【ハンターハンターSS】ベジータ「ハンター試験…?」【クロスオーバー】

【ハンターハンターSS】ベジータ「ハンター試験…?」【クロスオーバー】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:39:02.95 ID:dvRDYuT40
ブルマ「ちょっとベジータ、晩御飯のおつかい行ってきてよ」

ベジータ「トランクスがいるだろうが」

ブルマ「どっか遊びに行って帰って来てないの!」

ベジータ「ちっ…別に行ってもいいが、お前は一緒に行かないのか?」

ブルマ「ごめん、パパの研究の手伝いで手が離せないの」

ベジータ「そうか…」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:41:23.95 ID:dvRDYuT40
ベジータ「じゃあ行ってくるぞ」

ブルマ「はーいお願いねー」

・・・・・・・・

ベジータ「よし、とりあえず全部買うもんは買ったな」グゥ~

ベジータ「だが小腹が空いたぜ…」

ベジータ「よし、ちょっと軽く飯でも食うか」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:47:45.77 ID:dvRDYuT40
定食屋さん

ベジータ「おい」

店員「お決まりですか?」

ベジータ「ステーキ定食をくれ」

店員「…焼き方は?」

ベジータ「焼き方?弱火でじっくりでいい」

店員「あいよー。奥の部屋でどうぞ」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:50:53.77 ID:dvRDYuT40
ベジータ「早く食いたいぜ」

ヴィ~~~

ベジータ「!?おい!!なんだこれは!!!エレベーターか!?どうなってやがる!!」

ベジータ「ここから出しやがれ!!店長出て来い!!!」

ズン…

ベジータ「はあ…はあ…とりあえず降りてみるか…」

ベジータ「!?」

ベジータ「何だ…ここは…?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:53:37.59 ID:dvRDYuT40
ざわ…ざわ…

ベジータ「ちっ…どうやら俺はこのまま海外に売り飛ばされるらしいな」

ベジータ「とんだ災難だぜ…犯人はぶっ殺してやるがな」

トンパ「やあ」

ベジータ「あ?」

トンパ「俺はトンパ。あんた新人だろ」

ベジータ「そうだ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 12:56:51.99 ID:dvRDYuT40
トンパ「おれ、お近づきのいるしのジュースだ」スッ

ベジータ「フン…ちょうど腹が減っていたとこだ。ジュースでも腹の足しになるかもな」

ごくごくごく

トンパ「…」ニヤリ

ベジータ「!?は…腹が…」ギュイルルルルル

ベジータ「き…さ…ま…」

トンパ「あーっはっはっはっは!!」

ベジータ「トイレ…トイレに…」
タッタッタッタッタ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:02:15.85 ID:dvRDYuT40
トイレ

ベジータ「ぶっ殺してやる…あのトンパとかいう野郎…」ブリブリブリ

30分後

ベジータ「ようやく収まったぜ…ん?受付?一応済ませておくか」

ベジータ「さて、トンパとかいう野郎を探すか」

ジリリリリリリリリリリリリリリリ

ベジータ「うるせええええ!!!!!」

サトツ「ただ今をもって受付時間を終了いたします」

サトツ「では、これよりハンター試験を開始いたします」

ベジータ「ハンター試験…?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:07:31.64 ID:dvRDYuT40
サトツ「さて、一応確認しておきますがハンター試験といものはうんたらかんたら」

ベジータ「(何を言ってやがるあの髭野郎…)俺たちはこれから何処に行くんだ!中東か!?」

サトツ「中東?行先は今は言えません。とにかく私に付いてくること。それが第一次試験です」

ベジータ「ほう…さっきから言ってる試験ってのはつまり、選別か?(奴隷に相応しい奴を振るいにかけるってことか)」

サトツ「…?そうです」

ベジータ「くく…面白そうだな。お前らの魂胆にまんまと乗ってやる。感謝しろ」

サトツ「…?はい」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:12:21.96 ID:dvRDYuT40
ドドドドドドドドドドドド

ベジータ「おい、こんなペースでは眠くなってしまうぞ」

サトツ「(生意気な受験生だ…)」

キルア「おいおっさん」

ベジータ「俺はベジータだ」

キルア「(うぜえなこいつ)あんたさ、もしかしてハンター試験が何なのかわかってないんじゃないの?」

ベジータ「犯罪組織のやることなんざ知ったことか」

キルア「(やっぱりわかってねぇな)違う違う。ハンター試験ってのは~」

キルアは分かりやすくハンター試験についてベジータに教えてあげた。
だがベジータは今一理解できなかった。

ベジータ「とりあえず優勝すればいいんだろ?余裕だぜ」

キルア「まあ、そんなとこ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:17:14.52 ID:dvRDYuT40
ドドドドドドドド…

ベジータ「出口だ!!!」

キルア「(うっせ)」

ハンゾー「ふう…ようやくうす暗い地下からおさらばだ」

ざわ…ざわ…

受験生「ここは…?」

サトツ「ヌメーレ湿原。通称詐欺師の塒。ここを通りぬけて行きます」

サトツ「十分注意してください。だまされたら死にますよ?」

ベジータ「やっと面白そうなことになってきやがったぜ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:21:20.98 ID:dvRDYuT40
ドドドドドドドドドドド

キルア「ベジータ、もっと前に行こうぜ」

ベジータ「どうした?」

キルア「ヒソカだよ。受験番号44番の」

ベジータ「そいつがどうした?」

キルア「霧に乗じてかなり殺る気だぜ。離れた方がいい」

ベジータ「ふん、知ったことか」

キルア「ちっ…」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:26:27.94 ID:dvRDYuT40
ぎゃああああああああああ!!!

ベジータ「悲鳴が…」

キルア「やっぱりヒソカだろうな。相当危険だよ、あいつは」

ベジータ「そいつは面白そうだな…戦いたくなってきたぜ!行ってくる」

バシュン…

キルア「な!?(あいつ…空飛んでね?)」
ヒソカ「くくくくくく…試験官ごっこ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:32:46.60 ID:dvRDYuT40
バシュン…

ベジータ「よう、お前がヒソカか?」

ヒソカ「君は…?(飛んできた…?)」

ベジータ「俺はサイヤ人の王子、ベジータだ!!」

ヒソカ「あっそう。僕の試験官ごっこの邪魔しに来たの?」

ベジータ「雑魚をいたぶって楽しいか?」

ヒソカ「んん~~…あんまり…。てか君は雑魚じゃないの?」

ベジータ「…」

シュビビン!

ベジータ「てめえで判断しな!」

ヒソカ「!?(あの一瞬で後ろに…!?)」

ベジータ「死ね」
ドドドドドドド!!!

ヒソカの体は、ベジータのエネルギー弾で穴だらけになった

ベジータ「ち…雑魚が…」
シュン…

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:35:42.03 ID:dvRDYuT40
ベジータ「ようキルア」

キルア「べジ―タ!?」

ベジータ「ヒソカとやらを倒してきたぜ。ミスターサタン並みだな」

キルア「うわーすげー(嘘ついてやがるなこいつ…)」

ベジータ「お、そろそろ着くみたいだな」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:40:12.02 ID:dvRDYuT40
サトツ「一時試験は終了です。お疲れ様でした。とりあえず時間までここで待機しててください」

ベジータ「ふん…退屈な試験だぜ…それより腹が減った…」

20分後(正午)

ピーン

ゴゴ…

ベジータ「扉が開いたか…なんだあの巨漢は…?」

ブハラ「もぉお腹ぺこぺこだよ~」

メンチ「そんなわけで、二次試験は料理よ!!」

ベジータ「もらったああああああああ!!!!(毎日ブルマの手伝いをしている俺に死角はない!!!)」

キルア「(マジでうっせ…)」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:44:00.03 ID:dvRDYuT40
ブハラ「俺のメニューは…豚の丸焼き!」<俺の大好物

ベジータ「がっかりだぜ…そんなもの…ヤムチャでも作れる」

・・・・・・・・・・

ベジータ「お、早速でかい豚が動き回ってやがる。はっ!!!」

ドシュゥ…

エネルギー弾でグレイトスタンプは消滅した。

ベジータ「ちっ…加減が難しいな…」

ギタラクル「…」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:49:01.56 ID:dvRDYuT40
・・・・・・

メンチ「あんた達なかなかやるわね。私のメニューは寿司よ!」

受験生「スシ…?」

スシってなんだ…?

どよ…どよ…

ハンゾー「(この課題…もらったぜ!)」

ベジータ「貴様ら、寿司も知らないのか?」

キルア「お、知ってんの?」

レオリオ「教えてくれよベジータさん」

ベジータ「良いだろう。友人の家でよく食べるからわかるぜ」

ハンゾー「(何してやがんだあのハゲ!!!!!)」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:51:22.28 ID:dvRDYuT40
メンチ「まずいわ」

メンチ「これも握りが甘い」

メンチ「これもダメ」

メンチ「まずい」

・・・・・・・・・・・

メンチ「悪い!お腹いっぱいになっちった!」

ベジータ「嘘…だろ…?」
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 13:55:45.67 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・・・

なんやかんやで会長登場

ネテロ「ちと厳しすぎるのぅ」

メンチ「ですが…」

ベジータ「おい、お前亀仙人か?」

受験生「!?」

ベジータ「はっはっは!グラサンが無くてもわかるぞ!そりゃカツラか?それより何してんだ?副業って奴か?あ、本業か?」

ネテロ「誰だおめえ」

ベジータ「!!(声が違う…!!!人違いだとぉおおお!!???)」

ベジータ「ち…話を続けろクソったれ…」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:00:06.53 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンチ「じゃ、ゆで卵取ってきなさい」

ひゃっほーーーーー!!!

・・・・・・・・・

ベジータ「うまい!!濃厚でいて舌の上でとろけるような深い味わいは、市販の卵とははるかに段違いだ!!!」

トードー「お…俺にも食わせてくれ!」

二次試験
合格者42名

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:07:31.18 ID:dvRDYuT40
飛行船

メンチ「今年はどのくらい残るかしらね?」もぐもぐ

ブハラ「合格者ってこと?」

メンチ「そ!なかなかのツブ揃いだと思うのよねー。サトツさんはどう?」

サトツ「今年は…ルーキーが豊富ですなあ」

メンチ「あ、やっぱり思う?」

サトツ「特に…405番の彼。一時試験で息一つ切らさず付いてきましたからね」

メンチ「ああ、あのハゲね!でもあたし294番のハゲが良いと思うのよねー。ブハラは?」

ブハラ「ん~…ルーキーじゃないけど…今年はヒソカって奴いないのかな?」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:11:58.88 ID:dvRDYuT40
サトツ「いえ、いましたよ」

ブハラ「でも見かけなかったけどなあ…」

サトツ「彼は、脱落しました」

ブハラ・メンチ「!?」

サトツ「体中に穴が空いていたそうです…おそらく放出系の能力者の仕業かと…」

ブハラ「そ…そんな凄そうな奴いたっけ…?」

メンチ「多分だけど…301番じゃないかしら…?あの針が刺さってる奴」

ブハラ「あいつ?確かに念で顔を変えてるのは分かったけど…」

サトツ「彼ではありません。おそらく…」

ベジータ「ぶぇっくしょい!」
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:15:50.36 ID:dvRDYuT40
ベジータ「キルア、もう寝た方がいいぞ」

キルア「いやガキ扱いすんなよ」

ネテロ「…」カッ!!

キルア「!?」

ベジータ「眠いな…歳かな…」

ネテロ「どうかしたかの?」

キルア「素早いね。歳の割に」

ネテロ「今のが?ちょっと歩いただけじゃよ」

ハンター2巻読まないとこの描写わかんないかも…

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:21:51.54 ID:dvRDYuT40
翌日

レオリオ「着いたか」

試験官(仮)「生きて下まで降りること。それが試験です。制限時間72時間。スタート」

どよ…どよ…
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:29:01.23 ID:dvRDYuT40
ベジータ「何だ…ここから降りるくらいわけはないぜ」

受験生「側面は何のとっかかりも無い壁か」

受験生「壁を使って降りるのは無理だな」

ロッククライマー「普通の人間ならな」

受験生「!?」

ロッククライマー「このくらいのとっかかりがあれば、俺なら難なく降りられるぜ」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:32:51.07 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・

受験生「見ろ!!」

怪鳥「オゲゲー!!」

ロッククライマー「うわあああああ!!!」

ベジータ「ふん…」

ボシュンボシュンボシュン!!!

エネルギー弾で、怪鳥とロッククライマーは跡形もなく消え去った。

ベジータ「しまった!助けてやろうとしたのに…運の悪い野郎だぜ…(後でドラゴンボールで蘇らせてやろう)」

キルア「おーいベジータ!」

ベジータ「あ?」

キルア「何か下に入れる仕掛け見つけた」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:36:28.90 ID:dvRDYuT40
ベジータ「ほう…」ガコンガコン

レオリオ「こっちにもあるぞ!」

クラピカ「こっちもだ」

キルア「よし、せーので入ろう。ま、下で会おうぜ」

せーの!

クラピカ「…」スタ…

キルア「よっと」

レオリオ「いでえ」ドスン

ベジータ「フン」スタ…

ベジータ「短い別れだったな」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:43:02.94 ID:dvRDYuT40
多数決の道
「これから行うことはすべて5人の多数決で決定してもらいます」

ベジータ「あと一人来るまで待たねばならんのか…」

トンパ「うぁう!!」ドスン

ベジータ「…」

トンパ「…」

ベジータ「貴様かああああああああああああああ!!!!!!!!」

トンパ「ぎゃああああああああああああああ!!!!!」

ファイナル…フラーーーーーーーーーーッシュ!!!!!!!!!

トンパは原子レベルで分解された

ベジータ「ちっ…勢いあまって殺しちまった…」

キルア「おいおい…これじゃ先に進めないじゃん」

ベジータ「こんなドアは壊せばいいだろ」バキン

キルア「…(マジかよこいつ)」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:49:18.19 ID:dvRDYuT40
死刑囚のところ

ベンドット「おい、何故4人しかいないんだ?」

ベジータ「一人死んだんでな」

ベンドット「ならば良い」

キルア「(良いのかよ)」

ベンドット「我々は審査委員会に選ばれた試練官である」

とにかく死刑囚に3回勝てよってこと

ベジータ「くだらん」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:52:27.02 ID:dvRDYuT40
ベンドット「こちらの一番手は俺だ!そちらも選べ!!」

キルア「どうする?」

ベジータ「俺が行こう」

キルア「俺は良いけど」

レオリオ「俺もいいぜ。あんたなら安心だ」

クラピカ「同感だな」

ベジータ「さて…」

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 14:59:51.75 ID:dvRDYuT40
ベンドット「俺は、デスマッチを提案する!」

ベジータ「おい」

ベンドット「?棄権か?」

ベジータ「そんなナメック星人みたいな真似するか。質問がある」

ベンドット「何だ?」

ベジータ「貴様、家族はいるか?」

ベンドット「あ?」

ベジータ「いないなら心おきなく殺せるが、もし家にお前を待つ者がいるなら…」

ベンドット「いるわけないだろ!!!俺は強盗殺人の罪で懲役200年だ」

ベジータ「…」

ベンドット「良いこと教えてやるよ。最初に俺が殺したのは、妻と息子だ!!はっはっは!!!」

ベジータ「…」ブチ

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:02:23.38 ID:dvRDYuT40
ベジータ「ビックバン…アタック!!!!!!!」

ズッゴォオオオオオオ…

死刑囚サイドが全滅した

ベジータ「ちっ…やはり死刑囚ってのはクズだらけだぜ…」

レオリオ「あいつはいったい…」

キルア「さあね…。ま、ただもんじゃないよ」

クラピカ「そのようだな…」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:10:25.42 ID:dvRDYuT40

最後の分かれ道

「扉を選んでください。5人で行けるが長く困難な道か3人しかいけないが短く簡単な道」

長い方は最短で45時間

短い方は3分

キルア「どうする…?」

レオリオ「ベジータ、あんたどうにかできないか?」

ベジータ「…貴様ら3人で短い方に進め」

クラピカ「しかし…!ここまで来れたのはお前の活躍によるところが大きい!」

ベジータ「俺はハンターになりたいわけじゃない。お前らみたいに夢なんざないからな」

キルア「おい、本当にいいんだな?」

クラピカ「キルア!」

ベジータ「良いんだクラピカ。俺は残る。お前らと過ごした数十時間…悪くなかったぜ…」

レオリオ「く…」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:14:49.75 ID:dvRDYuT40
キルア「じゃあな、ベジータ…」

ベジータ「ああ」

クラピカ「恩に着るぞ…」

ベジータ「ああ、だがクラピカ、復讐は程々にな」

レオリオ「あんた…最高の男だぜ…グス…」

ベジータ「立派な医者になれよレオリオ」

ギィィ…

バタン…

ベジータ「さて…」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:19:39.90 ID:dvRDYuT40
ベジータ「一応長く困難な道に行ってみるか…」

バシュン…

キィイイイィイイイイン…

ベジータ「ふう…ここが地上か…?45時間も経ったとは思えないが…」

レオリオ「いや~…まさか滑り台とはな…」

キルア「ケツいてえ~~」

クラピカ「!?あれは…」
三次試験
通過人数25名

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:27:49.45 ID:dvRDYuT40
わかりにくくてすまそ
飛んだってことで

四次試験

リッポー「狩る者と狩られる者を決めてもらう」

くじ引きで引いた数字のナンバープレート→3点
自分のナンバープレート→3点
その他→1点

リッポー「合計6点溜まったら三日後に持ってこい」

ベジータ「?」

キルアは説明してあげた。
ベジータは今一理解できなかった。

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:31:26.78 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・・・

森の中

ベジータ「とりあえず、プレートを3つ奪えばいいんだよな…」

ポックル「しっ!」

弓矢がベジータの背中に命中した

ベジータ「蚊がいるみたいだな。虫よけスプレー持ってくれば良かったぜ…」

ポックル「…(やばい…あのベジータとかいう男…やばすぎる!!)」

ポックルは逃げ出した。

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:37:36.61 ID:dvRDYuT40
ベジータ「で、さっき引いたくじの番号…301番は3人分に匹敵するんだったかな…?」

ベジータ「だが皆プレート隠してたしなぁ…」

ギタラクル「おい…」

ベジータ「うわああああああ!!!!!」

ベジータ「な…何だその顔!刺さってるぞ!?大丈夫かお前…?仙豆食うか…?」

ギタラクル「…ヒソカを殺したのはお前か?」

ベジータ「ヒソカ…?どこかで聞いた名だが…わからんな…」

ベジータは語らない。
ベジータは過去を語らない。過去にあまり興味がないからだ。
おそらく明日にはトンパの顔すら忘れているだろう。

ギタラクル「とぼけるな…」

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:42:33.38 ID:dvRDYuT40
ギタラクル「はっ!!」

ギタラクルはベジータに針を飛ばした。
しかし弾かれてしまった。

ギタラクル「やはり能力者…お前、放出系よりの強化系ってとこだろ」

ベジータ「こっちは心配してやったのに針を飛ばしてくるとは、礼儀がなってねえな。ナメック星人か貴様」

ベジータ「そんなに死にたきゃ殺してやるよ…」

ギャリックほぉおおおおおお!!!!!

ギタラクルは粉々になった。

チリーン…

ベジータ「ん?これは…」

ベジータは301番のナンバープレートを見つけた。

355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:48:32.53 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・・・・・・・・

四次試験終了
突破者
ベジータ
キルア
レオリオ
クラピカ
ポックル
ハンゾー
ボドロ

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 15:54:55.57 ID:dvRDYuT40
ネテロの面談

ネテロ「久々じゃのう」

ベジータ「ああ」

ネテロ「では質問じゃ。何故ハンターを目指す?」

ベジータ「最初はわけがわからなかったが…ハンターは、戦闘民族にとっちゃ最高の職業だぜ」

ネテロ「そうか…(民族?)では、今、一番注目しているのは?」

ベジータ「カカロットだな。奴の才能はやはり」

ネテロ「受験生の中でじゃ」

ベジータ「…さあな、興味がない」

ネテロ「では、一番戦いたくないのは?」

ベジータ「キルアとクラピカとレオリオは嫌だな」

ネテロ「ほほう」

374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:01:19.87 ID:dvRDYuT40
一番注目してるは?
一番戦いたくないのは?

レオリオ「ベジータだな。奴はすげえ。恩もあるし。そんなわけで、あいつとは戦いたくないな」

クラピカ「良い意味で405番。悪い意味で53番。理由があればだれとでも戦うし、なければ争いたくはない」

キルア「405番だな。最初からずっと一緒に行動してたし。戦いたくないのは53番だね。つまんなそう」

ポックル「405番だな。体が鉄なんじゃないか?もちろん405番だ。戦っても勝てる気がしない」

ハンゾー「405番だな、寿司を知ってたしよ。戦いたくないのはボドロとかいうおっさん。老人は労らないと」

ボドロ「405番だ、嫌でも目につく。99番だ。子供とは戦いたくない」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:06:27.36 ID:dvRDYuT40
ネテロ「最終試験はトーナメントじゃ」

ベジータ「一人しか合格しないのか…?」

ネテロ「逆じゃ。一人しか落ちない」

ベジータ「?」

クラピカ「勝ち抜けってことか?」

ネテロ「そういうことじゃ」

キルアはベジータに説明してあげた。
ベジータは今一理解できなかった。
これは、「去った者は消えなければならない」という固定観念が邪魔をした所為である。

ベジータ「とにかく勝って良いんだよな?」

キルア「勝たないとダメなんだよ」

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:09:32.38 ID:dvRDYuT40
第一回戦

ハンゾー対ベジータ!!

ベジータ「おいおい…いきなりか」

ハンゾー「ハゲ同士仲良くやろうや」

ベジータ「…」ブチ

試験官「武器の使用は自由!殺したら失格!はじめ!」

ベジータ「殺したら失格だと…?」

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:16:35.30 ID:dvRDYuT40
ハンゾー「おい、先に言っておくが、俺はお前を苦しめたくはない」

ベジータ「俺はお前を殺したい」

ハンゾー「そう言うな。忍の情けだ。今のうちに降参する気はないか?」

ベジータ「そんな安い挑発になるか。俺はナメック星人じゃないんだぞ」

ハンゾー「挑発じゃねえよ。警告だ。頼m」

シュン…

ベジータ「舌を引っこ抜かれたいのか?」

キルア「(もう引っこ抜いてるじゃん)」

ハンゾー「ひゅー…ひゅー…(何が起きた…?何であいつが俺の舌を握ってやがる…?)」

ベジータ「さあ、参りましたと言え」

ハンゾー「わ…わかった…ま…まいりまひふぁ!!」

勝者!ベジータ!!!

449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:21:26.49 ID:dvRDYuT40
・・・・・・・・・・・・・

結局ハンゾーは再起不能になり、脱落者となった

最終試験合格者
ベジータ
キルア
レオリオ
クラピカ
ポックル
ボドロ

479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/23(火) 16:31:43.82 ID:dvRDYuT40
ベジータ「帰ったぞブルマ」

ブルマ「あら、ベジータ、もう行ってくれたの?」

ベジータ「何に?」

ブルマ「あれ?何で手ぶらなのよ?ってことはまだ行ってないのね?」

ベジータ「いや…10日はいなかったと思うんだが…」

ブルマ「あんた、昼寝してたんでしょ!顔に跡がついてるわよ!どう見ても寝ぼけてるし」

ベジータ「何…だと…?」

ブルマ「もう、仕方ないから私も一緒に行くわよ!さあ早く!」

ベジータ「夢…だと…?」

ねえパパー!僕のマンガ知らない?

マンガ…?どんなタイトルだ…?

えっとねー…

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする