【アイマス・クロスSS】菊地真「まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地【ラブライブ】

【アイマス・クロスSS】菊地真「まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地【ラブライブ】

1: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:50:23.47 ID:fqR2178KO
やよい「何やってるんですかー?」

真「」

2: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:51:19.51 ID:fqR2178KO
P「新しい挨拶を考えた?」

真「はいっ」

亜美「はいさいみたいな?」

やよい「ちょっと違うかなーって」

P「……なんでやよいが答えるんだ?」

やよい「さっき偶然見ちゃったんですよ」

3: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:51:57.35 ID:fqR2178KO
P「ちなみにどんな挨拶なんだ?」

真「いや……その……人前でやるにはちょっと恥ずかしくて……」

亜美「やよいっちの前ではやってたのに?」

真「やよいがいるのは気づかなかったんだ!」

亜美「亜美まこちんの挨拶見たいなー」

真「え?」

P「どうせこのメンバーだけなんだし」

P「ネットに上げるわけでもないだろ」

真「……分かった」

4: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:52:32.88 ID:fqR2178KO
真「まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地まこまこ!まこりんって覚えて」

亜美「ちょっと寒くないかにゃー?」

真「最後まで言わせろおおおおおお!」

P「……実際、ちょっと寒いな」

亜美「兄ちゃん、ストーブ出す?」

真「そこまで寒いのか!?」

5: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:53:13.14 ID:fqR2178KO
P「まあ冗談は置いといて」

亜美「パクりだよね」

P「だな」

やよい「え?」

亜美「μ’sのにこにーのやつ」

P「にっこにっこにーってやつか」

真「そうですパクりましたごめんなさい!」

6: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:57:00.31 ID:fqR2178KO
やよい「にこにーさんって誰でしたっけ」

亜美「やよいっちμ’s知らないの?」

やよい「はい……」

P「高坂穂乃果ちゃんとかのグループだな」

やよい「高坂穂乃果さん……誰でしたっけ」

P「星空凛ちゃんは?」

やよい「星空凛さん?」

真「星空リンガベーの」

亜美「ミキミキがこの間出てたじゃん」

やよい「それなら分かります」

7: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:58:02.35 ID:fqR2178KO
やよい「それで、その凛さんの持ちネタを真くんが真似したんですか」

亜美「真似したのはリンガベーじゃなくてにこにーだよ」

やよい「」

P「訳、凛ちゃんじゃなくて矢澤にこちゃんだよ」

やよい「矢澤にこさん……誰でしたっけ?」

真「知らないのか……」

亜美「まあにこにーはリンガベーとかに比べたら売れてないから」

P「小鳥のPCに参考映像があるから見てみようか」

8: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:58:43.73 ID:fqR2178KO
『まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地まこまこ!まこりんって覚えてちょっと寒くないかにゃー?』

真「なんで僕のなんだ!というかいつの間に撮ったんだ!」

P「えー実は小鳥が隠しカメラ仕掛けてまして」

真「小鳥いたのか」

小鳥「」

P「と冗談はこの辺にして本家を見てみようか」

9: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 00:59:48.62 ID:fqR2178KO
『にっこにっこにー!あなたのハートににこにこにー!笑顔届ける矢澤にこにこ!にこにーって覚えてラブにこ!』

P「これが本家」

やよい「凄いです……完コピすぅ……」

真「亜美の横槍がなければ完コピだったんだけどな……」

亜美「亜美の横槍も完コピだったっしょ?」

真「あれって最後まで言い切って一呼吸入れてからなんだけど」

やよい「……横槍って元ネタあったんですか?」

P「ちょっと寒くないかにゃーは凛のやつだな」

小鳥「星空リンガベーのネタですよね」

10: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:00:40.16 ID:fqR2178KO
やよい「ところで真くんはなんで真似しようと思ったのかなーって」

真「えっと……」

亜美「まあ大体予想は付くっしょ」

真「え?」

P「おおかた今度のラジオでやろうと思ったんだろ?」

真「なんで分かったんですか」

小鳥「普段の様子見てたら」

やよい「こういう挨拶とか好きそうかなーって」

真「やよいは分かってるのになんで聞いたんだ」

11: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:01:18.10 ID:fqR2178KO
P「でも却下」

真「なんでですか!」

P「キャラじゃない」

真「キャラ変えしたいんですよ!」

亜美「まこちんは『おっす!おら真!』とかのほうが似合うっしょ」

真「なんだそのキャラ」

やよい「でも美希さんのほうが似合いそうですよね」

P「それは言えてる」

12: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:02:07.71 ID:fqR2178KO
美希「ただいまなの」

亜美「噂をすれば」

美希「なんの話してたの?」

亜美「まこちんが新しい挨拶考えてっていうかパクって」

やよい「美希さんのほうが似合いそうかなーって」

美希「へーどんな挨拶?」

小鳥「・PLAY」

13: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:03:56.06 ID:fqR2178KO
『まっこまっこりーん!あなたのハーry』

美希「……なんか気持ち悪いの」

真「気持ち悪い言うな!」

美希「あとキャラ的にちょっと微妙なの」

真「……」

美希「でもなんか美希がやったらいい感じみたいなの」

亜美「亜美もそう思う」

やよい「やよいもそう思いますー」

美希「ちょっとやってみていい?」

真「え?」

P「どうぞ」

真「ちょっ」

小鳥「●REC」

14: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:04:45.39 ID:fqR2178KO
美希「ミッキミッキミー!あなたのハートにミキミキミー!笑顔届ける星井ミキミキ!ミキミーって覚えてラブミキ!」

美希「どう?」

やよい「完璧ですー」

P「これはラジオで使えるんじゃないか?」

亜美「ミキミーラジオやってないからテレビじゃない?」

小鳥「そうね」

真「僕のときと反応違いすぎ」

15: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:05:30.04 ID:fqR2178KO
亜美「亜美もやってみていい?」

真「え?」

亜美「亜美もやってみたいかなーって」

真「なんでやよい調なんだ」

亜美「亜美もやってみるの」

真「もう好きにしてください」

亜美「じゃあ好きにするね」

美希「なんか似合いそうなの」

真「……」

16: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:06:26.91 ID:fqR2178KO
亜美「あっみあっみみー!あなたのハートにあみあみみー!笑顔届ける双海あみあみ!あみみーって覚えてラブあみ!」

やよい「完璧ですー」

真「地味に決まってるから反論できない……」

亜美「まあまこりんも地味に決まってたんだけどね」

やよい「キャラじゃないかなーって」

美希「おっす!おら真!とかのほうがキャラなの」

真「亜美にも同じこと言われたんだけど……」

17: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:07:46.33 ID:4NSa0ZSI0
やよい「やよいもやってみたいかなーって」

亜美「やよいっちかー」

P「なんかかわいくなりそうだな」

小鳥「やってみる?」

やよい「やってみますー」

真「もう僕には聞かないんだな」

美希「ちょっと楽しみなの」

18: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:08:51.23 ID:4NSa0ZSI0
やよい「やっよやっよいー!あなたのハートにやよやよいー!笑顔届ける高槻やよい!やよいーって覚えてラブやよ!」

やよい「うー……難しいですー……」

P「まあ名前がやよいだからな」

亜美「やよいーって何だろ……」

小鳥「やよいーは呼びづらいわね……」

やよい「ごめんなさい……」

19: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:09:47.17 ID:4NSa0ZSI0
響「ただいまー」

やよい「あ、響さんです」

小鳥「おかえりなさい」

亜美「ひびきんかー」

真「響がどうしたんだ?」

亜美「ひびきん……ひびひびきん……」

亜美「いけるかもしんない」

響「何が?」

小鳥「同感ね」

美希「いけそうなの」

響「だから何が?」

20: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:10:38.65 ID:4NSa0ZSI0
響「ひっびひっびきーん!あなたのハートにひびひびきーん!笑顔届ける我那覇ひびきん!ひびきーって覚えてラブひび!」

響「どう?」

真「結局やった……」

やよい「完璧ですー!」

亜美「バッチリ決まってたね」

美希「真くんとは大違いなの」

真「どういう意味だ」

21: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:11:45.21 ID:4NSa0ZSI0
亜美「これであとやってないのは」

やよい「春香さんに千早さん」

美希「真美に雪歩」

P「あずささんに律子」

響「貴音に伊織だな」

真「いつから全員やる流れになったんだ」

美希「……小鳥は?」

小鳥「ピヨ」

P「キャラ違い激しすぎるけど一応やっとく?」

響「やよいもやったんだし」

小鳥「一応やっときますか」

22: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:13:09.95 ID:4NSa0ZSI0
小鳥「こっとこっとりーん!あなたのハートにことことりーん!笑顔届ける音無ことこと!ことりんって覚えてラブこと!」

小鳥「ちょっと寒くないかにゃー……」

真「ちょっとどころじゃなく寒いな……」

亜美「何がいけないんだろうね……」

P「最後のラブことじゃないか?」

美希「へ?」

P「本家のラブにこはさ、なんとなくにこっと笑ってる感じがあるだろ」

亜美「あー」

やよい「なるほど……」

P「ラブことって何」

響「それ言うならラブまこもラブミキも何ってなるけどな」

P「あとはキャラだな」

小鳥「」ガクッ

23: ◆0gdcyn35Lv4U 2015/06/17(水) 01:14:11.92 ID:4NSa0ZSI0
響「でも一番似合わないのはプロデューサーだぞ」

P「え?」

響「プッロデューサー!あなたのハートにプロデューサー!笑顔届けるプロデューサー!」

響「もう訳が分からないぞ」

亜美「あなたのハートにプロデューサーって……」

真「やよいより酷い……」

P「……一応言っとくけど俺の名前プロデューサーじゃないからな」

一同「へ?」

P「そんな変な名前だったらとっくに改名してる」

亜美「へー……」

やよい「プロデューサーって本名じゃなかったんですか……」

小鳥「驚きです……」

P「いやみんな知ってたよな?」

美希「ハニーが偽名使ってたの……」

P「いや偽名じゃなくて役職だから」

31: 酉キー単純過ぎて忘却の彼方 ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:50:37.64 ID:v5NNsPhZ0
春香「ただいまー」

千早「こんにちは」

貴音「戻りました」

亜美「……これはまた面白いメンバーが」

P「面白くなりそうだな」

千早「なんの話ですか?」

やよい「真さんが面白い挨拶考えたのでみんなで真似してたんです」

千早「……?」

やよい「実際に見た方が早いですよね」

亜美「よーしピヨちゃん再生よろしく!」

春香「あの、その前に1ついい?」

亜美「はるるんどったの?」

32: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:51:57.85 ID:v5NNsPhZ0
春香「さっき社長室の前通ったら」

『たっかたっかぎー!あなたのハートにたかたかぎー!笑顔届ける高木たかたか!たかぎーって覚えてラブたか!』

春香「って聞こえてきたんだけどあれ何?」

亜美「wwwwwwww」

やよい「社長面白いですwwwwww」

響「まさか社長がやるとはwwwwww」

春香「え?みんなどしたの?」

33: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:52:55.94 ID:v5NNsPhZ0
春香「へー……にこにーのネタを真ちゃんが」

貴音「それをみんなで真似してたんですね」

亜美「お姫ちんにこにー知ってるの?」

貴音「先日星空リンガベーに出ていたではありませんか」

美希「熱心に見てたもんね」

貴音「それで、わたくしもやってみたいのですがよろしいでしょうか」

やよい「え?」

響「貴音が?」

34: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:53:48.41 ID:v5NNsPhZ0
貴音「たっかたっかねー!あなたのハートにたかたかねー!笑顔届ける四条たかたか!たかねーって覚えてラブたか!」

響「……」

小鳥「……」

美希「……」

真「なんだろうこの感覚」

亜美「寒くはないけどあったかくもないっていうか」

やよい「不思議な感覚ですう」

貴音「……」

35: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:54:48.04 ID:v5NNsPhZ0
春香「それじゃ私も行きまーす」

P「え?この流れで?」

美希「この微妙な空気で?」

春香「微妙な空気だから流れを変えたいんですよ」

春香「っていうか最終的には全員やらされる空気ですよね?」

亜美「まあそうだけど」

春香「じゃあ早いうちにやっちゃったほうがいいじゃないですか」

36: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:55:46.15 ID:v5NNsPhZ0
春香「はっるはっるかー!あなたのハートにはるはるかー!笑顔届ける天海はるはる!はるかーって覚えてラブはる!」

亜美「テイク2」

春香「え?」

亜美「なんかしっくり来なかったからはるはるるんでもう1回」

春香「えー………………」

やよい「確かに今のはしっくり来なかったです」

美希「はるはるるんのほうが似合いそうなの」

春香「……………………」

P「ちなみに俺も同意見だ」

春香「やります」

37: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:56:46.38 ID:v5NNsPhZ0
春香「はっるはっるるーん!あなたのハートにはるはるるーん!笑顔届ける天海はるはる!はるるんって覚えてラブはる!」

春香「どうでしょうか?」

P「いい感じだな」

貴音「決まっていると思います」

やよい「今度のラジオで使えるんじゃないですかー?」

春香「へへっ、やーりぃ!」

真「……」

亜美「……」

美希「……」

貴音「……」

やよい「……」

春香「あっ……えっと……」

真「さすがにそれは勘弁してほしいかなーって」

38: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:57:57.58 ID:v5NNsPhZ0
千早「……」

春香「千早ちゃんどしたの?」

千早「いや……この流れだと私もやらされるんだろうなって感じてるんだけど……」

千早「うまくできるか心配で……」

亜美「やっちゃいなよ」

やよい「私だってうまくできませんでしたよ」

小鳥「私なんかセルフ寒くないかにゃーですよ」

真「僕なんか最後まで言わせてもらえなかったんだぞ!」

亜美「本家なのにww」

P「いや本家ではないけどな」

39: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 12:59:18.86 ID:v5NNsPhZ0
千早「えっと……」

千早「それじゃ……」

千早「……」

千早「……ちっはちっはやー……あなたのハートにちはちはやー……笑顔届ける如月ちはちは……ちはやーって覚えて……」

千早「……」

春香「……」

貴音「……」

やよい「……」

小鳥「ちはちはやーってなんか違う気が……」

P「ちはやはやーだと……どうだろ……」

響「はやはややーは?」

春香「それだ」

40: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 13:00:19.38 ID:v5NNsPhZ0
P「というわけで、はやはややーでもう1回」

千早「……」

春香「……」

やよい「……」

真「……」

小鳥「……」

千早「……行きます」

響「……」

貴音「……」

美希「……」

亜美「……」

41: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/06/26(金) 13:02:05.57 ID:v5NNsPhZ0
千早「……」

千早「はっやはっややー!あなたのハートにはやはややー!笑顔届ける如月はやはや!はややーって覚えてラブはや!」

千早「……すっごい恥ずかしいです」

春香「ごめんね変なことやらせちゃって……」

亜美「でも結構決まってたよね」

響「普段クールだからギャップがいいよな」

P「これにこにー並みのテンションでやったら人気でるかな?」

小鳥「ギャップ萌えとか言われるんじゃないですかね」

44: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 01:56:28.53 ID:hoDkx1Sm0
雪歩「こんばっぱー」

あずさ「にゃんぱすー」

真美「スラマッパギ」

P「おっ、雪歩たち戻ってきたか」

真美「何やってんの?」

美希「真くんが矢澤にこにーの挨拶パクってたの」

やよい「みんなで真似してたんです」

真美「え?どういうこと?」

P「だから、真が矢澤にこちゃんの挨拶パクってたから」

亜美「みんなで真似してたんだよねー」

真美「ごめん、全然分かんない」

45: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 01:57:37.26 ID:hoDkx1Sm0
『まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地まこまこ!まこりんって覚えてちょっと寒くないかにゃー?』

やよい「こういうことです」

真美「よくわかりました」

雪歩「それで……多分この流れだと」

あずさ「全員やらされるのね」

貴音「そういうことになるでしょうね」

雪歩「なんか恥ずかしいんですけど……」

やよい「私よりは恥ずかしくないと思いますー」

小鳥「セルフ寒くないかにゃーよりは大丈夫よね」

真「最後まで言わせてもらえないよりはまだましだぞ!」

46: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 01:58:39.06 ID:hoDkx1Sm0
雪歩「じゃあ……行きますね」

雪歩「ゆっきゆっきぴょーん!あなたのハートにゆきゆきぴょーん!笑顔届ける萩原ゆきゆき!ゆきぴょんって覚えてラブゆき!」

雪歩「……穴掘って埋まってます」

P「雪歩がスコップ持って出ていったぞ」

春香「すごい……穴を掘る気力すら奪っちゃった」

やよい「いつもならその場で掘っちゃうんですけど」

真「まさか雪歩が穴を『掘りに行く』とは」

響「にこにー恐るべし」

47: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 01:59:35.08 ID:hoDkx1Sm0
あずさ「雪歩ちゃんの仇は私が」

あずさ「あっずあっずさー!あなたのハートにあずあずさー!笑顔届ける三浦あずあず!あずさーって覚えてラブあず!」

美希「あずさーでいいの?」

小鳥「ほとんど本名そのまんまだけど」

あずさ「思い付かなかったんですよ」

P「あずずーとか」

あずさ「あずずーですか……」

貴音「三浦あずずー……」

やよい「……」

響「……」

真「……」

亜美「……」

美希「まあどっちでもいいんじゃない?あずさの好きなようにやればいいと思うの」

あずさ「そうね。じゃああずさーにするわ」

48: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 02:00:38.87 ID:hoDkx1Sm0
真美「真美行きまーす」

亜美「真美行けるの?」

真美「亜美が行けたんなら真美も行けるっしょ」

春香「噛まない?」

真美「噛まないっしょ」

P「まあ真美はあんまり滑舌良くないからな」

響「自分は絶対噛むと思うぞ」

真美「そんなに噛んでるイメージある?」

小鳥「あるわね」

真美「ガクッ」

49: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/08(水) 02:01:40.34 ID:hoDkx1Sm0
亜美「というわけで、双海真美さんの挑戦です」

真美「まっみまっむみー!あなたのハートにまむまむみー!笑顔届ける双海まむまむ!まむみーって覚えてラブまむ!」

亜美「はいアウトー」

真「まむみーって誰」

やよい「双海まむまむって言ってました」

P「結局8割方噛んでたよな」

真美「亜美はできたのに……」

小鳥「まあ名前違うから……」

52: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:29:12.58 ID:41PwW4OG0
P「あとやってないのは」

亜美「いおりんとりっちゃん」

やよい「律子さんも入るんですか」

P「まあ小鳥もやったし」

ガチャ

伊織「ただいま」

律子「戻りました」

P「おっ」

美希「噂をすれば」

律子「何の噂?」

53: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:30:06.84 ID:41PwW4OG0
真「にっこにっこにーってあるじゃないですか」

律子「矢澤にこさんのやつね」

真「あれを僕がやったら案外いい感じで」

美希「いい感じだったっけ?」

真「まあとにかく、みんなでやってみようってことになったんですよ」

伊織「全く話が見えないんだけど」

54: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:30:56.69 ID:41PwW4OG0
小鳥「参考映像どうぞ」

『まっこまっこりーん!あなたのハートにまこまこりーん!笑顔届ける菊地まこまこ!まこりんって覚えてちょっと寒くないかにゃー?』

律子「なんとなく分かりました」

伊織「で、これをみんなでやってたわけね」

やよい「まあ私はしっくりこなかったんですけどね」

小鳥「セルフ寒くないかにゃーだったんだけどね」

真「最後まで言わせてもらえなかったんだけどね」

伊織「はいはい最後まで言わせてもらえなかったやつは黙ってなさい」

真「最初にやったの僕なのになんでこの扱い」

55: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:31:48.72 ID:41PwW4OG0
伊織「あんたら見てなさい、このスーパーアイドル伊織ちゃんが本物のまっこまっこりーんを見せてあげるわ」

亜美「にっこにっこにーじゃなくて?」

伊織「どっちでもいいじゃない」

P「カメラの準備できてるか?」

小鳥「」ok

伊織「それじゃ行くわよ」

56: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:32:43.81 ID:41PwW4OG0
伊織「いっおいっおりーん!あなたのハートにいおいおりーん!笑顔届ける水瀬いおいお!いおりんって覚えてラブいお!」

伊織「どうだ!」

やよい「完璧ですー」

美希「決まってたの」

亜美「キャラもそのまんまだしね」

真美「スーパーアイドルとか」

伊織「キャラは関係ないでしょ」

春香「引かれ具合まで一緒だしね」

伊織「おい春香ちょっと外出ろ」

57: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:33:37.61 ID:41PwW4OG0
千早「さて後は律子さんだけなんですが」

P「やるか?」

律子「断ってもやらされるんですよね」

P「まあそうなんだが」

律子「逃げ出しても明日やらされるんですよね」

貴音「おそらく」

律子「隠れてこっそりやったら小鳥さんがカメラ仕掛けてるんですよね」

小鳥「既に仕掛けてます」

律子「やります……」

真美「そうこなくっちゃ」

58: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:34:27.94 ID:41PwW4OG0
律子「りっつりっつこー!あなたのハートにりつりつこー!笑顔届ける秋月りつりつ!りつりーって覚えてラブりつ!」

P「思ったより微妙だった」

やよい「良くもなく悪くもなくっていうか」

貴音「コメントに困ります」

律子「……」

59: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:35:24.36 ID:41PwW4OG0
春香「プロデューサーさん、そろそろ時間ですよ」

P「あ、そろそろ2時か」

律子「打ち合わせでしたっけ?」

美希「今度の生っすかの打ち合わせなの」

律子「全員で?」

美希「うん」

律子「行ってらっしゃい」

一同「行ってきます」

律子「あれ?小鳥さんも?」

小鳥「はい」

律子「……なんか怪しいけど行ってらっしゃい」

小鳥「行ってきます」

60: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:36:19.48 ID:41PwW4OG0
律子(さて、全員いなくなりました)

律子(小鳥さんのカメラは全部外しました)

律子(念入りに調べたから外し忘れはないはず)

律子(誰かに見られる心配はない)

律子「……」

律子「りっつりっつりー!あなたのハートにりつりつりー!笑顔届ける秋月りつりつ!りつりーって覚えて」

ガチャ

雪歩「すいません、スコップ置きに来ました」

律子「ラブり……」

雪歩「……」

律子「……」

雪歩「ちょっと寒くないかにゃー……」

律子「……」

雪歩「打ち合わせ行ってきます」

律子「行ってらっしゃい……」

61: ◆YZGHm0GQ64Is 2015/07/18(土) 01:37:10.32 ID:41PwW4OG0
以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする