【禁書目録SS・クロス】上条「うおおおおお!L・O・V・E・あ・ず・さ!」【アイマス】

【禁書目録SS・クロス】上条「うおおおおお!L・O・V・E・あ・ず・さ!」【アイマス】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:45:03.39 ID:wpYJXG4i0
禁書目録「とうまー」

上条「ん?どうした?」

禁書目録「それはこっちのセリフなんだよ、どうしたのハチマキと学ランなんて着て、旗まで持っちゃって」

上条「今から竜宮小町のライブなんだよ」

禁書目録「竜宮……?なにそれ?」

上条「ハッ、知らねぇなんてお前もまだ餓鬼だな」

禁書目録「むっ!それは失礼かも!」

上条「よし、チケットも持ったし行ってきまーす」

禁書目録「あ、私も行きたいんだよ!」

上条「お前は小萌先生のところにでも行っててくれ、じゃあな」

禁書目録「むー!!」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:48:46.39 ID:wpYJXG4i0
小萌のアパート

禁書目録「こ、こもえー」

小萌「あ、シスターちゃんいらっしゃいなのです」

禁書目録「あれ?こもえもお出かけ?」

小萌「はい、良かったら一緒に行きませんか?」

禁書目録「え?どこに?」

小萌「どこって決まってるじゃないですかー、竜宮小町のライブなのですよ」

禁書目録「竜宮小町……行く!行きたい行きたい!!」

結標「はぁ、そんなライブ行って何が楽しいのかしら」

小萌「はやく結標ちゃんも準備するのですよ!」

結標「はいはい」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:51:48.42 ID:wpYJXG4i0
ライブ会場

小萌「あぁ、もう始まってますね」

禁書目録「ところでらいぶって何?」

結標「貴女ライブも知らないの!?」

小萌「ライブってのは、まぁ簡単に言えば有名な人が歌ったり踊ったりするって感じですかね、ほかにもありますけど」

禁書目録「何だかつまんなそうなんだよ」

小萌「ほら、早く入りましょう!」

結標「はいはい」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:55:17.64 ID:4FMArjmx0
結標「うわぁ、めっちゃ人がいるわね」

禁書目録「あ、暑苦しいんだよ……」

ウオオオオオオオオオオ!!!!!!アズササァァァァァァァァァァァァァァンンンンン!!!!!!!

禁書目録「あれ?何処かで聞きなれた声が……」

上条「うおおおおお!L・O・V・E・あ・ず・さ!!」

上条「おらぁそこ!!声が小さいぞコラァ!!一発そげぶじゃ!!」ドスッ

団員「ごふっ!?す、すみません!!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 12:58:54.40 ID:rABEwtHl0
禁書目録「と、とうま!?」

上条「L・O・V・E・あ・ず・さ!!L・O・V・E・あ・ず・さ!!」

禁書目録「何あれ」

結標「うわ、アレが噂のアイドルオタクって奴ね、引くわ」

小萌「それにしても、あの気合をどうして勉強に活かせないんですかねぇ」
あずさ「皆さーん、今日は本当にありがとうございましたー!」
上条「うおおおおお!!!!」

禁書目録「……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 13:02:48.53 ID:rABEwtHl0
そしてライブは無事に終わり

伊織「亜美、あずさ、お疲れ様」

あずさ「お疲れ様ー」

亜美「てか、今日のライブで滅茶苦茶大きな声出してた人いたよね→!」

伊織「しかもあずさばかり応援してたわね、何なのかしら」

あずさ「もう少し二人も応援して欲しかったわねー」

伊織「まぁ良いわ、早く事務所に戻りましょ」

亜美「そうだね」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 13:07:37.70 ID:FIdbJL2Q0
帰り道

上条「うっひょー、グッズを買うために節約した甲斐があったぜ」

禁書目録「と・う・ま?」

上条「あ?何だ禁書目録か、お前もライブに来てたなら声かけてくれたら良かったのに」

禁書目録「今なんて?」

上条「だから声かけてくれたら良かったのに」

禁書目録「その前なんだよ!」

上条「グッズを買うために節約した甲斐があったぜ」

禁書目録「何で!?何でご飯よりグッズを選ぶのかな!!」

上条「当たり前だろうが、何でわざわざ居候の為にグッズを我慢しなきゃならないんだよ」

上条「よーし、またあずささんグッズが増えたぜ!」

禁書目録「……うー」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 13:11:37.93 ID:FIdbJL2Q0
事務所

伊織「ただいまー」

春香「あ、おかえり……」

伊織「どうしたの?」

真「あ、いや」

亜美「まさかライブ見てくれなかったとか?」

真美「そ、そんな訳無いじゃん!」

あずさ「あらあらー、それじゃあどうしたの?浮かない顔して」

雪歩「ライブ……見てたんですけど、一部の人の声でよく聞こえなかったんですぅ」

伊織「はぁ!?」

P「……まぁそのくらい応援してくれるって言うなら良いんだけどな」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 13:15:16.65 ID:FIdbJL2Q0
社長「ハッハッハ、彼の声は素晴らしいな」

律子「いやいや、確かに応援してくれるのは嬉しいですけど限度がありますよ」

小鳥「しかもL・O・V・E・あ・ず・さって言ってましたね」

伊織「えっ?」

P「心当たりあるのか?」

伊織「そいつ会場で滅茶苦茶目立ってた奴よ」

P「うーん、どうにかならないものか」

社長「まぁ応援してくれるならそれで良いじゃないか、結構結構」

小鳥「本当にそれで良いんですかね……」

11: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:19:28.11 ID:9ULGA5YN0
次の日

上条「さて、あずささんのCD買いに行こう」

御坂「あ、アンタ」

上条「ゲッ、ビリビリ……」

御坂「ビリビリ言うな!何処か行くの?」

上条「今からCD買いに行くんだよ」

御坂「アンタが?珍しいわね」

上条「そうか?あ、売り切れそうだし行くわ、じゃあな!」ダッ

御坂「……何か怪しいわね」

御坂「ついて行ってみましょう」

12: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:32:49.09 ID:/MUYXJh10
上条「ふんふふーん、ん?」

竜宮小町 握手会 〇月×日にて学園都市で開催

上条「なん……だと……」

土御門「おーかみやん、どうしたんだにゃーそんな所で固まって」

上条「お、おおおおおいつ、つつつつつつつ土御門……見ろよこれ」

土御門「あん?握手会?なんだ、アイドルの握手会か」

土御門「悪いけど俺は興味無いな」

上条「興味無いとかお前人間じゃねぇな」

土御門「ふん、俺には舞夏が居るからな」

上条「そうかそうか、なら今夜お前にある物を渡してやろう」

土御門「ある物?」

上条「あぁ、楽しみにしとけよ」

14: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:35:15.43 ID:/MUYXJh10
御坂「……中々出てこないわね」

ガ-

上条「ふんふふーんふんふふーん♪」ピョンピョン

御坂「うわっ!?スキップしながら出てきた!?」

上条「あっくしゅかいー♪あっくしゅかいー♪ 」ピョンピョン

御坂「握手会……?」

御坂「中で一体何が……入ってみましょ」

15: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:39:55.65 ID:Zm1FHe3b0
ガ-

佐天「あ、御坂さん」

御坂「佐天さん?どうしたのこんな所で」

佐天「私もCD買いに来たんですよ」

御坂「どんなの?」

佐天「ほら、この人ですよ」

御坂「あ、カッコイイ」

佐天「あー、カッコイイと言えばカッコイイんですけどね」

御坂「えっ?」

佐天「この人女の人なんですよ」

御坂「へー」

佐天「あ、確か今度握手会やるらしいですよ、真さんじゃ無いみたいですけど」

御坂「……握手会?誰の?」

17: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:46:57.23 ID:Zm1FHe3b0
佐天「ほら、このポスターに」

御坂「……竜宮小町?」

佐天「あれ?竜宮小町知らないですか?」

御坂「ごめん、分からないわ」

佐天「じゃあ、この曲をどうぞ」

御坂「……SMOKY THRILL?」

佐天「はい、竜宮小町のデビュー曲なんですよ」

御坂「ありがとう、早速聞いてみるわ」

佐天「はい!」

18: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 13:55:32.11 ID:21U1vNq/0
その日の夜

上条「さーて、土御門にCDを」

禁書目録「とうまー、このタオル使っていい?」

上条「は?ってぬおおおおおお!!」バッ

禁書目録「!?」

上条「何あずささんタオル触ってんだテメェ!!」

禁書目録「ご、ごめん」

上条「まぁ、今回は許すけど次から気をつけろよ」

禁書目録「うん」

上条「よし行ってきまーす」

21: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 14:34:37.63 ID:0l6F6hwx0
土御門の部屋

上条「おーい、持ってきたぞ」

土御門「おう、かみやん」

上条「はいよ」

土御門「……キラメキラリ?」

上条「あぁ、高槻やよいちゃんの曲だ」

土御門「だ、誰だか知らんけど」

上条「やよいちゃんは妹系アイドルなんだよ」

上条「でもあぁ見えて一番のお姉ちゃんなんだよな……」

上条「立派だよな」

土御門「いや、良く分からないが」

上条「じゃあ明日にでも感想聞かせてくれよ」

土御門「分かった」

22: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 15:39:31.48 ID:wpYJXG4i0
黄泉川家

打ち止め「あー!貴音だー!ってミサカはミサカはテンションを上げてみたり!」

一方通行「おい、テレビが見えねェだろォが」

打ち止め「イッエーイ!」

一方通行「おい、亜美ちゃン出てねェのか?」

打ち止め「うーん、出てないよってミサカはミサカは貴方に報告してみたり」

一方通行「ケッ、なら見ねェよ」

打ち止め「貴方って亜美が好きなの?ってミサカはミサカは聞いてみたり」

一方通行「そンなンじゃねェよ」

一方通行「俺は寝る」

打ち止め「お休みーってミサカはミサカは元気に挨拶してみたり!」

24: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 15:54:52.15 ID:g2nbbqW00
一方通行「……」

一方通行「……」

一方通行「さて、 SMOKY THRILL聞いて寝るか 」

常盤台寮

御坂「知らぬがー仏ほっとけなーい♪」

白井「お姉様、何を歌ってらしてるんですの?」

御坂「ん?あぁ、佐天さんから借りたCD聞いてるのよ」

白井「ふーん、でももう少し小さめにするかヘッドフォンを付けてくださいな、寝れませんの」

御坂「はいはい、誰も知らないー♪」

白井「……うるさいですの」

27: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 17:15:47.59 ID:8c0CRvZU0
アイテムアジト

浜面「僕が力にーなってあげるよー♪」

絹旗「あれ?浜面、何を超聞いてるんですか?」

浜面「あぁ、いおりんの曲だ」

絹旗「いおりん?」

浜面「お前いおりん知らないのかよ、人生損してるなぁ」

絹旗「え!?そんないおりんって超重要人物だったんですか?」

浜面「当たり前だろうが、いおりんだぞ」

絹旗「そのいおりんって超誰なんですか?」

浜面「ほれ、このCD見てみろ」

絹旗「なんだ、超アイドルじゃないですか」

浜面「アイドルだからなんだよ」

絹旗「こんなのが好きなんて超引きます」

浜面「何とでも言え、俺は来週に備えて寝るからな」

29: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 17:20:20.29 ID:8c0CRvZU0
絹旗「来週?超何かあるんですか?」

浜面「握手会があるんだよ」

絹旗「すみません、超キモイです」

浜面「へっ、お休み」

絹旗「あぁ……はい」

滝壺「……」

絹旗「うわっ、滝壺さん……」

滝壺「……そんなはまづらは応援できない」

絹旗「へ?」

32: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 18:40:28.08 ID:8DZzRLk50
上条「ふんふふーんふんふふーん」

禁書目録「ねぇとうま」

上条「あ?何だよ」

禁書目録「その、あずさって人が好きなの?」

上条「当たり前だろう?」

禁書目録「何でさ、好きなの?」

上条「そうだなー、ある時な、そのあずささんのCD買ったんだよ」

禁書目録「へー」

上条「それがこの曲、キミはメロディなんだ」

上条「多分このCD買わなかったら今の俺は無いな、ハハハ」

禁書目録「(これのせいで今のとうまは……)」

34: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 18:45:30.80 ID:8DZzRLk50
禁書目録「ていうか、あの時のライブは滅茶苦茶声出してたよね」

上条「ほら、目一杯応援してやらないといけないだろ?」

禁書目録「近くに居た人を殴ってたような」

上条「それはちゃんと応援してなかったからだよ」

禁書目録「……」

上条「さて、俺も来週に備えて寝るからな」

禁書目録「へ?来週?明日じゃなくて?」

上条「バカ野郎、そうしないと体力持たないっての」

35: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:00:06.90 ID:/MUYXJh10
一方通行ルーム

一方通行「ぷりぷりぷりー♪」

一方通行「ふゥ、スタ→トスタ→は何度聞いても最高だ」

一方通行「……握手会までもうすぐか」

一方通行「なるべく電池を食わねェようにしねェとな」
3人のヒーローは

1日の握手会の為に

頑張っていた

上条 浜面 一方通行「(当日のために頑張るぞ)」

36: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:11:53.65 ID:ZxbvKYpu0
そして、握手会当日

上条「ここが握手会の会場か……」

上条「やべぇ、手汗握って来たぜ……」

上条「ふぅ、よし!」

浜面「お、大将?」

上条「ん?おぉ、浜面か」

浜面「何やってんだこんな所で」

上条「何って握手会に来てんだろうがよ」

浜面「へー、奇遇だな、俺もなんだよ」

上条「お前もあずささんか?」

浜面「いんや、俺はいおりんだからな」

上条「へー、まぁお互い頑張ろうぜ」

浜面「あぁ」

37: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:17:49.85 ID:8DZzRLk50
一方通行「握手会で何を頑張るンだよ」

上条「お、一方通行か」

浜面「お前もか?」

一方通行「当たり前だろうが三下共」

上条「お前は、亜美ちゃんか」

一方通行「……どうして分かった」

浜面「まぁ、お前だもんな」

一方通行「チッ、亜美ちゃン以外ババァじゃねェか」

浜面「おい、今の言葉は聞き捨てならねーぞ」

一方通行「あ?」

上条「おいおい、喧嘩なら握手会終わってからな」

浜面「はぁ、そうだな」

一方通行「早く行こうぜ」

上条「あぁ」

38: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:24:02.93 ID:HR+GEOnf0
車の中

亜美「学園都市だよいおりん!」

伊織「分かってるわよ」

あずさ「沢山の人と触れ合えるといいわねー」

亜美「あれ→?あずさお姉ちゃんシンチョーしてないの?」

伊織「緊張って言いたいの?」

あずさ「寧ろワクワクするわー」

伊織「羨ましいわ……」

律子「皆ー、もう少しで着くわよ」

39: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:38:14.53 ID:g2nbbqW00
浜面「あ、そういえば」

一方通行「あ?」

浜面「グッズ持ってくればサイン貰えるらしいぞ」

一方通行「……!?」

上条「マジか!」

浜面「あ、もしかして二人共持ってきてなかったか?」

一方通行「缶バッチがあるぜ」

上条「俺はあずささんのヘッドフォン持ってるぞ」

浜面「そうか、俺はいおりんの帽子を持ってきた」

一方通行「カカカ……」

上条「へへへ……」

浜面「フフフ……」

御坂妹「(何だあれキメェとミサカは若干引き気味に3人のキモオタ共を見つめます)」

40: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:43:52.34 ID:g2nbbqW00
上条「お、そろそろ始まるみたいだな」

浜面「じゃあここでお別れだな」

一方通行「じゃ、頑張れよ」

上条「お前もな」

ザワザワザワザワ

41: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:50:29.48 ID:IKq4htGo0
上条の場合

上条「やべぇよ、ワクワクしてきた」

人1「が、頑張って下さい!」

あずさ「はい、ありがとうございますー」

上条「つ、次だ!」

上条「あ、あずささん!いつも竜宮小町のライブ見に行ってます!」

あずさ「あらあらー、ありがとうございます」

上条「俺、あずささんのキミはメロディを聞いてからあずささんのファンになったんです」

上条「これからもがわびゃって下さい!!」

あずさ「はい、こちらこそー」

42: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 19:55:20.66 ID:s5xkdyKg0
上条「あ、よろしければこのヘッドフォンにサイン貰えますか」

あずさ「はぁい」サラサラ

上条「あ、ありがとうございます!!では、これからも陰ながら応援させてもらいます!」

あずさ「いえいえー」

上条「では失礼します!」

あずさ「はいー」

あずさ「(あの人が……ふふふ)」

43: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:00:41.17 ID:8siPerKQ0
一方通行の場合

亜美「ありがと→」

一方通行「あ、あァ」

亜美「うお!すごい白い!これは珍しい!」

亜美「これは写メらなきゃ損でしょ」パシャッ

律子「こらっ!何やってるのよ亜美」

亜美「あ、りっちゃん……」

律子「ちゃんとやりなさい」

亜美「はいはーい」

一方通行「……」スッ

44: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:03:45.09 ID:8siPerKQ0
亜美「ん?あ、サインが欲しいの?」

一方通行「と、友達に頼まれてなァ」

亜美「んっふっふー、照れちゃって」

亜美「ちかたないなー」サラサラ

亜美「はいどうぞ」

一方通行「……ありがとな」

一方通行「な、なァ」

亜美「んー?」

一方通行「これからも、が、頑張れよ」

亜美「勿論!ありがとね!」

一方通行「……あァ」

46: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:15:47.09 ID:XzG9TWuO0
浜面の場合

浜面「うわぁ、いおりんとついにご対面か」

浜面「何だかドキッドキが止まんねぇな」

浜面「お、次かな」

伊織「はーい!ありがとうございます」

浜面「あ、フタリの記憶聞いて感動したよ」

伊織「聞いてくれたんですね!ありがとうございます!」

浜面「(うわぁ、いおりんの笑顔かわいい )」

47: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:22:49.57 ID:ugjfg2el0
浜面「あ、良かったらこの帽子にサイン貰えないかな?」

伊織「はい、勿論です!」サラサラ

浜面「(あ、いおりんのサイン)」

浜面「(いおりんの……サイン……)」

浜面「ごふっ」

伊織「だ、大丈夫ですか?」

浜面「あ、大丈夫だうん」

浜面「じゃあこれからも頑張ってね、俺も応援してるから」

伊織「はい!ありがとうございます!」

48: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:29:59.51 ID:tu4qe+4m0
握手会も無事に終わり

上条「おー、浜面と一方通行」

一方通行「……」

浜面「おー大将」

浜面「コイツさっきから黙ってて」

一方通行「……」

上条「嬉しすぎてるんだよ」

浜面「あー、確かに俺も嬉しかったな」

滝壺「はまづらは嬉しかったんだね」

浜面「当たり前だろう?いおりんと会話したんだからなーってあれー?」

滝壺「……そんなはまづらは応援できない」

浜面「た、滝壺さーん?」

浜面「……じゃあな大将!一方通行!」ダッ

滝壺「あ、はまづら!」ダッ

上条「おー、行っちまったな」

上条「じゃあここで解散だな、お疲れー」

一方通行「……あァ」

50: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:39:20.21 ID:BIh6plGB0
一方通行ルーム

一方通行「あァ、遂に!遂に手に入れたぞ!」

一方通行「亜美ちゃンのサインをな!!」

一方通行「クカキカコカキクコケカカカカー!!」

一方通行「あァ亜美ちゃン可愛かった!滅茶苦茶可愛かった!!」

一方通行「ふゥ、さて」

一方通行「スタ→トスタ→聞くかな」

51: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:44:30.17 ID:BIh6plGB0
とあるビルの上

浜面「ふー、何とか滝壺から逃れたぜ」

浜面「……」

浜面「……今夜はアジトに帰れなさそうだな」

浜面「仕方ない、一夜なら風邪ひかないだろ」

浜面「フレメアがいおりんグッズイタズラしてなければ良いけどな」

浜面「フタリの記憶聞いて寝よ」

53: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:49:50.71 ID:Fo9tDQFw0
駐車場

律子「お疲れー」

伊織「ふう、今日は疲れたわね」

亜美「亜美ね、今日は珍しく人を見たんだよ!」

伊織「え?」

亜美「全身真っ白な人!」

伊織「馬鹿ねぇ、そんなの居る訳無いじゃない」

亜美「ほらほら、写メ」

伊織「……驚きの白さね」

律子「あれ?あずささんは?」

伊織「あずさならトイレ行ってくるって」

律子「ちょっ!何一人で行かせてるの!?」

律子「あずささんが一人で行ったら迷子になるに決まってるでしょ!」

亜美「あー」

律子「探しに行くわよ」

伊織「わ、分かったわよ」

54: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 20:53:48.53 ID:Fo9tDQFw0
あずさ「あらあらー、ここはどこかしらー」

スキルアウト「お、いい女はっけーん」

スキルアウト「おい姉ちゃん、俺と遊ばねぇか?」

あずさ「あのー、駐車場ってどこですかー?」

スキルアウト「そんな所より良い所に連れていってやるよ」

あずさ「あらあらー」

56: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:00:29.41 ID:Fo9tDQFw0
スキルアウト「いいから来いよ!」グイッ

あずさ「きゃっ」

上条「うおおおおお!」ドスッ

スキルアウト「がっ!?」

上条「テメェ!男が女を強引に引っ張っていいと思ってんのか!」

上条「お前にはプライドってのが無いのか!」

上条「いいぜ!お前がプライドを捨ててまで女を襲おうっていうのなら!」

上条「まずは!その幻想をぶち殺す!!」バキッ

スキルアウト「がはっ!!?」バタッ

57: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:06:15.95 ID:/MUYXJh10
上条「ふう、大丈夫でした……か」

あずさ「あ、貴方は……ありがとうございます」

上条「あ、い、いやあの」

律子「あー!居た居た!あずささーん!」

あずさ「あらー、律子さん」

律子「皆探してましたよ、さぁ帰りましょう」

あずさ「はい……でもその前に」

あずさ「助けていただいて本当にありがとうございます」

上条「え、えっと、次のライブも頑張ってください!!」

あずさ「はいはーい」

律子「あずささーん?」

あずさ「はーい」

上条「……」

58: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:11:58.84 ID:OfSvL4Wa0
上条んち

上条「……」

禁書目録「あれ?どうしたのとうま」

上条「……」

上条「……なぁ、禁書目録」

禁書目録「へ?」

上条「夢か確かめたいから噛み付いてくれないか?」

禁書目録「え?い、いいの?」

上条「あぁ」

禁書目録「じゃあ、遠慮なく」ガブリ

上条「んぎゃあああああ!!幸福だァァァァァ!」

59: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:16:54.61 ID:g2nbbqW00
そして数日後

上条「よし、完了だな」

禁書目録「あれ?今日もライブ?」

上条「あぁ、お前も来るか?」

禁書目録「いや、遠慮しとくんだよ」

禁書目録「近くに居たら鼓膜破けそうだし」

上条「そうか、じゃあ行ってきます」

禁書目録「行ってらっしゃい」

60: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:24:02.18 ID:tu4qe+4m0
ライブ会場

上条「お、お前らも来たのか」

浜面「大将!」

一方通行「おい、無駄話なンてしてたら時間なくなるぞ」

上条「そうだな、早く行こうぜ」

浜面「おう」

61: ドル条 ◆UWH4k3RAE. 2013/10/12(土) 21:29:25.47 ID:VNW1atqI0
上条「うおおおおお!あずささあああああああああああん!!!!」

浜面「うるせぇな!?」

一方通行「でも静かにも出来ねェだろ」
伊織「ゲッ、またあのうるさい奴……」

亜美「いおりん!嫌な顔なんてしてたら嫌われちゃうよ?」

あずさ「そうよー、それにうるさい方が私はいいかしら」

伊織「……じゃあ始めましょう

伊織「皆ー、今日も張り切って行きますねー!」

亜美「最後まで聞いていってねー!」

あずさ「それでは1曲目!SMOKY THRILL!!」

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする