA
ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!

ガギエル「・・・」ゴゴゴゴゴ

ドガアアアアアアアアア!!

海兵隊「3番艦がやられました!」

ミサト「アスカ・・・何やってるの!?」

ドォン!

アスカ「葛城さん!お待たせしました!」

ミサト「アスカ!!」

アスカ「状況は芳しくないようですね・・・わかりました!何とかします!」

ガギエル「・・・」グオオオ

シンジ「来た!」

アスカ「飛ぶぞ!」

シンジ「飛ぶ?」

大ジャンプでガギエルの突進を躱す

シンジ「ひえええええええ!!」

168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 17:54:40 ID:YCJLl4IA
アスカ「武装は!?これしかないのか・・・仕方ない!」」ガキン

アスカ「そこだ!!」ピキュィィン

ビュオオオオオオオ!!

ガギエル「!?」

突進を躱すと同時に、プログレッシブナイフを空中で装備する二号機

シンジ「ナイフなんてどうすんのさ!」

アスカ「こうするんだよ!ここからいなくなれーーーーー!」

そしてそのまま、使徒目がけナイフを放り投げ・・・

グサッ

ガギエル「ギャアアアア!!」

アスカ「よし!」

ミサト「すっご・・・」

トウジ「阪神の投手かあいつは!」

シンジ「やったの!?」

アスカ「まだだ!これで標的がこちらに移っただけだ!」

169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 17:54:55 ID:YCJLl4IA
シンジ「それってやばくない!?」

アスカ「チャンスだよ!こっちだ化け物!」

ガギエル「・・・」グオオオ!!

空母を足場に着地してはジャンプを繰り返す二号機。標的を二号機に移したガギエルは突進を繰り返すがすぐさま逃げられてしまう

アスカ「武装が少なすぎるな・・・やはり直接攻撃しかないか」

シンジ「無茶だよ!海に入ったら余計にあいつの思うつぼじゃないか!」

アスカ「そこを何とかするのがパイロットの使命だろ!大丈夫、この手の状況は慣れてるから!」

シンジ「起動の仕方もわかってなかったくせに!?」

ガギエル「・・・」グオオオ!!

数秒の会話をしてる間に海面から二号機目がけ飛び出るガギエル

シンジ「うああああああ!!」

ケンスケ「でっかい魚!」

ミサト「アスカ!」

ガシィィッ!

ガギエル「!?」

170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 17:55:07 ID:YCJLl4IA
アスカ「そんなに戦いたいのかよ・・なら、こちらからお前の元へ向かってやるよ!」ググッ

アスカ「今はおとなしくしてろ!!」

そう言うとアスカは使徒を海に叩き落とした

ミサト「・・・」ポカーン

加持「な?まるで別人だろ?」

加持「様子が変な代わりに、戦闘能力が格段にアップしてるんだ。まるでこういう状況は慣れているみたいに・・・」

ミサト「・・・今は使徒の撃退が最優先よ。この件は後で追及します」

加持「そりゃそうだ」

加持「(さて、葛城が指揮に夢中になってる間に俺はおいとまさせてもらおうかな)」

加持「(大事な届け物もあるし、な・・・)」コソコソ

ドン

加持「あいてっ。すまない余所見をして・・・」

ハマーン「・・・」ギロ

加持「・・・はは」ニコ

ハマーン「ちょっとこい」

171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 18:20:39 ID:YCJLl4IA
アスカ「よし、これよりMK2は化け物追跡の為海中に入る!」

シンジ「ちょっと待ってよ!活動時間が残り1分切ってるよ!」

アスカ「はぁ!?」

シンジ「活動限界だよ!エヴァはケーブルがないと3分しか動かないんだ!」

アスカ「そう言う事は先に言え!残り1分でどうにかできるわけないだろ!!」

シンジ「知らなかったの!?君専属パイロットでしょ!?」

アスカ「くそ・・・なんてやりにくい機体だ!」

ミサト「アスカ!ケーブルならあるわよ!一旦こっちに戻ってきて!」

アスカ「くそ、仕方がない、一旦母艦に帰還する!」

シンジ「(不安になってきた・・・)」

アスカ「着艦する!」

ドォォォン! グラグラグラ・・・

172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 18:20:51 ID:YCJLl4IA
アスカ「ケーブルってどれだ!」

シンジ「あれだよ、あのコード!」

アスカ「これをどうすればイイんだ?」

シンジ「(ホントに何も知らないんだな)背中にプラグがあるからそこに挿すんだよ!」

アスカ「くそ、まるで家電製品だな!」ガチン

シンジ「これでカウントが止まったよ!」

アスカ「よし!今度こそ、行くぞ!」

シンジ(そこはホントに行くんだ・・・)」

ドパァァァァァン!!

ミサト「(やっぱり妙ね、戦闘に慣れてる素振りの癖に基本的な事をまるで知らないなんて)」

ミサト「(・・・ひょっとして本当に別人だったりして)」

ケンスケ「あれ、戦闘機が・・・」

173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 18:21:02 ID:YCJLl4IA
ブオオオオオオオオ

ハマーン「おいミサト」

ミサト「ハマーン!?この非常時にどこ行ってたのよあんた!」

ハマーン「貴様らの上層部が何故私を呼んだのか分かった。なのでもうここにいる意味はない」

ハマーン「私は先に本部に戻ってるぞ」

ミサト&トウジ&ケンスケ「はぁ!?」

ハマーン「心配するな。この戦いはあのセカンドが必ず勝つ。私が保証するよ」ニヤニヤ

ハマーン「じゃあそう言う事だ。後は頼んだぞ」

ハマーン「出せ」

加持「はい・・・」

ミサト「加持くんまで!?」

ブオオオオオオオオオオオ

バシュウウウウウウウウウウウウ!

キランッ

トウジ「に、逃げおった・・・」

174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:29:11 ID:YCJLl4IA
加持「よかったので?僕の用事はただの届け物なので、あなたがいるならわざわざ本部に戻る事はなかったのですが」

ハマーン「無駄口を叩くな。さっさと到着させろ」

加持「・・・はい」

ハマーン「(こんな生身の状態で見つかったら、私も殲滅させられる可能性があったのでな)」

ハマーン「(ふふ、まさかこんな所で再会するとは・・・姿は違えどあのプレッシャー、操縦センス、間違いない)」

ハマーン「(おもしろくなってきた・・・)」ニヤ

海中

ミサト「そろそろケーブルがなくなるわ!衝撃に備えて!」

ドオォ・・・

アスカ「これ以上潜るのは無理か・・・」

シンジ「視界が悪い・・・どこからくるのかわからないよぉ」

ピキュィィン!

アスカ「そこだ!」

ガギエル「!?」ゴオオオオオ!

シンジ「なんでわかるの!?」

175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:29:22 ID:YCJLl4IA
アスカ「なんとなくだ!そこぉ!」

使徒の突進を躱し、横腹に蹴りを入れる二号機

シンジ「(こんなに操縦がうまいのに、なんでエヴァの事知らないんだろう)」

ガギエル「グアアアアア!」

アスカ「逃がすか!」グイイ

シンジ「ケーブルで捕えるの!?」

ケーブルに絡め取られるガギエル

シンジ「無茶だよ!ケーブルが切れちゃう!」

アスカ「一瞬動きを止めるだけだ!ホントの狙いは・・・」

アスカ「これだ!」ガシッ!

先ほど海上で突き刺したナイフに再び手を付ける

ギュイイイイイイイイイイイイ!!

アスカ「このまま引き裂いてやる!」

ガギエル「ガアアアアアアアア!!」

176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:29:34 ID:YCJLl4IA
トウジ「あの化けもん、なんか叫んでないか?」

ミサト「アスカが押してるのね・・・チャンスよ!そのままやっちゃって!」

アスカ「うおおおおおおおおおお!!」

シンジ「(とても女の子に見えない叫び方だ・・・)」

アスカ「ぐう・・・固いぞコイツ!」

ガギエル「ギャオオオオオオ!!」

バキッ!

アスカ「しまった!」

シンジ「プログレッシブナイフが!」

ガギエルは間一髪エヴァを振りほどき、一周して再び接近、そして

ガギエル「・・・」グパァ

アスカ&シンジ「くちぃ!?」

海兵隊「エヴァ二号機、目標の体内に潜入!」

トウジ「それって食われたんとちゃうか」

177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:30:15 ID:YCJLl4IA
グググググ・・・

アスカ「そう易々と食われてたまるかよ・・・」

両腕でなんとか噛み千切られるのを防いだ二号機。繋がっているコードが暴れ、その様子が海上でもわかる

トウジ「こらまるで釣りやな・・・」

ミサト「釣り?」キュピーン

ミサト「アスカ!いい!?」

ミサト「 絶 対 に 離 さ な い で ね ! 」

アスカ&シンジ「?」

178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:30:26 ID:YCJLl4IA
~作戦説明~

ミサト「今からケーブルを巻き戻し、使徒を海面近くまで引き寄せ罠を張ります」

ミサト「海面到達までにエヴァは使徒の口をあけ、そこに待機していた無人艦を使徒の口内で自爆させます」

海兵隊「そんな無茶な!」

ミサト「無茶ではありますが、無理ではありません。大丈夫、あの二人ならきっとやってくれます。ご協力を」

海兵隊「・・・わかった」

ミサト「(あのハマーンが自信満々で保証するくらいだもの。絶対何かあるわ)」

ミサト「(さあ、あんたの実力、見せてみなさい!)

179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:57:38 ID:YCJLl4IA
海中

ギュルルルルルルルル

海兵隊「エヴァ浮上開始!」

シンジ「巻き戻しが始まった!早く口をこじ開けないと僕らまでやられちゃう!」

アスカ「・・・」

シンジ「僕も手伝うから!ほら、レバーを引いて!」

アスカ「いい加減にしろこの野郎・・・」ブチブチ

シンジ「えっ」

アスカ「抵抗すると無駄死にするだけだって、なんでわからないんだ!」

ヒュイイイイイイイイイイ

シンジ「うわっ!」

海兵隊「エヴァ二号機、発光!」

ミサト「(やっぱりきた!)」

トウジ「ホタルイカかいあいつは!」

アスカ「生命は、生命は力なんだ。生命は、この宇宙を支えてるものなんだ!」

180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:57:49 ID:YCJLl4IA
アスカ「なんでそんな簡単に人を殺すんだよ!死んでしまえ!」

シンジ「何言ってんの!?使徒に言葉が通じるわけないじゃないか!」

アスカ「うううううううう」

グググググ・・メキメキメキィ

アスカ「うううううううううう」

メキメキメキメキ、バキィ!

海兵隊「使徒、開口!」

ミサト「よくやったわ!アスカ、離脱して!」

アスカ「ううううううううううう」

シンジ「何やってんのさ!もう口は開けたんだから早く離脱しないと!」

海兵隊「エヴァ二号機、離脱しません!」

ミサト「なんですって!巻き込まれるわよ!」

海兵隊「接触まで後30!」

アスカ「うううううううう」

シンジ「ちょっとアスカ!?もう時間が!」

181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:58:15 ID:YCJLl4IA
アスカ「遊びでやってんじゃないんだよーーーーーーーーーー!!」

シンジ「ひいいいいいいいいい!!」

ガギエル「!?」

メキメキ、バキッ

バキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキ!!!

ミサト「口が!」

トウジ「裂けた!?」

ケンスケ「やりすぎだろ・・・」

海兵隊「使徒、胴体部まで裂傷!」

シンジ「もうだめ!どいて!」グイイ!!

アスカ「!?」

開きすぎた使徒の口内に無人艦が突入した。

ドガアアアアアアアアアアアアアアア!!

シンジ「はあ・・・はあ・・・ギ、ギリギリセーフ・・・」

第六使徒 ガギエル 撃破

182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 19:58:56 ID:YCJLl4IA
新横須賀(旧小田原)

リツコ「また派手にやったわね」

ミサト「水中戦闘を考慮すべきだったわ・・・」グタァ

リツコ「で、どうだった?セカンドチルドレンの様子は」

ミサト「加持には会うし、アスカはわけわかんなくなってるし、もう最悪よ」グダァ

リツコ「いいじゃない、貴重な二号機の実践データが取れたんだから」ペラ

リツコ「・・・!ミサト、これホントに貴重だわ」

ミサト「何がぁ~」グダァ

リツコ「見てないの?ほらこれ・・・」

『エヴァンゲリオン二号機 実戦データ』
『シンクロ率 0%』

183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 20:50:09 ID:YCJLl4IA
ネルフ本部 司令室

加持「いやはや、何とも波乱に満ちた船旅でしたな」

ハマーン「口を閉じろ。貴様の口調は不快な奴を思い出す」

加持「・・・」

ハマーン「で、届け物とはなんだ?」

加持「これです」

トランクケースを差し出す加持

ハマーン「・・・なんだこれは」

加持「人類補完計画の要、使徒の目的」

加持「そしてあなた方が元の世界に戻る為に必要なものです」

ハマーン「・・・」

加持「精々奪われんよう気を付けて下さいよ。これからも荒れますから」

加持「ね、司令官代理」

ハマーン「用事が済んだのならさっさと去れ、俗物が」

加持「・・・(なんで俺にだけ冷たいんだ)」

184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 20:54:30 ID:YCJLl4IA
翌日 学校

トウジ「しっかしとんでもない奴やったな、あのアマ」

ケンスケ「いくら顔がよくったって、あれじゃあね」

シンジ「エヴァの中でずっとわけわかんない事ブツブツいってたし・・・」

ケンスケ「情緒不安定すぎだよな」

トウジ「ま、もう会う事もないやろ・・・センセは仕事で会うかもやけどな」

先生「おはよう」ガラ

きりーつ れーい

先生「今日は転校生が来てるから、紹介する」

先生「はいりたまえ」

ガラッ

3人「!!」

アスカ「今日からこの学校にやってきました惣流・アスカ・ラングレーです。よろしくお願いします」

ざわざわ・・・かわいい・・・ざわざわ・・・ハーフ?ざわざわ

185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 21:01:12 ID:YCJLl4IA
トウジ「おう碇、なんやとてつもなくイヤな予感がするのは気のせいか?」

シンジ「僕も同じ・・・」

ケンスケ「こっそりバックレる?」

男子生徒「俺の隣の席にこないかなぁ」

女子生徒「何よ男子ったら、鼻の下伸ばしちゃって」

男子生徒「アスカちゃんって言うんだー!かわいい名前だね!」

アスカ「」ピク

3人「あっ」

アスカ「・・・今なんつった」

トウジ「(あ、あかん・・・)」

シンジ「ひいぃ・・・」

ケンスケ「逃げるっきゃないよこれ」

ヒカリ「そこの3バカ!何やってんの!ちゃんと席につきなささい!」

トウジ「お前ら、悪い事はいわん、今の内に逃げといた方がええぞ・・・」

男子生徒「はぁ?」

186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 21:12:20 ID:YCJLl4IA
男子「こんなかわいい子前に逃げるわけねーじゃんw」

男子「ああ、アスカちゃん、素敵な響き・・・」

シンジ「(も、もうだめだ・・・)」

アスカ「・・・」プチ

アスカ「お前ら歯ぁ食いしばれーーーーーーーーーーーーーー!!」

全員「!?」

シンジ&トウジ&ケンスケ「逃げろーーーーーー!!」
使徒襲来と共に突如現れたネオジオンと名乗る軍勢
その摂政、ハマーン・カーンと共に奇妙な共闘生活を送るはめになった
着々と使徒を殲滅していく中、いつしか両者の間に絆が生まれつつあった
そして碇司令と綾波レイはどこへ消えたのか、セカンドチルドレンの謎の人格、ハマーンを送り込んだゼーレの目的
彼らはどこからやってきて、どこへ帰っていくのか、謎は深まるばかりである

次回 ハマーン「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」シンジ「えっ」 破

この次も、サービスサービスぅ♪

続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする