【俺ガイル×艦これSS】八幡「艦娘?」不知火「はい」

【俺ガイル×艦これSS】八幡「艦娘?」不知火「はい」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 06:56:49.05 ID:qFNXs88do
『距離』
八幡「……」カキカキ

不知火「……」ジーッ

八幡「……」ムムム

不知火「……」ジーッ

八幡「……」

不知火「……」ジーッ

八幡「……」チラッ

不知火「……」ジーッ

八幡「……おい」

不知火「はい」

八幡「……さっきから見すぎじゃね?」

不知火「……そうですか?」

八幡「いや、つうかさっきより近くなってるから仕事に集中出来ないっつうか……お前の分の仕事はどうした」

不知火「もう終わらせましたが?」

八幡「やっぱ優秀過ぎるわ俺の秘書艦。俺から離れてくれたらもう最高なんだが」

不知火「不知火は貴方の秘書艦ですから。しかし、そうやって褒めて頂けるのは悪い気はしません」

八幡「うん、でもちょっと難聴なんだよなあ。離れてくれって言ったんだけどなあ」

不知火「そう言いつつ不知火から距離を取らないでください」

八幡「じゃあお前が離れろ」

不知火「嫌です」

八幡「おい」

不知火「さあ、司令……不知火を受け入れて」
ダッ
不知火「……逃げられました、か」
八幡(むりむり!俺の耐久値がやばい……!)

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 06:58:40.88 ID:qFNXs88do
『旗艦』
不知火「司令」

八幡「……」カキカキ

不知火「司令」

八幡「……」カキカキ

不知火「……しれぇ」

八幡「……」カキ、カキ

不知火「なんだか無性に、司令に襲われそうだと叫びたくなりました」スッ

八幡「待て。分かった俺が悪かった何でも聞きますから」

不知火「次、不知火を意図的に無視したら実行します」ナミダメ

八幡「……分かった」

不知火「では司令、一つ質問があるのですが」

八幡「ん」

不知火「貴方の秘書艦は基本的に不知火です。間違いありませんね?」

八幡「そうだな。出会ってすぐに秘書艦に任命した。その時の自分が今じゃ恨めしいが……あっ」

不知火「……最後の言葉はあとでしっかりと問い詰めるとして」ギロッ

八幡「……はい」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 06:59:56.78 ID:qFNXs88do
不知火「最近、司令は旗艦を不知火に任せてくれません」

八幡「……あー」ポリポリ

不知火「以前は司令の気紛れを混ぜつつも旗艦は交代制だったのに……何故ですか」

八幡「気紛れじゃねえよ、一応俺も考えてだな……」

不知火「何故ですか」ズイッ

八幡「……や、言ったら絶対お前怒るぞ」プイッ

不知火「……教えてください」ジーッ

八幡「あー……あれだよ。なんていうか、お前を旗艦にすると、な」

不知火「はい」

八幡「沈め沈めって、怖い」

不知火「はい。……はい?」

八幡「だから、お前よく口にするだろ?あれが怖いっつうか……他の駆逐艦とかもびびってたし」

不知火「……」ウツムキ

八幡「俺だけじゃなく他の艦娘も言ってるから……」チラッ
不知火「……」
八幡「あっ……」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:00:51.63 ID:qFNXs88do
不知火「……そういえば司令。先程も気になる事を言っていましたね」ボソッ

八幡「ひゃ、ひゃい」ビクッ

不知火「ちょっと詳しく尋問(物理)したいので不知火の部屋に移動しましょう」ニコリ

八幡「は!?いや、女の部屋で二人きりとかぼっちには難易度が、って腕掴むな待て不知火!」

不知火「……不知火に落ち度でも?」ギロッ

八幡「……ないです」
雷「あーっ!また司令官が連れ去られてる!」

電「はわわ……引き摺られてる司令官さん、出来れば助けたいのです」アタフタ

雷「無理よ、相手は不知火だし」キッパリ

電「なのです」コクリ

八幡「おい。聞こえてるからな?諦め早すぎねえ?」

不知火「あら。何か言いましたか」ニコッ

八幡「あ、いえ」
この後滅茶苦茶尋問(物理)された。

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:02:36.35 ID:qFNXs88do
『ライバル』
鈴谷「アザレアを咲かせて♪」

鈴谷「暖かい庭まで♪」

鈴谷「連れ出して♪連れ出しt」ロウカヲマガルー
八幡「あっ」バッタリ

鈴谷「ふぇっ」ビクッ
八幡「あー……」メソラシ

鈴谷「えっ」

八幡「……」

鈴谷「えっ、えぇ……?」メグルグル

八幡「その、なんだ」

鈴谷「う、ううぅ……」カオマッカ

八幡「言いづらいんだが……」ポリポリ

鈴谷「っ、ちが、えっと、あの」アタフタ

八幡「実はお前が来てるの気づいてた」シレッ

鈴谷「ばかーーーっっっ!!!」バチーンッ

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:03:15.93 ID:qFNXs88do
八幡「ぐふぇ!」ドサッ

鈴谷「ありえないっ。ほんっっとありえない!!」スタスタ

八幡「ま、待て……鈴谷」

鈴谷「……なに?八幡」クルッ
ピッ

アザレアを咲かせて♪
暖かい庭まで♪
連れ出して♪
連れ出しt
(鈴谷ボイス)

ピッ

八幡「こんなモンがあるんだが……」ボイスレコーダー

鈴谷「消してええぇぇええええ!今すぐ!いま、すぐ!」ムナグラツカミ

八幡「お、おいおい。落ち着けよ」

鈴谷「落ち着けるわけないじゃん!馬鹿にしてんの!?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:04:30.73 ID:qFNXs88do
八幡「お前……今の状況分かってんのか」
鈴谷「っ!?な、なに?」ピタッ

八幡「いやな?このままだと、今のが艦内放送で流される事になるかもしれない可能性があるんだが」

鈴谷「っ……私を脅してるつもり?」

八幡「人聞きの悪いことを言うな。ただ、ちょっとしたお願いがあるんだよ」ニヤ

鈴谷「なんか笑顔も言い方もキモいんだけど……」

八幡「おいこら。マジで流すぞこれ」

鈴谷「チッ……で、私はなにすればいいの?脱げとか言ったら蹴り上げるよ?」

八幡「露骨な舌打ちやめろや泣くぞ。あと蹴り上げるって何をだ」

鈴谷「なにって、決まってるじゃん」

八幡「こえーよ。……で、コレを処分する条件だが」

鈴谷「やっぱ脱げばいーの?」

八幡「お前本当は脱ぎたいの!?俺が喋ってんのにわざわざ挟むとかどんだけだよ!?」

鈴谷「ばっ、違うし!何言っちゃってんの!?」

八幡「……はぁ。もういい。取り敢えず、条件としてお前は明日一日俺の秘書艦な」

鈴谷「……へ?……秘書艦?」キョトン

八幡「そうだ。俺の秘書艦として……俺を守ってくれ」

鈴谷「……ごめん。全然理解が追いつかないんだけど」

八幡「明日……恐らく不知火が俺に何か仕掛けてくる。今日のあの企んでる顔は間違いない」

鈴谷「あー、うん」

八幡「だから、不知火から俺を守ってくれ」

鈴谷「えー……」

八幡「多分俺の近くにお前がいたら防げると思うから、な?」

鈴谷「すっごい嫌な予感しかしないし……」

八幡「じゃ、そういうことだから明日は頼むぞ」

鈴谷「えー……」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:05:50.15 ID:qFNXs88do
――
―――

電「翌日、なのです!」

鈴谷「ねえ、提督。さっきから扉の隙間から誰かの視線が……」

鈴谷「あれ?この視線私に向いてる……?」

鈴谷「提督また同じの飲んでる……。それ、美味しいの?」

鈴谷「別に欲しいわけじゃないけどー……。むぅ。……あれ。さっきより視線が」

鈴谷「提督ぅー、そろそろ晩御飯の時間だよー?」

鈴谷「今日のカレー美味しかったぁ!相変わらず視線はあったけど……」

鈴谷「ねぇねぇ、てい……八幡。その、まだ視られてるけど寝る時はど、どーすんの?」

鈴谷「う、うっさい!心配してあげたのにもういい!私帰るから!」バタン
八幡「なんなんだアイツ……。ま、今日は凌げたしそろそろ寝るか」

―――
――

不知火「鈴谷さん。まさかあなたがライバルになるとは思っていませんでした」

不知火「ですが……不知火は、負けませんよ?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 07:10:10.96 ID:qFNXs88do
一旦ここまで。
ですが、かるーくキャラ設定とか
○比企谷 八幡
とある事情で提督をしている。艦娘の名前を滅多に呼ばない。
艦娘と妖精しかいない鎮守府でもぼっち。故に最強。最強なのに様々な理由で艦娘にボロボロにされる。
不知火とは共感出来る部分が多く友達になろうとしたが今は諦めている。主に過激なスキンシップが原因。
余談だが、夜戦夜戦と自室にしつこく乗り込んでくる川内を無視し深夜アニメの視聴を続けていたらいつの間にか一緒に見るようになっていた。夕張も一緒に見るようになっていた。ぼっち()。
○駆逐艦 不知火
秘書艦。八幡のとある事情を知る一人。
精神的にも肉体的にも八幡に迫る。ぐいぐい迫る。
だが最近はこれではダメだと漸く気づいた模様。
余談だが、最近は小説を読むことを日課にしていてその時は眼鏡を掛けている。
○駆逐艦 雷 電
四姉妹の中でも特別仲が良い。八幡曰く、世界水準軽く超えてる。
艦娘に連行される八幡を見ても、相手が悪いとあっさり見捨てる。
だが艦娘にボロボロにされた後の八幡をケアするなど抜け目の無さも伺える。
余談だが、作者の鎮守府にはまだ暁が来ていない。
○重巡洋艦 鈴谷
皆の前で「提督?目がキモいよねぇ」とか言っちゃう子。八幡の苦手なタイプ。最近めでたく不知火にライバル認定された。
八幡に苦手意識を持たれている事を察したのか出会った当初はコミュニケーションを図るため積極的に話しかけていたが、会話の中で冗談のつもりで目がキモい行動がキモい言動がキモい等言ってしまい、実は本音も混じっていた所為で色々と堪え切れなくなった八幡と一悶着有り、今は一応の和解をしたものの出会えば互いに牽制し合っている。
余談だが、嫌よ嫌よも好きの内どころか二人きりの時は提督ではなく「八幡」と呼んだりもする。
他にも登場予定の艦娘はまだまだいますが取り敢えずこれだけ。
やったね八幡!女の子が増えるよ!

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 06:26:12.76 ID:c/SEymjbo
『仕事』
不知火「……ふう」

八幡「相変わらず仕事が早いな」

不知火「はい。先日秘書艦をした彼女のミスの所為で、思ったより時間が掛かりました」

八幡「……そうか」

不知火「構いません。これも不知火の仕事ですので」

八幡「仕事、ね。……俺も一段落着いたし、そろそろ休憩にするか」ハフゥ

不知火「そうですね。食堂に向かわれますか?」

八幡「ああ。だが、ちょっと疲れた。先に行ってていいぞ」

不知火「待ちます」キッパリ

八幡「お、おう……」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 06:27:46.18 ID:c/SEymjbo
不知火「ところで、司令」

八幡「……なんだ?」

不知火「前々から思っていたのですが、司令はこのお仕事が嫌いなのですか?」

八幡「あ?や、嫌いっつうか働きたくねえっていうか」

不知火「はあ……。仕事は嫌いでも不知火は好き、と」

八幡「言ってねえよ」

不知火「むぅー」

八幡「あざとい。お前のキャラじゃない。あざとい」

八幡「つうか、前に話したんだけどな……」

不知火「え?それは」

八幡「先に言っておくがさっきの仕事の話だぞ」

不知火「そういえば、そんな話でした」

八幡「お前から聞いてきたのに……」

不知火「……しかし、不知火にはその話を聞いた記憶がありません」

八幡「ダウト」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 06:29:07.44 ID:c/SEymjbo
八幡「……と言いたいが、だいたい分かった」

不知火「分かった、とは?」

八幡「お前と出会った頃に話したからな……」

八幡「お前、あの時俺に興味の欠片も無かったから憶えてないんじゃねえの?」

不知火「っ」

不知火「し、しかし……確かに出会った頃なら」

八幡「だろ?じゃあこの話は終わりな。飯行こうぜ」

不知火「ま、待ってください」
不知火「ではせめて。司令が嫌いな、仕事をする理由を教えてください」
八幡「っ……それも」

八幡「それも、前に言ったから駄目だ」プイッ

不知火「……そうですか」

不知火「分かりました」クスッ

八幡「……これも先に言っておくが、国の為とかお前達の為とかじゃないぞ」

不知火「ええ、ええ。分かっていますよ」

八幡「……もういい先に行く」ガタッ

不知火「あ。……少し、意地悪が過ぎましたか」

不知火「――不知火を置いて行くと.。後が酷いですよ、司令?」フフッ

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:35:57.88 ID:c/SEymjbo
『ぼっち提督と羽黒』
八幡「……」

羽黒「し、司令官さん!早く脱いでください……!」

八幡「……」

八幡(今、この部屋には俺と羽黒しかいない)

八幡(不知火は用事があるとか言って一時間程帰ってきていない)

羽黒「は、はやく……」

八幡(完全に二人である。二人っきりだね!とか言ってバカみたいにテンションが上がる事はない)

八幡(寧ろ、ぼっちは二人にはなれませんぼっちは一人ぼっちデース、と考えるならば二人というのもおかしい)

八幡(そう!二人ではなく、ぼっちと羽黒だ!)

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:36:29.48 ID:c/SEymjbo
羽黒「あの、司令官さんっ」

八幡「まあ、落ち着け。うん、落ち着け俺」

羽黒「は、はい……」

八幡「……よし」

八幡(もう一度状況を整理しよう)

八幡(何故、俺達しかいない状況で羽黒に服を脱げと言われているのか)

八幡(その解答は少子化防止運動に励むため、では決してなく)

八幡(単純に、先日羽黒が食堂に忘れ物をしたので俺がそれを部屋まで届けてやったら、今日はお礼にとコーヒーを淹れてきてくれた。が、俺の目の前で躓きコーヒーを盛大に俺にかけてしまったというなんともテンプレな話である)

八幡(突然の事にうわぢゃあ!と盛大なリアクションをした俺だが、俺以上に羽黒が慌てていた)

八幡(もう顔なんか真っ赤で目も漫画みたいにグルグルしててごめんなしゃいとか思わず噛んじゃう羽黒可愛い)

八幡(もう一度言おう……正直、可愛かった。天使だった。いや現在進行形で羽黒は天使)

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:37:06.57 ID:c/SEymjbo
八幡(だが、慌てまくってタオルで拭くよりも先に俺に服を脱げと言ってくるので取り敢えず落ち着かせた)

八幡(ていうか、いつもオドオドしてる羽黒に上着をグイグイ引っ張られるのは八幡的にやばい)

八幡(俺じゃなかったら脱いでるレベル……だが、そろそろ離れて貰うか)
八幡「先ずは、三歩下がって二歩下がれ」

羽黒「えっ……?」キョトン

八幡「……いいから、少し後ろに下がってくれないか?」

羽黒「でもでも、そうすると」

八幡「いいから。な?」

羽黒「は、はい。ごめんなさい……」スッ

八幡「……それで、この事だが気にしなくていい」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:38:13.03 ID:c/SEymjbo
八幡「替えはあるからすぐに着替えてくるし、大袈裟に驚いたが火傷なんかしてないから」

羽黒「本当ですか……?私なんかのために、気を遣って頂いてるんじゃ」

八幡「ない。だからお前も気を遣わなくていい」

羽黒「でも!私、司令官さんにご迷惑をお掛けしたのに……!」

八幡「……結果はどうあれ、俺の為にわざわざコーヒー淹れてきてくれたんだろ?」

羽黒「は、はい。司令官さんはコーヒーがお好きだと聞いたので」

八幡「じゃあ尚更だ。今回は運が悪かったんだよ」

八幡「悪いのはお前じゃない」

羽黒「っ……はい。ごめんなさい」

八幡「ん」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:39:21.36 ID:c/SEymjbo
八幡「……そろそろ着替えに行く。お前ももう部屋に戻っていいぞ」
スタスタ
羽黒「……」

羽黒「あの、司令官さん」

八幡「なんだ?もう謝られても困るぞ」クルッ
羽黒「いえ、その……今回は、ダメ、だったので」

羽黒「明日、また、淹れてきます」

羽黒「その時は……飲んでくれますか?」
八幡「……」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/18(土) 08:40:27.56 ID:c/SEymjbo
スタスタ

ガチャ
八幡「……俺は、コーヒーは甘いのが好きだ」

羽黒「っ……!」

羽黒「はいっ、ありがとうございます……司令官さん」ニコッ
バタン

八幡「……」スタスタ

八幡「……」スタスタスタ

八幡「……」スタスタスタスタ
八幡(なにあの天使やべぇわ羽黒ちゃんマジ天使。天使すぎて今度から直視出来ないレベルっていうか俺が浄化される。浄化されて俺の目もまともにならないかな。それは流石に無理か。いやでも羽黒の天使なら、って待て羽黒の天使って何だよ天使の羽黒だろ。しかし羽黒=天使は数学的にも証明されてるから(ry

電「あ。あれは司令官さん。……なんだか様子が変なのです」

雷「うーん、あれはちょっとニヤニヤしすぎて流石に気持ち悪いから放っておきましょ!」

電「なのです!」

38: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:48:47.02 ID:vkDWs+oSo
『黒』

八幡「先日、ある鎮守府から報告があった」

八幡「なんでも艦娘が一人脱走したらしい」

八幡「発見次第拘束し、最悪の場合はその場で処分せよ」

八幡「……で、その艦娘の名は」チラッ
榛名「……」
八幡「……まあ、もう間違いないな」

榛名「……」

榛名「……何故」ボソッ

八幡「あ?」

39: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:49:53.34 ID:vkDWs+oSo
八幡「……此処にいる事について、か?」

八幡「それなら俺の鎮守府の近くで倒れてたのを金剛が発見し、勝手に手当てをした」

榛名「それは金剛お姉様から聞きました」

榛名「私が聞きたいのは、手当てが終わったにも関わらず拘束も護衛も無しに会話が許されているこの状況です」

八幡「艦装は外してあるからな。それでもお前がその気なら俺なんてすぐ殺せるだろうが」

八幡「流石にその辺は手は打ってあるから、こうして会話してる」

榛名「……」
榛名「私は……榛名は貴方が先程言った通り、脱走兵なんです」

40: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:50:44.55 ID:vkDWs+oSo
八幡「らしいな」

榛名「榛名が居た鎮守府では、艦娘はただの兵器でしかありません」

榛名「元々私達はそういう存在ですが……あそこは酷すぎました」

榛名「敵に怯え味方の筈の人間に怯え酷使され消耗していく日々」

榛名「そんな日々に耐え切れなくなって……榛名は、逃げ出してしまいました」

八幡「……」

榛名「……此処は違いますね」

榛名「何人か艦娘を見ましたが、みんな目が生きていました」

八幡「俺が言うのも変な話だが、お前の目は相当やばいからな」

榛名「……本当に、貴方に言われたくはありませんけど」

八幡「ほっとけ。こっちは生まれつきだ」

41: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:51:52.81 ID:vkDWs+oSo
榛名「なんだか……少し面白い人です、貴方」

八幡「それは誤解だ。お前は早く目を治した方がいい」

榛名「……そう、ですね」

榛名「貴方と話していると余計に戻りたくなくなりました」

榛名「だから、榛名を此処で処分してください」
八幡「……」

八幡「……本当に、いいんだな?」

榛名「――はい。お願いします」

八幡「はあ」
八幡「……分かった」

42: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:52:52.96 ID:vkDWs+oSo
榛名「っ、ありがとうございます」ペコリ

八幡「じゃあ、部屋は金剛と相部屋な」

榛名「…………は?」

八幡「取り敢えず暫く出撃はナシだ」

榛名「……えぇと」

八幡「まぁそれでもやれる事はやってくれ」

榛名「……あの」

八幡「以上、解散」

榛名「提督!」

43: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:53:47.95 ID:vkDWs+oSo
八幡「お、おうなんだよ。急に提督とか呼ぶなよびっくりするだろ」

榛名「どういう事か、説明してください」

八幡「は?いや、もうそういうのは金剛に……」

榛名「説明、してください」ジッ

八幡「こえーよ、睨むなよ……」

榛名「……」ジーッ

八幡「……はあ」

八幡「実はもうお前が居た鎮守府については調べがついててな」

八幡「まぁ所謂ブラック鎮守府だったから、お前を処分したって俺の秘書艦が偽の報告書作って提出した」

八幡「あとはうちの建造でお前が来たって報告書さえ受理されれば全部解決だ」

44: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:54:36.72 ID:vkDWs+oSo
榛名「そん、な……もう、そこまで」

八幡「うちの秘書艦は優秀なんだよ。……怖いけどな」

榛名「で、ではさっきまでの話は」

八幡「ぶっちゃけると茶番だな。確認したかったってのもあるが」

榛名「……」

榛名「榛名は、此処に居てもいいんですか?」

八幡「……今更ダメだとか言うと俺が金剛に何されるか分からん」

榛名「っ……」ウツムキ

榛名「……」

榛名「提督、ありがとうございます」ポロポロ

榛名「そして、これからよろしくお願いし――
ガチャッ

45: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:55:28.08 ID:vkDWs+oSo
金剛「榛名ーっ!」ガバッ

榛名「お、お姉様!?」

金剛「榛名っ、もう心配いらないからネー!」ギュウウゥ

榛名「えっ!?あ、あの」

八幡「金剛……お前、盗み聞きしてたな」

金剛「No!たまたま扉の近くにいただけダヨー」

榛名「お姉様、それは盗み聞きでは……」

金剛「細かい事は気にしちゃだめネー」ナデナデ

榛名「は、はい……」

八幡「もはや何も言うまい……」

八幡「……じゃ、姉妹で百合とか俺邪魔にしかならないんで席外すわ」スタスタ

榛名「え!?」

金剛「提督ー!また後でネ!」
ガチャ

46: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 09:56:30.54 ID:vkDWs+oSo

バタン
八幡「はあ、終わった終わった」

不知火「お疲れさまです」

八幡「最初から金剛に任せた方が良かったよな、少なくとも俺の役割じゃない」

不知火「貴方は司令なのですから、任せきりはよくありませんよ」

八幡「まあ、今回はお前にもかなり無理言った……」

八幡「ていうか、自然と俺の横に立って会話するなよ……」

不知火「ちょうど司令が見えたので、頼まれていた報告を兼ねてです」

八幡「ああ、そう……。今度からは普通に登場してくれ」

不知火「てっきり今回は登場出来ないのかと思ったので」

八幡「なにそれメタい」

不知火「フフ……」

八幡「うわっ……俺の秘書艦腹の中、黒すぎ……?」
『終わり』

47: ◆HHxfhvnTu6 2014/10/19(日) 10:01:47.15 ID:vkDWs+oSo
蛇足ですが、今回の榛名の処分云々についてはたとえ榛名が戻ると言っても『八幡は』止めませんでした、とだけ。
あと、まだ二人しか増えてませんが八幡の紹介の補足も兼ねてかるーく紹介。
○重巡洋艦 羽黒
天使。ある日を境に八幡にコーヒーを毎日持っていくようになり八幡の好感度を上げ続けている。
秘書艦である不知火は当然その光景を毎日見ているが、羽黒の純粋な気持ちには気づいているので何も言わない。
ドジっ子で更に慌てると結構とんでもない行動に出てしまう。でも、普段はしっかりしてる。
余談だが、作者が初めて羽黒を見た時にもしやと思って「羽黒ちゃんマジ天使」とググったらちゃんとヒットしたのは良い思い出。

○戦艦 榛名
ブラ鎮から逃げてきた子。
八幡の鎮守府に来てから元気になったが目は死んだまま。本人も気にしている。
だが目が死んでいても提督である八幡の方がやばいので周りは特に気にしていない様子。
余談だが、榛名が逃げてきた鎮守府は提督が告発され新米提督が日々奮闘しているらしい。
○比企谷 八幡
年齢は原作と違い二十代前半。
煙草は吸いたい時に吸う。お酒は弱くないが一人では飲まない。
捻くれた性格が少し緩和されている。
今回の八幡の設定は迷いましたが、一応書いておきます。
では、おやすみなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする