【ゆるゆり・クロスSS】櫻子「犬拾った!」

【ゆるゆり・クロスSS】櫻子「犬拾った!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:33:13.76 ID:hpoB4zKN0
櫻子「み、道に捨てられてたんだよ…」

撫子「…………」

櫻子「外寒いから…かわいそうで」

撫子「…………」

櫻子「ほらねーちゃん、真っ白でかわいいでしょ!?飼っていいでしょ!?」

キュゥべえ「わんわん」

花子「かわいいし!」

櫻子「ほら花子もかわいいって!」

撫子「いや…でもさぁ、母さんは絶対ダメっていうと思うよ」

キュゥべえ「くぅーん」
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:37:48.15 ID:hpoB4zKN0
キュゥべえ「わんわんわん」

花子「真っ白でかわいいし!飼いたい飼いたい!」

櫻子「ほら花子もかわいいって!」

撫子「…はぁ」

撫子「ちゃんと散歩とかしろよ…」

櫻子「やったぁー!!」

花子「わーい!わーい!!」

撫子(どうやって母さん達説得しようかな…)

キュゥべえ「くぅーん」

櫻子「よしよし♪」

撫子(…頑張るか)
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:41:49.13 ID:hpoB4zKN0
櫻子(その日から私たちと犬の素晴らしい日々が幕を開けたのだ!)

櫻子「ふっわふわでかわいいなぁ~」ナデナデ

花子「櫻子!花子にも撫でさせろし!」

キュゥべえ「わふわふ」

撫子「犬にしては小さいなぁ…子犬?」

キュゥべえ「きゃんきゃん!!」

撫子(うるせえ…)

櫻子「こら犬!あんまり吠えると飯抜きだぞ!」

キュゥべえ「わーん」
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:45:37.25 ID:okKdGuHk0
ちょっと脳内のえみりんが忙しすぎる
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:45:54.62 ID:hpoB4zKN0
撫子「それにしても犬って…名前無いの?」

櫻子「犬でいいんじゃね?」

花子「だめに決まってるし、花子がつけるし!」

櫻子「いや!私がつける!」ギャーギャー

撫子「……プリンとかどうだ、犬」

キュゥべえ「わんわん」

櫻子「杉浦先輩に食べられそうだから却下ー!」

櫻子「お前の名前はぽち!どうだ!?」

キュゥべえ「くーん」

花子「伊達正宗之助とかいいと思うし」

キュゥべえ「わけがわからないよ」

撫子「なんか嫌がってるっぽいよ」

花子「うーん…」
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:50:05.41 ID:hpoB4zKN0
撫子「…チョコ」

キュゥべえ「わふ」

櫻子「ジロ!」

キュゥべえ「くーん」

花子「平将門太郎」

キュゥべえ「どうかしてるよ」

花子「…なかなか振り向いてくれないし」

撫子「どうしようか」

櫻子「…うーん」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:59:59.81 ID:Kf4vm6qlO
花子ちゃんのセンスェ……
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 22:55:24.36 ID:hpoB4zKN0
向日葵「で、私が呼ばれたんですの?」

花子「花子たちじゃ埒があかないし、ひま子ねーちゃんにビシッと決めて欲しいし」

櫻子「特別に犬を触らせてやるぞ!」

向日葵「ふふ、かわいいですわね」ナデナデ

キュゥべえ「わんわん」

向日葵「真っ白で…目が赤くて…まるで」

向日葵「雪うさぎみたいですわ」

向日葵「…そうだ!ユキとかどうかしら」

キュゥべえ「わんわんわん!」

撫子「おぉ、吠えた」

櫻子「よーし!今からお前はユキだー!」
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:00:14.78 ID:hpoB4zKN0
櫻子(私たちはユキとすぐ仲良くなった)
櫻子「よーしユキ!とってこいー!!」フリスビーーー

キュゥべえ「わんわんっ!」ダッシュ

花子「こらユキ逃げちゃだめだし、外で遊んだらお風呂に入るのが決まりだし」シャワーー

キュゥべえ「わふーー」

撫子「よく食べるなーお前…おかわりするか?」

キュゥべえ「わうわう」モグモグモグ
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:09:22.60 ID:hpoB4zKN0
七森中学校
一年二組

あかり「櫻子ちゃん、犬を飼い始めたってほんと?」

櫻子「うん!ユキっていうんだ!」

ちなつ「ふーん」

向日葵「真っ白でふわふわで…とってもかわいいですわ」

あかり「いいなぁ、あかりもユキちゃんに会いたいなぁ」

櫻子「じゃあ今日うち来る?ユキ触らしてあげるよ!」

あかり「いいの!?わぁい!」

ちなつ「私も行っていい?」

櫻子「いいよー!」
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:13:54.33 ID:hpoB4zKN0
放課後
大室さんち

キュゥべえ「わふわふ」

あかり「かわいい~!!」ナデナデ

キュゥべえ「わん!」

ちなつ「すごい、本当に真っ白だね」

ちなつ「何犬なのかな」

櫻子「さぁ?雑種じゃね?」

あかり「なんだか血統書とかついてそう…」ナデナデ

向日葵「確かにこの子…高貴な感じがしますわ」

向日葵「本当に捨て犬なのかしら…」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:19:42.44 ID:hpoB4zKN0
櫻子「……え?」

向日葵「…珍しい見た目ですし、もしかしたら…その」

向日葵「……どこかの飼い犬…かも」

櫻子「す、捨て犬だもんっ!!」

キュゥべえ「わふぅ…」

ちなつ「さ、櫻子ちゃん、落ち着いて…」

向日葵「ご、ごめんなさい…でも、もしかしたらってことも…」

向日葵「櫻子、この子どこに捨てられてましたの?」

櫻子「………道端で寝てた」

櫻子「でも首輪無かったし!飼い主もいなかったもん!捨て犬だもん!」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:28:28.50 ID:Ct0QXUCo0
QBさん何してんのw
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:29:58.41 ID:hpoB4zKN0
櫻子「ゆ、ユキは…」

櫻子「ユキは、うちの子だもん!」

あかり「…………」

ちなつ「…………」

向日葵「…………」

キュゥべえ「………」

キュゥべえ「わん!」

向日葵「そ、そうですわね…変な事言ってごめんなさい」

向日葵「この子は櫻子の犬ですわ」ナデナデ

櫻子「ふふん!分かればいいのだ!!」
28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:34:51.10 ID:hpoB4zKN0
櫻子(それから、色々な事があった)

櫻子(ユキが杉浦先輩のプリンを食べちゃったり)

櫻子(花子のお布団をよだれまみれにしたり)

櫻子(向日葵のおっぱいに挟まったり)

櫻子(色々なことがあって…全部、楽しかった)

櫻子(でも)

櫻子(それもいつまでも続くわけじゃなかった)

櫻子(…お別れの日は、唐突にやってきたんだ)
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:40:43.72 ID:hpoB4zKN0
キュゥべえ「わんわん!」

櫻子「ユキの散歩行ってくる!」

撫子「車に気をつけなー」

キュゥべえ「わふ!」

櫻子「ねーちゃん!ユキが返事した!」

撫子「ユキは頭いいから大丈夫だよ、櫻子に言ったんだよ」

櫻子「なんだとこのペチャパイ姉!潰れろ!」ガァッ

櫻子「行ってきまーす」ガチャ

撫子「…お前だって無いだろが」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:44:57.89 ID:hpoB4zKN0
櫻子「よーしユキ!今日は学校の裏まで行くか!!」

キュゥべえ「わんわん!」

ほむら「…………」キョロキョロ

櫻子(ん?誰だろあの子)

櫻子(同い年…くらいかな、でも七森中の制服じゃない…)

ほむら「……あ」

櫻子「?」

ほむら「それ……」

櫻子「あ、あぁ!?この犬!」

櫻子「かわいいだろー!ユキっていうんだ!」

キュゥべえ「…………」
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:46:12.68 ID:+D4gUMY50
ほむらに見つかってしまった・・・・・・・・
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:48:46.71 ID:hpoB4zKN0
ほむら「その犬…どこで?」

櫻子「道で拾ったんだー、捨て犬だった」

櫻子「でも、なんだっけ…けっとうしょ?付きみたいだろー」ナデナデ

キュゥべえ「…………」

櫻子「あれ?ユキ?」ワシワシ

ほむら「その…言いにくいのだけれど」

櫻子「?」

ほむら「その犬…」

ほむら「私の…犬、なの」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:53:27.52 ID:hpoB4zKN0
櫻子「…………え」

ほむら「…前に逃げ出して、探してたのよ」

櫻子「ま、待って…!」

ほむら「…………」

櫻子「こ、この子は…!私が拾ったんだよ…!」

(…珍しい見た目ですし、もしかしたら…その)

櫻子「首輪もつけたし…!うちの子だよ!」

(……どこかの飼い犬…かも)

櫻子「犬違いだよ!ユキは…!」

ほむら「…おいで、キュゥべえ」

キュゥべえ「………わん」スタスタ

櫻子「……!!」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:58:35.22 ID:hpoB4zKN0
櫻子「ゆ、ユキ…?」

ほむら「この子、キュゥべえって言うの」

ほむら「急にいなくなっちゃって…ずっと探してたのよ」

ほむら「あなたが預かっていてくれたのね」

ほむら「ありがとう」

櫻子「違う!違うよ!!」

櫻子「ユキはうちの子だもん!」

櫻子「ほらユキ!おいで…!」

キュゥべえ「…………」

ほむら「あ、あの………」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:06:45.71 ID:xSZtgip90
櫻子(そこからは、あんまり覚えてない)

櫻子(気が付いたら部屋で泣いてた)

櫻子(ちょっとだけ覚えていたのは)

櫻子(ユキの飼い主…ほむらちゃんとうちで話して)

櫻子(ユキ…キュゥべえは、ほむらちゃんのところに帰ることになったって事)

櫻子(からっぽになった犬小屋が、私の心と同じだった…)
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:12:27.07 ID:xSZtgip90
コンコン

櫻子「…………」

撫子「櫻子、入るよ」ガチャ

櫻子「………な゛に゛」グスッ

撫子「いつまで泣いてるつもり?」

櫻子「…ほ゛っどけよ」グスグス

撫子「ユキ、もう行っちゃうから…呼びに来た」

撫子「見送らなくていいの?」

花子「仕方ないし、ユキはよそのうちの子だったんだから」

花子「最後は笑って、見送るし」

櫻子「………い゛がない゛」グスグス

撫子「…そう」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:17:49.85 ID:xSZtgip90
ほむら「…櫻子さんは」

撫子「…来ないって」

撫子「ごめんね、なんか」

ほむら「いえ…キュゥべえのこと、ありがとうございました」

ほむら「後日、またお礼に伺います」

花子「…元気でね、ユキ」

キュゥべえ「わん!」

ほむら「…おじゃましました」ペコ

ガチャ バタン
花子「………」ガシッ

撫子「……?」

花子「…うわあああああああん!!」

撫子「……」ギュッ

花子「うわああん!うわあああああああん!!」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:22:36.30 ID:ueaKDO9m0
ハナコチャン……
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:24:49.94 ID:xSZtgip90
ほむら「……いったい何をしているのかと思ったら」スタスタ

ほむら「驚いたわ」

キュゥべえ「いやぁ、魔法少女の才能に惹かれて来たら…」

キュゥべえ「あんな事になっちゃったからね、僕もびっくりだよ」

ほむら「そこじゃないわ」ピタッ

キュゥべえ「?」

ほむら「あなた、ここの少女を誰一人として魔法少女にしていない」

ほむら「どういう風の吹き回しなのかしら?」

キュゥべえ「…僕も、少女を契約させるつもりでにここにきたんだけどね」

キュゥべえ「予想外の介入があって」
58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:29:49.06 ID:xSZtgip90
ほむら「介入…」

キュゥべえ「この地に強力な結界が張り巡らされている」

キュゥべえ「流石の僕も怖かったよ、誰か一人でも契約させようものなら」

キュゥべえ「インキュベーターという存在自体を根底から消滅させられるところだった」

ほむら「……は?」

キュゥべえ「くらげの形をしたなにかがこの地を守っているんだよ」

キュゥべえ「こんなところにはもういたくないね、さっさといこうよほむら」スタスタ

ほむら(…こいつでも怖いと思うものがあるのね)

キュゥべえ「…………」ピタッ

ほむら「…キュゥべえ?」
63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:33:44.15 ID:Xajthg4SO
流石はなもり神
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:35:20.32 ID:xSZtgip90
キュゥべえ「わん!わんわんわん!」

ほむら「っ!?」ビクッ

櫻子「ユキーーーー!!!」タッタッタッタッ

ほむら(大室櫻子!?)

櫻子「はぁ…!はぁ…!」

キュゥべえ「わんわんわん!」

櫻子「ユキ…ごめんね」ナデナデ

櫻子「お別れ、言わないままなんてやだよ」グスッ

ほむら「…………」

櫻子「ありがとね、元気でね」ワシワシ

櫻子「また会おうね」ワシワシワシ

ほむら「…櫻子ちゃん」

櫻子「ん?」グスッ

ほむら「…ユキも、『また会おうね』って言ってるわ」
66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:40:45.98 ID:xSZtgip90
櫻子「…へへ、そっかぁ」ニコッ

櫻子「絶対、絶対だからな、約束!」ワシワシ

キュゥべえ「わんわん!」

キュゥべえ「変なところだったよ、まったく」スタスタ

ほむら「そうね」スタスタ

ほむら「喋るの苦手なのよ…緊張したわ」

キュゥべえ「ところで僕、犬に見えるかい」

ほむら「黙って歩きなさい」

キュゥべえ「やれやれ」

ほむら「帰ったらたくさん、グリーフシード食べてもらうから覚悟なさい」

キュゥべえ「きゅっぷい」

キュゥべえ「………」ピタッ クルッ

キュゥべえ「じゃあね、櫻子」

キュゥべえ「また会おう」
67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 00:41:02.90 ID:xSZtgip90
おしまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする