【モバマス×SAO】杏「ソード・アイドル・オンライン?」SS

【モバマス×SAO】杏「ソード・アイドル・オンライン?」SS

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 00:57:56.25 ID:4Bo/Uhhm0
杏「ソード・アイドル・オンライン?」

武内P「そうです。次の仕事では、このオンラインゲームに参加してもらいます」

杏「ふ~ん。杏はこのゲームやったことないけど、どんなゲームかは聞いたことあるよ。剣
を使うアクションゲームで、塔の最上層までたどり着いてボスを倒せば勝ち。でも途中か
らボスがメチャクチャな強さになるんだって」

武内P「さすが杏さん……詳しいですね……」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:05:07.36 ID:4Bo/Uhhm0
杏「それで、このゲームに参加して、どうすればいいの?普通にプレイするだけ?」

武内P「いえ、このゲームに参加して、ゲームをクリアしてほしいのです」

杏「ええ~、あんな難しいゲームクリアするの~?さすがに杏でもそれは難しいよ~」

武内P「すみません……ですが、このゲームをクリアしたプレイヤーには報酬が与えられ
るのです」

杏「報酬?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:07:32.18 ID:4Bo/Uhhm0
武内P「はい。勝者には、『ソード・アイドル・オンライン公認アイドル』としての活動をする権利が与えられます。

杏「公認アイドル?」

武内P「はい。そして、その活動には、書籍の出版も含まれます」

杏「書籍の出版!?」

武内P「はい」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:09:18.58 ID:4Bo/Uhhm0
杏(書籍の出版ってことは……印税収入……しかも今人気のオンラインゲーム公認……売れる……間違いなく……売れる……働かなくてもよくなるかも……!)

武内P「あの~、杏s」

杏「杏、やります!ゲームクリアして、公認アイドルになります!」

杏(ついに来た!私の時代!ビバ、印税生活!)

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:12:13.01 ID:4Bo/Uhhm0
———–
アスナ「最近キリトくんが私のこと構ってくれないの」

エギル「考えすぎじゃないか……」

クライン「そうだよ。あのキリトがアスナ以外の女のこと好きになるわけないだろ?」

アスナ「いいえ。最近、私に冷たいもの。きっと、私に飽きたんだわ」

エギル(うわぁ……)

クライン(こいつ、めんどくせぇ……)

アスナ「だからアイドルになろうと思うの」

クライン「アイドル!?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:16:54.68 ID:4Bo/Uhhm0
エギル「お前、正気か……?」

アスナ「私がアイドルになれば、キリトくんも振り向いてくれると思うの」

クライン「いやでも、アイドルってお前……そもそもどうやってなるんだよ」

エギル「! まさか……『ソード・アイドル・オンライン』か……?」

アスナ「そうよ」

クライン「おいエギル。なんだその、ソードアイドルなんとかっつうのは」

エギル「なんだかマクロみたいな新機能も追加されたらしいが、基本的にはSAOとシステムは一緒だ。ただ、参加できるのは女性限定。登録時に身分証明が必要だから、ネカマも無理だ。塔の最上層までたどり着いてボスを倒せば、ゲーム公認のアイドルとして活動できるんだと」

クライン「ゲーム公認アイドルねえ……」

アスナ「アイドルになって、もう一度キリトくんに振り向いてもらうの!」

エギル「……止めても無駄、みたいだな」

キリト「うっ! なんだか急に寒気が……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:19:12.03 ID:4Bo/Uhhm0
武内P「それでは杏さん、よろしくお願いします」

杏「オッケー。杏に任せて!」

杏「行くよ~。リンク・スタート!」
アスナ(アイドルになって、キリトくんに、あっと言わせちゃうんだから!)

アスナ「リンク・スタート!」
ー第35層ー

杏「おりゃああああ!」

攻略組A「な、なんだあの速さは!?」

攻略組B「あれが……単身でボス攻略を進めている『小さな悪魔』か!?」

アスナ「あの剣さばき……ただ者じゃない!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:21:23.99 ID:4Bo/Uhhm0
アスナ「ねえ」

杏「ん?」

アスナ「あなた、いつも一人で戦闘しているよね? パーティ組んだりはしないの? 」

杏「え~、なんかそういうのめんどくさそうじゃん。杏は自分の好きなようにやりたいんだよね。自由なとこならいいけど、人多いと色々大変そうだし」

アスナ(否定できない……)

杏「じゃ、お互い頑張ろ~」

アスナ「ええ、頑張りましょう」
ー第70層ー

杏「あのボス強すぎ~」

アスナ「攻撃翌力、防御力共に高レベル……おまけにHPゲージが半分以下になるとスピードも上がる。強敵ね……」

杏「やっぱアレ使うしかないか~。結構素材集めるの大変だったんだけどな~」

アスナ「アレって……?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:23:46.94 ID:4Bo/Uhhm0
70層ボス「ギシャァァァァ」

杏「今だ!おりゃあ」

杏はボスの口に何かを投げ込んだ。

70層ボス「ギシャァァァァ…ァ…ァ…」

そのままボスは凍結して動かなくなった。

杏「はい攻略!」

アスナ「いや何それ!?そんなチート級なアイテムあったの!?てかどっかの映画でそんな倒し方あったよね!?」

杏「いや~、この世界のアイテムって、結構現実の元素組成を反映しててね?これはまずクリエイターを賞賛すべきなんだけど、まぁそれは置いといて。色々素材を集めて、それの調合比率をちょっとずつずらして目的の化学物質が生成できるまで回すわけ。と言っても手作業じゃなくてもよくて、その辺はチャチャッとゲーム内でマクロ組んじゃえば、あとは時間の経過とともに勝手に試作してくれるんだ。ちなみに今使ったのは龍属性のモンスターが凍結する薬品なんだけど、調合の比率が絶妙な上に素材が入手困難でさ、いや~作るのに苦労したんだよね。まぁでも使わないのももったいないから使ったけど。んじゃまあ、今日はお疲れ~」

アスナ「あの子、何者……!?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:25:39.89 ID:4Bo/Uhhm0
ー第100層ー

アスナ「やっと……倒せた……」

杏「はぁ~疲れた~」

100層のボスを倒す頃には、プレイヤーはアスナと杏の二人しか残っていなかった。
ナビピクシー「第100層のボス撃破、おめでとうございます。しかし、ゲームのクリア者が複数います。クリアボーナスは、一人にのみ与えられます。決闘をして、勝った者がゲームをクリアしたプレイヤーとなります」

杏「ということは……」

アスナ「ここで決着をつけましょう、杏。今からあなたに、決闘を申し込む。これで勝ったほうが、ゲーム認定のアイドルになるのよ」

杏(この人なんでこんな必死になってアイドルになろうとしてるの……?)

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:27:40.50 ID:4Bo/Uhhm0
-Battle Start!-

杏「じゃ、行くよ!」

アスナ「はっ!」

杏(うそ……なにこの速さ!? 受けきるので精一杯……)

アスナの怒涛の剣戟を、杏は必死にこらえる。
アスナ「一気に、決める!」

杏(防御しているだけじゃ、武器破壊されて終わりだ!)

杏(いや、待てよ……)
アスナ「マザーズ……ロザリオ!」

アスナの連続剣により杏の剣が完全に破壊され、粒子となって宙に舞った。

アスナ「そんな!マザーズロザリオを完全に受けきるなんて……」

杏「隙あり!ソードスキル、レイジスパイク!」

反動で動けない隙を狙い、杏は短剣をうがった。

アスナ「ぐっ!」

ダメージを負いつつも、アスナは後退して間合いを取り直す。

杏「やっぱダメかぁ。あのスキル、発生は早いんだけど威力低いんだよね」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:29:17.06 ID:4Bo/Uhhm0
アスナ「剣を囮にするなんて……考えたわね」

アスナ「でも……この程度じゃやられない!」

再度、アスナは連続剣を繰り出す。

杏「ふふ。それじゃ杏は倒せないよ」

アスナ「どうして!? この速さの攻撃を全部受けきるなんて、プログラムでなければ……はっ」

アスナは、このゲームにはマクロ機能が追加されている、とエギルに聞いたのを思い出した。

杏「そうだよ。このゲームにはマクロ機能がある。プログラムしておけば、自分で操作しなくたってプログラムがやってくれるんだよ」

アスナ「そんな……!」

杏「だから杏は、ひたすら攻撃を受けて、隙ができたら攻撃する。それだけで勝てちゃうの」

アスナ「くっ……こんな時、キリトくんだったら……」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:30:19.00 ID:4Bo/Uhhm0
『簡単なことだ。プログラムを超える速さで、攻撃すればいい話さ』

アスナ「! そうよね、キリトくん…… 私、負けないよ!」

杏「うっ、さらに速くなった!?」

杏が攻撃を受けきれず、徐々にダメージが通っていく。

アスナ「これで、決める……!」

アスナ「マザーズ・ロザリオ!」

杏「ううっ!」

杏のHPは0になり、決闘は終了した。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:31:54.97 ID:4Bo/Uhhm0
杏「ありえないよ……あんなスピードの攻撃、見たことないし……ゲームの反応速度超えてるんじゃないの?」

アスナ「私は、命をかけてゲームをしたことがあるの。本当の、自分の命をかけてね」

杏「それって……!あの、ニュースになってた、ソードアートオンラインのこと……?」
アスナ「そう。あのゲームで、私は生死の境を彷徨った。その時に、今のスキルを身につけたの。自分の身を守るのは、この剣しかなかったから……」

アスナは白く美しく輝く剣を眺めた。

杏「でも、なんでまたそんな人がアイドルに……」

アスナ「それは……」

事務局「アスナさん、ゲームクリアおめでとうございます。お疲れ様でした」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:33:08.71 ID:4Bo/Uhhm0
杏「プロデューサー、ごめんね。杏、負けちゃったよ」

武内P「ゲーム、どうでしたか?」

杏「えっ?」

武内P「笑顔で、楽しめましたか?」

杏「プロデューサー……」

武内P「負けたことは残念です。ですが、杏さんが笑顔でいられて、何かを得られたのなら、私はそれはとても良い経験だったと思います」

杏「うん……そうだね。ありがとう、プロデューサー」

武内P「お疲れ様でした。良い、ゲームでした」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:35:23.29 ID:4Bo/Uhhm0
事務局「それでは、優勝者のアスナさんには、ゲーム公認アイドルとして活動していただきます!」

キリト「ダメだ!」

アスナ「キリトくん!?」

キリト「アスナがアイドルなんて……そんな……」

アスナ「キリトくん……」

キリト「アスナが(ピー)な人たちに(ピー)されて(ピー)にされちゃうなんて、俺には許せない!だから絶対にダメだ!」

アスナ「キリトくん!!」

キリト「アスナ……」

アスナ「キリトくん……」
事務局「えーと……では辞退ということでよろしいでしょうか?」

キリト・アスナ「はい」

事務局「では、公認アイドルの活動権は第2位の杏さんに……」

杏「よっしゃ印税!!!ヒャッハァーーーーー!!」

武内P「落ち着いてください、杏さん! キャラが星輝子さんと被ってます」

-END-

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 01:36:50.12 ID:4Bo/Uhhm0
後日談

キリト「なんでアイドルになろうなんて思ったんだ?」

アスナ「それは、だって……最近キリトくんが冷たいから……もっと私を見てほしくて……それで……」

キリト「アスナ……ごめんな。寂しい思い、させちゃってたな」

アスナ「ううん、私こそごめんね、キリトくん。キリトくんのこと、疑ってたの」

キリト「もう、大丈夫だよ。アスナ……」
エギル「頼むから外でやってくれねえかな」

クライン「何も食ってねえのに腹いっぱいだぜ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする