【遊戯王・クロスSS】ポケットモンスターカイバ

【遊戯王・クロスSS】ポケットモンスターカイバ

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:24:06.30 ID:WNZ5E5/O0
一応初代ポケモンを下地にしています。一応。
作者は初代ポケモンは未プレイなので、ポケモンキャラのキャラ崩壊や原作と矛盾する点があったら申し訳ありません。
基本ポケモンは放置して社長が暴れまわるだけの話なのでポケモンファンは読んでも分かんないかもです。
書き溜めが無くなったら亀進行になると思いますがよろしくお願いします。
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:24:37.68 ID:WNZ5E5/O0
海馬「ここはどこだ?」

かいばは あたりを みわたした!

海馬「殺風景極まりない…」

オーキド「おお。君が新しくポケモントレーナーになる子か?」

海馬「誰だ。貴様は」

オーキド「わしの名前はオーキド。この世界の不思議な生き物。ポケモンの研究をしておる」

海馬「ポケモン‥?何だそれは?」

オーキド「ポケモンは君の助けになってくれる心強い味方だ」

海馬「ふぅん」

オーキド「さあ、海馬くん。この中からポケモンを選びたまえ。君のはじめてのポケモンだ」

海馬「こいつは?」

オーキド「それはヒトカゲ。ほのおタイプのポケモンだ。それにするのか?」

海馬「こんなゴミに興味はない」

オーキド「ならこのゼニガメは…」

海馬「くだらん」

オーキド「ならフシギダ…」

海馬「黙れ」

オーキド「・・・・・・」

オーキド「なら、どうするんじゃ海馬くん」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:25:05.84 ID:WNZ5E5/O0
海馬「俺はポケモンなどという物に興味はない」

オーキド「君はポケモントレーナーになるんじゃ…」

海馬「ポケモントレーナーだと?笑わせるな!!俺は決闘者だ!!」

オーキド「デュエ・・?」

海馬「俺は俺のカードで戦う。ポケモンなどに興味はない」

海馬「もし貴様が俺の道を阻むというなら、全て叩き潰すまで!!」

オーキド「・・・・・」

サトシ「どうしたんだ博士?」

海馬「!!その声は獏良了!!」

サトシ「バクラ?俺はマサラタウンのサトシ!!よろしくな!!」

海馬「バクラの姿が変わっているだと!!非科学的だ!!」

サトシ「博士。こいつは?」

オーキド「今日ポケモンを上げるはずだった海馬瀬人くんなのじゃが、ポケモンはいらないと言い出してな」

サトシ「海馬。何でポケモンが欲しくないなんて言うんだ?」

海馬「黙れ獏良了!!俺は俺のカードで戦う!!」

サトシ「カード?海馬は既にポケモンを持ってるのか?」

海馬「ポケモンではない!!俺のブルーアイズをポケモン呼ばわりするなあ!!」

サトシ「ブルーアイズ?博士良く分からないけど、海馬はもうポケモンを持ってるみたいだぞ」

オーキド「ならサトシバトルしてみてくれ。それで海馬くんのポケモンもわかるじゃろう」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:25:28.49 ID:WNZ5E5/O0
海馬「ポケモンではない!!ブルーアイズだ!!」

サトシ「分かったよ。海馬。じゃあお前のブルーアイズとバトルさせてくれよ」

海馬「ほう。この海馬瀬人に決闘を申し込むか。良いだろう」

サトシ「行けピカチュウ!!」

海馬「出でよ!ブルーアイズ!!」

海馬「!!」

サトシ「どうしたんだ?海馬?お前のブルーアイズを見せてくれよ」

海馬「ない…」

サトシ「ない?」

海馬「ブルーアイズがない!!」

海馬「デッキが無い!!」

サトシ「そのアタッシュケースの中は?」

海馬「!」

かいばは あたっしゅけーすを ひらいた!

海馬「何だこの紅白の玉は」

海馬「しかし感じる!!感じるぞ!!ブルーアイズ、お前の鼓動を!!」

海馬「待たせたな獏良了!!」

海馬「出でよブルーアイズホワイトドラゴン!!」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:25:56.28 ID:WNZ5E5/O0
サトシ「な、何だこのポケモンは!!」

海馬「ポケモンではない!!ブルーアイズだ!」

オーキド「見たことのないポケモンじゃ!!」

サトシ「すげーぜ海馬!!」

海馬「ワハハハハ!!」

サトシ「ピカチュウ!!10まんボルト!!」

海馬「ブルーアイズ!!滅びのバーストストリーム!!」

サトシ「ピカチュウ!!」

海馬「ふぅん、所詮ネズミはネズミ、百獣の王たるこの俺に勝てる道理など無い!!」

オーキド「サトシのピカチュウを一撃で…すごいトレーナーだ!!」

サトシ「海馬!!」

海馬「何だ」

サトシ「またバトルしようぜ!!」

海馬「ふぅん」

サトシは さっていった!

オーキド「海馬くん」

海馬「何だ」

オーキド「わしは今ポケモンずかんを作っておる。それに協力してくれんか?」

海馬「断る」

オーキド「おおそうか!!やってくれるか!!」

海馬「断る」

オーキド「これがポケモンずかんだ。これを持ってカントーを周りたくさんのポケモンをつかまえるのじゃ!」

海馬「黙れ!!」

かいばは ポケモンずかんを てにいれた!!

オーキドは さっていった!
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:26:23.95 ID:WNZ5E5/O0
海馬「俺はこんなものに導かれはしない!」

かいばは ポケモンずかんを たたきわった!

海馬「ワハハハハハ!!!」

ナニアノヒトミチャダメヨ

ドカーン!!

海馬「何だ騒がしい」

オーキド「ミュウツーじゃ!!」

海馬「ミュウツー?」

海馬「フハハハハハ!!俺のブルーアイズで叩き潰してやる!!」

海馬「ブルーアイズ!!滅びのバーストストリーム!!」

オーキド「いかん!!サイコキネシスじゃ!!」

ドカーン!!

海馬「ブルーアイズ!!」

海馬「ブルーアイズより強いだと!?」

海馬「馬鹿な!エクゾディアだと!?奇跡を起こしたというのか!?」

オーキド「海馬くん!それはミュウツーじゃ!!」

みゅうつーの ばつげーむ!

海馬「うわあああああああ!!」

かいばは めのまえが まっくらになった
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:39:13.58 ID:WNZ5E5/O0
~ポケモンセンター~

海馬「おのれ!おのれぇぇぇぇ!!」

海馬「貴様!!わかるように説明しろ!!ミュウツーはどうすれば倒せる!」

ジョーイ「はいはい。静かにしましょうね」

海馬「黙れ!!」

ジョーイ「向こうのお部屋に行きましょうか」

海馬「なぜだあ!!」

ジョーイ「はいはい。そうですねー」

かいばは かくりびょうとうに つれていかれた!

海馬「うわああああ!!!」

海馬「ブルーアイズ!!!」

コロン

かいばの アタッシュケースから ボールが ころがった!

海馬「これはカイザー・シーホース!!」

かいばは つぎつぎと ぽけもんを くりだした!!

海馬「闇・道化師のサギー!!」

海馬「ブラッド・ヴォルス!ガジェット・ソルジャー!ブレイドナイト!」

海馬「X-ヘッド・キャノン!Y-ドラゴン・ヘッド!Z-メタル・キャタピラー!」

海馬「サンダー・ドラゴン!異次元竜 トワイライトゾーン・ドラゴン!」

海馬「強力なモンスターのみに頼った愚かなデュエルはもろい」

海馬「俺はそれを忘れていた」

海馬「礼を言うぞ!カイザー・シーホース!」

海馬「ミュウツー!!貴様だけは俺が必ずこの手で倒す!!」

海馬「カイザー・シーホース!!壁をぶち壊せ!!」

ドカーン!!

海馬「全速前進だ!」

海馬「ミュウツー……オレの進む闘いのロードで待っていろ!!」

海馬「ワハハハハ!!!」

かいばは はしりだした!
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:46:16.58 ID:WNZ5E5/O0
~オーキド研究所~

海馬「オーキド!!」

海馬「ポケモンについて教えろ!!」

海馬「オーキド!!」

海馬「俺に恐れをなしたか。似非決闘者め」

海馬「データはいただくぞ!!」

かいばは ぱそこんを ひらいた!

海馬「なるほどな・・・」

かいばは ポケモンバトルについて りかいした!

海馬「もうここに用はないブルーアイズ!!」

海馬「滅びのバーストストリーム!!」

かいばは オーキドの けんきゅうじょを はかいした!

海馬「フハハハハ!!」

オーキド「海馬くん!?何をするんじゃ!?」

海馬「滅びのバーストストリーム!!」

海馬「瓦礫の中にでも埋まっていろ!」

オーキド「うわああ!!!」

オーキドは がれきのなかに うまってしまった!

海馬「フハハハハ!!」

海馬「どうやら世界にはジムリーダーと呼ばれる決闘者達がいるようだ」

海馬「全て俺のブルーアイズが粉砕してくれる!!」

海馬「まずはトキワジムだ!」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 01:57:27.51 ID:WNZ5E5/O0
~トキワジム~

海馬「鍵?ふぅん。鍵ごときでこの俺を阻めるとでも思ったか!」

海馬「ブルーアイズを出すまでもない。ブラッド・ヴォルス!」

ガシャン!!

かいばは とびらを はかいした!

海馬「入らせてもらうぞ!」

サカキ「誰だ!?」

海馬「俺は海馬瀬人!決闘者だ!」

サカキ「デュエ・・?それはポケモンか?」

海馬「ポケモンではない!ブラッド・ヴォルスだ!」

サカキ「ブラッド・ヴォルス。聞いたことがない珍しいポケモンを連れているようだな」

サカキ「そのポケモン頂こうか!」

海馬「頂く?アンティルールか?」

サカキ「全てのポケモンはロケット団のものだ!!」

海馬「ロケット団?聞いたことがない」

サカキ「ロケット団は世界を征服するのだ!」

海馬「クハハハハ!!!」

海馬「ロケット団だと?海馬コーポレーションがある限り世界がそんな物に支配されることはない!!」

海馬「闘いの生態系! 闘いの食物連鎖!雑魚は誇り高き獅子に触れることすらできないことを教えてやる!」

海馬「行け!ブラッド・ヴォルス!!」

サカキ「行けサイホーン!!」

さかきは サイホーンを くりだした!

サカキ「サイホーンつのドリルだ!」

いちげきひっさつ!

ブラッド・ヴォルスは たおされてしまった!

海馬「ふぅん。ならば闇・道化師のサギーだ!」

サカキ「みだれづきだ!」

やみ・どうけしのサギーは たおされてしまった!
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:00:27.58 ID:WNZ5E5/O0
海馬「この瞬間!サギーの効果を発動!」

サカキ「効果?とくせいか!?」

海馬「死のデッキ破壊ウイルス!!」

サカキ「死のデッキ破壊ウイルス?」

海馬「死のデッキ破壊ウイルスは貴様のモンスター全てに感染する!!」

サカキの サイホーンの HPが みるみるへっていく!

サカキの サイホーンを たおした!

サカキ「何!?いけダグトリオ!」

サカキは ダグトリオを くりだした!

しかし ダグトリオは ひんしだ!

サカキ「そんな馬鹿な!ならニドクインを!これもひんしだと!?」

サカキには もう たたかえる ポケモンが いない

サカキに しょうり した!

海馬「フハハハハ!!」

かいばは 4550円 てにいれた!

海馬「こんなびた銭俺には必要ない!!」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:00:57.12 ID:WNZ5E5/O0
かいばは のぐちを やぶった!

かいばは のぐちを やぶった!

かいばは のぐちを やぶった!

かいばは のぐちを やぶった!

かいばは こうかを ふんさい した!

海馬「ガハハハハ!!」

海馬「瓦礫の中にでも埋まっていろ!!」

海馬「X-ヘッド・キャノン!」

海馬「破壊しろ!!」

トキワジムが くずれていく!

海馬「フハハハハハ!!」

サカキ「うわああ!!」

海馬「フハハハハ!!!」

海馬「さあ、次はニビジムだ!ブルーアイズ!」

ブルーアイズホワイトドラゴンの そらをとぶ!

海馬「あれがニビジムか」

海馬「滅びのバーストストリーム!!」

ニジジムは ばくはつ した!

海馬「フハハハハハ!!」

海馬「次はハナダに向かうぞ!!空を駆けろブルーアイズ!!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:11:16.67 ID:WNZ5E5/O0
~ハナダシティ~

海馬「ずっと飛びっぱなしもブルーアイズに悪いな」

海馬「一度地上に降りるぞ!」

ギャーソラカラドラゴンガー!アレハテロリストノカイバ!

海馬「騒がしいな。何かあったのか?」

海馬「あれは獏良了!!」

海馬「騒ぎの原因はやつか!!」

海馬「俺は認めんぞ!ゲームと称して人の心を弄ぶ輩を!!」

海馬「獏良了!俺と決闘しろ!!」

サトシ「海馬!!お前何やって…」

海馬「黙れ!!さあ、カードの剣を抜け!!」

サトシ「錯乱してるのか・・、いいぜ俺が目覚めさせてやる!」

海馬「磯野!決闘開始の宣言をしろ!」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:18:27.13 ID:WNZ5E5/O0
シーン

海馬「磯野!!」

サトシ「やっぱり海馬は錯乱してるんだ。じゃなきゃあんなことするはずない!」

サトシ「まさか!!そうだそうに違いない!」

サトシ「海馬はロケット団にやられたんだ!!」

サトシ「許さないぞ!!ロケット団!!」

サトシ「待ってろよ海馬!!俺が今助けてやる!!」

海馬「磯野!!職務怠慢だぞ!!」

海馬「おのれ!!もういい!」

海馬「デュエル開始!!」

サトシ「いけ!!ピカチュウ!!」

海馬「またこのネズミか。まずは様子見だ。X-ヘッド・キャノン!」

サトシ「また見たことのないポケモン…。そうか!!ロケット団は海馬の珍しいポケモンを手に入れようと、海馬を洗脳したんだ!」

サトシ「許さないぞ!!ロケット団!」

サトシ「ピカチュウ!!10まんボルト!!」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:19:46.40 ID:WNZ5E5/O0
海馬「避けろ!X-ヘッド・キャノン!」

X-ヘッド・キャノンは こうげきを かわした!

海馬「更にY-ドラゴン・ヘッド!」

サトシ「ポケモンを二体!?海馬それはルール違反・・」

海馬「黙れ!!俺は下らぬルールなどに縛られたりはしない!」

海馬「合体だ!!XY-ドラゴン・キャノン!!」

サトシ「二体のポケモンがひとつに!?」

海馬「ポケモンではない!XY-ドラゴン・キャノンだ!!」

海馬「攻撃だ!!ハイパーディストラクション!」

サトシ「ピカチュウ!!」

サトシ「ピカチュウ!今直してやるからな!」

サトシは キズぐすりを つかった!

海馬「その瞬間!XY-ドラゴン・キャノンの効果発動!」

海馬「表側表示の魔法・罠カードを破壊する!」

キズぐすりは はかいされた!

もう つかう ことは できない

サトシ「キズぐすりが!」

海馬「ワハハハハハ!!!」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:20:17.58 ID:WNZ5E5/O0
海馬「今だ!プレイヤーにダイレクトアタック!!」

海馬「ハイパーディストラクション!」

海馬「バクラを粉砕せよ!!」

サトシ「え?」

サトシ「うわああああ!!!」

キャーサツジンヨーケイサツヲー

海馬「ワハハハハ!!貴様など俺の敵ではない!」

ジュンサー「そこまでよテロリストカイバ!」

海馬「ワハハハハハ!!」

ジュンサー「大人しく投降しなさい!」

海馬「クハハハハ!!」

ジュンサー「やはり、錯乱しているようね」

ジュンサー「ガウディ!!」

海馬「ふぅん」

ジュンサー「ガウディひのこ!」

海馬「XY-ドラゴン・キャノン!ハイパーディストラクション!!」

ガウディは たおされた!

ジュンサー「ガウディが!」

カスミ「ハナダで何やってんの!?」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:27:34.40 ID:WNZ5E5/O0
ジュンサー「ジムリーダー!」

カスミ「ガウディが・・」

バチン!!

カスミは ジュンサーに ビンタした!

ジュンサー「え?」

カスミ「ポケモンの怪我はトレーナーの責任よ」

ジュンサー「え?」

カスミ「あなたがカイバね!」

カスミ「私が倒してあげるわ!」

海馬「ふぅん」

カスミ「お願い!ヒトデマン!」

海馬「(やつらがポケモンと呼ぶ物達が入っているボール…)」

海馬「(これにあのサイズの物が入るなど考えられん)」

海馬「(何らかのオカルトが絡んでいると見て間違いない)」

海馬「(そしてこれはデュエル中に発動できる‥)」

海馬「(それはサカキとやらがしていた事から明らか‥)」

海馬「見えたぞ!!」

カスミ「!」

海馬「貴様の攻略法が!」

海馬「XY-ドラゴン・キャノンの効果発動!」

海馬「表側表示の魔法・罠カードを破壊する!」

カスミ「え?」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:28:15.74 ID:WNZ5E5/O0
シーン

海馬「・・・・・」

カスミ「・・・・」

海馬「何故だあ!!!何故ボールが破壊できん!!」

海馬「それは魔法・罠カードではないのか!!」

カスミ「相当錯乱してるみたいね」

カスミ「ヒトデマン!たいあたり!」

海馬「くそお!!Z-メタル・キャタピラー召喚!」

カスミ「ポケモンを入れ替え?違う!」

カスミ「白昼堂々、二体のポケモンを!!」

カスミ「あなたテロリストでもルールくらい・・」

海馬「黙れ!!」

海馬「三体合体!XYZ-ドラゴン・キャノン!」

カスミ「ポケモンが一つに!」

海馬「XYZ-ドラゴン・キャノンの効果発動!ハイパーディストラクション!!」

海馬「相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する!」

海馬「(たとえあのボールが何であろうと関係ない!)」

海馬「貴様のモンスターを破壊だ!!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:37:53.72 ID:WNZ5E5/O0
カスミ「そんな馬鹿な!」

ヒトデマンは たおされた!

カスミ「何て強いトレーナーなの・・。行け!スターミー!」

カスミ「スターミーかたくなる!!」

スターミーの ぼうぎょが あがった!

海馬「ふぅん」

海馬「下手者共!!せめて美食家の魚に喰われることを願え!!」

海馬「XYZ-ドラゴン・キャノン!X・Y・Z ハイパー・キャノン!」

カスミ「さっきと違う技・・!スターミー耐えて!」

海馬「粉砕だ!!」

スターミーは たおされた!

カスミ「そんな…」

海馬「この俺が直々に引導を渡してやる!」

カスミ「え?ちょっと待って私は今負け‥」

海馬「まだ貴様のライフポイントは残っている!!」

海馬「プレイヤーにダイレクトアタックだ!X・Y・Z ハイパー・キャノン!」

カスミ「きゃああああ!!!」

海馬「ふぅん」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:47:37.33 ID:WNZ5E5/O0
海馬「しかし弱すぎるな…」

ウィーンウィーン

海馬「何だ。騒がしい」

ジュンサー達「テロリストカイバ!!」

ジュンサー達「大人しく投降しなさい!」

海馬「フハハハハ!!!」

海馬「俺は国家権力。貴様になど屈しん!!」」

海馬「X・Y・Z ハイパー・キャノン!」

ジュンサーの パトカーが ふきとぶ!

海馬「数が足りんか…」

海馬「ブラッド・ヴォルス!カイザー・シーホース!闇・道化師サギー!ブレイドナイト!ガジェット・ソルジャー!」

海馬「更にサンダー・ドラゴンを墓地に送り、デッキから更に二体のサンダー・ドラゴンを手札に加える!!」

海馬「融合!!双頭の雷龍!!」

ジュンサー達「融合!?聞いたことがないわ!」

海馬「更にブルーアイズホワイトドラゴン!!」

ジュンサー達「白い龍!?」

海馬「死ねぇぇぇ虫ケラ共ぉぉぉ!!」

カイバの モンスターが はかいの かぎりを つくす!

海馬「フハハハハハ!!!」

海馬「アハハハハハ!!」

ジムリーダー達「テロリストカイバ!!俺達が相手だ!!」

海馬「ふぅん」

海馬「行け!!俺のカードたち!!」

海馬「全速前進だ!!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 02:58:36.43 ID:WNZ5E5/O0
ジムリーダー達「うわあああ!!!」

海馬「弱すぎる!」

海馬「ジュンサー!貴様警察官なのだろう!!」

ジュンサー「…それが…どうしたの?」

海馬「分かるように説明しろ!強い決闘者はどこにいる!?」

ジュンサー「…ポケモンリーグ‥」

海馬「ポケモンリーグだと!!」

海馬「それはどこにあるんだ!!」

ジュンサー「‥セキ…エ‥イ・・」ガクッ

海馬「ブルーアイズ!セキエイに向かえ!!」

海馬「待っていろポケモンリーグ!!」

海馬「ワハハ!!ワハハ!!ワハハハハ!!」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 03:06:14.29 ID:WNZ5E5/O0
~ポケモンリーグ~

海馬「あれがセキエイ高原か!!」

海馬「ワハハハハ!!」

サトシ「海馬!!」

海馬「何だ!」

サトシ「セキエイ大会に出ろ!!そこで決着をつけてやる!!」

海馬「大会だと?良いだろう!!」

海馬「バトルシティだ!!」

海馬「ワハハハハハ!!!」

~セキエイ大会~

司会「ファイヤーの聖火の元セキエイ大会は開会します!!」

司会「では、大会責任者タマランゼ会長スピーチをお願いします」

タマランゼ「たまらんなあ」

海馬「待て!!そのスピーチ!!主催者権限により中止とする!!」

司会「貴方はテロリストカイバ!!」

テロリストカイバ!?ナンダッテ!?コロサレルー!

司会「なんと驚き。スピーチに乱入したのは伝説のテロリストカイバです!」

海馬「決闘者だ!!」

タマランゼ「たまらんなあ」

司会「カイバはなぜスピーチを中止にしたのでしょうか!?」

海馬「俺がまだエントリーしていないからだ!!」

司会「カイバはこの大会に出場するつもりなのでしょうか!?」

海馬「そうだ!」

司会「分かりました!参加を認めてよろしいですか会長?」

タマランゼ「たまらんなあ」

司会「責任者の許可が出ました!!今回のセキエイ大会には伝説のテロリストカイバが参加します!!」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/01(木) 23:39:48.89 ID:DOOBNUqq0
ウオオオオオ!!

司会「では改めてスピーチを」

海馬「ああ」

海馬「世界中から集いし決闘者よ!!今ここにKC社の名の下KCグランプリの開会を宣言する!!」

ウオオオオ!!!

司会「セキエイ大会。開会です!!」

海馬「ワハハハハ!!!」

司会「それではルールの説明に移らせて頂きます。まず今日より4日間岩、水、草、氷の4つのフィールドで3VS3の予選を行います。予選は全部で4回。この予選に全て勝利した者だけが決勝リーグに出場できます」

司会「次に大会規定の説明に移ります。トレーナーがポケモンをモンスターボールに戻したとき。ポケモンが戦闘不能になったとき。ポケモンが眠ったとき。ポケモンがバトルを拒んだとき。以上の4点のどれかが発生した場合、そのトレーナーはバトルに敗北します。つまりポケモンを入れ替えることはできないということです」

司会「それでは早速予選に…」

海馬「待て!!」

司会「何でしょう海馬選手」

海馬「俺のXYZ-ドラゴン・キャノンは3体のモンスターが合体して、1体となるモンスターだ。これは1体扱いなのか?それとも3体の扱いなのか?分かるように説明しろ!!」

司会「なるほど…。どうしましょうか?タマランゼ会長」

タマランゼ「たまらんなあ」

司会「分かりました!海馬選手のXYZ-ドラゴン・キャノンのような合体ポケモンは合体した状態で1体と数えます。しかし、バトル中の分離はマナー上控えるようお願い致します」

海馬「ふぅん」

司会「それでは予選第一試合の組み合わせを決定します!」

司会「予選の組み合わせはコンピュータで決定されます」

司会「結果が今出ました!!予選第一試合はニビシティのセイジVSテロリストのカイバです!!」

海馬「ふぅん」

セイジ「テロリスト風情に負けるもんか!!」

海馬「決闘者だあ!!」

司会「バトルフィールドは氷です!!」

海馬「ふぅん」

司会「それでは各選手はフィールドへ向かってください!」

サトシ「海馬のやつどんなバトルをするんだ・・?」

~氷のバトルフィールド~

海馬「ワハハハハハ!!」

海馬「使用できるモンスターは三体か・・」

海馬「あの程度の雑魚。誇り高きブルーアイズを使うまでもない!!」

海馬「XYZ-ドラゴン・キャノン!ブラッド・ヴォルス!!カイザー・シーホース!!!それが俺の使うモンスターだあ!!!」

受付「うるさいなあ…」

海馬「待っていろ凡骨!!百獣の王たる俺が直々に叩き潰してやる!!」

海馬「クハハハハハ!!!」

海馬「ワッハハハハハ!!!」

受付「本当にうるさいなあ」

司会「両者とも準備が出来たようです。それではセキエイ大会予選第一戦を開始します!!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 00:09:49.74 ID:hsM2GTTL0
セイジのキャラは適当です。セイジファンがいたらごめんなさい。

司会「タマランゼ会長開始宣言をお願いします!」

タマランゼ「たまらんなあ」

司会「試合開始!!」

ウオオオオ!!

セイジ「行け!!パルシェン!!」

セイジ「パルシェンからにこもるだ!!」

司会「セイジ選手はパルシェンを繰り出しました!!」

海馬「フフフフフ・・・、オレの勝利は揺ぎ無い・・・」

パルシェンカラニコモルダ!

司会「海馬選手!!ポケモンを出してください!!」

海馬「フ・・・、このくらいのハンデが無いと面白くない!」

司会「相手のポケモンを見てから自分のポケモンを見ているあなたはむしろハンデを受けているのですが」

海馬「フン、結末は既に決まっている!」

パルシェンカラニコモルダ!

司会「このままだとあなたの反則負けです」

海馬「黙れぇ!!XYZ-ドラゴン・キャノンを召喚!!」

パルシェンカラニコモルダ!

司会「海馬選手やっとポケモンを繰り出しました。さっきルールが揺れたXYZ-ドラゴン・キャノンです。見境がありませんね」

司会「普通こういうのは遠慮すると思うんですが」

セイジ「パルシェンからにこもるだ!」

司会「そしてセイジ選手はこの間に計5回もパルシェンをからにこもらせています。そんなにこもって何がしたいというのか」

セイジ「パルシェンからにこもるだ!」

司会「もはや病気です!」

海馬「確かに硬い物体は一点の攻撃には強い」

海馬「だが、全方向から攻撃を受ければどうなる!」

海馬「それを貴様に教えてやる!」

海馬「XYZ-ドラゴン・キャノン!!分離せよ!!」

海馬「X-ヘッド・キャノン!!Y-ドラゴン・ヘッド!!Z-メタル・キャタピラー!!」

司会「ああ!!さっきダメって言ったのに!!」

海馬「俺はルールなどに導かれたりはしない!!」

海馬「俺の踏み印したロード!!それがルールとなるのだ!!」

セイジ「卑怯だぞ!海馬!!」

海馬「黙れ!!凡骨!!」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 00:10:20.29 ID:hsM2GTTL0
海馬「X-ヘッド・キャノン!!Y-ドラゴン・ヘッド!!Z-メタル・キャタピラー!!囲んで叩き潰せ!!」

セイジ「パルシェン!!からにこもる!!」

海馬「ハハハハハハ!!!無駄だぁ!!」

パルシェンの からが くだけちった!!

セイジ「パルシェン!!」

海馬「ハハハハハハ!!」

司会「セイジ選手のパルシェン倒されてしまいました!!」

司会「さて、セイジ選手の次なるポケモンは!」

セイジ「行け!!!ウインディ!!」

海馬「X-ヘッド・キャノン!!Y-ドラゴン・ヘッド!!Z-メタル・キャタピラー!!合体せよ!!」

司会「合体と分離を繰り返す海馬選手!卑怯ですがこれも戦術と言わざるをえません!」

海馬「XYZ-ドラゴン・キャノン!!ハイパーディストラクション!!」

海馬「貴様のウインディを破壊だ!!」

司会「おおっと海馬選手勝利宣言です!!」

海馬「勝利ではない!!効果だ!!」

司会「ああ!!宣言通りウインディが爆散した!!海馬選手の勝利です!!」

セイジ「くっそお!!!」

海馬「ワハハハハハ!!百獣の王たるこの俺に勝てる道理など無い!」

司会「予選第一試合の勝者はテロリストの海馬です!!」

海馬「クハハハハハハ!!!」

司会「海馬選手の試合はまた明日行われます。今日は帰ってポケモンを休ませて上げてください」

海馬「ポケモンではない!!XYZ-ドラゴン・キャノンだ!!」

海馬「ハハハハハハ!!!」

海馬「ハッハッハッハッハ!!!」

海馬「ガハハハハハ!!」

海馬「宿に向かって、全速前進だ!!」

かいばは はしりだした!!
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 00:40:37.37 ID:hsM2GTTL0
シゲルのキャラもおかしいと思います。すいません。

~宿~

海馬「俺は寝る!!」

海馬「ベッドに向かって全速前進だ!!」

~翌日~

海馬「ハハハハハ!!!」

海馬「会場へ全速前進だ!!」

司会「皆さんおはようございます」

司会「予選二日目を開始します!!」

司会「第一戦の組み合わせは…出ました!マサラタウンのシゲルVSテロリストの海馬です!」

シゲル「かーいば君。ぼくに勝てるかな」

海馬「黙れ!!」

シゲル「…」

司会「おーっとシゲル選手早速精神を攻撃された!!」

司会「バトルフィールドは草!試合開始です!」

シゲル「行けカメックス!!」

海馬「フン・・・ 世にも恐ろしいコンボを見せてやる。 これぞ究極の殺人コンボ・・・」

司会「海馬選手またまたポケモンを繰り出しません!!」

海馬「ふぅん」

司会「海馬選手!!」

海馬「ふぅん」

シゲル「早くポケモンを出せよ!!」

海馬「闇・道化師のサギー召喚!」

シゲル「カメックス!!ハイドロポンプ!!」

司会「おー!!シゲル選手初手から強力なわざを繰り出す!!」

海馬「ふぅん」

司会「これには海馬選手も手も足も出ないか!?」

やみ・どうけしのサギーは たおされてしまった

司会「おお!!第一バトルを制したのはシゲル選手!海馬選手のサギーを撃破した!!」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 00:41:20.93 ID:hsM2GTTL0
海馬「この瞬間!!」

司会「海馬選手何かをほざいている!」

海馬「サギーの効果発動!!」

司会「効果!?なんとサギーには倒された時に発動するとくせいがあったようです!」

海馬「死のデッキ破壊ウイルス!!」

海馬「死のデッキ破壊ウイルスは貴様のデッキ全てに感染する!」

シゲル「何だそれは!聞いたことがない特性だぞ!」

シゲル「カメックス!?」

司会「なんと!シゲル選手のカメックスが倒れていく!」

海馬「ハハハハハハ!!!」

司会「恐ろしい特性だ!サギー!」

シゲル「なら、エレキブルを‥何!?既に倒されている!?」

司会「なんと、手持ちのポケモンまで倒されてしまった!!」

シゲル「そ、そんな!!」

海馬「フハハハハハ!!」

海馬「ハハハハハハ!!」

シゲル「くそお!!くそおお!!!」

海馬「雑魚は這いつくばっているのがお似合いだ!!」

シゲル「うううううう」

司会「ああー!シゲル選手泣きだしてしまった!!」

海馬「百獣の王たる俺に勝てるとでも思ったのか?この身の程知らずが!!」

シゲル「うわーん!!」

司会「ああ!!海馬選手の無意味な追撃!」

サトシ「シゲル!!」

司会「ここで同郷のサトシ選手が駆けつけてきた!」

シゲル「サトシ・・。ぼくはもうポケモンマスターを目指すのはやめる。研究者になるよ」

サトシ「シゲル!!」

司会「何と、ここで一人の少年が夢を諦めようとしている!!」

司会「全ては海馬選手のせいだ!」

海馬「ふぅん」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 00:41:47.62 ID:hsM2GTTL0
サトシ「そんな…一緒にポケモンマスターを目指すんじゃ・・・」

シゲル「ぼくの夢はサトシが継いでくれ。頼む」

サトシ「シゲル・・!!」

海馬「闘う理由や信念ならどんな弱小決闘者の胸にも秘められてるだろうさ!重要なのは…それに押しつぶされるか、それを守り抜けるかだ!」

司会「いい感じに話がまとまったところで励ましの言葉!意味不明だ!」

サトシ「海馬!!」

海馬「ふぅん」

サトシ「お前は俺が倒す!!」

司会「おお!!サトシ選手友人の仇を取ろうと、宣戦布告だ!!」

海馬「お前らの友情ごっこには……むしずが走るわ!!」

司会「こいつ友達とかいないのか!」

サトシ「海馬!!決勝まで上がって来い!!」

海馬「ふぅん。いいだろう!」

海馬「ククク・・・決勝で貴様に神を見せてやる!!」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:34:28.05 ID:hsM2GTTL0
司会「神!海馬選手は神と呼ばれるポケモンを所持しているのか!」

海馬「ポケモンではない!オベリスクだあ!」

司会「オベリスク!聞いたでしょうか皆さん!神と呼ばれるポケモンの名はオベリスクです!」

海馬「ハハハハハハ!!!」

海馬「ハハハハハハハ!!!」

海馬「?おいシゲルとやら」

シゲル「何だよ」

海馬「貴様決闘から逃げるのか?勝負を棄てるのか?」

シゲル「ぼくはもう負けて」

海馬「貴様のライフポイントはまだ残っているぞ!」

司会「海馬選手何を言い出すのか!」

シゲル「ライフポイント?」

海馬「たとえライフが残り少なくとも、デッキのカードが後一枚しかなくとも」

海馬「やつは決闘を諦めなかった!!」

海馬「それが決闘者だ!」

海馬「貴様も決闘者なら、ライフが尽きるまで、デッキが尽きるまで、戦い抜いて見せろ!」

シゲル「・・・・。そうだ。そうだな海馬」

シゲル「げんきのかけら!カメックス!」

司会「おお!シゲル選手たとえ試合には負けてもまだ戦いを続けるようだ!」

シゲル「行け!カメックス!」

海馬「クハハハハ!!そうだ!それでこそ決闘者!!」

海馬「これからが本番だ。シゲル・・・、この海馬瀬人の実力を思い知らせてやる。 戦闘開始!」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:35:06.71 ID:hsM2GTTL0
海馬「行けブルーアイズ!!」

司会「な、何だあの白い竜は!あれこそが海馬選手の切り札なのか!?」

サトシ「シゲル!本当にやる気なのか!?」

シゲル「サトシ。ポケモンマスターへの道はお前に譲る。だからこれがぼくの最後のバトルだ!!」

サトシ「シゲル・・、いいぜシゲル思う存分やってやれ!」

海馬「ふぅん」

シゲル「行くぞ海馬!!カメックス、ハイドロカノンだ!!」

司会「おお!シゲル選手みずタイプの最終奥義を繰り出した!海馬選手どうする!?」

海馬「空を舞え!ブルーアイズ!」

司会「海馬選手のブルーアイズ空へと逃げてかわした!」

シゲル「まだだ!カメックス空に向かってロケットずつき!」

海馬「ふぅん」

海馬「よけろ!ブルーアイズ!」

司会「これもブルーアイズにかわされて・・」

シゲル「カメックス!そこでこうそくスピン!」

海馬「何ぃ!」

司会「そこからのこうそくスピン!!ブルーアイズ落ちていく!!」

海馬「ブルーアイズ!!」

海馬「許さんぞぉ!!」

司会「海馬選手怒っている!!」

海馬「ブルーアイズ!!薙ぎ払え!!」

シゲル「そこだ!!カメックス!ハイドロポンプ!!」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:38:53.73 ID:hsM2GTTL0
海馬「何ぃ!!ブルーアイズ!!」

司会「シゲル選手押しているぞ!!」

海馬「ブルーアイズ!!」

司会「おお!!立ち上がった!ブルーアイズ!」

海馬「ブルーアイズ…」

海馬「行くぞブルーアイズ!!」

シゲル「カメックスハイドロカノン!!」

司会「二度目のハイドロカノン!ブルーアイズにもうかわす程の力は残っていない!シゲル選手勝負を決めに来たか!」

海馬「オレは引き下がらない! ブルーアイズの攻撃、滅びのバーストストリーム!!!」

司会「ブルーアイズ迎え撃った!!」

サトシ「シゲル頑張れ!!」

シゲル!シゲル!シゲル!

司会「会場からもシゲルコールが続いている!!これが結束の力だ!」

海馬「愚かな!!力とは、何だ? 己が生き抜くために、たった1つ信じられる物… それこそが力だ! 闘いにおいて、己以外は全て敵! 力とは、敵を叩き潰し 己の絶対領域を守るために与えられた武器なのだ… それは、己自身のためにあれば良い…」

海馬「最強にして無敵のブルーアイズ これこそが、俺の力! ブルーアイズよ、敵を蹴散らせ!! バーストストリーム!!!」

シゲル「くうぅ!」

海馬「いいか負け犬!!力とはこういうものだ!!」

海馬「勝利とは誰かに励まされ得るものではない!己の力、それだけを尽くして得るものなのだ!」

海馬「それを貴様に教えてやる!!」

海馬「トドメだブルーアイズ!!」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:42:30.79 ID:hsM2GTTL0
司会「ああ!!ブルーアイズのバーストストリームがカメックスを飲み込んでいく!!」

司会「カメックス戦闘不能だ!」

海馬「まだだ!!連撃せよ!ブルーアイズ!」

海馬「ダイレクトアタックだ!!」

シゲル「うわああああ!!!!」

海馬「いいか負け犬!!これが力だ!」

海馬「真の力は結束などに負けはしない!!」

サトシ「シゲル!!!」

司会「海馬選手シゲル選手にも攻撃!!なんてやつだ!」

シゲル「う・・・」

サトシ「大丈夫かシゲル!」

シゲル「ああ・・」

海馬「シゲル!!」

海馬「結束の力などに頼るのは愚か極まりない!それが分かったか!」

シゲル「・・・・」

サトシ「海馬!お前!」

海馬「だが、シゲル!!」

海馬「一度は決闘を諦めかけたものの、もう一度立ち上がり俺に向かってきた貴様の姿勢。見事だったぞ!!」

シゲル「!」

海馬「最後ブルーアイズの攻撃を受けた時、貴様は結束の力を感じたか?仲間との絆を感じたか?それは貴様の力になったのか?」

海馬「いいか負け犬。教えてやろう。最後に信じられるのは己の力のみ!!己が生き抜くために、たった1つ信じられる物… それこそが力だ!」

海馬「貴様の歩んできたデュエル道など、まだ入口だ。世界にはまだ未知のデュエルがある。見えるはずだ。果てなく続く闘いのロードが!」

シゲル「・・・・」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:43:02.83 ID:hsM2GTTL0
海馬「貴様はここで立ち止まるのか!?」

シゲル「!!!」

海馬「おのれの力で立ち上がれるか?立てれば良し、立ち上がれなければそこまでだ」

海馬「貴様がもし立ち上がるというなら…」

海馬「果てなく続く貴様の闘いのロード、それを貴様が進むというなら…」

海馬「その道の先で俺は待っている」

海馬「負けを恐れれば、立ち止まるしかない・・・負けて勝て、決闘者シゲル・・!」

海馬「クハハハハハ!!!」

司会「・・・・」

司会「海馬選手…」

司会「彼はただ乱暴なだけではないのでしょうか」

司会「決闘者。トレーナーではなく決闘者」

司会「決闘者とはああいうものなのでしょう」

司会「・・・はっ!で、では次の試合は・・・」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 01:56:00.79 ID:hsM2GTTL0
~会場控室~

サトシ「シゲル。気にするなってあんなのの言うこと」

サトシ「お前は強かったさ」

サトシ「研究者になるんだろう?」

サトシ「いいか?シゲル。お前は強かったし正しいよ。悪いのは全部アイツで・・」

シゲル「黙れ!!」

サトシ「・・シゲル?」

シゲル「気休めを言うなサトシ!」

シゲル「ぼくは今までどこか甘えていた。ぼくの敗北も当然だ」

シゲル「ぼくは今までただのトレーナーだった」

サトシ「それでいいじゃないか」

シゲル「ダメだ!」

シゲル「ぼくは弱かった。強いって何か分かってなかった」

シゲル「ぼくは今日あの人に気付かされたんだ。圧倒的な力で敵を圧倒するあの人の戦いにあの人のバトルに」

シゲル「いや、あれはバトルなんて生半可なものじゃない、あれはそう、まさしくあの人が言うように決闘だった」

サトシ「シゲル。何を言ってるんだ。ポケモンバトルってのはもっと楽しくやるものじゃないのか?」

シゲル「君がその道を進むのならそうすればいい。ただぼくはもっと力を追求する」

シゲル「ぼくはバトルをあの人のような決闘へと昇華させてみせる!」

サトシ「シゲル。何を言ってんだ本当に。あいつに何かされたんじゃ」

シゲル「これは闘った者にしか分からない。あの時、あの瞬間のぼくをあの人は『決闘者』と呼んでくれた」

シゲル「そしてあの人は言ってくれた。待っていると」

シゲル「あの人は『立ち上がれ』とも、『来い』とも言わなかった。ただ『待っている』と」

シゲル「ならぼくは行くしかない!行ってみせる!」

サトシ「シゲル・・。お前何かおかしいぞ」

シゲル「果てなく続く闘いのロード。それをぼくは進んでみせる!!」

サトシ「・・・じゃあお前もう一度ポケモンマスターを目指すのか?」

シゲル「そんな物はいらない」

シゲル「ぼくはただ強くなる。あの人のように」

シゲル「そしていつの日かあの人に勝つ!あの人を超えてみせる!」

サトシ「シゲル・・。お前意味分かんねえぜ」

シゲル「ポケモンは友達。なんて言ってる君には分からないさ」

シゲル「さよならだ。サトシ。ポケモンマスターなんていうお遊びに、せいぜい興じるがいいさ」

サトシ「シゲル!!」

シゲル「さよならだ。サトシ」

サトシ「シゲル!!」

シゲル「目を逸らさなければ見えるはずだよ。君の目の前にも」

シゲル「果てなく続く闘いのロードが・・・!!」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 02:47:37.33 ID:hsM2GTTL0
~決勝当日~

司会「ついにセキエイ大会決勝戦です!!」

海馬「ハハハハハ!!!!」

サトシ「・・・・」

司会「ここまでの戦いを勝ち上がってきたのはこの二名!」

司会「マサラタウンのサトシ!」

司会「そして決闘者のカイバ!」

海馬「決闘者だ!」

司会「決闘者ですね」

海馬「ハハッハハハッハ!!」

司会「では両者準備はよろしいですか?」

海馬「ハハハハハ!!」

サトシ「大丈夫です」

司会「それでは試合を始めます!決勝戦は6VS6のフルバトル!」

サトシ「海馬!」

海馬「何だ獏良了」

サトシ「お前の戦いを今まで見てきた。やっぱり俺はお前を認められない!」

海馬「それがどうした。貴様に認めてもらうつもりなどない!!俺は自分で自分が認められさえすればそれでいい!!」

サトシ「お前は俺が倒してみせる!!」

海馬「ふぅん。物分かりの悪いやつだな」

海馬「闘いの生態系! 闘いの食物連鎖!雑魚は誇り高き獅子に触れることすらできないことを教えてやる!」

海馬「さあ磯野!!決闘開始の宣言をしろ!」

司会「は、はい!決闘開始!!」

サトシ「カビゴン!きみにきめた」

海馬「ふぅん。まずは様子見だ。ブラッド・ヴォルス!!」

司会「サトシ選手はカビゴン。海馬選手はブラッド・ヴォルスを繰り出した!」

海馬「斬り裂け!!ブラッド・ヴォルス!」

司会「ブラッド・ヴォルスの斧がカビゴンに迫る!」

サトシ「カビゴン!守る!」

海馬「ふぅん」

司会「サトシ選手守って防いだ!」

サトシ「そのままのしかかりだ!」

海馬「ブラッド・ヴォルス!かわして斬りつけろ!」

サトシ「そこだ!ずつき!」

海馬「何!?」

司会「ブラッド・ヴォルスにカビゴンのずつきが迫る!」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 02:50:15.74 ID:hsM2GTTL0
海馬「ブラッド・ヴォルス!奴の頭を割ってやれ!」

司会「ブラッド・ヴォルス!迎え打つ覚悟だ!」

司会「だが、カビゴンには勝てなかった!ブラッド・ヴォルスやられてしまった!」

海馬「ふぅん」

サトシ「ブラッド・ヴォルスになんてことを!」

海馬「ふぅん。どちらにしても回避は不可能だった。ならば少しでもダメージを与えた方がいいだろう」

サトシ「そういう話じゃないだろう!」

海馬「そういう話だ。戦いとは総力戦。ブラッド・ヴォルスの与えた傷が後続の役に立てばいい」

海馬「行けXYZ-ドラゴン・キャノン!」

司会「海馬選手!強力な合体ポケモンを繰り出した!」

海馬「ハイパーディストラクション!」

司会「ああ!!これは回避不可のいちげきひっさつ!」

サトシ「カビゴン!まもるだ!」

海馬「無駄だ!!」

司会「カビゴンが倒されてしまった!!」

サトシ「卑怯だぞ!」

海馬「ハハハハハ!!!」

サトシ「くそお!!マグマラシ!きみにきめた!」

海馬「XYZ-ハイパーキャノン!」

サトシ「マグマラシ!」

司会「ああ!!やはり合体ポケモンは強い!マグマラシ何もすることなく倒されてしまった!」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:21:07.08 ID:hsM2GTTL0
サトシ「いけ!キングラー!」

海馬「XYZ-ハイパーキャノン!」

司会「ああ!また同じ結果だ!」

サトシ「いけ!!ベイリーフ!!」

司会「サトシ選手!合体ポケモンを攻略できるのか!」

サトシ「ベイリーフつるのムチ!」

海馬「ハハハハハ!!!無駄だ・・・ どんなカードを引こうがな」

サトシ「そんなことはないぜ!」

海馬「何!XYZ-ドラゴン・キャノンが!」

司会「おおお!つるが絡んでXYZ-ドラゴン・キャノンは身動きが取れない!」

海馬「何!!」

司会「XYZ-ドラゴン・キャノンから煙が上がっていく!!」

海馬「こ、この ザコ共めがぁ~!」

海馬「ハイパーディストラクション!!!」

司会「ここで回避不能のいちげきひっさつ!」

サトシ「ベイリーフ!」

司会「しかし、ドラゴンキャノンももう限界だ!」

海馬「ふぅん」

司会「両者相打ちとなった!!」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:21:34.13 ID:hsM2GTTL0
海馬「ハハハハハ!!!」

サトシ「くそお!」

サトシ「リザードン!!きみにきめた!!」

海馬「!赤い竜・・!」

サトシ「これが俺の力だ!!俺とリザードンの絆の力、お前に超えられるものか!」

海馬「ハハハハハハハ!!!」

海馬「良いだろう。獏良了!!貴様に神を見せてやる!」

司会「おおっーと!ここで神の登場だ!」

海馬「力とは、こう言う事だ!!」

海馬「見るがいい、バクラ・・・神を!!」

海馬「破壊神オベリスク! 我が絶対の神となりて我が領域に降臨せよ!!!」

司会「そ、空が割れていきます!!そして大きな雷が!!」

司会「神の登場だあーーーー!!!!」

ウオオオオオオオ!!!

司会「会場の熱気を最高潮です!!神の登場です」

司会「巨大にして強大。今までに見たどのポケモンからも感じられない、圧倒的な力!これが神!」

サトシ「これが神・・・?」

サトシ「こんな物は神じゃない!悪魔だ!俺たちの結束の力がこんなものに負けるはずない!」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:22:00.57 ID:hsM2GTTL0
サトシ「リザードン!かえんほうしゃだ!」

海馬「ハハハハハハ!!!」

海馬「迎え撃てオベリスク!ゴッドハンドクラッシャー!!!」

サトシ「リザードン避けろ!!」

海馬「神に勝てるはずがない!」

司会「リザードン何とかよけた!しかし神にはやはり勝てないのか!」

海馬「これが力だ!!!」

サトシ「リザードン!!俺はお前を信じてるぞ!」

サトシ「リザードン!!オーバーヒートだ!!」

海馬「迎え撃て!!ゴッドハンドクラッシャー!!!」

サトシ「いけええ!!!」

海馬「何!!神が押されているだと!!」

サトシ「これが俺たちの結束の力だ!!」

海馬「何ぃ!!オベリスク!!粉砕せよ!」

司会「リザードンが神を押している!!」

司会「ああ!!しかしやはりダメか!!」

サトシ「リザードン!!」

司会「一歩及ばなかったリザードン!!力尽きて落ちていく!!」

海馬「ハハハハハハハ!!!神に勝てるはずがない!!」

サトシ「リザードン!!!」

司会「ん?リザードンが!リザードンが目覚めた!」

海馬「何い!!」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:22:27.58 ID:hsM2GTTL0
サトシ「いかりだリザードン!!」

司会「神が神が倒される!!!」

海馬「闘いとは怒り・・・そういうことだ」

司会「神が倒れた!!!そしてリザードンも力尽きた!!相打ちだ!!」

海馬「見事だ!!獏良了!!神を倒すとはな!!」

サトシ「これが俺たちの結束の力だ!」

海馬「だが、バクラ。俺はまだ切り札を出していない!」

司会「そうだ!海馬選手はまだブルーアイズを出していない!」

司会「そしてサトシ選手もピカチュウを出していない!」

司会「切り札同士の対決となるのか!!」

海馬「見よ!!俺の勝利の方程式を!!史上最強のドラゴンの姿を!!」

司会「ああ!!やはりブルーアイズか!」

海馬「ブルーアイズ三体融合!!」

司会「融合!!こんな技が残っていたのか!!」

海馬「見よ!バクラ!これぞ史上最強にして華麗なる究極殺りく兵器の姿だ!」

海馬「ブルーアイズアルティメットドラゴン!!!」

ウオオオオオオ!!

司会「ブルーアイズアルティメットドラゴン!!これこそ決闘者カイバの最後の切り札!!」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:24:11.36 ID:hsM2GTTL0
サトシ「アルティメット・・・。でも俺とピカチュウの絆は負けない!!!」

サトシ「いけピカチュウ!!」

海馬「またそのネズミか」

サトシ「ピカチュウを馬鹿にするな!!」

海馬「ふぅん」

海馬「なら見せてみろ。その力を!!」

サトシ「ピカチュウ!!10まんボルト!!!」

海馬「またそれか。芸の無い」

海馬「究極となったブルーアイズの前に散るがいい!アルティメットバースト!!」

サトシ「ピカチュウ避けろ!!!」

海馬「ええい!ちょこまかと鬱陶しい!」

海馬「強靭! 無敵!! 最強っ!!!」

サトシ「ピカチュウ!エレキボールだ!!」

司会「サトシ選手アルティメットドラゴンと対するつもりか!」

海馬「ふぅん。散るがいい!!アルティメットバースト!!」

サトシ「ピカチュウ!!懐に潜り込め!!ボルテッカー!!」

海馬「なに!!」

司会「サトシ選手!アルティメットドラゴンの気を引き懐に攻撃するつもりだ!」

海馬「ハハハハハ!!!その程度でアルティメットが倒せるとでも思ったか!!」

海馬「飛べ!アルティメット!!」

司会「海馬選手飛んでかわすつもりだ!」

サトシ「そこだ!!ジャンピング・アイアン・ボルテッカー!!」

海馬「なにぃ!!」

海馬「フハハハフハハハハ!!」」

海馬「雑魚がよく頑張ったものだな!!」

海馬「だが、それもここまで!!俺の勝利は揺るぎない!!」

海馬「次元を超えてオレの未来のロードを切り開く光を・・・ ブルーアイズ、アルティメットバースト!!!」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 03:24:40.64 ID:hsM2GTTL0
サトシ「ピカチュウ!!負けるな!!」

ドッカーン!!!!」

司会「ゴホッゴホッ!!どっちがどっちが勝ったんだ!!」

海馬「ふぅん」

サトシ「ピカチュウ!!」

司会「勝ったのは決闘者カイバ!!」

司会「今年のセキエイ大会の優勝者は海馬瀬人!!!」

海馬「フハハハハハハハ!!!!!」

サトシ「くっそお!!!」

サトシ「俺はお前を認めないぞ!!海馬!!」

サトシ「いつか必ず倒して見せる!!」

海馬「ふぅん、所詮ネズミはネズミ、百獣の王たるこの俺に勝てる道理など無い!」

海馬「吠えていろ負け犬が」

海馬「ハハハ!!アハハハ!!!クハハハハハハ!!!」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/06(火) 23:41:19.70 ID:VA/WbT2a0
~大会終了後~

シゲル「海馬さん!」

海馬「なんだ」

シゲル「ぼく、あなたに追いついてみせます!!」

海馬「ふぅん」

シゲル「だから待っていてください!」

海馬「ふぅん」

海馬「このケースのカードを好きなだけ使い貴様のぬるいデッキを強化するがいい」

シゲル「好きなだけってボールが一個しかないんですが」

海馬「ふぅん」

シゲル「じゃあ、ボールから出してみます。出ろ!」

海馬「ふぅん」

シゲル「このポケモンは?」

海馬「ポケモンではないダイヤモンド・ドラゴンだあ!!」

シゲル「ダイヤモンド・ドラゴン…。良いんですか?もらっちゃって」

海馬「こんなカードオレは三十六枚持っているよ…」

シゲル「ありがとうございます!!」

海馬「貧しい決闘者めが…」

シゲル「ぼく、強くなります!!」

海馬「ふぅん」

シゲル「ありがとうございました!」

海馬「ふぅん」

シゲル「じゃあ、ぼく行きます。いつかあなたに追いついてみせます」

海馬「ふぅん」

シゲル「じゃあ、また会いましょう。海馬さん!」

海馬「・・・・」

海馬「シゲル!!」

シゲル「はい!」

海馬「貴様の進む闘いのロード・・・。その先で」

海馬「俺は待っている!!!」

シゲル「はい!!」

海馬「クハハハハハ!!!!」

海馬「ふふん・・心が騒ぐ」

海馬「ワハハハハハ!!!!クハハハハ!!!」

海馬「さあ、ブルーアイズ!俺達も行くぞ!」

海馬「次はジョウトだ!クハハハハハ!!!」

海馬「アッハッハッハッハッハ!!!」

海馬「アーハッハッハッハー!!!」

海馬「ワッハッハッハ!!!!」

to be continued…
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/06(火) 23:43:53.93 ID:VA/WbT2a0
これでとりあえずお終いです。お付き合いありがとうございました。
ミュウツーのフラグとか回収してないですが、続きは書くか分かりません。書くかもしれませんし、書かないかもしれません。それにここじゃないかもしれません。
もし、またこんな様なSSを見つけたら覗いていただければ幸いです。
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする