【まどマギ・クロスSS】QB「僕と契約……。」アミバ「ほくと経絡ぅ?」【北斗の拳】

【まどマギ・クロスSS】QB「僕と契約……。」アミバ「ほくと経絡ぅ?」【北斗の拳】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:39:26.72 ID:buVQ0r6M0
まどか「あ、アミバさん!」

アミバ「なんだ、秘孔を試してほしいのかぁ?んん?」

QB「その手は何だい?僕はまどかと契約を……!」

アミバ「なに、恐れることはない……俺は天才だぁ!」ブスッ

QB「きゅぷっ!?」

まどか「は!秘孔を!」

アミバ「フフ……珍しい生き物だ。この秘孔が成功すれば、貴様はいい木偶になる」グリグリ

QB「きゅきゃ、きゅぷっ……!」ピブー

まどか「様子がおかしいよ、アミバさん!」

QB「きゅべれい!」ボチュン!

アミバ「ん?間違えたかな……。」

まどか「あ、あぁ……!」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:50:22.50 ID:buVQ0r6M0
まどか「おはよ……。」

知久「おはようまどか、顔色が悪いけど……大丈夫?」

まどか「うん……。」

詢子「またアミバに何かされたのか?」

アミバ「姉貴!何でもかんでも俺のせいにするんじゃない!」

知久「ああ、アミバ君、ママを起こしてきてくれたのか。ありがとう」

アミバ「なに、気にすることはない。天才の俺に不可能はないのだ」

詢子「不可能がないなら、その調子ではやく職を見つけて来て欲しいもんだけど……!」

アミバ「うるさい!俺に合った仕事がないだけなのだ!」

タツヤ「う……うぇぇぇぇぇん!」

知久「あぁ、タっくんが……。」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:02:05.05 ID:buVQ0r6M0
──学校

まどか「……ふぅ」

さやか「どしたのまどか?元気ないじゃん……。」

まどか「アミバさんとママ、また喧嘩して……。」

仁美「アミバさん?」

さやか「まどかの叔父さんだよ。一年前からまどかの家に住んでる」

まどか「アミバさん、まだ就職先どころか、バイト先すら決まらなくって、それで……。ママもカリカリしてて……。」

さやか「うわぁ……キッツいなー」

仁美「今は就職氷河期ですものね……。」

さやか「いや、バイトくらいは見つかりそうな気も……。」

まどか「それがアミバさん──」
アミバ『時給700円?天才はこんな所で働かんのだ』
アミバ『肉体労働は天才のすることではない』
アミバ『接客業の面接を受けたら落ちた』

まどか「……って、選り好みしちゃってて」

さやか「うわぁ……。」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:13:45.64 ID:buVQ0r6M0
──数時間後、市街地

アミバ「今日はとても面接を受ける気にならん……明日から本気を出してやる」スタスタ

──助けて──

アミバ「あん?何だぁ今のは」

助けて……!

アミバ「ふむ……こっちからだな」スタスタ

──CDショップ

アミバ「あぁん?ここは……改装中じゃないか。だが確かに……。」

QB「たす、け……!」

アミバ「おぉ、貴様は朝に見た生き物と同じ……!フフ、やはり天才は運もいい」ガシッ

QB「な、なにを……。」

アミバ「安心しろ、この秘孔を突けばたちどころにお前の傷は……。」

まどか「──アミバさん!」
アミバ「あぁん?」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:26:27.29 ID:buVQ0r6M0
まどか「やめてよアミバさん!その子……すごく痛がってる」

アミバ「だからこれから助けてやろうというのだ!この秘孔を突けばたちどころにこの傷は……。」

まどか「で、でも朝に突いた子は死んじゃったじゃない!」

アミバ「それは間違えたのだ。天才は同じ間違いを犯さん」

まどか「でも……!」
ほむら「そいつから離れて、鹿目まどか」ザッ
まどか「えっ……?」
アミバ「あぁん?俺はこいつの叔父だぞ」

ほむら「そうではないわ。その生き物のことよ……早くそいつをこっちに渡して」
まどか「で、でも……すごい傷ついてるんだよ!このままじゃ……!」

ブシュウウウウウーー!! ブスッ ピブー
ほむら「っ!」

まどか「消火器!?」

さやか「まどか!こっち!」ダダッ

まどか「さやかちゃん!?」
アミバ「ゴホッ、ゴホッ……なんなのだ一体」
ほむら「美樹、さやか……くっ!」
アミバ「……さて、あらためて秘孔を……。」
QB「きゅぷろ!」ドバチャア
アミバ「手元が狂ったか」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:36:07.76 ID:buVQ0r6M0
ほむら「は、破裂した……!」

アミバ「む、そういえば貴様は誰だ?突然現れて……。」

グニャアアアア……!

ほむら「……説明は後よ。魔女が現れたわ」

アミバ「魔女ぉ?」

アントニ「ヒャッハー!」

アミバ「な、何だこれは!」

ほむら「危険よ、下がっ──」

アミバ「面白い木偶だ!秘孔を試させろぉ!」ダッ
ほむら「ちょ、ちょっと!」

アミバ「五指裂弾ん!」ドス!

アントニー「プリングルス!!」ボゴォン!

アミバ「ククク……やはり効くではないか」

ほむら「(な……なんなの一体)」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:47:51.69 ID:buVQ0r6M0
アミバ「五指裂弾!」ビス!
アントニー「オーザック!」バチュン

アミバ「五指裂弾!」ドス!
アントニー「ワサビーフ!」ボチュン
アミバ「岩山両斬波ぁ!」ドガッ!
アントニー「イモ!」メコリメコリ
ほむら「ちょっと、貴方……。」

アミバ「何だ!人体と似たような本物のパーツで秘孔の研究ができる機会など滅多にないのだ!もっとやらせろ!」
ほむら「違う!伏せて!」

ヒュルルルルルル……。
アミバ「あぁん?」

ズドドドドドォォン!!

アミバ「ひぎゃああああ!!」

ほむら「っ……。」
アミバ「はぁ、はぁ……な、何だ今のは!木偶がいなくなってしまったではないか!」

ほむら「巴マミ……。」

アミバ「あぁ?」

ほむら「……。」タタッ
アミバ「ま、待て!」ダッ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:57:45.04 ID:buVQ0r6M0
マミ「間一髪ってところだったわね」

まどか「ありがとうございます、助けてくれて……。」

マミ「いいのよ、私も友達を助けに来ただけだから」

さやか「友達?」

マミ「えぇ。キュゥべえっていうの」

まどか「キュゥべえ……あ」

QB「」デロリーン

マミ「知ってるの?」

まどか「え、いや……(まさか、ねぇ……。)」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 00:09:23.36 ID:gOeiPZ8L0
QB「やれやれ、驚いたよ」

マミ「キュゥべえ!」

さやか「あれ!?さっきの!」

まどか「え……えぇぇっ!?だって……えっ!?」

マミ「ど、どうしたの?」

まどか「え、だってそこで死んで……えっ!?」

QB「そうだね。まさか殺されるとは思っていなかった」モグモグモグ

マミ「殺され?死体を食っ……え?」

QB「どうしたんだい?マミ」

マミ「どうしたもこうしたもないわよ、殺されたって一体……?」

QB「僕は死んでも代わりがいるからね。まさか殺されるとは思わなかったけど……そこの二人にね」
マミ「え!?」クルッ

ほむら「……。」ザッ
アミバ「な!?」ザッ
まどか「ア、アミバさん!?なんで殺したんですか!」

アミバ「な、何を言っているんだ!」

QB「トドメを刺したのは君じゃないか」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 00:23:14.16 ID:gOeiPZ8L0
マミ「あなた達……キュゥべえを殺したの?」チャキッ

さやか「マ、マミさん……転校生はともかく、横のアミバさんはまどかの叔父さんですよ?確かにちょっと変わってるけどそんな事……ねぇ、まどか?」
まどか「え、あ、たぶん……。」
さやか「(な、なんではっきりしない答えなの……?)」

アミバ「待て!こっちからも聞きたいことがある」

マミ「……何?」

アミバ「俺の木偶を消したのはお前か?」
マミ「で、木偶?」

ほむら「使い魔のことよ」
マミ「え?そ、そうよ!」

アミバ「なぜだ!」
マミ「えぇ!?」

アミバ「せっかくの貴重な木偶を一匹残らず消してしまうなど……許せん!」ワナワナ

マミ「え?でも私……そうしなきゃ、この子たちが……!」オロオロ

アミバ「言い訳するな!」
マミ「ご、ごめんなさい!」

アミバ「ふん、今回はお互い水に流すということで許してやる……次はないぞ!」
マミ「は、はい!」
まどか「(……あれ?うまく丸めこまれてる、ような……。)」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 00:39:05.27 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「ふぅ……まどか達は行ったか」

ほむら「……貴方、まどかの叔父なの?」

アミバ「あぁん?お前、まどかの友達なのか?ついていけば良かったではないか」

ほむら「余計なお世話よ」ファサッ

アミバ「ふん、俺がいなければいまさら貴様はどうなっていたことやら……。」

ほむら「……あの程度の使い魔、私一人で十分だったわ」

アミバ「そうではない。あのマミとかいう女と事を構えずに済んだのは俺のおかげだろうと言っているのだ」

ほむら「……何が言いたいの?」

アミバ「連絡先だ。今日のような木偶が現れたら俺に教えろ」スッ

ほむら「……暁美ほむらよ」ピッ

アミバ「(ククク……まさかあのような生き物がいるとは!これで俺の北斗神拳はより一層……!)」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 00:52:47.64 ID:gOeiPZ8L0
──鹿目宅、夜

アミバ「ククク……楽しみだ、あのような木偶がいると思うと……。」

詢子「……おい、アミバ」

アミバ「あぁん?」

詢子「あんまりこういう事言いたくないけどさ……あんた、いつになったらバイトの面接受けるんだよ」

アミバ「……あ、明日だよ」

詢子「昨日もおとといもそう言ってたけどさ……あんたのいう『明日』っていつさ?」

アミバ「ぐ……!」

詢子「アミバ。ウチも子供二人養って、その上アンタまで養えるほど経済的に余裕があるわけじゃない。これ以上は待ってられないんだよ……。」

アミバ「あ、姉貴!」

詢子「一週間待ってやる。それまでに内定貰ってこい、ダメだったら……わかるな?」バタン……。

アミバ「くそっ……なんで、天才の俺がこんな目に……!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 01:07:04.02 ID:gOeiPZ8L0
──翌日
面接官「……履歴書に空白の期間がありますが、これは?」

アミバ「あ、あの、拳法の修行を……。」

面接官「はぁ……それで、一体なぜこの居酒屋で働こうと……?」

アミバ「酔った木偶がたくさ……いや、沢山の人とコミュニケーションをと」

面接官「あ、もう結構です。結果は電話で申し上げますので」

アミバ「あ、はい」
アミバ「──くそっ、たぶん今回も落ちた……天才の俺がなんでこんな目に!」

アミバ「もう今日は面接を受けたくない……しかし面接を受けなければ受かる可能性もない……どうすればいいのだ」

──もう、死ぬしかないんじゃない?

アミバ「……そう、死ぬしか……。」フラ……。

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 01:16:00.41 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「……は!」

──廃ビル

アミバ「なぜ俺はこんな所に……!」

ブワッ!

アミバ「ひ!風が……うわぁぁぁぁぁ!!」

マミ「危ない!」シュタッ!

アミバ「うわら……ば?」

まどか「あ、アミバさん!?どうしてこんな所に……!」

アミバ「わからん!」

さやか「わからんって……。」

マミ「……失礼します、ちょっと首筋を見せて下さい」

アミバ「首筋ぃ?」クルッ

マミ「やはり……魔女の口づけ!」

三人「魔女の口づけ?」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 01:33:09.46 ID:gOeiPZ8L0
マミ「えぇ。魔女の口づけは……魔女のターゲットにされた証よ」

まどか「だからアミバさんはあんな所に……。」

アミバ「フッ……いい木偶を見つけたつもりが逆に木偶にされていたとはな」ピッ プルルルルル

さやか「電話?」

アミバ「ああ」プッ

ほむら『……何の用?』

アミバ「一つしかないだろう。木偶の位置を教えろ」

ほむら『……危険よ』

アミバ「俺は天才だ。それにもう目をつけられてしまったようだ……朱鷺ビルから落とされた」

ほむら『ビルから……!あなた、大丈夫なの?』

アミバ「案ずるな、俺は天才だ」

ほむら『そ、そう……ならばおそらくあなたを狙った魔女はそのビルの近くにいるわ』

アミバ『そうか』ピッ

アミバ「さて、木偶には少々きつい秘孔を突いてやらねばな……。」ゴキッ、ゴキッ!

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 01:40:06.30 ID:gOeiPZ8L0
まどか「ちょっとアミバさん、まさか魔女と戦う気……!」

アミバ「当たり前だろう、天才の俺が木偶にナメられたままでたまるか」

マミ「危険です!行くにしても私の後ろに……!」

アミバ「どいつもこいつも危険、危険、危険!俺を凡人と一緒にするんじゃねえ!」

マミ「ひっ!?」

アミバ「さあとっとと木偶の場所を教えろ」

マミ「こ、この中です……。」

さやか「(この人、ホントにまどかの叔父さんなのかなぁ……。)」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 01:55:24.36 ID:gOeiPZ8L0
──魔女結界の中

アミバ「五指烈弾!」ビシ!

アントニー「カラムーチョ!」

アーデルベルト「ヒーハー!!」バタバタバタ

まどか「アミバさん!危ない!」

アミバ「フハハハハ北斗四方斬!」シュババババ!!

アーデルベルト「ハイジ!」「クララ!」「ユキチャン!」「オンジ!」チュボボボォン

さやか「う、うわぁぁぁ……。」

マミ「凄い、使い魔をこうもあっさり……。」

アミバ「ハハハハハ!」ドスッ ピブー

アーデルベルト「ゼーゼマン!」ドバシャ

マミ「……って、キリがないですよ!速くいきますよ!」

アミバ「何を言っているのだ、もったいない」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 02:08:59.11 ID:gOeiPZ8L0
ゲルトルート「グアー」ドーン

マミ「あれが魔女よ」

さやか「うわ……グロっ」

まどか「あんなのと戦うんですか?」

アミバ「ふむ……突き甲斐のある木偶だ」シュタッ!

マミ「ちょ、ちょっと!」

アミバ「へぁっ!」ドス!

ゲルトルート「!?」

アミバ「秘孔、戦ようを突いた!お前の身体は、もはやピクリとも動か──」

ゲルトルート「ゲルゲルゲル!!」ジタバタ

アミバ「何っ!?ひぎゃあ!」ボゴォ!

さやか「アミバさんが吹き飛ばされた!」

アミバ「(ひ……秘孔が効かん!)」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 02:22:42.69 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「く、う……。」ヨロッ

ゲルトルート「ガオー!」グワッ

まどか「アミバさん!」

ズダダダダダァン!!

ゲルトルート「グゲルァー!?」

マミ「後は私が!速く逃げて!」

アミバ「よ、余計なことをするんじゃない……!貴重な木偶に何をするのだ」

マミ「でも!」

アミバ「うるさい!俺は天才だ!」ダッ

ゲルトルート「ゲルョーン!」ドゴン

アミバ「うぎゃああああ!!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 02:34:28.70 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「な、なぜだ……なぜ秘孔が効かない!」

ゲルトルート「ゲルォルョルョ」ウニョニョ

アミバ「(さ……先の銃撃は確かに効いていたはずだ……なぜ俺の秘孔だけが効かないのだ!)」

ゲルトルート「ゲルーョ」

アミバ「……秘孔が効かぬのなら!」ス……!

マミ「は!」
アミバ「南斗水鳥拳!」スパパパパッ!!

ゲルトルート「!?」

さやか「ま、魔女が斬れた!」

アミバ「フ……昔取った杵柄だが、まだまだ使えるようだ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 02:45:17.44 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フ……貴様の切断部を見たことで秘孔封じの秘密がわかったぞ!貴様の身体の分厚い脂肪が秘孔を保護して……秘孔に届かないだけだったのか」

ゲルトルート「ゲェーッ!」ジタバタ

アミバ「フハハハハ!だが既に貴様の秘孔は剥き出しだぁ!ふん!」ドス! ピブー

ゲルトルート「チョキプルィィィィィィ!!」チュドォォォォォン!

マミ「ま、魔女を倒した……。」

アミバ「フフ……やはり俺は天才だ!フハハハハ……ハ……。」ドサッ

まどか「アミバさん!?アミバさーん!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 02:58:46.12 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「──は!」パチッ

まどか「アミバさん!良かった……気づいた!」

アミバ「俺は……。」

マミ「魔女を倒した直後に倒れちゃって……ずっと気絶してたんですよ」

さやか「それをマミさんがずっと治療して……。」

アミバ「そうか、世話をかけたな、ところで……。」

マミ「はい?」

アミバ「治療と言ったが……いったい何をしたのだ?」

マミ「あ、ちょっと魔法で……。」

アミバ「魔法!それは俺にも使えるのか?」

マミ「む、無理です……。」

アミバ「むぅ」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 03:16:33.67 ID:gOeiPZ8L0
──鹿目宅
アミバ「魔法などという非科学的なものが存在するとは……今日の木偶といい、世の中には不思議なことがあるものだな」

知久「どうしたんだいアミバくん?服がボロボロじゃないか」

アミバ「なに、少し転んでしまってな。ところで義兄貴、さっきまどかに偶然会ってな。今日は帰りが遅くなるそうだ」

知久「そうなんだ。わざわざありがとう」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 03:33:20.30 ID:gOeiPZ8L0
──翌日

ほむら『魔女が現れたわ』

アミバ「ほう?場所を教えて貰おうか」

ほむら『見滝原病院前よ』

──魔女結界

アミバ「ここが木偶の住処か」

ほむら「く……くっ!」ギリギリ

アミバ「あぁん?何を遊んでるのだ」

ほむら「遊んでるように見える!?」

アミバ「違うのか?」

ほむら「違うわよ……拘束を、解いて、早くしないと……!」

アミバ「ふむ、仕方ない……南斗水鳥拳!」スパパァン!

ほむら「!」ストン

アミバ「早くしないとなんなのだ?」

ほむら「……今回の魔女は強力よ。早くしないと巴マミが危ない」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 03:46:01.18 ID:gOeiPZ8L0
マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドォォォン

シャルロッテ「ぱふぁ」ズルン

さやか「マミさん!」

マミ「あ……。」

まどか「危ない!」

アミバ「とったあ!」ドシュ!

シャルロッテ「!?」

アミバ「秘孔・頬内を突いた!お前の口は開いたまま閉じることができん!」

シャルロッテ「ア、アガ……!」

まどか「アミバさん!」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 03:52:52.15 ID:gOeiPZ8L0
マミ「ア、アミバさん……。」

アミバ「そこでおとなしく見ていろ、こいつは俺の木偶なのだからな……さて、どこから突……!」

ズドドドドドドォン!!

シャルロッテ「アギャー!」

アミバ「ひぎゃあああ!!」

マミ「何?この爆発!」

ほむら「遊びすぎよ……鹿目アミバ」シュタッ

さやか「転校生!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:08:39.50 ID:gOeiPZ8L0
シュウウウ……。
まどか「景色が元に戻っていく……。」

アミバ「あの木偶はもう消えてしまったのか」

マミ「助けて……くれたの?暁美さん……。」

ほむら「……。」スタスタ

まどか「い、行っちゃった……。」

マミ「暁美さん、グリーフシードも回収せずに……。」

さやか「ほんと何考えてるんだろ、アイツ」

アミバ「奴は『このままでは巴マミが危ない』と言っていたぞ?天才の俺が考えるに、助けようとしたのだろう」

まどか「ほむらちゃん……やっぱり良い魔法少女だったんだ!」

アミバ「俺は木偶で研究していただけだがな」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:18:40.91 ID:gOeiPZ8L0
──翌日

上条「治らないんだよこの腕は!奇跡でもない限り!」

さやか「あるよ!奇跡も魔法もあるんだよ!」
──鹿目宅

アミバ「あ、はい……ありがとうございました」ピッ

まどか「どうしたの?」

アミバ「バイトの面接に落ちていた」

まどか「あ……。」

アミバ「そもそも俺の才能を活かせる仕事がないのが問題なのだ!何かないのか!」

まどか「何かって……お医者さんとか、できる?」

アミバ「医者……フフフ、それだ!」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:26:01.58 ID:gOeiPZ8L0
さやか「……。」

まどか「あ、あの……さやかちゃん」

さやか「……何?」

まどか「あの、上条くんの腕の調子、どうかなって……。」

さやか「……治らないって言われたんだって、もう二度とバイオリンは無理だって……!」

アミバ「フフフ……面白い」

さやか「何がおかしいんですか!」

アミバ「医者に治せないその腕を……天才の俺が治してみせたらとても面白いと思わないか?」

さやか「治す……大丈夫なんですか?」

アミバ「なに、気にすることはない。俺は天才だ!」

まどか「(……ほんとに大丈夫なのかな)」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:38:03.01 ID:gOeiPZ8L0
──上条恭介の病室

さやか「あの、恭介……。」ガラガラガラ
上条「さやか?さっきはごめん、僕……!?」
アミバ「ほう、その腕か」

上条「さやか、その人は……!?」

さやか「まどかの叔父さん。もしかしたら恭介の腕を治せるかも知れないって」

まどか「久しぶり、上条くん」
上条「鹿目さん……治せるって、本当に?」

アミバ「なに、俺は天才だ」ドスッ!

上条「はぅあ!」

アミバ「この腕を治す秘孔はこれだ」ドスッ
上条「はがっ!痛たたたたたた!」

アミバ「我慢しろ!この秘孔に成功すればお前のパワーとスピードは倍になる」

さやか「き、恭介ぇ!」
まどか「……さやかちゃん、病室の外に出てよう」ガラガラガラ
アミバ「強くなりたくないのか?あ~ん?」グリグリ

上条「なりたくないですぅぅぅぅ!」
アミバ「ほれほれ~次はここだぁ!」ドッス
上条「ほぎゃああああああ!!」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:45:46.19 ID:gOeiPZ8L0
──ピタッ

まどか「声が、止んだ……。」

さやか「お願い恭介、無事でいて……!」ガラガラガラガラ

上条「さやか!腕が動くよ!」ムキムキムキッ

まどか「!?」

アミバ「フフフ……奴のパワーとスピードは倍以上に跳ね上がった!」

まどか「ちょ、ちょっとアミバさん!何やっちゃったの!?」

アミバ「まちがえたかな?」

さやか「恭介……恭介ぇ」ポロポロ

上条「さ、さやか!?」

さやか「こんなにたくましくなって……本当に大丈夫なんだね……良かった、本当に良かった……!」グスッ

上条「うん……大丈夫だよさやか。この身体ならもう二度と車に負けたりなんかしない」ムキムキムキッ

アミバ「まちがえてないじゃないか」

まどか「えぇー……?」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 04:58:21.26 ID:gOeiPZ8L0
──夜、市街地

アミバ「やはり天才の俺に不可能はないのだ」

まどか「あれでよかったのかなぁ……あれ?」

仁美「~♪」フラフラ

まどか「仁美ちゃん?なんでこんな所に……。」

アミバ「友達か?」

まどか「うん……は!魔女のくちづけ!」

アミバ「木偶のマーキング……ということは近くに木偶がいるということか!」

まどか「あれ友達なんだよ!?……ねえ、仁美ちゃん!こんな所で何してるの?」タタッ

仁美「あら鹿目さん、偶然の出会いですわね。私、これからすばらしいところに向かいますの!」

まどか「もう夜遅いよ、家の人も心配するし……!」

仁美「そうだ!鹿目さんもぜひご一緒に!そうですわ、それが素晴らしいですわ!」グイッ

まどか「あ、ちょ、ちょっと……。」

アミバ「(まどかの奴め……フン、まあいい。あれについていけば木偶がいるということか)」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 05:12:32.83 ID:gOeiPZ8L0
──廃工場

まどか「結局、こんな所までついてきちゃった……。」

アミバ「フフフ、ここに木偶がいるということか」

モブ「汚物は消毒だぁ~!」ドボドボドボ

まどか「あ、あれって混ぜたら危険の!止めなきゃ!」ダッ

ボゴ!

まどか「くっ……!」

仁美「邪魔をしてはいけません。あれは神聖なる儀式ですの」

まどか「儀式?人が死ぬのが儀式だっていうの!?」

仁美「そう、私達はこれからみんなで素晴らしい世界へ旅に出ますの。それがどんなに素敵なことかわかりませんか?」
まどか「わかんないよ!離して……止めなきゃ!」グイグイ

仁美「生きてる身体なんて邪魔なだけですわ……鹿目さん、あなたもすぐにわかりますから」

ガシャアアアアン!!

アミバ「俺はそうは思わんなぁ」

まどか「アミバさん!」

アミバ「活きのいい身体がなければ……北斗神拳の素晴らしさが体験できないではないか」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 05:20:45.69 ID:gOeiPZ8L0
仁美「く、儀式が台無しに……よくも!」

モブ達「うぅう……!」フラフラ

まどか「ひ!は、離してッ!」バシッ!

仁美「うッ!」ドタッ

アミバ「ふん、木偶どもが揃いも揃って……!」ス……!

まどか「あ、アミバさん!殺しちゃダメ!」グイッ

アミバ「お前は俺をなんだと思っているのだ!」

バタン

まどか「はぁ、はぁ……。」

アミバ「袋小路ではないか、これでは木偶を捜すどころか……。」

グニャアアア……!

まどか「く……空間が!」

アミバ「フフ……どうやら向こうからやってきたようだ」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 05:31:06.97 ID:gOeiPZ8L0
使い魔「ヒャッハー!」「ミズダー!」ゾロゾロ

まどか「い……いっぱい来た!」

アミバ「これは……ほとんど人型の木偶ではないか!素晴らしいぞ!フハハハハ!」ドスッ ピブー

使い魔「アワビ!」ドブチャア

アミバ「北斗壊骨拳!北斗千手殺!北斗飛衛拳ン!」ズババババッ! ピブー

使い魔「クヤシイ!」「デモ……!」「クリムゾン!」バチュチュチュチュ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 09:45:12.45 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フハハハハ!もう終わりか?物足りんなぁ!」
まどか「アミバさん!あれ……!」

エリー「……。」

アミバ「パソコン?奴も生きているのか……ふむ、珍しい木偶……!?」ピカッ!
アミバ『──くそっ!どいつもこいつも詢子、詢子、詢子!誰もこの俺を認めやがらねえ!』

面接官『特技欄に「北斗神拳」とありますが、これは働くうえでどう役立つと?』
アミバ『え……あ……。』
アミバ『──くそっ!なんで天才の俺がバイトの面接に落ちる!』

──ほんとはわかってるんじゃない?

アミバ『何!?』

──自分が天才なんかじゃないって……。

アミバ『ち……ちがう!俺は天才だ!やめろ!やめろ!うわあぁぁぁぁぁぁ!!』

まどか「アミバさん!どうしたの!?アミバさん!」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 09:57:26.40 ID:gOeiPZ8L0
マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドォォォォォォン!!

エリー「オランガタンガー!」ゴシカァン!チュドォォォォン!

まどか「ま……マミさん!どうしてここに!?」

マミ「魔力の反応を追ってきたの……どうやら、ビンゴだったようね」

アミバ「はあぁ……はあぁ……?」

まどか「アミバさん?」

マミ「魔女の攻撃の影響で精神にダメージを受けているみたい……こればっかりは、魔法で治せないわ」

アミバ「……俺は、天才じゃない……?」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:08:23.84 ID:gOeiPZ8L0
──翌日、市街地

アミバ「俺は天才ではないのか……?いや、そんなことはないハズだ!」ブンブン

黒猫「ニ……ニャー」ピクピク

アミバ「猫……ふむ、車に轢かれたようだな。その傷を治す秘孔はこれだ」ズブリ
黒猫「ニャ!?」

アミバ「クク……いいぞ!成功すれば貴様のパワーとスピードは倍以上に跳ね上がる!」

黒猫「ニャニャア゙ッー!!」ビクビクッ!!

アミバ「こんなものか」

黒猫「ニャン」ムキムキッ

アミバ「たちどころに猫の傷を治すなど……やはり俺は天才のはずだ。しかしなら……なぜ面接に受からないのだ!?」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:18:36.85 ID:gOeiPZ8L0
──路地裏

アミバ「(ぶらついていたら、妙な所に来てしまったな)」

ホームレス「……。」クタッ

アミバ「(……奴らのようには、なりたくないものだな)」

ホームレスA「大変だ!トラやんが若いのにやられた!村はずれでやられたー!」

ホームレスB「うぐ……!」ボロッ

ホームレスC「ひでぇ……最近、物騒になったもんだ」

ホームレスD「ホームレス狩りか……俺達にとっちゃ、まさに暴力と恐怖が支配する世の中だよ」

アミバ「ふむ、これはひどい傷だ」ズイッ

ホームレスA「うわ!?な、なんだアンタ!」

アミバ「俺は天才だ!その男の傷を治してやろう!」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:26:30.57 ID:gOeiPZ8L0
ホームレスC「ト、トラやんを助けてくれ!早く!」

ホームレスD「おい、大丈夫なのかよ信用して!」

ホームレスC「医者に払う金もないし、信用するしかないだろう!」

ホームレスD「く……。」

アミバ「その傷を治す秘孔はこれだ」ズブッ

ホームレスB「ウグ!」

ホームレスD「お、おい!何してんだよ!トラやんを離せよ!」

ホームレスA「はあぁ!」キュピーン

ホームレスC「長老!?」

ホームレスA「あれは、北斗神拳……!」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:34:52.08 ID:gOeiPZ8L0
ホームレスC「北斗神拳?」

ホームレスA「中国古来より伝わる一子相伝の暗殺拳……相手の秘孔を突き、外部からの破壊よりもむしろ内部からの破壊を得意とするという」

ホームレスB「ひぎぃ?はぐぉ!」ズブリズブリズブリ

ホームレスD「おい、それじゃあトラやんが死んじまうんじゃ!」

アミバ「その心配はない……奴のパワーとスピードは倍以上に跳ね上がった」

ホームレスB「なんだか悪い夢を見ていた気分だよ」ムキムキムキッ

ホームレスD「ト、トラやん……!?」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 10:49:21.52 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フ……北斗神拳は人体を研究し尽くした拳法!活人拳としての側面も持っているのだ!」

ホームレスA「あなたはもしや、北斗神拳伝承者……?」

アミバ「あぁん?天才の俺は独学で北斗神拳を習得したのだ!言うなればアミバ流北斗神拳!」

ホームレスB「おかげで助かりました」ムキムキッ

アミバ「なに、気にすることはない……お前たちは俺の天才さを仲間に広めるのだ!ハハハハハハ!!」スタスタ

ホームレスC「行っちまった……。」

ホームレスA「『北斗現れるところ、乱あり』おそらく、自分ここにいては私たちの迷惑になると感じたのだろう」

ホームレスD「(ホントかよ……。)」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:01:03.00 ID:gOeiPZ8L0
──隣町

ホームレス「ありがとうございます!おかげで傷が治りました!」ムキムキムキリ

アミバ「なに、気にすることはない。今のお前ならホームレス狩りを逆に狩れるだろう」スタスタ

アミバ「さて、ホームレス相手に奇跡を起こし続けていたらこんな所まで来てしまったが……」

グニャアア……!

使い魔「ブーンブンブンブーン!」

アミバ「貴重な木偶まで見つかるとは……フフ、今日は本当に運がいい!」シュタッ!

使い魔「!?」

アミバ「鷹爪三角脚!」シュッ!

ガキィン!

使い魔「イワレナクテモ!」スタコラサッサ

杏子「何してんのさアンタ。もしかして……『あれ』が見えてんの?」

アミバ「『あれ』?木偶のことか?」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:09:11.04 ID:gOeiPZ8L0
杏子「木偶?ともかく、あれはただの人間が手出ししていいモンじゃねーんだよ。おとなしく手を引きな」

アミバ「ただの人間?俺は天才だ!それにあの木偶は俺の貴重な研究材料なのだ!」

杏子「……口で言ってもわからねーなら」ビュン!

アミバ「ひゃあ!何をする!」ササッ

杏子「潰しちゃうしかないよねェ!」

アミバ「天才の俺に楯突くなど……身の程知らずが!」ス……!

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:16:07.15 ID:gOeiPZ8L0
杏子「ふん!はっ!」ブォン!ブォン!

アミバ「フフフフフ」ユラリユラリ

杏子「ち、ちっくしょ……なんで当たんねーんだよ!フラフラしやがって!」

アミバ「フフ……激流に逆らえばのみこまれる。むしろ激流に身をまかせ同化する。激流を制するは静水!天才の俺に不可能はないのだ!フハハハハ!」

杏子「チャンス!」ボゴシャア

アミバ「えひゃい!」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:30:01.09 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フ……なかなかのスピードだ……パワーもある」ヨロ……!

杏子「マジかよ……全治3ヶ月ってくらいにはかましてやったハズなのに!」

アミバ「俺は天才だ!凡人と一緒にするんじゃない!」ダッ

杏子「く、来るなぁ!」ビュン!

アミバ「遅い!とったぁ!」ドスッ!

杏子「ぁぐ!」

アミバ「新一という秘孔を突いた!お前の口は自分の意志に関係なく開きはじめる!」

杏子「な、何……?」

アミバ「聞きたいことがあるのでな……ズバリ、木偶……魔女とはなんだ?どうすれば出てくるのだ」

杏子「魔女は……ソウルジェムが穢れきった魔法少女のなれの果て……魔法少女の絶望と共に孵化する……!?」ハッ

アミバ「ふむ」

杏子「え?何だよ、今の……あたし、知らない……!」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:43:35.56 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「深層心理に刷り込まれていたのだろう。さあ、まだ質問に答えてもらうぞ」

杏子「て、テメー!さっさと元に戻しやがれ!」

アミバ「おっと、口の聞き方に気をつけてもらおうか。今のお前は何を質問されても包み隠さず答えてしまうのだからな」
杏子「う、く……!」
アミバ「では聞こう……そもそも魔法少女とはなんだ?」

杏子「魂を対価に願いを叶えて、魔女と戦い続ける存在……魂は肉体にはなく、ソウルジェムによって間接的に操作する……!?」ハッ

アミバ「ふむ」

杏子「な、何だよ今の!知らない!あたしは知らねーぞ!」
アミバ「まぁたまた」
杏子「本当に知らなかったんだよ……くそっ!キュゥべえの野郎!なんで黙ってやがったんだ!」

アミバ「質問はこんなところか」ドス

杏子「んぎっ!」

アミバ「秘孔を解除しておいた。これからは貴様もアミバ様の強さと天才さを広めていくのだな!フハハハハハハ!」スタスタ

杏子「なんだったんだ、一体……キュゥべえの野郎、後で問い詰めてやる!」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 11:54:37.04 ID:gOeiPZ8L0
──ホテル

QB「ご機嫌斜めだね、杏子」

杏子「おい、キュゥべえ……どういう事だよ、魔女が元人間だって……魔法少女が魔女になるって!本当なのかよ!」

QB「まあ、否定するほど間違ってはいないね」

杏子「テメェ!なんで教えなかった!」ガッ!

QB「聞かれなかったからね。それにもし最初に聞いていたとして、君は奇跡を叶えるチャンスを棒に振ったかい?」

杏子「……っ」

QB「そんなことより、僕は君がどこでそれを知ったのかに興味がある」

杏子「そんなこと、だって……?あたし達、ゾンビにされたようなモンなんだぞ!それを『そんなこと』だって!?」ダン!

QB「まったく、人間はどうしていちいち魂の在処にこだわるんだい?わけがわからないよ」

杏子「それに、知ったも何も……この事はあたし自身が喋りだしたんだ!不思議なことにな!」

QB「君自身が……?」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:06:57.09 ID:gOeiPZ8L0
杏子「そーだよ、アミバとかいう奴に指でツボを突かれたとたんペラペラと……どういうことだ、オイ!」

QB「アミバ……『秘孔』だね」

杏子「秘孔?」

QB「あぁ。身体の特定の場所を寸分違わず突くことで様々な作用を起こし……最悪、死に至らしめることもできる」

杏子「(てことは、アイツはあの時あたしを殺す事もできたってことか……。)それで、なんでその秘孔であたし自身も知らないことを喋らされたんだよ?」

QB「君自身が知らなくても、君の身体が知ってるからさ」

杏子「身体?」

QB「そう。魂が外付けであること、魔女を生み出すこと……しっかりと情報をインプットしておかないと、自由に身体が動かせないし、魔女にならないまま死んじゃうからね」

杏子「あたし達はテメーの都合で、好き放題身体をいじくり回されてたってことかよ……!」

QB「人聞きが悪いな。戦うのに最適な身体を提供してあげたんじゃないか」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:15:26.20 ID:gOeiPZ8L0
杏子「……この事、マミは知ってんのか?」

QB「恐らく知らないだろうね。よほどのことが無い限り、気づく事じゃない。事実、今まで気づかなかったじゃないか」

杏子「……教えねーと!」ダッ

QB「やれやれ」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:25:43.06 ID:gOeiPZ8L0
──夜、マミ宅

ピンポーン

マミ「誰かしら、こんな時間に……。」ガチャ

杏子「マミ!」

マミ「さ、佐倉さん!?久しぶり!チョ、チョコケーキあるわよ、食べる?」パアァッ

杏子「あ、うん……って、そんなことしてる場合じゃないんだよ!あたし達、キュゥべえに利用されてたんだ!」

マミ「えっ?」

杏子「だからつまり、ソウルジェムが魂で、あたし達はゾンビで、魔法少女は魔女になるんだよ!」

マミ「え?え……?」

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:37:28.57 ID:gOeiPZ8L0
マミ「──なる程、つまりキュゥべえは私たちをいいように利用してるって言いたいのね?」

杏子「そうだ、だから……!」

マミ「でも、根拠はあるのかしら?」

杏子「根拠?」

マミ「えぇ。キュゥべえがそんなことをするっていう動機も目的も、まるで無いじゃない」

杏子「そ、それは……!」

マミ「私はキュゥべえがそんな事をするなんて、とても信じられないわ」

杏子「で、でも本当なんだ!キュゥべえの奴も認めたし、あたしだってアミバって奴にむりやり喋らされたせいで知って……!」

マミ「あ、アミバ?」

杏子「そうだ、あいつに無理やりツボを突かれたらそんなこと喋らされて、キュゥべえに問い質したら認めて……!」

マミ「(ツボ、アミバ……まさか)」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:47:38.08 ID:gOeiPZ8L0
──翌日、学校

まどか「今日から上条くんが復帰するんだって」

仁美「まぁ、無事に治ったんですね」

さやか「仁美のほうも大丈夫?病院行ったみたいだけど……。」

仁美「えぇ……どうも寝ながら夜間徘徊していたようで、今日も精密検査ですわ!」

まどか「あ、上条くんだ」

ガラガラガラガラ

上条「おはよう」ムキムキムキッ

仁美「!?」ブーッ

まどか「さやかちゃん、話しかけてきなよ」

さやか「え?は、恥ずかしいよ……。」

中澤「上条……な、なんかデカくね?」

上条「やだなぁ中澤、あんまりチョーシくれてっと『ひき肉』にしちゃうよ?」!?

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 12:59:21.96 ID:gOeiPZ8L0
──休み時間

仁美「あの、いったい上条くんに何が起こっていますの……?」

まどか「えっと、私の叔父さんが腕治したらついでにああなっちゃって……。」

仁美「ついで?ついで!?」

さやか「まぁ、結果オーライってことで」

仁美「どこがライトですの?あれはヘビー級ですわ!」

上条「鹿目さん、ちょっといいかな」ポチョムキッ

まどか「ふぇっ!?」

上条「鹿目さんの叔父さんにお世話になったから……是非お礼をしたいんだけど」ムキムキッ

まどか「お、お礼なんて……それにアミバさん、いまバイト探しに忙しいし……。」

上条「もしかして働き口がないのかい?なんて勿体無い!よし、僕がなんとかするよ!」ムキリッ

まどか「えぇー!?」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 13:14:01.58 ID:gOeiPZ8L0
──放課後

まどか「上条くんがお父さんに口伝して、面接してもらえるって」

アミバ「ほう、やはり天才は人に認められるものだな」

上条「あ、あの時は本当にありがとうございました!」ムキムキッ
アミバ「なに、気にすることはない……その後、どうだね?」

上条「あはは、元気すぎてこまっちゃうくらいですよ……この間もまたバイオリンを粉々にしちゃって」ムッキッキ

まどか「(うわぁ……。)」

アミバ「それで、何の面接なのだ?」

上条「はい、僕のお父様の会社……『上条コーポレーション』で、社員の体力増強のために是非欲しいと」

まどか「え!?」

アミバ「つまり、社員全員を突けということか」

上条「たぶん」ムキッ

まどか「(いいのかなぁ……。)」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 13:22:48.07 ID:gOeiPZ8L0
──上条コーポレーション、社長室

上条父「君がアミバ君か……息子を助けてくれて、まずはありがとう」

アミバ「ふむ……社長自ら面接か」

上条父「今回の件は私の独断だからね……さて、単刀直入に聞こう。アミバ君、君は何ができる?」

アミバ「アミバ流北斗神拳だ!人を活かすも殺すも自由自在!天才の俺に不可能はない!」

上条父「そうか、そこまで言うなら……この私にその北斗神拳とやらを試してみなさい!」

アミバ「あぁん!?」

上条父「それが会社の業績アップに繋がるなら今すぐにでも君を入社させよう……さあ!」

アミバ「へぇあ!」ドスッ

上条父「ひゃうん!」

アミバ「ククク……望みどおり貴様の力を引き出してやる!」グリグリ

上条父「や、やらぁ……!」ビクッビクッ

アミバ「我慢しろ!この秘孔が成功すればお前のパワーとスピードは倍以上になる!」

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 13:32:34.89 ID:gOeiPZ8L0
ガチャッ

まどか「あ、アミバさん……大丈夫だった?」

アミバ「面接には受かった、だが……。」

上条父『す……素晴らしい!力がみなぎる!動く!身体が動くぞ!ヘルニアで動かせなかった身体がこんなにも自由に動く!』ムキリムキリムキュン

アミバ『フハハハハ、天才に不可能はない!』

上条父『なぁアミバ君、私にも北斗神拳を教えてくれんか?』ムキムキムキ

アミバ『あぁん?何を馬鹿なことを……!』

上条父『いいじゃないか、減るもんじゃなし!』ムキュッ

アミバ『よ、寄るな!暑苦しい!』
まどか「……それで、教える約束しちゃったんだ」

アミバ「あんまりしつこかったからな」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 13:47:38.67 ID:gOeiPZ8L0
──夜、鹿目宅

詢子「ただいま~」

アミバ「……姉貴」

詢子「どうした?アミバ」

アミバ「……面接、受かったぞ」

詢子「本当か!?やったじゃないか!それで、どこで働くんだ?」

アミバ「上条コーポレーション、しかも正社員待遇だそうだ」

詢子「上っ……お前、上条コーポレーションっていったらかなり大手の食品加工メーカーだぞ!?よく入れたな……。」

アミバ「そうだったのか」

詢子「そうだった?」

アミバ「いや、どんな会社か知らなかったのでな……。」

詢子「知らなかった?知らずに入れたのか?」

アミバ「……。」

詢子「……アミバ。お前、あたしに何か隠してないか?」

アミバ「……。」

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 14:06:59.77 ID:gOeiPZ8L0
──回想、山中

幼詢子「置いてくぞー、アミバー!」タタタ
幼アミバ「ま、待ってくれよ姉貴!」
幼詢子「……!」ピタッ

ドン!
幼アミバ「いてっ!いきなり止まるなよ姉……貴……!」

熊「グルルルル……!」
幼アミバ「ひ!」

幼詢子「お、落ちつけアミバ……クマは、目を離さないで、ゆっくり下がれば襲って来ないって聞いたことが……。」ガタガタ
熊「グォォォォッ!!」グワッ!
幼詢子「!!」

幼アミバ「あ、姉貴ぃ!」

ドシュッ……!

?「北斗壊骨拳!」
熊「クマワァ!」ドバシャア!?「大丈夫か?」

幼詢子「あ……あ……!」

?「……幼子に北斗神拳は刺激が強すぎたか……だが、助けるにはこれしかなかったのだ」
幼アミバ「す、すげぇ……!なんだ今の!」
?「少年達よ、今見たことは忘れるのだ……さらば」ザッ
幼アミバ「ま、待ってくれよ!せめて名前だけでも!」
?「……リュウケン」

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 14:19:05.71 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「……姉貴、小さい頃に山で見た『あれ』……覚えてるか?」

詢子「な……あれはもう、忘れようって約束したじゃないか!」

アミバ「俺は忘れられなかった、あの動きを。あの不思議な拳法を!そして見よう見まねで何回も試して……ある日そこらの犬で試したら……ククク、そのとき実感したよ、俺は天才だと」

詢子「まさか、お前……なんて事を!」

アミバ「うるさい!人より優れていて何が悪い!それから俺はありとあらゆる手段を使って情報をかき集め、動物で秘孔を試し……北斗神拳を極めていった」

詢子「なんでそんな事してたんだ!ただの動物虐待じゃねーのかよ!」

アミバ「黙れ黙れ黙れ!どいつもこいつも詢子詢子詢子!そうやって誰も俺を認めやがらねぇ!」

詢子「アミバ……。」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 14:31:55.73 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「だがな、ついに俺の才能が認められたのだ……アミバ流北斗神拳がな!」

詢子「人殺しの才能が認められるっていうのかよ!」

アミバ「勘違いするな姉貴!北斗神拳は殺人的にして活人拳だ!」ビシ!

詢子「は!頭が、軽く……。」

アミバ「姉貴、最近肩こりから来る頭痛で悩んでいただろう。それを治す秘孔を突いた」

詢子「誰にも、言ってなかったのに……。」グルグル

アミバ「北斗神拳は人体を研究し尽くした拳法、隠しても無駄だ。それに姉貴の様子ぐらい誰でもわかる」

詢子「え!?」

アミバ「義兄貴も心配していたぞ。無理をしすぎるでない」
詢子「……悪い、アミバ」

アミバ「フフ……今ので分かっただろう?謝るヒマがあったら俺の才能を認めるのだ」

詢子「お前は……。」

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 14:44:31.31 ID:gOeiPZ8L0
──翌日

詢子「おはよー」

アミバ「おはよう」ピシッ

詢子「おおアミバ、今日から出勤か?」

アミバ「あぁ、スーツ出勤だ」

まどか「なんか違和感あるなぁ……。」

アミバ「何ぃ!?」

知久「アミバ君、ネクタイ忘れてるよ」

アミバ「し、しまった!」

タツヤ「うわらばー」キャッキャ

アミバ「笑うんじゃない!」

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 14:57:11.47 ID:gOeiPZ8L0
──上条コーポレーション

社員A「はぎゅ!」ビギィン

社員B「いぎぃ!」ズギュン

社員C「はぐぉ!」ボッスン

アミバ「ふぅ……これでここの社員全員のパワーとスピードは倍以上に跳ね上がるはずだ」

上条父「いやぁ、ご苦労ご苦労、素晴らしいよアミバ君!」ムキッ

アミバ「しかし、本当に仕事はこれだけなのか?全員の秘孔を突いたら仕事が無くなるのではないか?」

上条父「何を言っているんだ、新入社員の秘孔を突く仕事もある、それに……。それに?」

上条父「君には私に北斗神拳を教えるという仕事もあるじゃないか!」ムキムキーン

アミバ「や、やはり教えなければいけないのか……?」

上条父「無職に逆戻りしたくなかったらね」ムキッ

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:08:31.84 ID:gOeiPZ8L0
──学校

まどか「……。」ソワソワ

さやか「どうしたの?まどか」

まどか「あのね、今日アミバさんの初出勤なんだけど……変なことしてないか不安で」

上条「大丈夫だよ、僕のお父様もついてるから」ムキムキッ

まどか「だといいんだけど……。」
ほむら「(……上条恭介が筋骨隆々になってから、まどかと親しげに話している……!)」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:17:15.46 ID:gOeiPZ8L0
──夜

アミバ「まったく、北斗神拳は一子相伝だというのにこんな気軽に教えていいのか……?」ピッ

不在着信 1件

アミバ「あぁん?木偶が出たか」ピッ プルルルル

ほむら『……鹿目アミバ、頼みたいことがあるわ』

アミバ「あぁん?木偶の退治ならいつでも……。」

ほむら『違うわ。私を……筋骨隆々にして』

アミバ「あぁん?」

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:27:16.85 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「本当にいいのかぁ?」

ほむら「えぇ」ファサッ

アミバ「しかし一体なぜ突然……。」

ほむら「……もうすぐ、この町にワルプルギスの夜が来るわ」

アミバ「ワルプルギスの夜ぅ?」

ほむら「えぇ。今までの魔女とは比べ物にならないほど巨大で強力な魔女よ。それと戦うため……!」ドスッ

アミバ「要するに巨大な木偶だな」ズブブ

ほむら「んぐっ!?」

アミバ「フフ……任せろ!パワーもスピードもいっそう強靭にしてやる!」

ほむら「は……あ……!」ガグガグガグ

アミバ「これがアミバ流北斗神拳だ!」ブゾリッ

ほむら「──!」モコモコモコモコ……!

アミバ「んふ、んふ……んふっ!」

ほむら「ふしゅるるるる……!」シュゴォォ

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:34:05.94 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フハハハハ!大成功だ!貴様はもはや暁美ほむらではない!メガほむらだ!」

メガほむ「すごい……私、生まれ変わったんだ……!」キュピーン!

アミバ「あぁん?どうした?」

メガほむ「魔女……!魔女が、いる!」ズシンズシンズシン
アミバ「フフフ、ソウルジェムのパワーも進化したか……魔法少女の秘孔は興味深いな」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:43:17.30 ID:gOeiPZ8L0
杏子「結局、マミには信じて貰えてねーし……クソっ!」

エルザマリア「……。」

杏子「何考えてたんだ、あたしは……いいじゃないか、かえって……一人で……!」

メリメリメリ……!

杏子「な、なんだ?結界が避けて……!」

メガほむ「ふしゅるるるる……!」メキメキメキ
杏子「あ、あ……!?何なんだこれ、何がどうなって……!」

アミバ「ふむ、これが今回の木偶か」

杏子「て、てめー……アミバ!」

アミバ「む、どこかで見た顔ではないか」

杏子「佐倉杏子だ、覚えとけ!それより、なんなんだよそれ……!」

メガほむ「私は暁美ほむら、あなたと同じ魔法少女よ……佐倉杏子」フシュルルルルル

杏子「……同じ?」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 15:58:12.96 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「ゆけい、メガほむらよ!木偶を叩き潰すのだぁ!」

メガほむ「ぬん!」ゴシカァン

エルザマリア「!?」

メガほむ「ほむん!ほむん!」メゴシャア!グチャア……!

エルザマリア「……。」ドロリッチ

杏子「ひっ……!」ピチャッ

メガほむ「ぬ~ん」ギリギリギリ

杏子「お、おい!やめろよ!もう死んでるじゃねぇか!グリーフシードごとつぶす気か!」

コロン……。

メガほむ「グリーフシード……貰っていくわ」ズシーンズシーン

杏子「あ、あぁ……。」ヒクッ

アミバ「ククク、面白い……では俺も」

杏子「ま、待て!アンタには用がある!」

アミバ「あぁん?」

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:11:37.28 ID:gOeiPZ8L0
杏子「アンタ……あたしのツボを突いて、あたし自身も知らないことを喋らせたでしょ?」

アミバ「秘孔だ」

杏子「い、いいじゃねーかよ……それでさ、あたしにやったのと同じことをやって欲しい人がいるんだ」
アミバ「ふむ、それに対してお前は何を差し出すというのだ?新しい木偶を提供できるとでもいうのか?」
杏子「う……そ、それは……!」

ホームレスB「俺からも頼みます、この子の頼みを聞いてやってくれませんかい?」ムキムキッ

杏子「と、トラや……デカっ!?」

ホームレスC「話は聞かせてもらったよ。俺たち、その子には危ないところを助けてもらった借りがあるんだ」

ホームレスD「頼むよ、アンタ……トラやんは助けてくれたじゃないか!杏子ちゃんも助けてくれよ!」
ホームレスA「私達にできることは何でもします。どうか、お願いしますじゃ……北斗の方」

杏子「みんな……。」

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:18:01.14 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「フフフ、天才とは辛いものだ……人助けもしなければならないとはな」

ホームレスD「じゃ、じゃあ!」

アミバ「このアミバ様が引き受けてやろう!フハハハハ!」
杏子「あ……!」

ホームレスA「あ、ありがとうございますじゃ……北斗の方」

アミバ「なに、気にすることはない。それより……先ほど『なんでもする』と言ったな」

ホームレスA「は、はぁ……。」

アミバ「その言葉……忘れるなよ?」

353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:26:32.02 ID:gOeiPZ8L0
──マミの家

ピンポーン ガチャ

マミ「……佐倉さん?」

杏子「マミ、あたしが言ったこと……ホントだって、証明しに来た!」

マミ「え?」

アミバ「とったぁ!」ビスッ

マミ「ひゃう!」ズブリ

アミバ「秘孔、新一を突いた!貴様の口は意志とは無関係に真実を話しはじめる!」

マミ「ア、アミバさ……!」

アミバ「では聞こう。魔法少女とはなんだ?」

マミ「魔法少女は──」

360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:36:41.13 ID:gOeiPZ8L0
杏子「──わかったか?あたしの言ったことがホントだって……。」

マミ「う、嘘よ……じゃあ、キュゥべえの目的はなんなのよ!」

QB「何をしてるんだい?君たちは……。」

アミバ「ちょうどいい所に」ブスッ

QB「きゅぷぺっ!?」ザネリ

アミバ「秘孔、新一を突いた!お前は真実の口は意志と無関係に真実をしゃべり出す!」

杏子「てめーの目的はなんだ!」

QB「少女を片っ端から契約して魔法少女→魔女にして、絶望させること」

マミ「そんなことのために、私たちは!?」

QB「まだ続きがあるよ」

364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:50:40.69 ID:gOeiPZ8L0
QB「魔法少女が魔女になると、希望から絶望への相転移で凄まじい感情エネルギーが生まれるんだ、それを回収するためさ」

杏子「なんでそんなこと!」

マミ「別に私たちじゃなくてもいいでしょう!」

QB「君たち第二次性徴期の女性がもっとも感情エネルギーを生み出すからね。それに君たちだって奇跡を叶えたんだから、いいだろう?」

マミ「いいわけないでしょう!本当はパパもママも助けて欲しかったのに!なんで私だけ助けたのよ!なんであの時、パパとママも助けてくれなかったのよ!」

QB「なんでも何も、君が『助けて』って願ったんじゃないか。別に両親を助けろとは願わなかったじゃないか」

マミ「う……うぅぅぅぅぅぅう!」ポロポロ

杏子「マ、マミ……?」

アミバ「そういえば新一突いてそのままだったな」

杏子「バーロー!」

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 16:59:34.02 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「ぬん!」ドスッ

マミ「は!」

アミバ「新一を解除した。貴様の口は元通り意志に従って動く」

マミ「あ……わ、私……ごめん、なさい……!」

杏子「なんで謝るんだよ、謝ること……ないよ……!」

QB「今のうちに僕は逃げるよ」コソコソ

アミバ「まぁ待て」

QB「は!口が勝手に……!」

アミバ「貴様には今回も俺の木偶になってもらおう!フフフ……!」ズブブブ

QB「やめるんだ!死んでしまう!」

375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 17:07:55.40 ID:gOeiPZ8L0
マミ「家族を犠牲にして、私だけ生き残って……最悪だよね、あたし……こんなんじゃ!」

杏子「言わないでッ!」

マミ「あ……!」

杏子「言わないで、くれよ……そんな事言ったら、あたしは……何なんだよ!」

マミ「ご、ごめんなさい……。」
アミバ「さぁーて、この秘孔はどこまで耐えられるかなぁ?」ズブブブブブ

QB「や、やめてとめてやめてとめて!」ズブブブ

アミバ「あぁ~ん?聞こえんなぁ~」

QB「やめて、とめて、やめて、とめ……とめった!」ボチューン

アミバ「ん?やりすぎたかな……。」

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 17:21:39.91 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「ところで貴様ら、そんな事をしていていいのか?」

マミ杏「「え?」」

アミバ「もうすぐこの町に最強の木偶が訪れるようだぞ?」

マミ「最強?」

杏子「何だよ、それ」

アミバ「何だったか……『ワルプルギスの夜』と言ったか?」

マミ「ワルプルギスの夜……!」

杏子「そんな情報、誰から聞いたんだ?」

アミバ「メガほむらだ」

マミ「えっと……暁美さん?とにかく、本当にワルプルギスの夜が来るんだったら今すぐにでも準備をしないと!」

杏子「いや……もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」

マミ「な、なに言ってるの!?ワルプルギスの夜は一人で太刀打ち出来る相手じゃないでしょう!」

杏子「そうかな……。」

アミバ「フフフ」

388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 17:39:15.56 ID:gOeiPZ8L0
──翌日、学校

上条「おはよー」ムキムキムキッ

さやか「おはよ、恭介」
まどか「どうしたの仁美ちゃん?顔色悪いよ」
仁美「いえ……未だに見慣れなくって……なんだか悪い夢を見ているようですわ……。」
まどか「あぁ……。」

ズシーン、ズシーン、ズシーン……。

中澤「な、なんだ?大地が揺れてる……。」

ガラガラガラ

メガほむ「お、おはよう……。」オズオズゴゴゴゴゴゴ
まどか「!!」ブーッ
中澤「!?」
さやか「!?」
上条「!?」ムキッ!?
仁美「う~ん……。」フラッ
まどか「仁美ちゃん!仁美ちゃーん!」ユサユサ

メガほむ「……お、おはよう、まどか」ゴゴゴゴゴ

まどか「ほ、ほ、ほむらちゃん……!?」アグアグ
メガほむ「きょ、今日はとてもいい天気ね」ドドドドドド

まどか「え!?あ、あぁ、うん、そうだね……!(何?どうなってるの?またアミバさん!?)」
メガほむ「(よし、自然にまどかと話せた……効果ありね!)」クシカッ

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 17:50:35.75 ID:gOeiPZ8L0
まどか「あ、あの……ほむらちゃん、い、イメージ変わったね」

メガほむ「そ、そう?」ゴヒュウウウ

まどか「うん……。」

メガほむ「実はカチューシャを替えたの」ガウェィィン

まどか「(そっちじゃない……そっちじゃないッ!)」

メガほむ「気づいてくれて嬉しいわ、まどか」ニコヒュゴァシュウウウウ
まどか「あ、あはは……。」

クラスメートA「すげーよ鹿目さん……あの暁美さんと普通に喋ってる」

クラスメートB「うちのクラスの女子はほとんど気絶して保健室だってのに……尊敬しちゃうよ」

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:02:06.98 ID:gOeiPZ8L0
──放課後

メガほむ「あ、あの……まどか、今日の帰りもし暇だったら、一緒にお茶しない」ドン

まどか「へっ!?(さ、さやかちゃん……!)」チラッ

さやか「(ごめん、今日は予定あるからムリだわ)」パチッ

上条「(ごめんね)」ムキッ

まどか「(うぅぅ……。)」

メガほむ「あ、い、嫌ならいいの……ごめんなさい、いきなり誘って」シュンボヒョォォォォ

まどか「あ、ううん!?大丈夫だよ!」

メガほむ「本当!ならサ店に行きましょう!」

408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:15:12.89 ID:gOeiPZ8L0
──サ店

ザワザワ ザワザワ

メガほむ「プロティンドリンク、おかわり」

店員「は、はい」

メガほむ「初めて飲んだけど、案外おいしいわね……プロティンドリンク」ヂュルヂュルヂュルルルル

まどか「なんで喫茶店にプロティンドリンクが……。」

メガほむ「ここの喫茶店は上条コーポレーションと提携しているから、メニューが特徴的なのよ」ズゾォォズズズブズヂュズズ

まどか「(だからってなにもプロティン出さなくても……。)」

414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:28:30.24 ID:gOeiPZ8L0
まどか「あ、あの……ずっと……ずっと気になってたんだけどさ、ほむらちゃんの身体」

メガほむ「え!?わ、私の身体が気になってたなんて、そんな……!」シュボォ

まどか「ち、ちがっ、そういう事じゃなくて!そのビルドアップ具合!もしかしてアミバさんが何かした?」

メガほむ「……え、えぇ。私が頼んだの」

まどか「なんでそんな事……!」

メガほむ「それは、まどかと……」ハッ

メガほむ「い、いえ。明日、この町に超強力な魔女──ワルプルギスの夜が現れるの。私はその魔女を倒すため、力を得た」

まどか「ほむらちゃん……(そのために、こんな姿に……。)」

メガほむ「(そう……私はワルプルギスを倒して、まどかを救うんだ……それが私の本来の使命……!)」

417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:38:54.59 ID:gOeiPZ8L0
プルルルルル……ピッ

アミバ「あぁん?」

メガほむ『ワルプルギスの夜の出現予定は明日よ。伝えておくわ』

アミバ「フム、おもしろい。広めておくぞ」

メガほむ『え?広め……えっ?』ブツッ
上条父「……どうしたんだい?アミバ君」

アミバ「フフフ……喜べ社長!明日、北斗神拳の実戦テストをしてやる!」

上条父「実戦テスト?まさかアミバ君と……!」

アミバ「まさか、貴様が天才と戦おうなど百年早い。相手は俺が用意してやる」

422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:51:26.83 ID:gOeiPZ8L0

アミバ「木偶の出現予定はこの辺りなのだな?」

メガほむ「そうだけど……なんなのよこれは」

杏子「あたしだって知らなねーよ、こんなにマッチョが多いなんて……!」

マミ「一般人を巻き込むのは気が引けるけど、心強い……の、かしら」

上条父「社員一同そろったぞ、アミバくん。実戦テストとは?」ムキムキッ

アミバ「ああ。これからやってくる木偶を叩き潰すのだ!」

社員一同「イェッサー!」ムキキッ

ホームレスC「何でもするとはいったが、まさかマッチョにされるとはな」マキッ
ホームレスB「まあいいじゃないか、みんなお揃いで」ミキッ
ホームレスD「ちぇっ、トラやんはいいよ……気楽で」メキッ
ホームレスA「身体が軽い……若い頃に戻ったようじゃ!」モキッ
ほむら「ふしゅるるる……来る!」ゴゴゴゴゴ

ワルプルギス「キャーッハッハッハッハッハ……ハ!?」

437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:07:05.68 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「さあ目標はあの木偶だ!総員突撃ぃ!」

上条父「あの木偶?どこにいるんだねいったい」キョロキョロ

ホームレスA「姿が見えぬようだが……。」

アミバ「何を言っているのだ!目の前にでかいのが浮いているだろう!」

マミ「あ、あの……。」

アミバ「あぁん?」

マミ「普通の人は、魔女の姿が見えないんですけど……。」

アミバ「なにぃ!?なぜ言わなかった!」

マミ「こんなことになるなんて思わないじゃないですか!だいたいなんであなたは見えてるんですか?」

アミバ「それは、俺は天才だから……。」

ワルプルギス「キャーッハッハッハッハッハ!!」ズドドドドドドォ!!

全員「ぎゃああああああ!!」ドゴォーン

445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:16:13.16 ID:gOeiPZ8L0
杏子「く、くそ……!」

マミ「ワルプルギスの夜……やはり強い!」

ほむら「ふしゅるるる……痛くもかゆくもないわ!」メギッ

アミバ「ええい、今のでこちらはほとんど全滅が……烏合の衆ではないか!動ける奴は!」

上条父「私は大丈夫だ!」

ホームレスA「なんとかな……。」

ホームレスB「パワーが上がってなければ即死だった」

ホームレスC「大丈夫か、トラやん?」

ホームレスD「なんなんだよ……わけわかんねえよ」

アミバ「木偶が見えないのでは話にならん!木偶を見えるようにする秘孔は……これだ!」ドスッ

ホームレスB「はうっ!」ピブー バタッ

ホームレスC「トラやん!?トラやーん!」

アミバ「ん?まちがえたかな……。」

454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:28:33.54 ID:gOeiPZ8L0
ホームレスA「結局無事に成功したのは私と社長だけか」

アミバ「仕方ないだろう、天才にも失敗はある。失敗から学習するのだ」

杏子「大丈夫なのか?そいつら……。」

アミバ「なに、気にすることはない。死にはしないだろう」

ホームレスBCD「……。」ピクピク

マミ「(死にかけてるように見えるんだけど……。)」
アミバ「さあ、早くメガほむらに便乗するのだ!」

マミ「え!?」

ほむら「ほむん!ほむん!」ガギイィン!バッグォン!

ワルプルギス「キャアアアアアア!!」ジタバタ

杏子「ワ、ワルプルギスに取り付いて殴ってる……。」

上条父「私達が今まで攻撃を受けなかったのは、彼女のおかげだったのか!」

464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:39:58.66 ID:gOeiPZ8L0
ワルプルギス「アアアアアイヤアアアアア!!」ブン!

マミ「振り落とされた!」

メガほむ「ヘギョミツ!!」ズドォォォォン!!

アミバ「とったあ!激振孔……!」ガッ

ワルプルギス「キャハ?」

アミバ「し、しまった!木偶が大きすぎて、両肩の激振孔を同時に突けん!」

ワルプルギス「アハハハハハ!!」ズドドドド!!

アミバ「ひぎゃああああ!」

472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:52:11.32 ID:gOeiPZ8L0
ワルプルギス「キャハ」ゴゴゴゴゴ……!

ホームレスA「奴が向きを変えた!」

上条父「避難所を狙っている……!まずい!」

ワルプルギス「キャハハハハハ!!」ビシュ!!

ドグシャアアアア!!

ほむら「……そこには、まどかがいる……!やらせないわ!」ゴゴゴゴゴゴ

マミ「暁美さん!ビルの一角を、生身で……!」

杏子「盾持ってんだろ!使え!盾!」

ほむら「盾?ああ、そんなのもあったわね……筋力トレーニングに明け暮れて時間停止を使い切ってしまったから、すっかり忘れてたわ」スッ

ワルプルギス「キャハハハハハハ!!」ゴォォォォォォ!!

ほむら「うう゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛ぅ!!」ドガギギギギギギィィン!!

478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:02:00.27 ID:gOeiPZ8L0
マミ「暁美さんッ!」

上条父「まるで肉のカーテンだ……鉄壁のようだが、いつか限界が来るぞ!」

ホームレスA「……私に任せろ!」ドドドドッ
杏子「長老!どこに!」

ホームレスA「誰のか知らぬが……借りるぞ!」ガッ!ドルルルルン!

マミ「ば、バイク!?」

ホームレスA「うおぉぉ!」ギュン!

上条父「凄いハンドリングテクニックだ……まるでバイクと合体しているようだ!」

ホームレスA「誰か!ジャンプ台を!」
杏子「え!?」

マミ「は、はい!」シュルルルル……!

ホームレスA「ふん!」ドルルルルルン!!

杏子「跳んだ!」

ドゴォォォォン……!
マミ「特攻……。」
上条父「まさか、そこまでの覚悟だったとは……彼の見滝原に懸けるホームレスの魂を見た……!」

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:14:01.52 ID:gOeiPZ8L0
ワルプルギス「キャハ?」クル……。

マミ「ワルプルギスが、こちらを向いた……!」

ほむら「く……。」ザスッ

マミ「あの暁美さんがひざをつくなんて……。」

杏子「無理もねー、ずっとワルプルギスの攻撃を受け続けてたんだ……。」

上条父「なら……あとは私たちの仕事だな!」
──避難所

ズシイィィン……。

まどか「なに?今の音……。」タタッ
メガほむ「はぁ……はぁ……。」

まどか「え、外にいるの……ほむらちゃん!?」

詢子「どうした、まどか?」

まどか「外に、友達が倒れて……!助けに行かなくちゃ!」

詢子「友達……?」ハッ

メガほむ「コヒュー……コヒュー……!」シュウウウウ

詢子「ま、待て!今外に出るのは危険だ!」
まどか「でも!」

492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:27:00.34 ID:gOeiPZ8L0
詢子「こういうのは……消防とか、プロに任せろ!」

まどか「で、でも、あれ友達なんだよ?それにママだって、本当はアミバさんのこと、気になってるんでしょう!?」

詢子「それは……!」

まどか「……。」ジッ

詢子「……はぁ、分かった。その代わり、必ず無事に戻って来いよ」

まどか「……ありがとッ」タタッ
メガほむ「はーっ……はーっ」

まどか「ほむらちゃん!」

メガほむ「まどか!?なんで外に出てきてしまったの……!ここは、危険よ、早く戻って」

まどか「でもほむらちゃん、傷だらけだよ!?アミバさんも戻ってこないし……!」

メガほむ「大丈夫……こいつは、私が倒す」

ワルプルギス「キャハハハハ!!」

マミ「う……っく」

杏子「はぁ……はぁ」

上条父「く……も、もう力が……!」

497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:37:34.57 ID:gOeiPZ8L0
ワルプルギス「キャハハハハハ!!」グワッ……!

マミ「あ……!」

上条父「まずい……これ以上の攻撃は!」

アミバ「鷹爪三角脚ぅ!」ドゲシ!!

ワルプルギス「ギャ!?」グラ……!

アミバ「ふん、苦戦しているではないか!やはり天才の俺がいなければ駄目か」

まどか「アミバさん!」

505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:49:56.47 ID:gOeiPZ8L0
ワルプルギス「キャハハハハハ!!」

マミ「き、効いてないの……?」

アミバ「ふむ、タフな奴だ……だが、倒す手段がないわけではない」

杏子「どうすんだよ?」

アミバ「決まっている!必殺の秘孔を突くのだ!」

上条父「必殺……激振孔かい?しかし、大きすぎて両肩に届かないのは実証済みでは……。」

アミバ「ふん、これだから凡人は……俺と貴様で同時に両肩を突けば何の問題もあるまい!」

上条父「な、なんだってー!」

512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:58:48.65 ID:gOeiPZ8L0
アミバ「いいか、作戦はこうだ。秘孔を突く二人、これは俺と社長だな。そしてそれを木偶めがけて投擲する二人、これはパワーとスピードを強化した……。」

杏子「その事なんだけどよ……長老は、もう……!」

アミバ「あぁん?」

上条父「特攻して、見事に……!だから、投擲役はもう一人しか」

アミバ「何を言う」

上条父「は?」

アミバ「もう一人いるではないか……貴様の息子が」

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:11:55.28 ID:gOeiPZ8L0
上条「──それで、僕が呼び出されたわけですか……よくわからないけど」

上条父「うむ、さあ恭介、父を力いっぱいあの空に投げつけろ!」ノシッ

上条「ちょ、重……く、ない?いける!」ググッ

アミバ「頼んだぞ、メガほむら」ノシッ

メガほむ「……これで、倒せるのね?ワルプルギスの夜を……!」

アミバ「保証しよう。俺は天才だ」

メガほむ「(私の最後の力……全て、この一投に!)」グググッ!

アミバ「3、2、1……今だ!」

メガ上ほむ「らあああぁぁぁぁぁぁぁぁッ!」ヴォン!!

まどか「いった!」

メガほむ「私の戦場はこれで……あと、は……!」バタッ

まどか「ほむら、ちゃん……?」

ほむら「……。」

まどか「ほむらちゃん?ほむらちゃん!!そんな……!」

533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:24:35.02 ID:gOeiPZ8L0
ドギュウウウン!!
杏子「なんて速さだ……!」
マミ「音が遅れて聞こえてくる……まるでロケットね」

ガシイィィィィィン!!

アミバ「取り付いたな!いくぞ、社長!」

上条父「応!」

「「激振孔!!」」ピキィィィィン!!

アミバ「うら!これでもか!どうだ!あ~ん?」グリグリグリ

ガタガタガタガタ……。

ワルプルギス「ハァ……ハァハァ…ハァハァハァハァハァ」

杏子「ワルプルギスの様子がおかしい!」

ワルプルギス「ヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒッ……もう持ってられない……!」ガタガタガタ

アミバ「悪あがきはよせぇ!へぇあ!」ドスゥ!

ワルプルギス「!!」ピブー
上条父「アミバ君、秘孔は完全に突いた……離れよう!」
アミバ「うむ」ババッ
ワルプルギス「あ、あ、あ、……ばっう!!」

チュドォォォォォォン!!ゴォォォォ……!

541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:34:27.17 ID:gOeiPZ8L0
マミ「た、倒した……ワルプルギスの夜を!」

杏子「す、すっげー……。」

上条「やったよお父様!」パチン

上条父「さすが我が息子だ!完璧な投擲だったぞ!」パチン

上条親子「イェーイ!」
まどか「ねえ、ほむらちゃん……アミバさん、勝ったよ?起きてよ……ねえ」ユサユサ

ほむら「……。」

アミバ「あぁん?何を寝ぼけているのだメガほむらよ……どれ、この俺が……ム?」

まどか「ど……どうしたの?アミバさん」

アミバ「……死んでいるではないか」

561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:50:51.09 ID:gOeiPZ8L0
ほむら「(あ……私は……どうなって……?)」

まどか「ねえ、嘘でしょアミバさん!どうにかならないの!天才なんでしょ!?」

アミバ「天才の俺にも、分からないことぐらい……ある」

ほむら「(まどか?私……死んで、しまったの?そんな、せっかくワルプルギスの夜を倒したのに、私……いやだ!生きたいッ!)」ポウ……!

まどか「な……なに?ほむらちゃんの身体が、縮んでいく……!」

アミバ「フム……これは『オートファジー』か?」

まどか「オートファジー?」

アミバ「身体が極度のエネルギー危機に瀕し……自らのタンパク質を分解してエネルギーに換えているのだ、しかし急速だな」

まどか「ということは、ほむらちゃんは……!」

アミバ「エネルギー不足なだけだ……まだ助かるな」ビス!

ほむら「……あ」パチ……!

まどか「ほむらちゃん……ほむらちゃん!」

572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:06:42.54 ID:gOeiPZ8L0
ほむら「私……。」

アミバ「死にかけていたのだ。食え」ポイッ
ほむら「(干し肉……。)ありがとう」ホムホム

まどか「良かった……本当にびっくりした……。」
ほむら「(私の身体……筋肉も、全部、元通りになってしまっている……。)」モグモグ

ほむら「……ごめんね、まどか」
まどか「ど、どうしたの?」

ほむら「こんな(筋肉のない)身体じゃ……まどかと喋れないよね?私……結局ダメだった。全部無駄だった。ホント、ごめんね……?」

まどか「……そんな事ないよ」
ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃん、ボロボロになっても……私達を守ってくれたよ。最後まで守ってくれた……無駄なんて……そんなワケないよ!」

ほむら「で、でも今の私、筋肉ないし……。」
まどか「な、何言ってるの?大丈夫だよ!むしろそのままでいてよ!」

ほむら「ほ、本当?あ、あの……私……!」

まどか「……今度、また一緒にお茶しよ?」

ほむら「……うん!」

586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:20:35.54 ID:gOeiPZ8L0
ホームレスB「は!」ビシ
ホームレスC「ひ!」バシ
ホームレスD「ふ!」ベシ

アミバ「まちがえた奴らの蘇生も済んだな」

ホームレスB「も、もう……あんまりじゃねえですかい」

ホームレスC「ったく、死ぬかと思ったよ……ところで、長老は?」

アミバ「奴は……。」

ホームレスD「……何だよ、どうしたってんだよ……答えろよ!おい!」

ホームレスA「おーい、引き上げてくれんか」チャプチャプ

ホームレスBCD「ちょ、長老!?」

ホームレスA「年甲斐もなく無茶しすぎてな……もう指一本動かせん」

杏子「あの爆発の中で生きてたのかよ……長老……!」グスッ

592: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:31:04.01 ID:gOeiPZ8L0
さやか「恭介!」ダッ

上条「さやか!どうしてここに……?」

さやか「どうしてもこうしてもないよ!いきなり避難所から連れ出されて、戻って来なくって……すごく心配したんだよ!?」

上条父「まあまあ、さやかちゃん」

さやか「お、おじさん!恭介連れ出して一体何してたんですか!?」

上条父「なに、ちょっと見滝原を救いにね……ところで、さやかちゃん」チョイチョイ

さやか「?」

上条父「『お義父さん』でもいいんだよ?」ボソッ

さやか「~~っ!?」カアァッ

上条「?」

600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:45:09.11 ID:gOeiPZ8L0
詢子「……。」ザッ

アミバ「む?姉貴ではないか。もう避難する必要はないぞ?天気はこの通り──」

パチン!

まどか「……!」

アミバ「へぁ……何をするのだ!」

詢子「バカ野郎……心配かけさせやがって!」

アミバ「あ……?」

詢子「いくら生意気でも馬鹿やらかしても、お前はたった一人のあたしの弟なんだぞ……!」

アミバ「姉貴……。」

詢子「……ったく」

知久「もう、心配はなさそうだね。さあ……帰ろうか、家へ」

タツヤ「うわらばー」キャッキャ

アミバ「フ……そうだな!」

607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:55:21.36 ID:gOeiPZ8L0
──エピローグ

上条「さやか、今日バイオリンの練習に付き合ってくれないかな?」ムキムキッ

さやか「バイオリンを粉々にしない練習だね……いいよ!」キュッ

仁美「……なんだか、少しの間にお二人がずいぶん遠くに行ってしまった気がしますわ」

まどか「そうかなぁ……でも確かに、二人とも筋肉ついたよね」

ほむら「やっぱり、筋肉がついていたほうがいいの……?」

まどか「いや、そういうことじゃないんだよ!?そういうことじゃ全っ然ないんだよ!」

616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:04:48.76 ID:gOeiPZ8L0
──市街地

マミ「結局、アミバさんのおかげで仲直りできたわけだけど……。」

杏子「まあ、ずいぶん平和だよね……筋肉に見慣れてた頃よりかさ」

マミ「平和……本当にそう思う?」ピコンピコン

杏子「魔力の反応……そーだな、『平和』ってのはちょっと違うかな」

マミ「えぇ。私たちが『魔法少女』であるかぎり……平和なんてありえない……でも」

グニャアアアア……!

杏子「ああ、独りじゃない──さあ来な、魔女め!あたしとマミが狩ってやるよ!」

621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:14:00.82 ID:gOeiPZ8L0
──上条コーポレーション、社長室
上条父「上条コーポレーションの業績が前年度の二倍に跳ね上がった」

アミバ「フフフ……これもパワーとスピードが倍以上になったおかげだ」

上条父「これも全てアミバ君のおかげだよ」

アミバ「ふん、なにを言う……貴様自身も部下の秘孔を突いているではないか」

上条父「いやいや、それも全てアミバくんのおかげだよ」

アミバ「……それで、なんの用なのだ?白々しいな」

上条父「実はだね……我が社に、ずっといてくれないかと思って……それと、昇給を」

アミバ「フフフ……願ってもない!ここは天才の俺が働くにふさわしい職場だ!」

637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:21:29.45 ID:gOeiPZ8L0
──裏路地

魔女「オォォォン……。」
ホームレスB「ひ!化け物!」シュルルル

ホームレスC「大変だ!トラやんが殺される!」

ホームレスA「落ち着け!今の私達には強靭な武器がある……北斗の方がくれた、強靭な武器が!」

ホームレスD「フッ……そうだな!」

ホームレスB「いくぞ!みんな!」ブチブチブチ

魔女「!?」

ホームレスABCD「うぉぉぉぉ!!」ボカスカボカスカ
魔女「ヒ……ヒャアアアアアア!」チュドォォォォン
コソッ
QB「わけがわからないよ……人間ってこんなに強かったかな?システムを見直したほうがいいのかな……。」

650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:28:14.64 ID:gOeiPZ8L0
──喫茶店

まどか「それでね、その時たっくんが『なにをぱら!』ってね……。」

ほむら「……あのね、まどか。私、実は……!」

まどか「ん?」

ほむら「……やっぱり、なんでもないわ」

ほむら「(……そう、私が別の未来から来たなんてことは、今の『まどか』からしたら、なんでもないこと……私の胸の中に、そっとしまっておこう。)」

──でも、私は絶対わすれない。
沢山の世界の『まどか』のこと。他のみんなのこと……。

667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:44:18.42 ID:gOeiPZ8L0
──ファミレス

詢子「珍しいじゃないか、アミバが家族にご馳走だなんて」

アミバ「フフフ……この度昇給のうえボーナスを貰ったのだ!フハハハハ!」

知久「凄いじゃないか、アミバくん」

タツヤ「うわらばうわらばー」キャッキャ

アミバ「フフフ……俺は天才だからな!この程度のスピード出世はわけない!」

まどか「ふふ……変わったね、アミバさん」

アミバ「あぁん?天才はいつでも不変だ!」

詢子「そうだよまどか、こいつはいつまでたってもバカだよ」

アミバ「何だとぉ!?」

詢子「フフ、でも言うだろ?『バカと天才は紙一重』って」

アミバ「ん?そ、そうか……まぁ、俺は天才だからな!」

詢子「これからもこの調子で頼むよ、アミバ?」

アミバ「フフ……誰に物を言っている!──俺は天才だ!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする