【モバマス×ポケモン】モバP「ほう、ポケモンタワーか」【クロスSS】

【モバマス×ポケモン】モバP「ほう、ポケモンタワーか」【クロスSS】

2: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:27:23.58 ID:2ZfICL390
P「ここは…」

小梅「あ……お、起きた…お、おはよう…プロデューサーさん…気分はどう…?」

P「小梅…って事は、ここは…」

小梅「う、うん……そうだよ…シオンタウンの…おうち…ボランティアの…」

P「良かった…今回はかなり心臓に優しいとこに出たな…」

3: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:28:08.77 ID:2ZfICL390
加蓮「さあ、それは果たしてどうでしょう?」

P「加蓮か? あれ、でも家の中には…小梅しか…」

小梅「プロデューサーさん…後ろの…壁…」

P「…ん?」

加蓮「やっほー♪」(壁から首だけ)

P「」

ーーーーーーー

4: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:28:49.19 ID:2ZfICL390
ーーーーーーーー
P「……はっ!?」がばっ…

加蓮「あ、生き返った」

小梅「魂…抜けてたもんね…♪」

加蓮「ねー♪」

P「お前らなあ…」

ーーーーーーーーー

5: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:29:25.18 ID:2ZfICL390
P「つまるところ、加蓮…お前は霊体なんだな」

加蓮「うん、この世界での私はこの通り、とっくの昔に天に召されちゃったみたい」

加蓮「……って、成仏しないでふわふわ漂ってるだけだから、召されてはいないんだっけ…あはは」

P「…………お前…」

加蓮「そんな悲しそうな顔しないでよ、ちゃんと実体だって作れるんだもん」

加蓮「ちょっと体力を使っちゃうけど…ほら、こうして触れるでしょ?」

6: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:29:58.71 ID:2ZfICL390
P「……冷たいな」

加蓮「霊体だからねー。…まあ、私のことだもん、どうせ無茶やって体が付いてこなかったとか、そんなとこでしょ」

加蓮「本当は前に会った時に言おうと思ってたんだけど…その、なんて言うか」

加蓮「ちょっぴり、ほんのちょっとだけ勇気が足りなかったっていうか…ダメだね、私、こういうの柄じゃないのに」あはは…

加蓮「湿っぽいの嫌いだから、どうせバラすなら面白い方がいいかなー、なーんて…はは…」

P「……………加蓮」

7: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:30:43.76 ID:2ZfICL390
加蓮「あ、あー、ちょっと忘れ物思い出しちゃった」ぱんっ…

加蓮「ちょっと出てくるから…小梅ちゃんの事、お願いね、じゃあ!」

P「お、おい、待てよ加蓮!」

ーーーーーーーーー

ーーーーーー

8: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:31:24.19 ID:2ZfICL390
小梅「お茶…熱いから、気をつけてね…」こと…

P「ずいぶんヒビだらけの湯呑みだな…相当に年季モノだろ、これ」

小梅「わかんない…私は、この家の主じゃないから…」

P「…それは…?」

小梅「私の親はね…間違えて連れて行かれちゃったみたいなの…多分…私のせい、なんだけど…」

P「連れて行かれる…?」

9: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:32:04.95 ID:2ZfICL390
小梅「霊能力の強い人ってね…それだけで、あの子達を連れて来ちゃうんだけど…」

小梅「あの子達は実体がないから…体が欲しくて、生きてる人の魂を追い出そうとするの」

小梅「けど…それは、失敗することが多いんだ…実体を持てないって事は、それだけ元々の力が弱いって事だから」

小梅「魂だけを引き抜いて…中に取り憑くことも、できないから…」

小梅「カラッポになった体が、突然動かなくなって残されちゃうの」

小梅「あの時は…びっくり、したな…突然、動かなくなって……そのまま、置いていかれちゃった、から…」

10: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:32:52.18 ID:2ZfICL390
小梅「身寄りがない私は、そのままこの辺りをさまよって…」

小梅「そしたら、ここに拾って貰えたんだ…」

P「……その、拾った相手って」

小梅「…………」

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

11: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:33:29.43 ID:2ZfICL390
ざああああああああ………

小梅『お腹…空いたな』

小梅『もう何日も…なんにもたべてない…から…』

小梅『このまま、食べなかったら…会いに行けるのかな』

小梅『…………』

加蓮『もしもーし、生きてますかー?』

小梅『え…』

12: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:34:18.57 ID:2ZfICL390
加蓮『あ、よかった…まだ生きてるね』

カラカラ『から。』

小梅『…あ…手、冷たいな…迎えに…来てくれたんだ…』

加蓮『………』

加蓮『ん、そうだよ。今から良いところに連れて行ってあげる』

小梅『……えへ』

13: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:35:02.00 ID:2ZfICL390
小梅『……じゃあ…よろしく、ね…』

小梅『…………』かくん…

カラカラ『から!?』

加蓮『大丈夫だよ、まだ体、暖かいし』

カラカラ『から…』ほっ……

加蓮『じゃ、いこっか…とっておきの天国みたいな場所に、さ』

ーーーーーーーーーーー

14: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:36:01.03 ID:2ZfICL390

小梅「それで…気が付いたら、ベッドの上で…パンと…スープと…」

小梅「加蓮さんはポテトを食べててね…それで、一口貰ったけど、とっても冷たくて」

小梅「けど……あんなにあったかいの、初めてだったなぁ…」

P「……小梅……加蓮……」

P「……俺、やっぱり加蓮を追いかけるよ…それ聞いたら、なんかますます…」

小梅「大丈夫…だよ」

15: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:36:30.69 ID:2ZfICL390
小梅「加蓮さんには、さっきあの子が付いて行ったから…」

P「あの子って…小梅の、いつも側にいるって言う、あの子か?」

小梅「そっちじゃない…プロデューサーさんの…モンスターボール…」

P「……あれ、カラカラは?」

ーーーーーーーーー

16: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:37:03.75 ID:2ZfICL390
ざああああああ…

加蓮「雨、か…」

加蓮「なんて言うか、私ってよく降られるんだよね…雨」

加蓮「まあ、自分でも明るいほうじゃないって自覚はあるし?それに」

加蓮「涙を隠したい時に、ちょうど良いタイミングで降ってくれるのは…結構ありがたい、かな」

カラカラ「からから。」

17: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:37:53.62 ID:2ZfICL390
加蓮「アンタのことも勝手に連れて来ちゃったし、私ってばダメだなぁ、全然吹っ切れてないじゃん」

カラカラ「から…」

加蓮「まあ、プロデューサーなら、きっと許してくれるって思うけどさ」

カラカラ「かららら…」ぶるるっ…

加蓮「…寒くなってきたね、そろそろ戻ろっか」

18: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:38:27.31 ID:2ZfICL390
加蓮「ごめんね、地面タイプなのに雨の中連れ出しちゃって…」

カラカラ「からかーら。」ふりふり

加蓮「えー? 全然平気、もうちょっといてもいい…って、絶対ウソでしょそれ」くすっ

カラカラ「……くしっ!」

加蓮「ほら、言わんこっちゃない…風邪ひかないうちに帰ろ?」

加蓮「雨だって、多分まだ激しくなるだろうし……あれ?」

ぽと…ぽと、ぽと、ぽとととと…!

19: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:38:58.12 ID:2ZfICL390
加蓮「これ…氷…あられ?」

加蓮「こんなことって、今まで………」

カラカラ「から!かーらら!」わたわた…

加蓮「……え…何あれ…飛行船…?」

カラカラ「からら…」ぶるぶる…

加蓮「…うん………私でも感じる……すごい冷気…! 」

加蓮「アレは……!」
ーーーーーーーーーー

20: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:39:38.34 ID:2ZfICL390
P「そうだよ、驚いてすっかり忘れてた…!こんなノンビリ話し込んでる場合じゃなかった!」がちゃっ!

P「あの概要書、あれに書かれてることが本当なら…!」

P「寒っ…!なんだ…!?」

P「いつの間に、一面雪景色に…」

小梅「こ、こんなの…ここは、雪なんてぜんぜん降らないのに…」

P「出てこい、リザード!」ぼんっ!

リザード「ガウ!」

21: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:40:17.64 ID:2ZfICL390
P「ふう…あったかいな、お前の側は…小梅もこっち来い、あったまるぞ」

小梅「う、うん…!」

P「アレが今回のボスキャラってわけだ…とうとう姿を現しやがった」

小梅「見て…ポケモンタワーの…最上階に…」

P「横付けするつもりか…! あの飛行船…ロケット団はここでエネルギー実験をするって言ってた」

P「天候まで、バトルフィールドの範囲どころじゃない、こんなに広範囲で操るなんて…」

P「とにかく急ごう! アレをほっとくととんでもないことになる!」

22: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:40:58.91 ID:2ZfICL390
小梅「待って…! うかつに、中に入っちゃだめ…!」

小梅「私の両親と…同じ目にあうかも…」

P「何!?」

小梅「せめて…幽霊が、プロデューサーさん自信でもちゃんと見えてないと…」

小梅「実際に視える私が教えたところで、口で言うのと視えるのとではぜんぜん違うもん…」

23: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:41:38.53 ID:2ZfICL390
小梅「私…喋るのも…うまくないし…早くもないから…ごめんなさい」

P「……いや、いい。気にすんな」

P「どうにか手はないもんか…! あの中に入って、無事に戻ってこれるような…」

紗枝「そういうと思て、御入り用なモン、持ってきましたえ~」

P「紗枝!」

24: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:42:13.31 ID:2ZfICL390
紗枝「桃華はんに聞いたんやけどな? これはシルフスコープ言う発明品で」

紗枝「かけるだけで、その幽霊が見えるようになるんやて」

P「何、うってつけじゃないか! じゃあ早速…」

紗枝「……あきまへん」すっ

P「へ」

25: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:42:41.90 ID:2ZfICL390
紗枝「これは交換条件どす。プロデューサーはん、この「すこーぷ」が欲しかったら」

紗枝「このピッピ、私に譲っておくれやす♪」

ピッピ「ぴー♪」すりすり……

P(めちゃくちゃ懐いてやがる…)
ーーーーーーーーーー

26: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:43:18.95 ID:2ZfICL390
P「…ほら…ピッピのモンスターボールだ」

紗枝「わあ、おおきに♪ いやぁ、弱みに付け込んだみたいで悪いわあ♪」

P「なんかもう幽霊よりもお前が怖いよ俺は」

紗枝「言うたやろ、プロデューサーはん? 京女は転んでもただでは起きんもんや♪」

紗枝「せやからプロデューサーはんはウチのこと、根性がある言うて気に入ってくれたんとちゃいますか?」

27: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:44:07.82 ID:2ZfICL390
P「ああ、根性と勝負度胸、ついでに色気と優しさもな」

紗枝「ついでじゃあかんですやろ、そっちが「めいん」やないと…」

紗枝「それに、誰にでも言うてるんちゃいますのん? 口達者のプロデューサーはんは」

P「う…反論できん…」

P「だが、とにかく助かった! 俺は急いで頂上へ向かう!」だだだ…

ぽろっ…

28: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:45:10.32 ID:2ZfICL390
紗枝「プロデューサーはん、何か落としていかはったけど…これは…」

R団計画概要書だ…

紗枝「……これは……」

紗枝「…………もしもし」

紗枝「…せや。おそらくそこに、二人は捕まっとるいうことやね…」

紗枝「任せて、大丈夫やろか? ……おおきにな」

紗枝「…………」ぴっ…

紗枝「……うちがチカラになれるのはここまでや。後は、プロデューサーはん達にお任せしますえ…」

29: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:45:47.70 ID:2ZfICL390
ーーーーーーーー

P「ここが…ポケモンタワーか…」

リザード「がる…!」

小梅「はぁ…はぁ…プロデューサー…さん…早いよ…」

P「小梅?」

リザード「ガル…」

30: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:46:18.98 ID:2ZfICL390
小梅「私も、連れて行って…足手まといには、絶対にならないから…」

小梅「それに…上にいるのが、四天王だって言うなら、なおさら放っておけないし…」

P「……? よくわからんが…わかった!」

P「行くぞ、敵は一気に蹴散らして最上階だ!」

小梅「う、うん…!」

リザード「ガル!」

ーーーーーーーー

31: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:47:39.08 ID:2ZfICL390
ーその頃、ポケモンタワー・最上階ー

ランス「…御覧なさい、この街の変わり果てた姿」

美波「…………」

ランス「あれは貴女の力が招いたものなのです…正確には、貴女の力を使い、この」

フリーザー「………………」ひゅおおお……

ランス「伝説の三鳥、フリーザーが形作った氷の芸術」

32: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:48:18.10 ID:2ZfICL390
ランス「これから一日をかけ、街は全て雪に、氷に、白銀の棺の中に沈むでしょう」

ランス「逃れる術は最早ありません…逃げる先から凍りついていくでしょうね」

美波(こんな…何て事を…!!)

美波(私のチカラ…この氷のチカラは本当に大切なものなのに…!)

美波(私はーーー)

33: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:48:51.46 ID:2ZfICL390
ーーーーーーーーーーーー

ー数年前・ハナダシティジムー

ゆかり『…本当に、よろしいのですか…? 私は、まだ未熟で…』

ゆかり『とても美波さんの後を継いで、ジムリーダーなど…』

美波『ううん、ゆかりちゃんなら大丈夫だよ』

美波『それにね…私だって、最初から完ぺきだったわけじゃない。』

美波『ううん…きっと誰だってそうなんだよ』

美波『私は、もっともっと強くなってみたい。 そのために、これから世界を回ってお勉強するつもり。』

34: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:49:34.06 ID:2ZfICL390
美波『未熟なのはお互い様だよ。…それにね?』ぎゅっ…

ゆかり『あ……手を…』

美波『私は、ゆかりちゃんの奏でるフルート、大好きだから…だから、任せてみたいって思ったの』

美波『全然関係ない事だって思うかもしれないけど、そうじゃないの。』

美波『何か一つの事を極めたり、それに向かって努力できる人は、きっとどこまでだって強くなれる』

ゆかり『そんな…それならなおのこと、私は、美波さんのように器用では…』

ゆかり『あなたは私の理想なんです…私は……万能に、なんでもこなせる美波さんのようには…』

35: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:50:19.22 ID:2ZfICL390
美波『私は…浮気性だから。…色んなことに手を出して、器用だって言われちゃうけど、ただの器用貧乏だもの』

美波『だからね…一途に頑張るゆかりちゃんを見て、私も何か見つけようって思ったの』

美波『ゆかりちゃんは気づいてないかもしれないけど…あなたは私の、目標だから…』

ゆかり『………!』

美波『……ダメ、かな?』

36: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:50:57.29 ID:2ZfICL390
ゆかり『……ずるいです』

ゆかり『断れるわけないじゃないですか…こんなの…』

美波『……じゃあ…』

ゆかり『……ジムは、お任せください。先代のあなたの名に負けないよう、立派にリーダーの任、果たしたいと思います』

美波『ありがとう…ゆかりちゃん…!』

ーーーーーーーーー

37: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:51:37.28 ID:2ZfICL390
ーそれから幾ばくか時は過ぎ…シンオウ地方ー

美波『う……。ここ、は…私……』

アーニャ『アー……目を、覚ましました、ね…?』

美波『あなたは…?』

アーニャ『ミーニャ ザヴート アナスタシア……アーニャと、呼んでください。ニックネーム、ですね。』

美波『私…ここで、何を…』

38: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:52:17.71 ID:2ZfICL390
美波『そうだわ…乗ってた船が事故で…それで私、海に投げ出されて…』

アーニャ『かなり長い間、水の中、いましたね…? すごくびしょびしょで…大丈夫ですか?』

美波『水は…私、水のチカラを使えるから平気なんだけど…寒さが…』

アーニャ『ここにいてください…暖かい飲み物、用意します…ね』

美波『……………』ふう……っ

美波『……外は雪…こんなに積もってるところ、見た事ないかも…』

39: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:52:54.46 ID:2ZfICL390
アーニャ『ココア、熱いですよ…』コトッ…

美波『あ…どうも、ありがとう…』

美波『……あつっ…ふー…ふー…』ずず…

美波『…美味しい』…ぽろっ…

美波『あれ…変だな、視界がぼやけて…』

美波『……やだ、涙…止まらない……』

アーニャ『…………』よしよし…

ーーーーーーー

40: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:53:42.86 ID:2ZfICL390
アーニャ『いい調子です、そのまま、撃ち込んで…!』

美波『はあああああっ!!』きぃいいい……ん!!

ラクロスのクロスから放たれた球体エネルギーが、炸裂と同時に冷気を撒き散らした…

美波『はぁ…はぁ…できた…!』

美波『私の水のチカラを…新しく手に入れた氷のチカラと、融合して…氷塊を内側から水圧で炸裂させる…』

美波『これが、私の…私だけの『アイスボール』……!』

41: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:54:17.70 ID:2ZfICL390
アーニャ『ミナミ、すごいです!完璧です!カッコいいです!!』キラキラ…

美波『…ありがとう、アーニャちゃん…これは、あなたと…もう一人、私の大切なお友達のおかげで出来たチカラよ』

アーニャ『アー…いつも話してくれますね。ユカリのコトを話す時のミナミ、とっても嬉しそうです♪』

美波『うん。ジムを任せっきりで飛び出して来ちゃったけど…今頃、どうしてるのかな…』

美波『また会えた時のために…この技にももっと、磨きをかけなくちゃ』

美波『私の、大切な友達二人から貰った大事なチカラだから…』

ーーーーーーーーー

42: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:55:07.75 ID:2ZfICL390
美波(久しぶりにこっちに戻って来る用事が出来て…早く会いに行かなきゃって思ってた矢先、捕まって…)

美波(その上…いいようにチカラを使われるなんて………悔しい…!!)

美波(こんなコトのために、チカラを付けたわけじゃないのに…!)

ランス「フハハハハ……絶景ではないですか…まさしく…」

43: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:56:06.30 ID:2ZfICL390
ランス「息を呑むほどに真白な、完全なる無の世界…」

ランス「時も、人も、空間も!全てを塗り替え、私が!」

ランス「私が世界を創り上げた!この氷の世界で私は王となるのです!」はははははは…
加蓮「トチ狂ったこと言ってんじゃないよ」
ランス「……は?」

ひゅんひゅんひゅん…! ばりいいいい……ん…

ランス「……カプセルのロックを、破壊して…!?」

カラカラ「……から!」ぱしっ!

44: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:56:45.58 ID:2ZfICL390
加蓮「時間を塗り替える? 空間を塗り潰す? 世界の王になる? バカ言わないで」

ランス「貴女は…!? ここへ一体、どうやって…」

カプセル「……ウィーーーン」プシュー…

カプセルが開いたようだ…

美波「あ……」がくっ…

美波(身体が動く、けど…力が……意識も……)

45: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:57:44.77 ID:2ZfICL390
加蓮「………」すう……っ…

ランス「消えた…!?」

加蓮「よっと…」だきっ…

美波「…………」かくん……

ランス「一瞬で消えたかと思えば、いきなり背後に現れナイト気取りですか?いただけませんね…」

加蓮「騎士なんて大層なものじゃないよ…ただのユーレイ。」

加蓮「ここへは、外から手だけ実体化して、この子を連れて飛んできただけ」

46: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:58:21.31 ID:2ZfICL390
加蓮「それに、そもそも私には戦うだけの力なんてないし…ここに来るだけでもう、体力も気力もほとんどカラッポだし」

ランス「では、何故…?」

加蓮「決まってるでしょ」

加蓮「…この子の借りを返しに来た、それだけだよ」

カラカラ「からら…!」

ランス「……ふうん…」

ーーーーーーーーーーー

47: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:59:01.17 ID:2ZfICL390
P「邪魔だどけェ!!」バキィッ!

R団員「ぐおおおっ!!」

リザード「がああああっ!!」ぼおおおっ!

R団員「あちちっ!あちちちちっ!!」

P「く……こう数が多くちゃキリがない…急がなきゃ街がやばいってのに…!」

小梅「プロデューサーさん…先に行って…!」

48: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 12:59:35.30 ID:2ZfICL390
P「小梅!?」

小梅「泣いてるの…ここに住んでる…みんなが…」

小梅「私は…ここでこいつらを食い止めるから…だからプロデューサーさん…早く行って…!」

P「……必ず追いついてこいよ」

小梅「大丈夫だよ…もしやられても…演出用の血糊ケチャップならたくさんあるから…」

P「何が大丈夫なんだよオイ…むしろ不安でいっぱいだよ俺は」

49: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:00:17.77 ID:2ZfICL390
R団員「………」じり……

小梅「……行って!」

P「く…!すぐに戻る!!」

P(信じていいんだよな…! 小梅…!)

ーーーーーーーーー

ーーーーー

50: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:00:47.08 ID:2ZfICL390
小梅「行っちゃった…」

小梅「うん……うん、大丈夫だよ…それに、みんなも、手伝ってくれるよね…?」

R団員「何をさっきからごちゃごちゃと…」

R団員小隊長「薄気味悪い娘だ…おい、いいからタコっちまえ!!」

R団員「うおおおおおおお!!」

ばき!どご!ぐしゃ!ばこぉおん……

51: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:01:33.82 ID:2ZfICL390
R団員小隊長「がはっ……」

R団員小隊長「なんで俺がタコられ…れ、れる…」ばたっ……

R団員「な…身体が、勝手に…!」

R団員「うわああああすいやせんリーダー!!」

小梅「『あやしいひかり』…ふ、ふふふ……♪」

小梅「スプラッタショーの…始まり…始まり…♪」(背後に無数の霊)

R団員「ヒィッ!!」

R団員「こ、こけおどしに決まってら!こんどこそやっちまえー!!」

うおおおおおおおおお………

ーーーーーーーーーーーー

52: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:02:11.59 ID:2ZfICL390
P「はぁ、はぁ、はぁ…! はっ、はぁ、はぁ…!」だだだだだっ…!

リザード「ガウガウ!」だだだだだ…

P「見えた…あの入り口が最上階だ…!」

P「間に合え…! はぁ…げほっ! 間に合え…!」

ばっ……!

53: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:02:55.17 ID:2ZfICL390
P「はぁ…はぁ…っ……こ、れは…!」

加蓮「……………」

美波「………………加蓮ちゃん!」

カラカラ「………から、ら…」

ランス「驚きましたねえ…ユーレイでも実体化すれば風除け程度には役立つらしい」

ランス「しかしユーレイが凍るとは…クク、これは新発見ですよ、まったく…ハハハハハ…!」

54: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:03:51.00 ID:2ZfICL390
P「………何があった」

美波「プロデューサーさん…! 私、私のせいでこんな…私が、動けない身体で前に出ちゃったから…!」

P「……加蓮…」

ランス「そうですよ、悪いのは貴女です、氷の四天王。」

ランス「ろくに動けもしないのに、つまらない怒りで我を忘れ、前に出るなど…正気の沙汰ではない」

ランス「そして、ようこそ侵入者…この私の創り上げた……凍える世界へ!」

加蓮「…………」

55: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:04:28.71 ID:2ZfICL390
P「………やりきった顔で寝やがって…リザード」

リザード「ガル…?」

P「加蓮と美波を連れて下まで下がれ。炎で少しづつ解凍するんだ」

P「生身の人間なら無事じゃ済まないだろうが…こいつは、実体があっても霊体だ」

P「助かる見込みはある」

リザード「がる…!」こくん…

56: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:05:34.14 ID:2ZfICL390
美波「プロデューサーさん…でも、私のせいで…」

P「ゴメンな…怖かったろ」

美波「!」

P「待ってろ、すぐに終わらせる、そしたらみんなで…飯でも食おう」

P「久々に作ってくれよ、美波の手料理…前のパーティの時みたいにさ」

美波「………! 必ず…」

美波「必ず戻ってきてくださいよ!? 私、夕飯だけ作って、一人で帰りをずっと待つなんて、イヤですからね!」たたた…

57: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:06:11.24 ID:2ZfICL390
P「…………行ったな」

P「……カラカラ、行けるよな」

カラカラ「からら…!」

ランス「そもそもの話…解せませんね、何故残るのです、一緒に逃げればいいでしょうに」

ランス「どの道逃げ場などないのです。逃走劇を演じるのなら、皆で仲良く逃げ惑えばいい」

ランス「そうすれば、少しはマシな絵面になるというもの…氷の世界で、絶望の表情を永遠に貼り付けて…」

58: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:06:52.02 ID:2ZfICL390
ランス「芸術品と呼ぶにはいささか不出来でしょうが…枯れ木でもまあ、賑やかしくらいにはなると思いませんか?」

P「……小梅、わかったよ、お前の言ってたこと」

P「俺にも見える…スコープなんて付けなくても、カラカラの母さんが泣いてるのがくっきり見えるんだ」

P「大好きなこの街をこんなにされて…大好きな子供がこんなに傷ついて」

フリーザー「…………………」

P「そんで、大好きな子供が大好きな街を守るため…大好きな親の無念を晴らすため」

P「こうして立派に、自分の意思で戦ってる」

カラカラ「…………!」こくっ…

59: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:07:44.62 ID:2ZfICL390
ランス「親愛の情…フン、くだらない……全て凍りつかせれば、その浮かれた頭も少しは冷えてくれますかね」

P「凍らないさ」

ランス「何を…」

P「相手が誰で、どんなに強くて、勝ち目がなかろうと…」

P「母ちゃん泣かす奴は、反省するまで尻叩きに会うもんだ」

カラカラ「からっ!」ばっ!

ランス「フン、聴けば聴くほどに下らない!見るに堪えないとはまさにこの事です」

60: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:08:22.90 ID:2ZfICL390
ランス「やりなさいフリーザー! 全てのエネルギーを使って構いません!」

ランス「どの道あの四天王は逃げられないのです…また後でゆっくりエネルギーを吸い出しましょう」

ランス「今度は吸わせすぎて、命を落とすかもしれませんがね!」

ランス「さあ、やってしまいなさい!フリーザー……」

フリーザー「…………」ギロっ……

ランス「え」

61: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:09:00.16 ID:2ZfICL390
ランス「何故そこで私を睨むのです!敵はあちらです、やってしまいなさい!」

ランス「何をしているのです!さあ、早く!」

ランス「く…馬鹿な、この氷の支配者である私には、逆らえる者などいるはずが…」

ランス「まして、下僕たる手持ちポケモンがこのような…」

P「そもそもフリーザーは操られてただけでお前の手持ちじゃないよな」

ランス「……は?」

62: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:09:48.65 ID:2ZfICL390
ランス「操る…操るには、催眠を…催眠は四天王に…それをカプセルでリンクして…カプセル…」

ランス「あ」

カプセル「………」ぼろっ……

P「…妄言を吐いて浸って、気が大きくなって周りが見えてない」

ランス「う、うるさい!うるさいうるさいうるさい!」

63: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:10:35.64 ID:2ZfICL390
ランス「こちらにはまだ手持ちポケモンがいるのです!いきなさいマタドガス!」

マタドガス「マータドガース!」

ランス「食らいなさい!『ヘドロ…』」

………斬…ッ…!

64: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:11:20.28 ID:2ZfICL390
P「……『かたきうち』!」

カラカラ「……から」

マタドガス「ドガ…ガス…ガス…」ばたっ…

ランス「…………ぐはっ…!」どさっ…

P「…安心しろよ…刃なんてない…『みねうち』だからさ」

P「だが…その腐った魂には、こいつの剣が届いたはずだ…」

カラカラ「…………………」ぱあああああ……

ガラガラ「……ガラ!」

65: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:12:15.81 ID:2ZfICL390
P「……これで、お前の母さんも…笑って眠ってくれればいいよな、ガラガラ」

ガラガラ「……ガラ…」

フリーザー「………」ふっ…

ばさ…ばさっ……

P「フリーザー…行っちまった…」

66: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:13:22.05 ID:2ZfICL390
P「これで雪もやむ…これ以上被害が広まる事はないだろう」

P「さて…問題はこの氷漬けの街だが…」

P「建物もほとんど埋まっちまってる…」

P「……そもそもこの雪じゃ外に出られないじゃないか…!」

P「唯……法子…!」

ーーーーーーーーー

67: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:13:57.39 ID:2ZfICL390
ぴぴぴぴぴ…かちっ…

P「…………やけに寒いな」ぶる…っ

P「……って、外は雪じゃないか…っと、ニュースニュース」

「近年類を見ないほどの豪雪で…各交通機関にも大きく影響が…」

P「……事務所、大丈夫かな…」

P「あ、もしもし。おはようございます…はい、今日の予定についてなんですが…」

シルフスコープ「…………」

68: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:14:23.94 ID:2ZfICL390
ーーーーーーー

ーーーーー

69: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/16(水) 13:14:51.82 ID:2ZfICL390
ーおしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする