【ジョジョ×モバマス】花京院「りーな、悪いけど智絵里をくれないか?」【クロスSS】

【ジョジョ×モバマス】花京院「りーな、悪いけど智絵里をくれないか?」【クロスSS】

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:25:15.66 ID:AHVHZOCP0
智絵里「えっ!?」
李衣菜「智絵里ちゃんを?」
花京院「ああ。がっつくようで悪いが、僕の好物なんだ」
智絵里「え…ちょっと待って!」
李衣菜「いいよ、はい」
花京院「サンキュー」
智絵里「や、やめっ…!」
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:31:56.13 ID:AHVHZOCP0
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ!
智絵里「いやアアアアアーーーッ!!!」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ!!!
李衣菜「えっ?な、何をやって…?」
未央「おっ、花京院今日もやってるね!」
李衣菜「未央ちゃん!花京院さんいったい何をやってるの!?」
未央「え?ああ、そっか!リーナは知らなかったんだ」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:40:41.95 ID:AHVHZOCP0
未央「これだけどさ、花京院ってちえりんをレロレロするのすっごくうまいんだ!」
李衣菜「れ、レロレロって…何?」
未央「レロレロはレロレロだよ!これすごく面白いんだ!」
未央「初めは私もできなかったけどさくらんぼを使って何度も練習したらできるようになったよ!ねぇ花京院!」
花京院「レロ…ん?ああ、わかった」
智絵里「ううぅ…顔がベトベトになっちゃった……」ベトッ
花京院「はい、交代だ」
智絵里「え?」
未央「サンキュー!」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:42:31.02 ID:AHVHZOCP0
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ!
智絵里「キャアアアアアーーーッ!!!」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ!
花京院「流石じゃないか、もうこんなに上達するなんて」
未央「ふふん、どうよ!私の舌使い!」
智絵里「や…やめて…」
李衣菜(何これ…何かおかしい!?)
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:47:55.08 ID:AHVHZOCP0
李衣菜「ねぇ、やめてよ!智絵里ちゃんが嫌がってるじゃない!」
花京院「え?嫌がってる?そうなのかい、智絵里?」
智絵里「え…えっと…」
花京院「どうなんだい?」ゴゴゴゴゴゴ
智絵里「あっ……い、嫌じゃ…ない……です……」
花京院「ほら、智絵里が嫌じゃないって言ってるじゃないか」
未央「そうだよリーナ、お節介はよくないよ」
李衣菜「なっ!?」ドドド
李衣菜(嫌がってないだって…?どう見ても嫌がってるようにしか見えないよ!)ドドドドドド
李衣菜(いやそれよりも…なんで私以外誰も止めないの!?)ドドドドドド
6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:52:02.44 ID:AHVHZOCP0
花京院「そうだな…次はみりあ、莉嘉…君たち二人やってみないか?」
みりあ「うん!みりあもレロレロやるー!」
莉嘉「花京院君にアタシのレロレロ、見せてあげるからね☆」
智絵里「あっ…ああっ…!」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ☆
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ☆
キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーッ!!!
李衣菜(こ、こんなのっ…こんなの見てられない!)ダッ!
未央「あ!ちょっとリーナ!」
7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:55:01.29 ID:AHVHZOCP0
李衣菜「はぁ…はぁ…」
李衣菜(あの時の智恵理ちゃんの目…あの捨てられたような子犬の目が…忘れられない…)
李衣菜(絶対にあれは嫌がっている…けど脅されてやられているんだ)
李衣菜(それにみんなの様子もおかしい…あんなレロレロするようなキャラじゃなかったはず!)
李衣菜(何かある…きっと花京院さんがなんかしたんだ。なんとかしないと、智絵里ちゃんがよだれでさらにベトベトになっちゃう!)
李衣菜(でも一体どうやって?誰に?一体どうしたら…)
李衣菜(とりあえず、この状況を不思議に思う人を探さないと!)
8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:02:51.97 ID:AHVHZOCP0
瑞樹「レロレロレロレロ…レロッ…う~ん…結構難しいわね…」
楓「こう…舌を弾くようにしたらいいんですよ。レロレロレロレロレロレロレロレロ」
瑞樹「なるほどね、レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜(ダメ…あれはどうみても手遅れだよ)
まゆ「レロレロレロレロレロレロレロレロレロッ」
輝子「レロレロレロレロレロレロレロレロレロッ」
李衣菜(そんな…こっちも…!)
9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:05:05.84 ID:AHVHZOCP0
飛鳥「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
小梅「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
涼「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
フレデリカ「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
奏「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
唯「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
杏「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
周子「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:07:30.79 ID:AHVHZOCP0
きらり「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
あやめ「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
アナスタシア「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
美波「レロレロレロレロレロレロレロレロッ」
晴「レロレロレロレロレロレロレロレロッ」
菜々「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
ありす「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
文香「レロレロレロレロレロレロレロレロッ」
時子「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
ライラ「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「あっ…ああ…!」ガタガタ
11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:12:55.20 ID:AHVHZOCP0
李衣菜(どこへ行ってもみんながレロレロして…まともなのが誰もいない!)
李衣菜(一体どうして!?なんでみんなおかしくなってるの!?)
李衣菜(いやそれとも私がおかしいの!?この状況でもレロレロしていない私がおかしいの!?)
ナターリア「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜(私が…おかしいの?)
千秋「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜(レロレロしているこの世界が普通であって、レロレロしていない私が異端なの?)
こずえ「れろれろれろれろれろれろれろ…」
李衣菜(私が…おかしいのかな?あははっ…そりゃ、周りから見れば私って、おかしいかもね…)
李衣菜(みんなにおかしいって思われなくないなぁ…)
夕美「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「………」
李衣菜「レ………」
12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:14:43.45 ID:AHVHZOCP0
李衣菜「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
李衣菜「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
レロレロレロレロレロレロレロレロ…
李衣菜は、二度と正気には戻らなかった
事務所の中で永遠にレロレロいいながら過ごすのであった
そして、やめたいと思ってもやめることができず
そのうち李衣菜は考えるのをやめた
13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:17:41.99 ID:AHVHZOCP0
みく「オニャァッ!」ドゴン!
李衣菜「うわっ!」
みく「諦めてどうするにゃ!李衣菜ちゃんがここで諦めたら智絵里ちゃんやみんなはどうなるの!」
李衣菜「み、みくちゃん?一体どうして…レロレロしてないの?」
みく「するわけないじゃん!あんな気持ち悪い動き!」
李衣菜「なんで!?なんで無事なの?」
李衣菜「でも…よかった…。誰か一人まともなのがいて…」
李衣菜「私、本当に…気が狂いそうで…」
みく「説明は後にゃ、まずこの先どうしたらいいのか考えないと」
14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:19:55.84 ID:AHVHZOCP0
キィィィィ…
花京院「レロレロレロレロレロレロレロレロ…」
かな子「レロレロレロレロレロレロレロレロレロ」
智絵里「うぅ…う…」グスン
みく「これはひどい…」
李衣菜「ねぇ、なんでこうなったのかわかる?」
みく「どうしてこんなことになったのはわからないけど、原因は間違いなく花京院にゃ」
李衣菜「花京院さんが?」
15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:23:44.52 ID:AHVHZOCP0
みく「花京院が来るまでは、みんなまともだったにゃ。あんな誰かの顔を舐めるような真似はしなかった」
みく「だけどあいつが来た瞬間、今みたいに全てが変わってしまったにゃ」
李衣菜「た、確かに…それじゃあ花京院さんさえなんとかできれば…!」
みく「みんなきっと元に戻る。むしろ花京院以外に原因が考えられないにゃ」
李衣菜「でもどうやって花京院さんを止めるの?」
みく「う~ん…」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ
みく「………」
16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:30:04.70 ID:AHVHZOCP0
「お困りかい?」
みくりーな「!?」ビクッ!
今西部長「どうやら大変なことになっているようだね」
今西「よかったら力を貸そうかい?」
李衣菜「ぶ、部長!?なんで無事なの」
今西「今はそれは重要なことかな?」
李衣菜「…いいえ」
みく「なんかいい方法あるのかにゃ?」
今西「ああ」
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:55:23.96 ID:AHVHZOCP0
今西「この矢を使うんだ」
みく「これを花京院に刺すの?」
今西「いや、これを指すのは…」
グサァーーーーーーーーーッ!!!
みく「に”ゃッ!!!」
今西「キミだよ」
李衣菜「みくちゃん!?」
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:56:53.22 ID:AHVHZOCP0
みく「にゃ…にゃっ…」
李衣菜「部長!?何するんですか!どうしてみくにゃんを!」
李衣菜「こ…この人殺し!!!やっぱりアナタも頭がおかしく…!」
今西「よく見なさい」
李衣菜「え?」
みく「こ…これは!」ドドドドドド
李衣菜「な、何?何が起きてるの?なんでみくちゃんは無事なの?」
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:59:05.41 ID:AHVHZOCP0
今西「身についたようだね、そう。それが君のスタンド…」
みく「スタンド…スター・プラチニャ……」
スター・プラチニャ「」ドドドドドド
李衣菜「スタンドって…何それ?何が起こってるの?」
みく「これがあれば、みんな救えるの?」
今西「それは、キミの努力次第だね」
みく「…ありがとう、部長。これでみんなを助けてみるにゃ!」
李衣菜「ちょっと!私にも説明してよ!」
22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:01:35.42 ID:AHVHZOCP0
今西「それじゃあ、健闘を祈るよ」
バタン
みく「よし!これで花京院をとめに行くにゃ!」
李衣菜「一人で盛り上がらないでよ…」
李衣菜「そういえば…なんでみくちゃんはレロレロせずに済んだの?」
みく「しばらく李衣菜ちゃんと一緒にあっちこっちいったりしたから花京院の影響を受けなかったんじゃないかな、よくわからないけど」
李衣菜「へぇー」
23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:16:01.68 ID:AHVHZOCP0
花京院「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
智絵里「うぅ…うっ…」ぐすん
みく「そこまでにゃ!」バァ―――ン!!!
智絵里「!?」
花京院「おや?みくじゃないか、どうしたんだ?」
みく「オニャアッ!!!」ブン!
花京院「!?」
ドゴッ!
24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:25:00.81 ID:AHVHZOCP0
花京院「おっ…おぉ…」ガクッ
花京院「み、みく…いきなり…何を…」
みく「やかましいッ!てめーはみくを怒らせた!」
花京院「なっ!?」
オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャッ!!!
オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャッ!!!
オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャッ!!!
オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャッ!!!
オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャッ!!!
みく「オニャアッ!!!」ドゴォォォン!!!
花京院「」ちーん
みく「やれやれだにゃ」
25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:29:06.11 ID:AHVHZOCP0
李衣菜「ねぇ…みくちゃん…」
みく「何?」
李衣菜「なんかおかしいよ…」
みく「え?」
未央「レロレロレロレロレロレロレロレロレロ」
かな子「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
みりあ「レロレロレロレロレロレロレロレロ」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ
みく「な!?そんな…どうして!?花京院を倒したはずなのに…なんで戻らないの!?」
智絵里「………」
26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:32:58.90 ID:AHVHZOCP0
智絵里「ふふふ…うふふ♪」
みく「え!?」
智絵里「ふっ…あははははは!」
李衣菜「ち…えり…ちゃん?」
みく「一体何が…どうして智絵里ちゃんが…」
みく「!?」
みく(そういえば…なんであの状況で智絵里ちゃんだけまともだったの!?)
みく(まさか…すべての元凶は…!)
30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 10:48:30.63 ID:tbwAnEA60
智絵里「まさか有無を言わさず襲い掛かるなんてみくちゃんもひどいことするよね」
智絵里「花京院さんがかわいそうだとは思わないの?こんなにぼこぼこにしちゃってさ」
李衣菜「智絵里ちゃん、一体…どうしちゃったというのさ…」
みく「りーなチャン!あいつが!智絵里ちゃんがすべての元凶だったのにゃ!」
李衣菜「え!?どういうこと?」
みく「理由はわからないけどみくたちの中で唯一智絵里ちゃんだけがレロレロせずにいたにゃ」
みく「あの時で怪しいと気づくべきだったにゃ!もう!」
31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 10:56:10.03 ID:tbwAnEA60
智絵里「うん、みくちゃんの言う通り、全てわたしがやったことだよ」
李衣菜「本当に…本当に智絵里ちゃんが?」
みく「どうして!どうしてなのさ!」
智絵里「どうしてって、あのお方のために決まってるじゃない」
李衣菜「あのお方?」
みく「誰かに命令されてやったの?」
智絵里「うん、この事務所のアイドル全員を洗脳、無力化させること、それがあのお方から与えられた使命」
智絵里「使命を全うしたらわたしはこの事務所で一番のアイドルにしてくれるってあのお方と約束してくれたんだよ」
みく「だからみんなをおかしくしたの!?ひどいよ!自分の将来のためにみんなを犠牲にするなんて!」
李衣菜「智絵里ちゃんはそんな人じゃないはず!ひ弱だけど芯が強い智絵里ちゃんはどこいったのさ!?」
32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:00:01.92 ID:tbwAnEA60
智絵里「はい、おしゃべりはもうおしまい。これ以上やっても無駄だからね、わたしは無駄なことはしたくない」
智絵里「だから、みんなわたしの下僕となって!」
みく「くっ…スタープラチニャ!!!」
智絵里「ハッピーハッピーデイズ!」
みく「オニャァ!!!」
智絵里「そんな力任せじゃわたしに勝てないよ!」
シュン!
みく「消えた…!?」
「うわああああああああああああああああ!!!」
みく「えっ!?」
33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:02:44.97 ID:tbwAnEA60
李衣菜「あ…あぁ…あっ…」
みく「りーなチャン!?」
智絵里「わたしのスタンド、ハッピーハッピーデイズは殺傷能力はない、けど誰かを洗脳させるのには特化しているスタンド」
智絵里「これで李衣菜ちゃんもわたしの下僕だよ。最後に残ったのは…」
みく「り、りーなチャン…」
李衣菜「レ…レロレロ…」
智絵里「さあ李衣菜ちゃん!みくちゃんをみんなのもとに連れてって!」
李衣菜「レロレロレロ…レロ」
34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:06:41.67 ID:tbwAnEA60
みく「李衣菜ちゃん!お願い!目を覚まして!」
李衣菜「レロレロレロレロ」
智絵里「無駄だよ!いくら呼びかけても届くわけないじゃない!」
みく「うぅ…そんなぁ…」
李衣菜「レロレロレロレロ…」フラァ…
智絵里「ああ、友達同士で争う姿…とってもかわいくて華やかだね…」
智絵里「さあみくちゃん、無残に友達にぼこぼこにされてよ!」
みく(そんな…りーなチャンをぶん殴るなんてそんな真似…)
李衣菜「レロレロレロ…」フラァ…
みく(そんな真似…)
李衣菜「レロレロレロ…」フラァ…
35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:09:54.66 ID:tbwAnEA60
みく(できるッ!!!)
みく「オニャア!!!」ドゴッ!!
李衣菜「べふぅ!!!」
みく「オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャ!!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ
みく「オニャアッ!!!」ドッゴォーン!!!
李衣菜「ウワアアアアアアアアアアーーーッ!!!」ドバァーッ!!!
智絵里「そ、そんな…親友を殴るなんて…最低だよみくちゃん!信じられない!見損なったよ!」
みく「お前が言うにゃ!」
36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:12:50.14 ID:tbwAnEA60
李衣菜「うぅ…わ、私は一体何を…」
みく「目を覚ましたようだね。りーなチャン」
智絵里「くっ…洗脳がとけたか…だったらまたハッピーハッピーデイズで!」
みく「もうやめようよ、智絵里ちゃん。もうこんなのやっても意味ないよ」
智絵里「黙れッ!黙れ黙れ黙れ黙れッ!!!わたしの野望を邪魔する奴は、全員消す!」
智絵里「ハッピーハッピーデイズ!これで今度こそわたしの下僕に…!」
智絵里「………」
智絵里(あれ?)
38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:17:29.54 ID:tbwAnEA60
智絵里(スタンドがでない…指が動かない…)
智絵里(声が…でな…い……)
智絵里(………)
みく「時を止めたにゃ。5秒だけだけど」
みく「5秒あれば十分にゃ!」
智絵里「」
みく「オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャ!!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

みく「オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャ!!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

みく「オニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャオニャ!!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

みく「オニャア!」ドゴッ!
みく「…5秒経過」
智絵里「キャアアアアアアアアアアアアアアーッ!!!」ドバァーッ!!!
みく「やれやれだにゃ…」
39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:21:42.89 ID:tbwAnEA60
智絵里「あ…ど、どうして…」
みく「お前の敗因はたった一つ、たった一つの単純な答えにゃ…」
みく「お前はみくを怒らせた」
智絵里「そ、そん…な……」ガクッ
みく「…終わったにゃ…すべて…」
李衣菜「でも一体どうして智絵里ちゃんはこんなことをしたの…?」
今西「操られてたんだよ、彼女は」
みく「部長さん!」
李衣菜「操られてたってどういうこと?」
40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:25:31.97 ID:tbwAnEA60
今西「この頭を見なさい」
みく「…こ、これは…何?」
李衣菜「芽?おでこから芽が…?」
今西「これは肉の芽と言ってね、これを植え付けられたら人格が支配され残虐な性格になってしまう恐ろしいものなんだよ」
みく「だから智絵里ちゃんはあんなことに…」
今西「だけどもう大丈夫、今外してあげるからね。チャリオッツ!」
ズドバババン!!!
シュウウウウウ…
李衣菜「消えた…」
みく「これで智絵里ちゃんももとに戻るの?」
今西「ああ、そうさ」
41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:27:21.29 ID:tbwAnEA60
みりあ「レロレロ…あれ?みりあ何してたんだろ?」
美嘉「レロレロレロレロレロ………レロ?」
杏「あれ…なんかベロがすごく痛い…」
凛「う~ん…なんか変なことをしてた気がする…」
花京院「」ちーん
李衣菜「みんな…目が覚めたんだね!」
みく「やった…やったにゃ!」
今西「これでやっと一段落ついたね」
42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:30:56.41 ID:tbwAnEA60
みく「そういえば何で部長さんは平気なの?」
今西「いや実は、恥ずかしながら私も洗脳されていてね。だけどそれをキミたちのプロデューサーが助けてくれたんだよ」
李衣菜「そうだったんですか」
今西「今彼は元凶を退治しに行ってるはずだ。もうすぐ、すべて本当に終わるはずだよ」
黒井「バカな!この私が…この私がアアアアアーーーッ!」ドバァーッ!
モバP「全く、人騒がせな奴だ…お前の班員はたった一つ…たった一つシンプルな答えだ…」
モバP「てめぇは俺たちを怒らせた」
43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:35:18.55 ID:tbwAnEA60
翌日
花京院「そうか、僕が病院のベッドで寝ていたのはそういう理由があったのか…」
智絵里「ごめんなさい…みんな…わたしのせいで迷惑をかけて…」
みく「智絵里ちゃんはなんにも悪くないにゃ。あと、思いっきり殴ってごめんね」
智絵里「ううん、大丈夫……!わたし、もう平気だから……だから謝らなくて…いいよ」
李衣菜「しかしあの智絵里ちゃんがあんなに豹変するなんて。一瞬別人に見えたよ」
李衣菜「あの状態でライブに行ったらみんなびっくりするんじゃないかな?」
智絵里「え?」
みく「もうその話はよすにゃ。みくとしてはあまり思い出したくない」
李衣菜「あ、そうだったね。ゴメン」
44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:37:33.94 ID:tbwAnEA60
花京院「まあ何はともあれ、みんな無事でよかった」
みく「うん、これで一件落着にゃ!」
智絵里「早く元気になってくださいね…花京院さん」
花京院「もちろん、治ったらすぐ戻ってくるよ」
花京院「あ、そうだりーな。そこの見舞いのチェリー取ってくれないか?僕の好物なんだ」
李衣菜「いいですよ、どうぞ」
花京院「サンキュー」
花京院「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ」
みく「!?」
45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 11:41:44.60 ID:tbwAnEA60
みく「オニャア!!!」ドゴッ!
花京院「ウワアアアーッ!」ババァーン!!!
智絵里「み、みくちゃん!?どうしたの!?」
みく「はっ!しまった、つい反射的に!」
花京院「」ちーん
智絵里「それ花京院さんの特技なんだよ!洗脳じゃないよ!」
みく「花京院!ごめんなさい…ごめんなさい!」
智絵里「しっかりして、花京院さん!」

李衣菜「…やれやれだね」チャンチャン
終わり
元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455449115/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする