【禁書×ポケモン】御坂「今日こそは……」【クロスSS】

【禁書×ポケモン】御坂「今日こそは……」【クロスSS】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 20:49:34.05 ID:M9+msPRDO
御坂「今日こそは……負けないわよ!!さあ、準備しなさい!!」

上条「……あのなぁ、ビリビリ。今日でこの勝負30回目だぞ……そろそろやめねぇか?」

御坂「ふん!!そうやって私に負けるのが怖いから、逃げる言い訳?」

上条「言い訳もなにも今まで全敗してるの、お前だからな?」

御坂「うっ、うるさいわね!!いいわ!!今日私が負けたらどんな罰ゲームだってうけてあげるわ!!さあ、準備しなさい!!」

上条「仕方ないな……ほら、これでいいか?」

御坂「さあ、始めるわよ!!」

↓KJごろしが勝負をしかけてきた!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372679373

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:02:12.99 ID:M9+msPRDO
↓KJごろしはハンサムをくりだした!!

ハッサム「ハーッサム!!」

↓いけ!!ポチ!!

ウインディ「わん!!」
御坂「厳選に厳選を重ねたこのポチ、しかも」

↓ポチの威嚇!!ハンサムの攻撃が下がった!!

御坂「威嚇で攻撃もさげる!!どうよ!!」

上条「へぇー、お前にしちゃ考えたんじゃね?」

御坂「余裕でいられるのも今のうちよ!!」

御坂(でかいのあててやるんだから!!)

↓KJごろしはハンサムを引っ込めた!!
いけ、ゲコタ!!

ニョロトノ「ニョロー」

御坂「なっ……交代!?」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:08:26.66 ID:M9+msPRDO
上条「まあ、読みはまだまだだけどな」

↓ゲコタのあめふらし!!雨がふりはじめた!!

御坂(これじゃあ、炎タイプの技の威力が1/4に……)
↓ポチのフレアドライブ!!効果はいまひとつのようだ……。(ニョロトノHP15/16)

上条「どうした?勝てるんじゃなかったのか?」

御坂「うっ、うるさいわね!!まだまだ始まったばかりじゃない!!」

↓ポチのかみなりのキバ!!効果は抜群だ!!

御坂(これなら大ダメージが狙える!!)

↓ソクノの実は技の威力を弱めた!!効果は抜群だ!!
(ニョロトノHP1/2)

御坂(なっ…これも読まれて…!!)

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:39:30.82 ID:M9+msPRDO
↓ゲコタのハイドロポンプ!!効果は抜群だ!!ポチは倒れた!!

御坂「くっ…一匹やられた……でも!!」

↓頑張って!!みこと!!

ピカチュウ「ピッカチュー!!」

上条「……お前、ポケモンに自分の名前つけるのやめたら?恥ずかしくない?」

御坂「うるさいわね!!勝負に集中しなさい!!」

↓みことのボルテッカー!!効果は抜群だ!!ゲコタは倒れた!!

御坂「よし!!まだイーブンよ!!」

上条「……イーブンって思ってる時点で間違いなんだよなぁ」

↓KJごろしはアクセラをくりだした!!

ソーナンス「ソーーナンス!!」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:44:00.50 ID:M9+msPRDO
御坂「アクセラ……また厄介なのがでてきたわね……」

御坂(でも今までの私とは違う!!いつもいつもボルテッカーうってはカウンターされてたけど、今回は…)ニヤリ

上条()ピクッ

↓みことのかみなり!!(ソーナンスHP3/4)

御坂(よし!!これで次の攻撃で、ボルテッカーで落ちる!!)

↓アクセラのミラーコート!!みことは倒れた!!

御坂「!?なんで……読まれて…!!」

上条「表情が顔にですぎですよー、ちゃんとポーカーフェースしないと」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:46:58.02 ID:M9+msPRDO
御坂「まだ…!!まだ終わってないわよ!!」

↓いけ!!みこと2!!

サンダース「ダース!!」

上条(…もうなにもいわないでおこう)

御坂「ぶっち抜けぇぇぇぇぇ!!」

↓みこと2のかみなり!!(ソーナンスHP1/4)

↓ソーナンスのミラーコート!!みこと2は倒れた!!KJごろしとの勝負に負けてしまった…

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 21:55:30.80 ID:M9+msPRDO
御坂「あぁ……負けちゃった……」

上条「……御坂」

御坂「いいのよ……私は負けたの……ほら、なんでも罰ゲームうけるわよ……公衆の面前で裸踊りでもなんでもやるわ」

上条「……お前、強くなりたいか?」

御坂「……そりゃなりたいわよ!!今まで全敗で悔しいと思ったわよ!!そしてパーティだってかえた!!技だって見直した!!読みだって高めた!!それでも……それでもあんたには届かなかった……」

上条「……ならこの住所の場所へいけ。……俺の師匠がいる。そこで強くなってこい、そしてまた俺の所へ挑戦しにこい!!それが俺からの罰ゲームだ…」

上条(いいかげん雑魚とのバトルもあきたし…)

御坂「あんた……」

上条「何もいうな。しゃべるひまがあったらさっさといってこい」

御坂「……うん」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:13:14.54 ID:M9+msPRDO
とあるマンション

御坂「んで、きたはいいけど……なんか開けづらいわね……ポケモン教えて下さい!!ってのもなんか恥ずかしいし……」

御坂「それに……部屋の中から変な声聞こえるし……でもはいるしかないわよ!!そうよ!!あいつにいわれたんだから!!」

御坂「おっじゃっましまーす!!」

一方「うっせェ!!今いいとこなんだ静かにしやがれ!!」

御坂「……はぁ!?一方通行!?なんであんた…」

一方「静かにってンだろ!!勝利の女神が逃げるだろうが!!」

御坂「あっ…すいません」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:18:23.40 ID:M9+msPRDO
一方「当たれェ……当たれよォ……いよっしゃァ!!当たったァ!!勝利ィぃぃぃぃぃ!!」

御坂「……あの、そろそろ喋っていいですか?」

一方「ン?超電磁砲かァ?いつきたンだァ?」

御坂「かれこれ30分待たされたわよ!!あんたがずっとポケモンしてるせいで!!」

一方「ンで、用件はァ?俺は今バトル大会で忙しいンですけどォ?」

御坂「やっぱりあんたがあいつの師匠なのね……頼みがあるの。……私にポケモンが強くなる方法教えて!!」
一方「無理ィ」

御坂「即答とは……」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:27:14.42 ID:M9+msPRDO
御坂「ちょっ、なんでよ!!」
一方「いったろォ。今俺はバトル大会で忙しいンですゥ。レート1850乗るか乗らないかの瀬戸際なんですゥ。分かったらとっとと帰りなァ」

御坂「そこをなんとか……」
御坂(待てよ……これなら)ニヤリ

御坂「そういえばぁ、あいつの手持ちにあんたの名前が使われてたなぁ」

一方「」ピクッ

御坂「まあ、どうでもいいでしょうけどねぇ。おじゃましましたぁ」

一方「まてェ」

御坂(かかった!!)

一方「その…なンだァ?何に俺の名前がついてたってェ?」

御坂「ソーナンス」

一方「………………は?悪い、多分聞き間違いだろうがァ、ソーナンスったか?」

御坂「うん、あいつのソーナンスのニックネームはアクセラよ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:36:09.54 ID:M9+msPRDO
~回想~
上条「師匠!!師匠のおかげでレート1650にのることができました!!本当にありがとうございました!!」

一方「きにすンなァ。俺は基本中の基本を叩き込ンだだけだァ。後は自分で努力していくンだなァ」

上条「はい!!…それで、師匠の名前、ニックネームにしてもいいですか?師匠を忘れないためにも……」

一方「そうだなァ……特別に許してやる。強ーい奴につけろよォ」

上条「はい!!本当にありがとうございました!!」

~回想終了~
一方「あの野郎…あンなこといっといて……よりにゆってソーナンスですかァ!?今じゃゴチルゼルに仕事奪われた、あのソーナンスですか!?いいね、いいね、さいっこうだねェ!!」

一方「おい、超電磁砲、話は聞いたァ。今からバトルの基本を叩き込ンでやる。ンで、必ずあいつ負かしてこい」

御坂「はい!!」

御坂(あんたの能力ソーナンスの劣化版じゃん…)

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:48:45.36 ID:M9+msPRDO
一方「それじゃァ、お前のパーティみせてみろォ」

御坂「はい……こんな感じだけど…」

御坂パーティ
デンリュウ(名前ビリビリ)
サンダース(みさか2)

ピカチュウ(みさか)

ウインディ(ポチ)

プラスル(じゅう)

マイナン(いち)
一方「……なンだァ!?この雑魚パーティはァ!!?電気タイプ多すぎるし、地面に弱すぎンだろ!!」

御坂「えっ…電気は私のアイデンティティかなって…」

一方「アイデンティティだけで、ポケモンはできねぇんだよ!!ど素人がァ!!」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 22:56:36.71 ID:M9+msPRDO
一方「……よし、まずは三値からだァ。三値わかるよなァ?」

御坂「えっ?山地?」

一方「……駄目だ、やっぱお前帰れ。」

御坂「ちょっ、そこ教えるのが先生でしょ!?」

一方「ちっ……三値ってのは『個体値』『努力値』『種族値』のことだァ。まず最初にこれを学ぶのが強くなるための基本だァ

御坂「ふむふむ」メモメモ

一方「そして、その個体値を意図的に最大にする、それが俗にいう『乱数調整』ってやつだ。まあ、それはまだお前には早いだろうがァ…」

御坂「教えて!!」

一方「…………なンでそこまでお前はやる気なンだ?別に無理して強くならなくてもいいンじゃねェのか?」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:02:36.29 ID:M9+msPRDO
御坂「あいつに……当麻に強くなって帰ってくるっていったから……どんなことでもするって決めたから!!」

一方「……しゃァねェ。まあ、第三位の演算能力があったらすぐ理解できるだろォ。」ウンタラカンタラピーチクパーチク

御坂「なるほど、なるほど」メモメモ
数時間後…
一方「よし、今日のところはここまでだなァ。家帰ってしっかり復習するようになァ」

御坂「はい、先生!!失礼します!!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:08:04.54 ID:M9+msPRDO
御坂(この調子で勉強していけば……当麻においつけるかな……)

黒子「…ふぁー、お姉様?こんな時間まで勉強だなんて……さすがは常盤台のエース!!この黒子、見習わせていただきますわ…って何をやっているんですの?」

御坂「乱数調整とはオフセットがウンタラカンタラ、初期Seedがウンタラカンタラ…」

黒子(みたことのない数字や文字がいっぱい……はっ!!さてはレベル5にしか分からない文章では……黒子にはまだ早かったですわね…)オヤスミナサイデスノ

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:13:52.43 ID:M9+msPRDO
それから……

一方「違う!!そこは入れ替えてダメージを減らせ!!」

御坂「ええと…こうね!!」
御坂「佐天さん!!ポケモンやらない?」

佐天「いいですよ!!でも以外ですね、御坂さんみたいな人がポケモンだなんて……」

御坂「へっ!?まあ、いろいろあるのよ!!ははは…」

一方「いいかァ、三下はいろンなパーティをつかうがァ、一番信頼してるのは雨パだァ。もし本気のバトルになったら、あいつは必ず雨パをつかってくる」

一方「その点を考慮して、パーティつくってみろォ」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:20:41.12 ID:M9+msPRDO
そして……

一方「……うン、合格だァ。」

御坂「本当ですか!!」

一方「あァ、こいつとお前の読みなら必ず三下にかてる……いってこィ」

御坂「……はい!!」

上条「きたな……」

御坂「ええ……今回はまけない……一ヶ月間努力してきたんだから!!絶対に!!」

上条「そうか……なら今回は俺も全力でいかせてもらう……」

御坂「……準備はいい?」

上条「ああ……」

御坂・上条「(この血、この肉、この魂……今、ここにあるもの全力で!!)おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

闘いの火蓋は切られた!!

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:30:58.90 ID:M9+msPRDO
御坂「たのんだわよ……ビリビリ2!!」

↓いけ!!ビリビリ2!!

ボルトロス「ウッヒョー!!」
上条「いけ…ゲコタ…」

↓KJごろしはゲコタをくりだした!!ゲコタの雨ふらし!!雨がふりはじめた!!
御坂(やっぱり雨パね……ならきっとあいつがはいってる……)

↓ビリビリ2のかみなり!!効果は抜群だ!!ゲコタは脱出ボタンで戻っていく!!

御坂(ここまでは読み通り……そしてここででてくるのが…)

上条「以外と早く出番だな……いこう、俺の相棒!!我が名が最強である意味をここに証明しろ!!フランEx!!」

キングドラ「グドラァー!!」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:36:39.16 ID:M9+msPRDO
御坂「……やっぱり来たわね……あんたが最もこのんで使うってきいてるわよ……?」

上条「……その通り、こいつはすいすいで雨のなかだと素早さが二倍になる……俺の切り札だ!!いけ、フランEx!!その身をくらいて力となせ!!」イノチノタマモチレイトウビーム

↓フランExのレイトウビーム!!効果は抜群だ!!ビリビリ2は倒れた!!

御坂(くっ…ブラック2しかもってないのがあだになったか…特性『いたずらごころ』なら一気にいけたんだが…)

御坂「悔いても仕方ないわね……たのんだわよ…みこと2!!」

サンダース「ダース!!」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:43:58.84 ID:M9+msPRDO
御坂(いけ!!)

↓KJごろしはフランExを引っ込めた!!

御坂(読まれた!!)

↓KJごろしはアクセラをくりだした!!

ソーナンス「ソーーナンス!!」

↓みこと2の電磁波!!相手のアクセラは麻痺した!!

上条「…御坂、確かに電磁波は麻痺状態にし素早さを下げることができる……ただ残念なのは、そんなこと誰でも思いつく。何度かくらったら対策だって思いつくんだよ…」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:53:23.39 ID:M9+msPRDO
御坂「……まさかそこまで読まれてたなんてね……」

御坂(やっぱり当麻は強い…でも……負けられない!!)

↓みこと2の嘘泣き!!ソーナンスの特防ががくっと下がった!!

上条「………!!」

御坂「驚いた?イーブイからの卵技で覚えさせた嘘泣き……アクセラ対策に手間かけて覚えさせたのよ…」

↓アクセラのミラーコート!!しかしうまくきまらなかった!!

御坂「これでかみなりでソーナンスは落ちる!!それで……私の勝ちだぁぁ!!」

↓みこと2のかみなり!!

御坂「………!!!!」

↓アクセラは気合いのたすきで堪えた!!アクセラのミラーコート!!

御坂「……ここまで読んでたの?」

上条「サンダースをおまえが使いはじめたころから警戒はしていた……だからもたせていた……」

↓みこと2は気合いの襷で堪えた!!

上条「…その襷はキングドラの攻撃をうけても、一度堪え、電磁波をうつためのものだったんだろ…?当てがはずれたな」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 23:59:37.70 ID:M9+msPRDO
御坂「………」

↓みこと2のかみなり!!アクセラは倒れた!!

上条(これで勝ちは確かに近づいた…でもまだ終わってない…御坂の三匹目……それによって戦局は大きくかわる……)

↓KJごろしはフランExをくりだした!!

キングドラ「グードラ!!」

上条(とりあえず……まずはサンダースをおとすか…)
御坂「…いいこと教えてあげましょうか?」

上条「…………」

御坂「確かにそのキングドラは強い……雨の中だから誰にもとめられなくなる……でもここで逆の発想ができるの……」
御坂「雨じゃなかったら、どうなるのかな?」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/02(火) 00:05:09.53 ID:5/lo15KDO
上条「………まさか!!」

↓戻れ!!みこと2!!

↓頑張って!!がんせき!!

バンギラス「オギャァー!!」
上条「やはり……バンギラスか…!!」

↓がんせきのすなおこし!!すなあらしが吹き始めた!!

上条(すなあらしのなかじゃ、岩タイプの特防は1・5倍……キングドラじゃ落とせない……なら!!)

↓KJごろしはフランExをもどした!!いけ!!ゲコタ!!

ニョロトノ「ニョロー」

↓ゲコタの雨ふらし!!雨がふりはじめた!

上条(よし!!この天候なら…!!)
↓がんせき戻れ。

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/02(火) 00:10:26.03 ID:5/lo15KDO
上条「!!俺の手が…読まれた!!」

↓いけ!!みこと2!!

サンダース「ダース!!」

御坂「……キングドラでバンギラスを倒せないのはあんたが1番分かってる。なら入れ替えてくるのはおのずとみえてくる」

御坂「ただ……いつものあんたならサンダースに入れ替えるのも読んでたと思う……でもバンギラスというイレギュラーな存在であんたはあせった」

御坂「そして読みが甘くなった……それが敗因だよ。さて…どうする?キングドラに入れ替えていちかばちか、堪えれるかかけるか。

御坂「このままニョロトノを見殺しにするか……」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/02(火) 00:13:05.29 ID:5/lo15KDO
上条「おっ……うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

↓みこと2のかみなり!!効果は抜群だ!!ゲコタは倒れた!!

御坂「チェックメイト」

↓降参が選ばれました。

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/02(火) 00:19:09.85 ID:5/lo15KDO
上条「負けた……俺が……」
一方「何故負けたかわかるかァ、三下ァ?」

御坂「先生!!いつから…」

一方「はじまったときから見させてもらったァ。お前とこいつでは決定的に違うとこがあンだよォ……なにかわかるかァ?」

上条「……………」

一方「それはな………俺の名前つかったかどうかだァぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

御坂(途中までかっこよかったのに台なし!!)

一方「えっ?なンですかァぁぁぁぁぁ?あなたからみたらこの俺はあンな雑魚と一緒なンですかァ?いいぜェ……やってやるよォ……ソーナンスと俺、どっちが強いかァ、現実世界でたっぷりと教えてやるよォ!!」
クウキヲアッシュク!!

上条「不幸だぁぁぁぁぁ!!」

終われ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする